D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

ワールドカップの初戦、コロンビア戦。2-1で勝利。
開始早々相手の信じられないハンドでPKをもらって、尚且つその選手はレッドカードで退場。
しかも前回大会得点王のハメス・ロドリゲスはベンチスタート。
これで負けがなくなったと誰もが信じただろう。まさか前半のうちに追いつかれるとは。
前回大会の同じ数的優位に立ちながら0-0で終わったギリシャ戦がちょっと脳裏をかすめたね。
なんとか勝てて、本当に良かった。

今日は台湾から遊びに来ている許さんとお昼を一緒に食べる。
海外旅行では時間がとても貴重なだけに、私と会おうとしてくれた許さんに感謝。
IMG_0417
 食事したところからの風景

日本語ボランティアしていると、情けないほど徒労感を味わったりするんだけれど、たまにこうして帰国してからも会いたいと言ってくれる生徒がいる。
こんな時かなあ、ああボランティアをやってて良かったと思うのは。
本当なら、夜まで一緒にいたかったけれど、今日は”母と過ごせば”の日。彼女もその辺の事情はよく理解してくれている。
食事だけの2時間半はそれでも日本語の誤りを訂正しつつ、ずっと話をしていた。
IMG_0420 (2)
 許さんのお土産。

和食が食べたいというので、金目鯛の煮付けや海老天などを食べさせたが、一箸ごとに思い出を刻むように食べていた彼女だった。そして、いろんなことを話した。近しい友達にしか話せないことまでじっくりと聞いた。
彼女は台湾でとあるメディアの記者をしているが、最近どうも行き詰っているようで、こんな短い時間にも拘わらず、後半は人生相談的な会話になってしまった。
でも彼女が時々涙を見せるのには参った。慌てもしたが、なにか、自分がとても信頼されているようでこそばゆかった。
「もっとたくさん日本語を勉強して、先生とたくさん話がしたいです」
そんな風に言ってくれる彼女だった。
明日帰る彼女に、なにも持たせず最後はいそいそと家に帰ることになり、なんとなく置き去りにしてしまったようで後ろめたい。可哀そうなことをした。
IMG_0418 (22)

今日から三日間、家内が仕事でいない。
バカ息子の食事も作らにゃならない。
実家に行く前に買い物をして、カレーを作る。明日はボランティアで作れないからだ。それにこれは実家分も含む。
ただ、ちょっと時間が無さ過ぎた。父はあまり辛いのが好きではないから2種類作らなければならない。
届けに行ったときには、父がもうデイサービスから帰ってきていた。
これじゃあ、”母と過ごせば”にならないじゃないの。
「あら、カレー作ってきてくれたの」と嬉しそうな母。
「いっぱい香辛料使ったからちょっと辛いかもしれない」
「昼にレトルトのカレー食べたんだよ」と、がっかりする父。こんな時は認知症の方が嬉しい。
「冷蔵庫に入れないで、薬と思って夕飯に食べてよー」

まあ、こんなもんだ。

マリーナへ出かけたのは昼食を食べてから。
梅雨の晴れ間とはよく言ったもので、少し薄日も射してきた。
この時季は晴れると風も落ち着く。
今日はYBM主催のスクラッチレースがあり、マリーナへ到着したころにはレースを終えたフネが続々と帰港していた。こうなると日曜と言えども海は静かだから願ったりかなったり。
久しぶりにリルとセーリング。
IMG_0411

サッカーワールドカップロシア大会が始まって、睡眠不足が加速。
ゆらゆらセーリングは眠たくもなってくるが、視界もよくて実に気持ちいい。
リルも日光浴という感じ。
IMG_0403
 寛いでますけど、何か?

レース後の未練を引きづった大型艇が、大会パーティ前の一走りをしている他は八景島辺りの学生ヨットしかいない。日曜の海じゃないな。
明日からまた当分雨だと言うし、この贅沢な時間をたっぷりと味わいたい。
そう思った矢先だった。
IMG_0407

スマホにメールが入る。
Facebookの犬仲間であるHさんご夫妻からだった。今、YBMに来てるということだった。即ち、お会いできませんかという打診だ。
最近の日本語は難しい。
Facebookだけに面識はあるが、会ったことはない。
この場合、「面識」というのは正しいのか?

とはいえ、まだ走り始めて1時間ほど。やっと八景島を過ぎたあたり。
せっかくの機会だから、会うことは会いたいが、この軽快な走りとこの天気を無駄にしたくない。
この時間と場所は、私にとって雑多な社会とせわしい生活から逃れられる唯一の「聖域」。
申し訳ないが1時間半後の16時半に戻ると返信。ここからエンジン回しても40分はかかる。せめてもう少しリルと乗っていたかった。
IMG_0413


1時間半も待たせてしまったけれど、ご夫妻はアウトレットでお買い物をし、レース後の結果発表を見ていたらしい。なにより、愛犬「さくら」ちゃんには外の散歩は楽しかったはず。(と自己弁護)
取り敢えずフネを見たいというので、まだ片付けさえ終わっていないJollyhotまで来ていただく。

ご主人はかつてこのYBMに10年ほどボートを置いていたのでスタッフを始め、古いオーナーと顔見知り。フネに着くまであっちこっちでご挨拶していた。
お二人はヨットが初めてらしく、我が小舟のキャビンを見て「広い!」とおっしゃっていた。これは、外見からすると、という条件が付きそうだ。
IMG_0414
 さくらちゃん。足が太いねえ。

さくらちゃんはリルと同じシェルティ。ご夫妻は先々週、この子を連れて北海道を何日も旅している。
ご主人が今乗っているボートはFB(フライングブリッジ)艇で、カジキマグロを釣るのが趣味。
現在、茨城は大洗のマリーナに陸置きしている。
なんとも豪華な生活だ。
IMG_04161
 シェルティ船か。

「いやあ、船底塗装が面倒で、陸置きにしたんですよ。大洗はそのまま太平洋だから東京湾を出る必要ないし」
なるほどカジキマグロは東京湾にはいないな。式根島まで日帰りで行けるほどのモータークルーザーだから、大洗といえどその航程は領海を出るほどだろう。
私がいれたコーヒーを飲みながらそんな話を小1時間ほどしていた。
「今度乗せてください」と言って帰っていった。

リルは同型の珍客に興味をそそられつつも狭いコクピットで逃げ回り、最後は私の足元に隠れる始末。
オマエ、本当にビビリだよなあ。
主人に似てリルの友達は数少ないが、でも、無理に仲良くなることもない。
二人でいるのが一番楽しいもんな。
IMG_0409
 ビッケちょうだい。









長袖やカーディガンを引っ張り出してきて、この数日の”寒さ”をしのいでいる。
私は六月の雨が好きだ。(豪雨でなければだが)日中は長く、そして涼しい。なにより恵みの雨だ。
この季節、どれだけ降るかが夏の飲料水や農作物の収穫に影響する。言わば命の水。
よく外国人から日本は””rainy seazon”かと訊かれるが、私はあえて「梅雨」と言っている。似てるようでそのニュアンスが全然違うように思う。自然の恵みなのだと教えると皆納得する。
私の隣で異を唱える奴が一匹いるが…
タンとリル
 リルの友達、タン。

いつもこの時期はふらっと出かけるが、今年はいろんな制約が多くてなかなか出かけられない。
昨日、たまたま昼近くに父から電話で「午後は老人会のカラオケに行く」という連絡が入ったので、リルを連れてドライブ。もっと、早く言ってよ~
IMG_0385
 どこ行くの?

最初どこ行くあてもなく走っていたが、昼にラーメンを食べたところが町田辺りだったので、そのまま東名に乗って中井秦野インターまで。雨は小ぶりで時々止む。
ここまで来たら湘南の海を見ようと西湘バイパスまで南下し、結局すいすい熱海までくるとなんとなく伊豆に足を延ばしたくなった。
IMG_0386
 熱海

宇佐美、伊東を過ぎたら時々薄日が差す場所も出てきた。
最初はキョロキョロと左右の車窓を見ていたリルもいい加減飽きてきたようなので、誰も見向きもしない休憩所に停まってリルと散歩。
IMG_0387
 よく知らないところだよ。

結局いつもの帆走と同じく、時間でUターンすることにして15時まで南下した。
で、東伊豆までやってきてしまった。
IMG_0392
 ここどこ? 知らないよ。

戻りながら、ターホーの職場が近いことに気づいて大室山へ。
ホテルの前まで来て、この時間はチェックイン客で混みあうんだったと思い出し、邪魔しても悪いと会わずに帰る。
遠笠山道路から伊豆スカイラインに入ろうと登っていったらだんだん霧が深くなる。
IMG_0394

そのうち視界が5mもなくなったので、逆戻り。
こんな日は山は煙るんだったなあ。
元来た道をたどりながら、時々休憩。っていうか、リルの散歩。
IMG_0399
 おフネあるよ。

家に戻ったのは19時半。
それほど雨に濡れたわけじゃないけれど、いかんせん寒かった。それに腰が痛い。
まあ、気ままなドライブだから、何がどうしたというわけじゃない。気分の問題。
ヨットもそうだが、こういう狭い個室空間ほど何かを考えるには最適だ。


今日は「ボランティアに興味があるので参加したい」という女性からメールが入る。
高齢化が進む私たちNPOにとってもありがたい。
日本語教員免許はもちろん、その手の通信教育や講座は受けたこともないというから見学に来たら「無理」だと思うかもしれない。
日本語学習が私たちのボランティア団体のモットー、異文化交流や日本文化紹介のサロン的ボランティアとは趣旨が異なる。外国人と仲良くなりたいという感じではない。
その方は学生時代から国際交流やボランティアに興味があり、現在は多少の英語を使う仕事をしているという。
ボランティアにとって大事なのは資格じゃない。その熱意と誠実さだ。
「暇だから」とか「仕事を辞めたので」という方には、市や区が行っている入門講座を受けてからご連絡ください。と、やんわりご遠慮いただいている。6回ほどの入門講座を受けた人の大半は「無理」だと思うらしく、見学にも来ない。
私にも後継を育てなければという危機感はある。場合によっては外国人なみに教えなくてはならないだろう。でも、仕事をしながらでもボランティアをやりたいという彼女の熱意を買う。久しぶりの希望者だから大事にしていきたい。
__ (2)

併せて今日来日した台湾の許さんからメール。
19日(火)にお昼を一緒にすることになった。火曜は”母と過ごせば”の日、
せっかく台湾から遊びに来て私に会いたいと言ってくれる許さんには申し訳ないが、14時までならと条件を付けた。
で、エンドウやタニ公とはお預け状態。雨が続くのでリルも一緒。



このページのトップヘ