D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

夜になった今も室温は32℃ある。外の方が涼しいな。
西日本で水害にあった方はどれだけ苦しい思いをしていることか。リルなんか絶対耐えられそうにない。 ボランティアで肉体労働を買って出た人も、自分のペースを保ってほしいね。皆さん、本当にお疲れ様です。

だいたい、嵐を呼ぶ男アダチ君が豪雨災害の前日電話してきて、
「今年の夏は広島にいく予定」なんていうものだから、こんな結果になっている。
この大災害を前にしてカジノ法案を優先させる国会って、いったいどういう神経なんだ。
”長靴はいて”石ころの一つも拾ってこい!
IMG_0536
 暑くても日光浴するリル。5分で逃げ帰る。

ここにきて、カンカン照りの35℃が続いている。
とてもじゃないが、海に出たら二度と陸地を踏めないような気がする。
せいぜい、日が傾いてからリルの散歩がいいところ。
IMG_0538
 ここは歩けるかな?

少年時代の夏休みには30℃を越えることなんて滅多になかったんだけどなあ。
犬も歩かない九州の夏は炎熱地獄だ、などと言っていたのが30数年前。
体力気力とも下降線をたどっているのに、都市化の熱は右肩上がり。こんな時に家が流されて水道も出ない、電気も来ない、物資も滞るじゃ、ひ弱な都会の老人は生きていくのが難しいだろうなあ。
いやいや、老人だけじゃない。
スマホの充電が切れただけでも死者同然になってる輩もいるな。

本日も日本語ボランティア入門講座のオブザーバー。
今日を含めて後2回。出席メンバーも初回からさらに2名ほど減ったが、ここにきてやる気のある人とない人の差が歴然としてきた。
私たちの教室に見学にきた4人のうち、2人は有望で、1人は下降気味、1人は脱落。
ほとんど私たちと日曜のクラスのために開かれているようなものなので、元締めのコーディネーターもその辺の成果を問うてくる。
「おかげさまで、毎週見学に来てくれますよ」
「それで、やってくれそうな人はいますか」
「ええ、二名ほど有望な女性がいます。仕事の都合もあるでしょうけど、その辺はこちらでも折り合いをつけて柔軟に…」
なんてご報告したら、わがことのように喜んでくれた。
IMG_0540

今日は一橋大学大学院の講師が先生。タイ語を話せる方だったので、日ごろ馴染みのないタイ語の文字や言葉で、逆体験。これは結構新鮮だった。
大半の外国人はそれが日本語だと認識しても、読めないし聞いて意味をとることはできない。表意・表音入交りの日本語は表音のみのタイ語より難しい。そういう外国人の立場に立って日本語を見直すという内容だった。
これはいつも頭の隅において教えているけれど、いざ自分が生徒の立場になると、一週間後まで覚えていられそうにない。
タイには二度旅行したことがある。二度目は子連れで主だった観光地を巡ったが、最初は行き当たりばったりの街中巡りだったので、場末の食堂では注文もままならなかった。
DSC00544

現在も教室にはタイ人の女性が来ているけれど、ひらがなが少し読めるくらいで、カタカナや漢字はまったくお手上げ、英語も日本人以上にカタコト。
でも、彼女はN-1合格者以上に標準語に近い日本語を話す。もう、尊敬するしかない。
タイ語には32の母音があるけれど、舌打ち音なんて言葉の途中に出せないよなあ。こういう表音語の人たちは、むしろ日本人が意識しない小さな母音の変化を聞き分けてしまうので、
「今の”ん”はnですか、mですか、ngですか」と訊いてきたりする。饅頭とマンモスでは音が違うのだ。こうなるとサポートする側は、「今の”ん”は饅頭の方ね」などと説明しなくてはならない。

講座が終わってから、主宰と二人でテキストの印刷とホチキス止め。
ここにきて学習者が増えたのでテキストが足りなくなった。
で、ごっそりお持ち帰りさせられる。
「これなら9月までは十分もつわね」って、今年いっぱい大丈夫だよ~
紙袋2つ、手がちぎれそうなほど重い。背中にはタブレットや問題集やらが入ったいつものリュック。これで昼過ぎの炎天下の中を駅まで15分以上歩くと、空腹も手伝ってやけのやんパチ。駅前で火が付くようなカレーを食べて、ゲリラ豪雨にでも見舞われたようなずぶぬれ状態。
これで電車に乗ってまた15分以上歩くのかと思うとぞっとした。なによりも汗が冷えてきた空調から抜け出せない。家に電話すると、愚息がいたので迎車を乞う。
まあ、何度も夜中に行ってやってるから嫌とは言えないな。

午後はもうグータラパパ。
IMG_0539
 リルもふて寝。

で、今日の夕飯もハヤシライス。
もう当分福神漬けはいらない。











ここのところ日本語教室は盛況だ。っていうか、目が回る忙しさになってきている。
昨夜も新たにインドとバングラデシュの男性が加わった。一人は学習開始から30分後に来室、もう一人は終了15分前。こういう場合、支援中の他のサポーターに負担がいかないように、私が対応することになる。
さすがに、終了15分前の英語しか話せないインド人はなかば捨て置き状態。せいぜい登録カードに国籍だの住所を書かせていただけ。最後の方は学習の終わったインド女性、ラジーに教室の概要を説明させる始末。
また、先週のボランティア希望者に加えて、新たな女性が参加希望で見学に来た。入門講座初日の帰り際に「MATSURI」の説明をした30代OLで、知的好奇心旺盛な方。仕事帰りに間に合うかどうか分からないと言っていたが、5分前には来ていた。
ちゃんと教室のことを説明したかったのだが、先週来て私の担当となった中国人女性が私を待ち構えていたので、ろくに話もできなかった。

学習開始から15分すると、あらたな見学者が。
入門講座を受講している男性で、どう見ても70歳を超えた方。入門講座の休憩時間に声をかけられたが、数分話せば社会性があるかどうかは分かる。
「教科書じゃなくて、勝手に教えるのはだめですか」とか言っていた。
ボランティアに出勤義務はない。家庭の都合や病気等でサポーターが休む時もある。そんな時、学習者がどこまで進んでいるのか、何に躓いているのか、どこに力点を置いているのか等々知っておかなければならない。そんなことをミーティングで話す。誰かが抜けた穴を埋めることで持ちつ持たれつなわけだ。(私の場合は持ちつ持ちつだけど)
講座休憩中にそんな話をした方だった。
勝手に教えてもらっては困るし、入門講座をすこしばかり受けたからって教えられるわけもない。
だいたいこの手の人は国語の教員上がりが多い。何十年も国語教員をやってきて見当違いな自信を持っている。日本語と国語の指導は古文と現代文くらいの差がある。
で、この方しばらく中級グループの学習を見学していたが、40分ほどで担当サポーターに挨拶もなく帰っていった。
IMG_0510
 某コンビニのくじ引きでもらった景品

昨日はなによりも、ヘジンさんとたくさん話をしたかったのだが…
ヘジンさんは派遣ながら、どうにかこうにか就職が決まった。8月からキャラクターグッズのネット販売会社で働く。アダチ君ならその手のことに詳しいんだろうが、私はさっぱり知識がない。
日本のアニメ関連グッズは世界的にも人気が高い。彼女は韓国人ユーザーの窓口業務にあたるらしい。
派遣期間は1年だが、彼女の働き方と実績次第では正式雇用もあると言っていた。
前日に喜んで連絡をくれたヘジンさんを、もっと祝ってあげたかったのに。
秋葉原

ただ、そのグッズ販売会社の事務所は茗荷谷にある。定時で勤務が終わっても(10~18時)、教室に来るのは難しい。だから、今月をもって卒業となることが確定した。
ワーキングホリデイで来た彼女だから、最初から期限は決まっていたけれど、「日本で働きたい」という彼女のためにいろんなアドバイスをしてきただけにちょっと寂しい。
これから査証変更手続きをして国際業務の就労ビザを得る予定。彼女の夢が大きく前進したことは素直に嬉しい。
HIMG0138
 スオン

今日もまた、スマホに見知らぬ外国人から電話が入る。教室参加希望者だ。ここのところ実に多い。
ボランティア専用回線になりつつある。
スーパーで実家に持っていく”冷やしぜんざい”を買っているときに、いきなり英語でベラベラしゃべられても急に対応できないよ。
「仕事が7時頃に終わるから、7時半に行けるけどそれでいいか」
「悪いけど、そりゃあ遅すぎる」
土日が休みだと言うから、その見らぬ男に、家から近い土日にボランティアをしているNPOを探し出してやる。こんな調子だ。
IMG_0534
 もう少しゆっくり行こうよ。

明日は恐怖の歯医者、絶対明日で終わらせてやるぞ。
点滴があったら殺されてたかもしれない。まったく、ろくでもない病院ばかりだ。








行こうよ~
リルが散歩の催促をする。
昨日に引き続き晴天31℃超え。うっかり冷房でもしようものならリルの散歩にさえ出たくなくなる。
まあ、真昼に墓場で走ずり回っていたリルだから、多少暑さにも慣れてきたのだろう。
午前中、ちょっと買い物をして、昼過ぎにリルとコンビニにサンドイッチを買いに出る。
いやあ、暑いねえ。
IMG_0522
 その先は日陰ないよ。

坂を登って帰ってくると、汗が噴き出す。
エアコン、エアコン。
一旦、その涼しさの恩恵に預かると、外には出たくなくなる。ましてや、昼下がりの暑い時刻だ。
食事しながら、西日本豪雨災害のニュースを見ていた。

だが、こうやって無為に時間を重ねて一日を終えるのはもったいない。と、貧乏人は考える。
3時頃、熟睡中のリルを起こしマリーナへ。
暑い日には暑い中を。

熱中症覚悟でセーリングする気はなかった。
キャビンに除湿剤や乾燥剤を置きに行くのが一番の目的。梅雨時はキャビンを開けずにおくとカビがはびこる。
IMG_0523
 それは食べられないんだよ。

ほぼ密閉空間のキャビンだが、換気口がいくつかある。そこから湿気の魔の手が伸びる。冷蔵庫なんてものはないから、置きっぱなしのパイプタバコや非常食にもよくない。
本日の横浜の湿度は90%。

IMG_0525
温度は大して変わらないが、湿度は低め。

別室たるキャビンでは不快指数をできるだけ下げたい。
で、そこかしこに安い除湿剤などを置く。こんなものでも結構効果がある。
IMG_0524

エンジンを回し、扇風機をつける。
駐車場からここへ来て、キャビンにいるだけでも汗が出るからね。

このエンジン音と、すでに汗だくになったTシャツで、もう破れかぶれ。
よし、出航するぞ!
少なくとも機走で走っている分には自転車で下り坂を走るような心地良さがある。
IMG_0526
風が強いから、余計に気持ちいい。

もうすでに5時になろうかとういう時間。ヨットもボートも釣り船もいない。
いかにも夏空の爽快感がそこにあるだけだ。
IMG_0528
 涼しいね。

南南東の湿った風だが、日差しも弱くなってきたのであまり気にならない。
むしろ、白波が立っているのでバシャーンと船体がピッチングする方に気を取られている。
リルは濡れるのが嫌いだからね。
オーニングテントを作ってやり、波除にする。
IMG_0531
 快適、快適。

ほんの1時間半の夕涼み。
それでも結構満足してたりする。
帰港後はコクピットで一休み。風が強い分、家では味わえない涼しさを満喫。
IMG_0532
 リルはすでに惰眠態勢。

それなりに海で楽しめましたあ。

このページのトップヘ