D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

スマホ25か月目に到着。
結果的に、いつも2年ごとに乗り換えをしてきたスマホだが、面倒なことこの上ない。
たいして使いこなせてはいないから、別に最新のものなど買う気もない。ただ、不思議なことに2年以上経つと必ず不具合が起きる。
で、機種を変更するか乗り換えるかを考えることになる。
どのキャリアもどうして機種変更する方が高くなるのか全く理解できない。長く使っているユーザーをないがしろにしているとしか思えないよなあ。
そして、各社訳の分からぬ料金体系にキャンペーンだので期間限定の値引きする。その時期乗り換えないと損ですよとまで言う。
この一月ぐらい、パンフやネットで比較検討してみたし、量販店に行くたびに説明を聞いてきた。
量販店のキャリア制服を着た店員などは「絶対乗り換えですね」と太鼓判を押し、他社を推薦したりもするから、あのAUとかソフトバンクのユニフォームは1週間ごとに着まわしているんじゃないかとさえ疑いたくなる。

本日25か月目に突入したので、迷うことなく格安スマホ店に家族で出かける。リルも一緒。
IMG_6430

格安モバイルは結局のところアウトレット商品に、人件費やサービスを抑えて基本料を抑える仕組み。
まあ、ビッグ3のキャリアがバックについているので通信上の心配はない。

ずかずかと入っていき、
「これと、これと、これください」と飴玉を買うように言う。
こりゃ上客だよな。
料金体系や料金シュミレーションはすでに学習済みだし、選んだ機種の内容もほとんど熟知しているから余計な説明はいらない。

この格安スマホ店の料金体系はいたってシンプル。簡単に言えばデータ量の異なる三種類しかない。
IMG_6432

なので、全然迷う必要がない。
でも、MNP含めた審査やコンプライアンスに基づく説明は一通り行うからたっぷり1時間はかかる。
リルは店内に入れないから道端に置き捨てられ、交代でその辺を散歩。
IMG_6431
 終わったぁ?

機種はそれほど新しくはないが、現在のものよりちょっとだけグレードやストレージが高くなっただけ。とりわけ息子のストレージは128GBにしてもらう。
3人で現行のプランより4000円/月 近くやすくなった。

午後からはデータ移行等にいそしむ。
キャリアだと初期設定までしてくれたりするサービスがほとんどないから、メール設定からデータ移行やアプリまで全部やらなくてはいけない。
クラウドを使っていて助かった。
夕方には終了。
今日はさんざん待たされた上、帰宅してからもみんな黙して下を向いていたので、リルは不満顔。
散歩に連れ出し、途中でタカハシに試しのSNS通話をしてみる。
OK!

スマホ新しくなりましたあ。
IMG_0002
 だから?

久々にぐっすり寝た。
毎日実家通いしていてリルとあまり遊んでやれなかったが、今日は無罪放免。
おフネ乗ろうなあ。
IMG_6420
 涼しくて気持ちいいんだよ。

本日の最高気温26℃! まだ4月だよ。リルにライジャケは暑すぎる。(ペットに着用義務はなし)
それでも、東南東の弱風が適度に涼しさを感じさせてくれる。
こんな日はセイルを揚げて、天日干し。
グータラ船長によってJollyhotのメインセイルは1年中スタックバッグに入れられているので、月に2度は天日干ししてやらないとカビが生える。
今でこそ帆布はダクロンという化学繊維だが、かつては筵や井草。木綿時代を通って大航海時代には大麻が使われるようになった。大麻栽培は大航海時代の悪しき遺産ともいえる。
横帆にはほとんど大麻が使われ、その耐久性は木綿をはるかにしのいだ。帆船史上画期的だった大麻だが、その重さや硬さはどうしようもなく、だんだん改良され麻混綿布、さらに進んで軽くしなやかな綿布になる。いわゆる帆布グッズなどと称しているものはこの綿布。
が、画期的な綿布だったにも拘わらず、世の趨勢は蒸気機関となって次第に需要が減っていった。
まあ、時代とともにいろいろ改良されているわけだが、その多くは絶えず風雨や湿気にさらされている帆布のカビ菌対策という側面も持ち合わせている。
タールを塗りこんでみたり、鉱物顔料で染めたりしてブラックパール号やツバメ号などの黒や赤のセイルができるわけだ。
IMG_6419
今でこそセイルは化学繊維ダクロンが主流だが、セイルを形成するための糸はナイロン。ここに案外カビ菌がはびこって黒ずんだりする。
毎日使って塩出しして、必ず家に持ち帰ればカビなどはそう繁殖しないんだが…
なにしろクルーが役立たずなので、そんなことはできない。
IMG_6423
 寝てるし。

今日は好天に恵まれて少し賑やかな海だった。
ヨットもボートも、トロール船や貨物船も急に活気づいたように行き来している。
波も少ないしティラーだけで操船できるから、なんとも気持ちいい。
IMG_6425

オニギリなどは持ってないが、朝食が遅かったので全然気にならない。
風任せでフワフワ浮いていた。
一応、セイル乾しなので時々タックして、セイルの両面に日差しをあてる。
できるだけ強い日差しがよい。

東南東の風は徐々にシフトして北東になる。観音崎を目指していたポートタックがいつの間にか木更津に針路が振れていた。
昼凪になると、さすがに暑い。
風で走っているから涼しいわけで、止まっていたら海上の方が暑いに決まっている。
リルが少し心配だったので本牧沖で引き返す。
IMG_6427
 日陰が欲しいよ~

まだ暑さになれてないからなあ。
3時間ほどのセーリング。帰港後は船長、クルーとも飲料水をがぶ飲み。
下したセイルは少し暑く感じる。まあ、こんなもんだろう。天日干し終了。
今日はしっかりフネ洗い。
IMG_6428
 楽しかったあ。

昨日も日本語教室に新しい外国人が二人来た。この時期は1年で一番出入りが多い。
タイと中国の女性で、中国の女性は私が見ることになった。
「いつまで勉強できますか」と訊くと、英語交じりの日本語で
「来月、中国へ帰ります」という。
え?来月?それじゃあ、2回しかできないじゃないの。
”来月”が間違っているかもしれないと思い、英語が話せるようなので英語で聞いたがやっぱり"NEXT MONTH"。
むー、何を教えればいいんだ。
いろいろ聞いていると、どうも子供がこの4月から保育園に入園した模様。旦那はIT関連だが…
いつ日本に戻るのかと問うと、分からないという。ビザの再申請でもなさそう。なんだかよく分からない。
1225蘇州寒山寺2
 蘇州寒山寺

ボランティア後、いつもの中華屋さんでその話をすると、中国人のおかみさんが「今の20代,30代は怖い」という。
要は高度経済成長の中、一人っ子政策で甘やかされて育ってきた世代で、小さい頃は中国でもまだ家族意識が高かったから、親戚からも近所からも大事にされた為に、わがままで計画性が無く、ちょっとでも困るとすぐ身内にすがりつく傾向があるのだという。日本のゆとり世代よりも奔放に生きてきたのだとも言う。(娘さんはゆとり世代)
むー、でも今ビザの延長申請で一時帰国してる宋さんは同じ年代だけど、全然そんな感じではないけどなあ。人によりけりだよな。
でもまあ、子供が保育園に行って入園式の当日にいろんな説明を受けて、まったく理解できなかったのでうちの教室に来たのだろう。この手の外国人は多い。
もしかしたら、帰国し、親を説得して子供を預かってもらうのかもしれない。確かに計画性がないかもしれない。


ここのところ保冷剤を積載したサンダーバード2号で毎日2往復していた実家だが、午後からやっと新しい冷蔵庫が届く。
午前中は、冷蔵庫の中身を整理したり、門扉を外したりして梱包されてくる冷蔵庫の通り道を確保する。せっせと中身を食べつくした結果、本日の昼食は自分の分がないので一旦帰宅。
IMG_6416
 留守番で不機嫌なリル。

同時並行でケアマネに依頼していたシャワーチェアなどが届いたり、父のデイサービス申請が通ったりして包括センターにも日参。ケアマネも懇切丁寧なのはいいのだけれど、なんでもかんでも私に連絡してくるから忙しい。シャワーチェアの見本を持っていくから立ち会ってくれとか、風呂場の手すりの取り付け位置はどうするかとか、そういうのは本人たちに聞いてくれというようなものまで連絡してくる。母だけならともかく、少なくとも父は認知症ではないしきちんとした判断能力を持っているのに。
IMG_6412
   シャワーチェア

今日もデイサービスの利用料金をめぐって計5回の電話。月にいくらぐらいかと聞いただけなのに、訂正に訂正を重ね、最後には最初の金額の3倍になっていた。こうなると”うざい”。っていうか、全然仕事ができてない。エンドウだってそんなに間違ったりしない。

リルの散歩を終え、遅めの昼を食べるとなんだか疲れてしまって、冷蔵庫が来たら連絡するようにと電話してボケーっとしているうちに居眠り。

目覚めると4時。電話が鳴れば聴導犬もどきのリルがその3倍くらいその無駄吠えで起こすから、変だなあと思って実家に連絡。
「冷蔵庫?そんなの聞いてない」は母。その後ろの方で「もう来てるだろ!」と父の声。
で、実家へ。
IMG_6418
 今日は暑いくらいなのに…

なにやら不機嫌な父の話では、冷蔵庫を配送してきた業者に床の傷防止マットを5000円で売りつけられたとのこと。いままでそんなものを敷いたことはなく、ましてや築40年の古家。床は傷に満ちている。
多分、母がハイハイとOKしたのだろうと思ったが、そうではないらしく、なんの説明もないまま設置し終わったら付いていて、マット代金を請求されたという。しかも、あらかじめから領収書を持っていたらしい。悪質な押し売りだ。クーリングオフしようにもそのマットを取り除くことなどできるわけがない。そのうえ、その領収書には業者の住所も電話も書かれていない。
この手の処置はすべてJollyhot生活安全課に持ち込まれる。

発注元のY電機に電話。案の定あちこちに回され、折り返し電話するという。
電話を待っているとまたケアマネからの電話。ええい!うるさいぞ!
なかなか折り返し電話がかかってこないので、再度電話すると、
配送担当からは「マットの紹介をしたら、設置の依頼を受けたので適正な価格で設置した」との連絡を受けたという販売担当者。
財務省の答弁じゃないんだからさあ。
「あなたの対応を含めて消費生活センターにこの一件を連絡をする」というと、その担当は急に低姿勢になった。明らかに下請け配送とグルなんだなとわかる。
安さを売り物にしている量販店は配送や設置にかかわる業者と委託契約を結んでいる。自前で配送などはしない。品物が薄利な分、委託業者に無理難題を吹っ掛けるから、その委託業者もアコギなことをするという図式だ。品物は安くても思わぬ落とし穴がある。
結果、おそらく、”サービス”という形でキャッシュバックされるだろう。決して泣き寝入りはしない。

最近はオレオレ詐欺に代表されるような年寄りをあの手この手で騙す事件が横行している。実際、実家にもそういう電話がかかってくる。こうした風潮を私は絶対に許せない。
いったい、日本人の良心はどこに行ってしまったのだろう。こうした年寄りたちが、極貧の中から戦後復興にどれだけ汗水流してきたことだろう。
敬老などという儒学精神など知らなくてもいいけれど、今の日本を築いた人たちの苦労は知っておいてほしいものだ。
ふと、昨夜の中華屋さんでの会話を思い出した。
IMG_6415
 こわいねえ。

このページのトップヘ