D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

昨日はまた一人韓国人の女性が教室に来た。
ひらがな、カタカナはもちろん、まったくのゼロスタート。ただ、きれいで流暢な英語を話す。テレビの英会話なみにきれいな発音で、なんだか心地いい。
ただ、まったくの初心者となるとサポート側に余裕がないので一番レベルの低いネパール人を担当している私の対応になるが、それでも彼女はテキスト1冊分(全部で4冊)先に進んでいるから対応が難しい。
準備もできてないので、ひっちゃかめっちゃかの授業になった。
来週はどうしようかなどと考えていたら、眠るのが遅くなった。
IMG_1208
 解体中のアウトレット。

そのおかげで今日は遅起き。
まあ、だいたい水曜は教室の後の中華屋さんでいろいろ話しこむから夕飯も遅くなるし、その分寝るのも遅くなる。現役の時はどうやって早起きしてたのだろう。もう忘れてしまった。

目覚めてみれば秋空にそよ風。
体が怠かったので(誰かが家を出るたびにギャンギャン起こすやつがいる)、フネに乗ろうとは思わなかったがリルとおにぎりでも食べようとマリーナへ出かける。
IMG_1209
 結構、吹いてるよ。

昼前にはマリーナへ着いたが、朝方のないだ風とは打って変わって強くなっていた。北東の冷たい風がマストにハリヤードをぶつけるカンカンというた音があちらこちらで響く。
だいたい、このカンカンという音は飛沫がかかる風の強さなのでリルは及び腰だ。
「今日は乗らないから大丈夫だよ」
コンビニのおにぎりは、少なくとも私が食べていいような具材のものは売り切れていたので、今日は久しぶりにマック。チーズなし、トマトなし、豚肉、卵なしだとテリヤキなんだらくらいしかないな。
コーヒー、紅茶のカフェインもだめ。こんな日にオレンジジュースかよ。
IMG_1210
 なんでもいいよ~

風除けのテントを作り、キャビンからマットを引っ張り出して、グータラ態勢。
たまには休みが必要だよなあ。
とかなんとか言い訳をして、リルとごはん。
IMG_1211
 ジーっ…

食後、少し横になってゆらゆら揺れながら抜けるような青空を眺めていた。
平日は水辺の鳥たちが飛び交っているが、大きなアオサギのつがいが悠然と秋空に舞う姿は迫力があるなあ。
今日は定休日のように人がいないから、余計なざわめきもない。
音楽もかけずに、寝たら寝たでいい状態にしておく。リルはとっくに惰眠態勢。
ユラユラ揺れてると、よほど疲れているのかだんだん眠くなる…

が、頭を空っぽにすると貧乏暇なし根性が芽を吹きだしてくる。
「そうだ、陸揚げするとやりづらいパルピットでも磨いておくか」
パルピットとは舷側にあるライフラインを結ぶ金属の支柱である。ステンレスとはいえ野ざらし状態だから錆が出てくる。ここから錆の混じった水汚れがハルにつく。
IMG_1215
 ピカール。

貧乏船主には廉価で量も多い金属磨きの「ピカール」は何よりの味方。
要は、研磨剤で細目のコンパウンドとかわりない。手遅れの錆にはまた別の錆取り剤があるが、適度に錆をとるなら十分だ。ただし、こいつはワックス機能をもってない。それはまた後日だ。
これでフネ中のパルピットやアルミのガンネルやスパーを磨き上げる。(マストは無理)
ポンツーン側はフネから降りると楽だけれど、反対側は中腰姿勢。だいたい、これで腰が重くなる。
全部やり終わったら、今度はハルの雨だれのような水汚れをこれで落とす。今年は大雨や台風が多かったからねえ。
ピカールは金属だけじゃない、ちゃんと”プラスチック類”にも可となっている。
いろいろ試してみたが、このピカールがハルの汚れを落とすには丁度いい。なにしろ力が要らない。
船底塗装でハルを磨くが、陸揚げするとハルははるか頭上にあるので、脚立を少しずつ移動させながら何度も上り下りしなくてはならない。
係留中の方が楽なのだ。
ポンツーンの反対舷も、シングルバースの利点でフネを動かしてもう片方のポンツーンにつけて磨く。
でも、こいつも時々腹ばいになるなるな。
IMG_1216
 うーむ、なかなかきれいじゃないの。

で、終わる頃には日が傾いて、達成感はあるものの、あちこちが痛くなる。なんか余計疲れた。
それに、痒い!
本日はこれまで。
IMG_1218
 全然面白くなかった。

今日は夕方の散歩なし!

現在国会で外国人労働者の受け入れ拡大が論議されている。
少子高齢化で人口減少が進む中、これまで通りの労働を確保しようとするなら定年延長や女性の活躍で補うほかはないが、それも小手先の場当たり的な施策にすぎない。10年先には行き詰る。すでに団塊の世代は70代、定年延長を続けられるような状況にない。
AIを活用してロボット化を進めるには莫大な投資が必要になる。大学の研究費でさえ満足に補助できない状況で民間に丸投げしても、利益が見込めない設備投資を積極的に受け入れる企業は少ないだろう。外部人材活用はどうしても必要だ。
とはいえ、単に数合わせで外国人労働者を増やせばいいと言うわけではない。給与含めてその受け入れが整わなければ不法就労を生むばかりだ。
先進国の多くは難民、移民を含めて経済発展途上国の外国人就労に頼っている。「壁を作る」などと言っている国は少ない。今や世界中で外国人労働者の獲得が喫緊の課題となる中、”5年の実習”とか”家族帯同なし”などという条件を付していると、枠を広げても見合った数の外国人が集まらない気がする。
発展途上国がいつまでも発展途上ではない。
日本に移住してくる外国人の受け入れ態勢がきちんと定まらないまま、取って付けたような外国人労働者枠の拡大が決まれば、各自治体や財団法人に丸投げされそうだ。実際、現在でも各省が外国人就労についてはバラバラな動きをしている。
自治体でも細部の検討はなされないで、結局はNPOやボランティア団体頼みとなるだろう。
IMG_1206
 雨降るよ、きっと。

夏の入門講座を経て何年ぶりかで来た二人の新人、一人は早々に離脱。もう一人もすでに2か月欠席状態。その欠席登録者からまたメール。
「今年いっぱい休ませてください」
ってさあ、登録後に来たのは2回だけだよ。本当にやる気あるのかな。平日の夜がダメなら週末開催の教室に行ってくれた方がずっと役に立つんだけどなあ。

日本語教室もまた高齢化が進んでいる。どの教室でも後継者が育たないとこぼしている。
災害発生地のボランティアもまた同じ。一度や二度の体験ボランティアで来るには来るが長続きしない。発災から半年もするとボランティアが激減する。まあ、それでも誰も来ないよりはいいのだろう。
東京五輪のボランティアも全然目標数に達していない。最近では、在留外国人にまで募集案内を出している。
その一方で、リタイア組の人たちが行き場をなくして図書館やゲームセンターでウロウロしてる。何をしていいか分からないとまで言う。

「どうしたんだ、日本」
これは渋谷の変体仮装集団の乱痴気騒ぎを見てSNSに投稿した外国人の言葉。
”オ・モ・テ・ナ・シ”なんてとっくに忘れたか。
IMG_1207
 
今日はほとんど終日雨。
午前中リルの散歩に出かけられてよかった。
午後から実家。情けなくも認知症が進んだ母を相手にすると、とても疲れる。
でも、痒みが引いてきたのはいい兆しだな。



来週は秋の船底塗装を予定している。
船底塗装だけなら三日もあれば家内の一日手伝いで作業は終わる。我が家はこれを家族イベントとして位置付けているので息子も勘定にいれている。本当はそれで十分なのだが、いつも誰かしら助っ人として声をかけている。一緒に汗をかいて一杯飲む。
ここのところ毎回来てくれている友人タカハシから昨夜電話があった。
「明日9時半ごろマリーナの最寄り駅には着けるよ」
って、オイオイ船底塗装は来週だぞ。
IMG_0126
 ペンキ屋

どうも勘違いしていたようで、船底塗装が明日だと思っていたらしい。来週はすでに予定が入っているとのこと。
で、どうせ来る予定だったら明日横浜にくればいいよと誘った。

今日は船底塗装の準備として、工具その他の点検と消耗品の買い出しをする予定だったが、まあそんなことはいつでもできる。
我が家と駅近くの呑み屋ぐらいしかタカハシは馴染みがないので、地元門前町の街歩きでもして昼飯を一緒にしようという事になった。

あいにくの小雨交じりで、リルは連れていけない。実家の薬を届ける”帰ってきた”運び屋も今日はリルなしで行ってもらう。しかも週一シャンプーが待っているリルは大いに不満。
オマエもたまにはストレスを感じろ。
IMG_1124
 苦手なのがいるし…

地元駅で11時に待ち合わせ、さっそく古刹の瑞応山へ。
天平時代に行基が開山したと伝えられているが、それを遡る養老年間にインドの高僧、善無畏が結界を張って礎石を置いたことに由来する。
この善無畏なる人物、とてもミステリアスで実在したかどうかも疑わしい。
インドの高貴な出で、唐代玄宗の頃密教に惹かれて国を捨てて帰依したとある。中国に渡り密教の神髄たる三蔵を納めたのち、日本にやってくることになる。阿闍梨につぐ高僧の三蔵法師である。
一度しっかり調べたいと思ってはいるのだけれど、最近は難しい本を読むと眠たくなる。
IMG_1193

古刹ではあるが、鎌倉や京都のように「権威」があったわけではないから実に素朴で、それこそが地元住民によって育まれた寺の証拠でもある。信仰によってのみ長い年月を積み上げてきた瑞応山は今でも親しみもって生活の中に位置づいている。
鎌倉や京都の寺院の多くだって、もともとは小さな寺領だったはず。
BlogPaint
 七五三で賑わう境内

まあ、そんな話をしながら門前の商店街へ。
いつもの散歩コースだけに、私には真新しい感じはない。ここのアーケード商店街は雨降りの時のリル散歩には利用させてもらっている。
アダチ君が来た時も横浜橋商店街をタカハシと三人で歩いたが、そちらとは全く趣が違う。
こちらは半数近くがシャッターを閉めている。
だからと言って、地方都市にあるような寂びれた商店街とは違う。昔から日曜定休なのだ。
私が小さい頃は、当たり前のように日曜は市場(いちば)が休みだった。築地だろうが南部市場だろうが今もってそれは変わらない。つまり、河岸に品物がないから仕入れができないわけだ。
売れ残った物を売るという新鮮味に欠けるような商売は恥ずかしくてできない、というのが暗黙の了解だった。
今でこそ、日曜だから買い物に行くというスタイルが定着してスーパーだろうがコンビニだろうが当然のように物を売っているけれど、冷凍冷蔵技術や産地直売の流通が発達したからそうなっているわけで、その分昭和の町の商店街はすたれた。
ここ門前の商店街は未だにその姿勢を崩さない。周りにスーパーがたくさんできているから本当は経営が苦しいのだろうけど、そんな取り決めをしている昔気質のこの商店街は好きだ。

商店街のベトナム料理の店でタカハシと食事。
相変わらず食べられるものが少ないからフォーや春巻きなのだが、タカハシは美味いと舌鼓。
BlogPaint
 いい味だなあと喜ぶタカハシ。なんで焼酎なのかなあ?

実際この店のフォーは美味しくて、ヴェトナム人の留学生たちが足しげく通う。
商売柄、私もいろんな国の料理を食べてはいるが、「ジャスミン・パレス・キッチン」は特筆に値する。

商店街の店を一つ一つ紹介しながら、今どきないような帽子屋や漬物屋(タカハシは胡瓜の古漬けを買っていた)、鮨屋や染物屋などで足を止め、年金生活者にありがたい常時廉売の衣料品屋でひざ掛けなどを買い駅に戻る。
といっても、まだ13時。
それでも居酒屋チェーン店は開いているのが今のご時世。
酒好きなタカハシをこのまま帰すわけにはいかない。
枝豆や手羽の味噌焼きなどを注文して一杯。(昼を食べたばっかりだし)
で、タカハシから”お詫び”の土産をもらうことになる。
IMG_1201
 タカハシの土産。

茨城の土浦からわざわざ出てきてもらった上に、幻の酒までもらって恐縮。
来年三月で仕事を辞めるタカハシだから、その後は会うのも難しくなる。
3時間ほど一杯のサワー(今はこれしか飲めない)で居座った。しかも、私がトイレに行っている間に会計をしていたタカハシ。なんだよ、ご馳走になっちゃったじゃないか。
「ごめんな、船底塗装に行かれなくて」と悪びれながら逆に頭を下げられた。
律義というか、いいやつだなあオマエ。

駅で別れる。
姿が見えなくなるまで後姿を見送る私に何度も手を振るこの光景、学生時代から変わらんなあ。






なかなか痒みが抜けない。
服用の2種類を飲んでいるが、決まって夕方くらいになると痒みが増す。もう、いい加減にしてくれ!
で、昨日は本牧神社に神頼み。
IMG_1174

横浜の奇祭「お馬流し」(馬首の亀を舟で流す)で有名な神社で、千年以上の歴史を誇る。尤も、戦後米軍に接収され、元々小港辺りにあったこの神社が現在の本牧和田に遷移されたので、古い感じはしない。
「お馬流し」の神事は永禄年間からというので450年というところだ。
漁業・海運の神様と知られ、境内の旗竿にはUWの信号旗(安航を祈る)が掲げられている。

御祈願をしたところで、本日はリルとフネへ。
さすがに11月ともなれば、最高気温が20℃を下回ってくるが、風が弱くて陽が射せばそれなりに暖かい。
IMG_1179
 半分くもってるよ。

波穏やかな微風。南の方は曇っているが北の方は晴れている。むー、ご利益があったか。
オニギリ買ってきたし、のんびり帆走だな。
また八景島付近でヨットの草レースをしてるので、今日は根岸沖をフワフワ。
横浜港にでも行くかな。
埋立地の工業地帯を目の奥から消し去り、本牧十二天の本来あった本牧神社の姿を思い浮かべてみるのもいい。
などと、適当に帆走していると、沖合に帆船を認む。「みらいへ」だ。
IMG_1181
 船長、敵スペイン船、左舷に見えます。

ここからはアダチ君の妄想になぞらえて、

「船長、アル・フトゥーロ号です!」
IMG_1182
 アル・フトゥーロ(みらいへ)

我が方の小型砲艦が寄ってたかって攻撃をしているが、砲門数に差があるので苦戦を強いられている。
デッドラインを突破されれば、戦列艦不在のプリモス軍港を落とされるのは必至。
なんとか、その行く手を阻まねば。
我が艦が最後の砦だが…
IMG_1184
 船長、焼き討ちしやすか。

この船を犠牲にしてでも、進路を阻まねばならぬ。
「ありったけの油を船に流せ、火を点けたら総員退避!これから体当たりして焼き討ちにする」
先任航海士の号令のもと、火薬と油が船倉から運び出される。岸からは遠くない、この水夫なら泳ぎ切るだろう。
「ランプの準備はいいか。総員退避用意。わしの体を舵輪に結べ!」
IMG_1186
 角度よし。

とここで旗艦月照号からの信号弾。
「やめて!」
ミス・リー提督からだった。講和条件が整ったらしい。
「攻撃中止だ、航海士君。面舵一杯!全帆展開、前を突っ切るぞ」
IMG_1188
 小型砲艦は全滅。

「船長、上に出ましたあ。砲門開いてます」
「砲門閉じ!油樽をしまえ」
IMG_1190
 威風堂々。

てな具合に、アダチ君が乗っていたら勝手にベラベラと一人で話してるんだろうなあ。
いつまでも少年だからなあ。

「みらいへ」は近くで手を振ると、振り返してくれた。
ここでゆっくり、リルとおにぎり。
食べ終える頃雨がポツポツ降り出したので、水嫌いなリルのために帰港。
帰港したら雨が止んだ。なんだよ~


このページのトップヘ