D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

我ながら阿保らしいのだけれど、ちゃんと治りきってない風邪を押してヨットに乗ったりボランティアに出かけたりして、結局昨日は最悪な状態になっていた。
なので、ほぼ一日安静にしていた。といっても、寝る際にしている圧搾空気のマスクは鼻が詰まると窒息しそうになるので、2時間おきに起きなければならなくなる。むしろないほうが楽なのだけれど、どちらにしても良質な睡眠はとれない。まったくもって嘆かわしい。

それでも今日は咳が止まったし、薬を飲まないでも鼻水に困ることはなかったので、毎日籠城させられているリルと長い散歩にでる。まあ、肺が痛いので坂はきついんだが…
IMG_5825
 そんなところで何やってんの?

足取りを確かめながらゆっくりと歩いて駅近くのお寺さんへ。
この町は門前町なので、このお寺さん中心に動いている。初詣客も少なくなったし、いつも通りののどかさが戻っていた。
IMG_5851
  初詣だよ。

京都や鎌倉、東京の浅草もそうだろうけれど、地元の人にとってお寺さんは毎日ご挨拶するところ。年に一度だけやたらとお願いに来るところではない。ある意味生活の一部。だから、願い事をするというよりも感謝のご挨拶といった意味合いが強い。身近な存在なんだよね。
IMG_5850
 悪い子は閻魔さんに舌抜かれるんだよ。

いつも通りに観音様へ感謝申し上げ、昼を回っていたので近くのケバブ屋さんでテイクアウト。
ここのご主人はハンガリーとイランの血が流れてるそうだけど、基本的にはトルコ人で奥さんはウクライナ人。日本には26年住んでいて、日本語は日本人と同じように話す。それに英語、トルコ語、ペルシャ語も話せるし、ロシア語少々にラテン語も理解する。
ケバブもちょっと国際的な味で、トルコの妙味が生きているのでとてもおいしい。
IMG_5852

ボリュウムたっぷりなので、食べ歩きができない。私なんかただでさえボトボトこぼすからお寺の境内に戻って食す。リルは私が必ずこぼすのを知っていて隙を窺っている。まあ、その方がお寺にとってはありがたいよね。
IMG_5855
  じーっ。

それなりに暖かいし、アーケードは風を防いでくれるので商店街をそぞろ歩き。
酒屋の親父に挨拶し、お茶屋さんで掛川茶を飲ませてもらい、暖かそうな下着を買った。
大岡川に沿って歩き、リルもけっこう満足。それから家に戻る。
でも、行きは良い良い帰りが怖い。帰りはずっと上り坂。息切れすると肺が痛い。
リルに気遣われてるのがわかるんだなあ。
IMG_5857
  ゆっくりでいいんだよ。

ゆっくりと回復している。






はいはい、こんな穏やかな日に乗らないわけにはいきません。
今日の最高気温14℃、快晴、北の弱風。なんと三月上旬の暖かさだという。
これぞ天が与えたもうた千載一遇の乗艇チャンス。光のどけき春の日に、ときたもんだ。
暦が改まってすでに半月。遅ればせながら本日初セーリングと決め込んで風邪薬飲んでリルと出かける。
急ぐぞ!ええい、昼飯は乗ってからな。

フネに勢い込んで乗ると、出入り口に一枚の年賀はがき。なんじゃこりゃ?
IMG_5831
ナオト氏からのものだった。在りし日のNancy号とロジャ君かな?わざわざ置いて行ったんだ。
後でメールしたところ、一昨日BeachBoys号のメンバーはフネで新年会をやったそうで、その時置いていったそうな。なんともご丁寧なことで、痛み入る。

それにしても暖かい。艤装しながらも汗をかくのは冬支度のせい?それとも風邪のせいか?
まあ、なるようにしかならんな。おにぎり買ってないし、早上がりしよう。
IMG_5836
 帰路が少しでも楽なように北上する。

11時前まではそれでも5m/sくらいのいい北風が吹いていた。フネがある程度ヒールすると、リルもデッキに上がってバランスをとる。この微妙なバラスト感覚はAB船員なみだな。
IMG_5841
 船長、船が止りやした。

それにしても久しぶりだから、ティラーの感じが嬉しい。
風に誘われて出てきたヨットも数杯いる。
根岸湾を北上し、ミナトの方へ。と、ここまでは順調だったが、湾を出たら風が弱まった。
うへ、こりゃ時間がかかるなあ。
IMG_5837
 すぐ膝の上に乗るリル。

沖目からベイブリッジを覗いて引き返す。本線航路に近いから、こんなところでウロウロできない。
そうだ、爺ちゃんさんからもらった金毘羅さんの旗をあげなきゃ。
うーん、でもなあ。初乗りというには遅すぎる帰来があるし、この辺で黄色いと赤の旗上げてたら水上警察がやってくるかもしれないから、(O旗→落水者あり)やっぱりやめておこう。
IMG_5839
 これ、気になるんですけど。

リルは暇を持て余して座布団と格闘。
ランニングになると、セイルもたらーん。リルも惰眠。
本当に暖かいから、まあ日光浴ということで。
IMG_5840

1時半には帰港。3時間足らずの初セーリング。でも、気持ちよかった。
それから、リルと久しぶりにマックのテイクアウト。この時点で微風だったから、コクピットで食べることにした。リルの散歩もしないとね。
IMG_5843
 我慢、我慢。

食べ終わってからフネの水洗い。
きれいにしたのに、リルが降りるときしっかり足跡をたくさん残した。
なんでこんな時に限ってあちこちバタバタ歩くのよ~
それでも、楽しいセーリングでした。
IMG_5844






もう2週間もフネを放りっぱなしにしている。
本当ならもうとっくに初乗りをして、冬の冷たさを思い知ってるところだが、やたらと風邪が長引いてほとんど家の周りから出ていない。
先週の風邪は確かに風邪だったけれど、このしつこい第二波は症状から見てもいわゆるB型インフルエンザで、たまたまワクチンを打っていたから悪化しないで済んでいるという感じだ。
今朝も本調子には程遠く、売薬を飲み、いい加減飽きたソファに寝ころんでいた。
この10日くらいで視力も落ちたし、首には張ったような痛みがある。やれやれだ。
今年の運勢は大凶。「病災に注意」とあった。こういう時だけ納得する。大概悪いことは暦のせいにして、日ごろの不摂生を棚上げすることにしている。

昼食を食べた後に少し調子が戻ってきたので、リルを連れてマリーナへ。
IMG_5816
 大丈夫かなあ?

少し良くなるとバタバタ動いて、より症状を悪化させるという実に愚かな繰り返し。それも重々承知。
ましてやこの冬一番の寒波が来てるというのに、ぼやけた頭で行ったからとてなにができるわけでもなし。せいぜいリルの散歩と気分転換。

本日の最高気温7℃。朝は氷点下だった。
日本海側の豪雪地帯や山国の寒さに比べたらどうってことないけれど、温暖な横浜にあって7℃というのは結構限界点なのである。私の個人的な体感では無風状態で8℃までが蠢き可能な気温。
ボランティアで韓国人のヘジンさんに「今日は風も冷たくて寒いですねえ」と言ったら、「春のように暖かいです」と返された。韓国人に対する挨拶ではなかったな。尤も、インド人やバングラデシュの生徒さんたちは全く来なくなったが……

弱い南風が吹いていたけど、これが妙に冷たい風だから北西の山々から巻き込まれてきた風なのだろう。とてもコクピットでのんびりできるような感じではなかったのでキャビンに入ってストーブをつける。
IMG_5818

キャビンの半分は喫水下なので、海水温の方が高いこの時期だと外より暖かい。それに密閉された空間だからすぐに暖かくなる。
久しぶりだからか、なんとなく懐かしいような居心地で、リルもバタバタ動き回っていた。
どうせ寝てるだけなら、寝袋持ってきて寝てようか。などと、また悪化の起因になるようなことしか考えなくなるな、ここは。(と、環境のせいにする)
リルを枕にキャビンシートに寝ころんで、音楽を聞き、お茶の一つも飲むと少し動きたくなる。
で、エンジン始動。
バッテリーも替えたばかりだし、燃料も暮れに入れたから快調に動き出す。ガタゴト、ガタゴトと息するがごとく動くディーゼル音は少しうるさいけれど、なんとなく愛着がわく。

映画「Uボート」で神経神経耗弱に落ちいった機関士が沈んだ潜水艦を動かすために不休の作業をするシーンがある。もう空気もわずかなところまできて皆が死を意識し始めた頃、ヌーッと指令室に現れて「船長、直りました」とボソッというのである。動き始めたディーゼル機関に、彼は頬摺りしてその音を愛おしむ。
てな事を思い出しながら、その愛着あるエンジン音を聞く。
IMG_5822
 おフネ走ってないよ~

小一時間ほど、クラッチを切ったまま回転数を上げて回しておいた。
気が付くと4時を回っており、日が傾きだしたので帰ることにする。
釣りボート組の人たちやレンタルボートの連中が帰港するころで、冬でも風防のあるボートはいいなあと思ったりもする。
IMG_5823
  これでおしまいかよ。

まあ、とにかく初マリーナ。これで明日から具合が悪くなっても心置きなく水曜まで寝てられるな。




このページのトップヘ