D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

昨日、水草を巻き込んだように思えたので、本日出直し。
昨日よりはゴミも少なかったが、赤潮だけは去る気配がない。
IMG_0208

ペラの巻き付きを視認するには3mほど離れた後方斜め45度の位置からのぞき込む。
自バースでは見えないのでポンツーン中央通路から見える位置に引っ越し。今日はマリーナ定休なので、給油スタンドで確認。
見た感じではなにもついていなさそう。
それでも、エンジンフル回転で前進後退を繰り返していると、1本水草が流れた。多分シャフトに巻き付いたのだろう。
自バースに戻るときには速力が滑らかだった。まあ、これなら問題はない。
IMG_0211
 オーニングテント。今日も暑い。

午後からは”母と過ごせば”の時間。昨日と同じような微風なのでセーリングするほど余裕はないし、オニギリも買ってない。でも、昨日と同じ条件下ならちょっと機走して速力を確認するくらいはできる。
それに、係留しているよりも走っている方が涼しいしね。
IMG_0213
 マリーナ定休日のわりに出航してるフネは多かった。

私のヨットにはタコメーターのような回転計はついてない。回転数は音で判断する。
慣れとはすごいもので、速力もノット計などではなく動かない陸の背景で計る。このブログで書く風速も別に風速計で計っているわけじゃない。でも、寸分たがわずとは言わないけれど、ほぼ近い数値を得ることができる。鮨屋のシャリと同じ。
IMG_0214
 今日は遠望が利く。

赤潮(この辺ではダレ潮ともいう)を避けながら、昨日と同じようなコースを走らせてみる。
風速2m/s、波なし。速力は3ノット、回転数同じ。
うん、大丈夫。以前と変わりない。
昨日、突っ掛かったような走りではない。1ノットくらい違うような気がする。
IMG_0215

気温は25℃を超えていたが、湿度は低く、頬に当たる風が実に気持ち良い。
セーリングには不向きだが機走ならちょうどいい。
トコトコとその辺を走り回って、のどかで贅沢な時間をリルと過ごす。
13時には上がって、マックで食事。
それから実家に向かう。

デイサービスに出かけたはずの父がパジャマ姿でベッドに寝ていたので、びっくり。
母によると朝から具合がよくないらしい。朝食後に吐瀉したという。デイサービスは欠席。
「いったい何を食べたんだ?」
朝は腹の調子が悪かったのでお粥を少し食べたのだという。
毎日母がカレンダーに書くはずの食事だが、この三日は空白。母から昨日のことを聞くのは無理。
この時期は食中毒が多いが、土曜には家内が冷蔵庫を点検してる。

リルが心配そうに父のところでお座りし始めて、父が起き上がった。
「あんなに吐いたのは初めてだ」と弱弱しそうにいう。
父によると、どうもコンビニの揚げ物がよくなかったのだという。
そんなものは滅多に食べない父だが、毎日マグロの刺身ばかり食べさせられているから肉が食べたかったらしい。(カレンダーにはそう書いてないが)
昨日に昼に食パンを買いに行ったとき、フライドチキンを食べたという。夕飯は生姜焼きだった。
肉屋やスーパーの揚げ物ならその店で作っているけれど、コンビニの揚げ物は工場出荷。それに揚げたあと、温熱機で売れるまで温めている。当然油分は酸化し、肉厚のフライドチキンだと中に細菌がはびこる。
O-157も疑われるから医者に行った方がいいと勧めたが、もう少し様子を見るという。
「それだけたくさん吐いたら、水分たくさん摂って胃薬の一つも飲まないと」
で、薬箱を開ける。
入っていたのは傷ばんそうこうと消毒薬とタイガーバームのみ。
「胃薬なんて飲んだことないよ」
胃薬はおろか頭痛薬も飲んだことがないという。息子は薬中なんだが…
父がかかりつけ医から処方されているのはカルシュウム剤のみ。それも気が向いたら飲む程度。どこまで丈夫なんだ。

母はまったくお構いなく、買っていったシュークリームに目を輝かせてインスタントコーヒーなどをいれている。
固形物ではないからシュークリームを食べてみたらと昼食抜きの父に勧めると、どうにかこうにか一つ食べた。食べたら頬に赤みがさしたのでホッとする。
明日の朝、症状が好転しなかったら無理にでも医者へ連れて行くと申し渡す。
IMG_0193

その後、壊れた門扉の把手を直していたが、どうもハンドルのシャフトが折れているようでにっちもさっちもいかない。途中で父が手伝い始める。オイオイ。
二人で30分ほど格闘していたが、相手は40年物の門扉。匙を投げて工具を片付けていると、かれこれ1時間半ほどカレンダーとにらめっこしていた母が来て、
「お父さん、今日はデイサービスの日よ」
って、もう4時だよ。

リルと散歩して帰る。







やたらと外れる天気予報だが、小満の今日は晴れ時々曇り最高気温26℃湿度40%、微風。昨夜のテレビの予報では21℃湿度20%。5℃違うってのは2か月くらい先の気候。
YBMの風予報の方が的中率高いな。
まあ、とにかくリルとフネでユラユラとおにぎり食べるにはいい日和である。
IMG_0198

船底塗装後初のセーリングとあって、全然走りが違う。
エンジンも快調で申し分なし。ストレスのないセーリングだ。
IMG_0199
 東南東の風3m/s。

のどかで平穏な平日が戻ってきた。
風力がちょっと足りないが、のんびりするには十分だ。それ以上のものは求めていない。
が、今日はちょっと赤潮が入っている。それにゴミや水草などが所々に浮いている。
強風が続いたから、湾岸のものが海に吹き飛ばされたっていう感じだ。台風の後はいつもこんな感じだが。
IMG_0200
 
昼近くになると風が南に振れ、力もなくなったので機帆走。別にどこへ行こうなどと決めてるわけではないから一向にかまわない。風任せだ。
ポートのクローズで走っていたから、フネは自然に八景島の方へ。
ちょうどいい、八景島でオニギリ食べようと思ったのが運の尽き。
岸に近づけば近づくほどゴミが多くなる。
IMG_0204

金沢漁港の水路では、釣り船が午前の部を終えて続々と帰港していく。
邪魔にならないように岸寄りを走っていると、赤潮に紛れた水草の島が流れてきた。水路では風もブランケットになるし、そもそも微風。裏ジブなどにかまっていられずティラーでかわしたが、その島の周りにも水草や枯れ枝などがあって、ペラに巻き込んだ。
すぐにニュートラにしたが遅きに失する。しばらく惰性で前進させ、ゴミがない海面まできてエンジンをリバースさせると、水草が流れて行った。
一体どのくらい巻き込んだか分からないが、多少速力が落ちた気がする。逆転だけでは全部取り切れてないかもしれない。
八景島の内湾もゴミだらけ。竹や流木まである。赤潮も入り込んで混濁しているから、アミの腐ったような臭いもする。
だめだこりゃ。沖まで戻ろう。
IMG_0203
 オニギリ食べようよ。

機雷の網を抜ける掃海艇がごとく、あっち行ったりこっち行ったりの千鳥足。
水路を出ると今度は北東風。オイオイ。
IMG_0205

ため息交じりで脱する頃には午後出船の釣り船やトロール船にもみくちゃにされる。
なんでもいいから、ゴミをこっちに寄せないでくれ!
沖まで出て行ったら、今度はほぼ無風。
IMG_0206

だめだこりゃ。
ブームがバタンバタンする中リルとおにぎり。昼下がりのこの暑さ、全然面白くない。
食べ終わったらジブをファーリングして帰路に就く。
やっぱり、速力がいまいちという感じだ。2,3本巻き付いてるかもしれない。
でも、こんなゴミと赤潮の海では潜る気にもなれない。
帰港するとなぜか腰が痛い。呪いか?
IMG_0207
 痛いの?

フネを水洗いして、いつもならコクピットでのんびりするところだが、今日は一目散に家に帰る。
リルと夕飯までゴロゴロ。
最悪だあ。


かつて少年野球の監督をしていた友人タカハシ、そのチームが県大会出場となり隣町のグランドで試合をするからと昨日はそれに付き合った。
リルとたまに行く公園のグランドだったので、ボール好きなリルもつれていく。
IMG_0188
 ボール好き。

中学生のクラブチームで、リトルリーグでも部活の野球でもない。クラブチームの全国大会というのがあるらしい。日本の野球組織というのは幅広い。
それでも、年々出場チームが少なくっているのだとタカハシは嘆いていた。
私の場合、野球は見るよりする方が好き(もうできないだろうけど)なので、見ているとムズムズしてくる。中学生くらいの球ならなんとなくまだ打てそうな気になる。同じ意見を持つリルもグランドの外で見ているだけでは面白くないので、グランドに沿ってぐるっと散歩。
まあ、リスだの蛇だのを見つけてはギャンギャン吠える愚犬はやたらと目立つので、皆さんの迷惑にならぬよう、最後は誰もいない外野の外から子供たちの試合を見ていた。
勝った試合に応援していた父母たちは大喜びしていたが、私とタカハシは早々に公園を出る。
「一緒にメシでも食おう」と誘われたものの、試合が長引いてすでに1時近かった。
一番近い飲食店は、ボランティア後に行っている中華屋さん。
昼間に行くのは初めてで、リルを連れて行くのも初めてなら、一人ではないのも初めてだったから、奥さんはびっくり。飼い猫のタンも見知らぬ犬にびっくり。
IMG_0191
 はじめまして。

私お勧めの”上海風焼き麺”や”天津坦々麺”などに舌鼓みを打っていたタカハシだった。
リルは入れないので、外でお持たせ。
奥さんが気を使って水をくれたが、リルは相変わらず通りがかりの人たちに撫でられたりしてるから、
ゆっくりビールなどを飲み始める。
IMG_0190
  看板犬か。

数人の客が食べ終わって、店に私たちしかいなくなると奥さんはリルとタンの写真を撮ろうと写メをバチバチ、リルもとうとう店内に入って、ご覧のとおり。
BlogPaint
 こら、遠慮しろ!

最後はご主人まで出てきて爆笑の大撮影大会になった。
そのあとは我が家に誘って、パラソルの下でワイン。(ヤブ医者には内緒)
すっかり楽しんだタカハシは夕方ご帰宅。
今年になって愛犬、愛猫を失くしたタカハシだけに、リルやタンに会わせるのは無神経かなとも思ったけれど、犬猫の死は犬猫にしか癒せないと私は思う。
「動物って、すごいよな」そう最後に言い残していったタカハシであった。

本日も風強し。
この一週間で3回アルコールを飲んだせいか、腹の具合がいまいちで、なんとなく体が重い。(食いすぎか?)
それでも今日は実に清々しい初夏の日差し。リルの散歩だけはする。
IMG_0189 (2)
 気持ちいいよ~

午前中、実家に薬を届けに行った息子の報告によると、毎日毎日マグロの刺身ばかり食べさせられて、
「野菜が食べたい」という父が夕飯を食べに行こうと提案してきたという。
いつもなら野菜のついでにステーキの一枚も食べさせるところだが、どうも腹の調子が悪い。
簡単に野菜をたくさん摂らせるなら鍋だが、そういう時期でもない。
ふと先日家内と買い物ついでに食べたチャンポンを思い出した。
”野菜たっぷりチャンポン”なるものを提供している某ファストフードの店なら、スーパーのフードコートにある。ついでに、実家も我が家も食料品の買い物ができる。
IMG_0139


迷わず”野菜たっぷりチャンポン”を頼んだ父だったが、その麺の大半は息子の腹に収まり、母の頼んだ”野菜たっぷり皿うどん”の半分は私の腹に流し込まれた。我が家では食べ物を残すことはしない。
おかげで家に帰って胃腸薬だ。

明日が平穏な平日でありますように。




このページのトップヘ