D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

先ほど息子が山形から帰った。一月半の地域実習を終え、土産をたくさん持って帰ってきた。
「服とか、長靴とかはどうした?」
「明日料金着払いで着く」
明日は早速学校に行って、学祭の準備をするらしい。って、誰が着払いを払うのよ。
リルは大喜び、長い間いなかったからすでに死んだと思っていたかもしれない。死者が生き返ったがごとくピョンピョン跳ねていた。
息子の土産には私が今食べられないものもあるが、前回送られたきた農産物やハチミツと違い、力餅や梅紫蘇巻き、リンゴジュースなどの加工食品が多かった。

私は紫蘇があまり好きではない。梅干しもはちみつ漬けしか食べない。小さい頃水戸の親戚で食わされた「水戸の梅」という白あんを赤紫蘇でまいた菓子、あれが元で嫌いになった。酸っぱい葉っぱを食ってるようで子供には美味くない。それをたくさん勧められるから無理矢理食べていたが、おばさんの見えないところでその紫蘇をむしり取り中の白あんだけ食べていた。今、そんなものを食べたらきっとアナフィラキシーを起こすだろう。
「これ、お父さんが嫌いなやつじゃない」と家内。
「それ、お婆ちゃん用」
そうか、母は紫蘇が好きだからなあ。よく覚えていたな。あんなものは食いたいやつが食えばいい。

IMG_1170

その母の様子見をしてから昼下がりにリルとマリーナへ行く。
それにしても、実家の冷蔵庫を見るとがっかりする。細かなことは書くに能わず。まあ、いつもと同じだが、食品廃棄の権化みたいになってきた。リルも無用に廃棄される食品を見て唖然としている。
で、気分転換だ。

ステロイドの軟膏は使いすぎるとよくないが、結局もう一月も使っている。
発疹や湿疹などはほとんどなくなったから、もうやめようと思う。なにしろ副作用が強い。
朝晩塗りたくっているから皮膚呼吸ができないんじゃないかなあ、起きても怠い。
IMG_1169
 今日はおやつ食べるよ。

マリーナでは大型クルーザーが居並ぶポンツーンの改修工事が始まった。豪華なクルーザーが居場所を変更されている。YBM中央がすっぽりなくなった感じだ。この中央部分はアウトレットからも目に入る、いわばYBMの広告塔だから、アウトレットの改修に合わせて工事に入ったのだろう。
そのアウトレットも3階建ての概要が見えてきた。
IMG_1171
 今日はみんないないよ。

本日はマリーナ定休日。今まで火曜のみが定休日だったが、冬季は水曜を含めた連日が定休となるらしい。まあ、静かでいいけど、水曜はどちらにしろボランティア準備で乗れないからなあ。

乗るには遅い時間だが、私はリルとコクピットにいるだけで満足する。
おやつもオニギリだが、キャビンのマットを虫干しと称しベッド代わりにコクピットに敷き、そこに寝そべってユラユラ空を見てるだけで気持ちが落ち着く。
今日はランサムの事を考えていた。
「なぜ本を書く気になったんだろう?」
スリッパのお礼? それは表面的な理由。もちろん大きな動機ではあったろうが、あの時代に親戚でもない子供のためにあれだけの長編を40歳にして書くことはないだろう。それはきっかけにすぎない。
あらためて長考し、自分なりのある結論を得た。それはあの不可解な地図に合致した。
学生だったら一つ一つ検証して論文の一つも出せるなあ。
まあ、そんなことはどうでもいいか。こうやって、何かを考えるのは好きだ。
IMG_1173
 不可侵条約を結ばないと、侵略される。

日が傾くと、せっかく来たのだから何かしようと思い始める。
大雨や台風で流された油分を補うために、シリコンスプレーをブロック類に施す。シリコンやグリスを塗らないとフネも塩害にさらされる。せめて毎月1回くらいはブロック類のメンテをしたい。
マリントイレもきれいにした。トイレの神様が喜んだことだろう。

今日はエンジンすら動かさなかったが、それなりに満足感があった。
痒くもなかったし、発疹も出なかった。へぼな薬よりリラックスが一番だな。







しばらく伏せっていた父だが、メガネが壊れたというので、それじゃあ買いにいかなきゃねと車椅子持参でスーパーのテナントに行く。
昨夜は壊れたと言っていたのに、車に乗ってから「もう直したからメガネはいいよ」と言う。
割と朝令暮改型の人でもある。それでも「靴が欲しい」と言うので近くのスーパーへ。
なんでもいいから、外に出たかったんだろうなあ。
まあ、少しでも歩こうという気があるのだから、それは嬉しい事ではある。が、それなら車椅子に乗ってるなよ~
IMG_1159

あれこれと迷いながら、気に入った”黒”のカジュアルシューズを買い、ついでにメガネ屋による。
「メガネのクリーニングをしましょうか」という店員に、父はどこをどう直したか分からないメガネを当たり前のように差し出す。
待っている間、あれを見たいこれを見たいと言うので、狭い通路の中を謝りながら押して歩く。
父は毎年のようにメガネを買う。買うたびに何かが違うらしく、しっくりこないという。
検眼の時に適当に答えてるんじゃないのかなあ。メガネで裸眼並みに見ようとすること自体間違いがある。
クリーニングを終えて出てきた店員が、
「メガネには接着剤を使わないでください。それをとる方が難しいですから」と一言。
接着剤!何やってんだか。

リルはここのところよく寝る。年を取ってきたからではなく、私の体調を気遣ってのこと。
一体いつ治るやら。
ただ、今回処方された薬は痒み止め効果は抜群で、尚且つあまり眠くならない。
ヤブ医者の薬もそうだが、私の飲む薬には「怠くなる」とか「眠気が出る」とかという注意書きが書いてある。その怠い、眠いの薬をシェイクして飲むわけだから相乗効果で余計眠い。
「運転するな」とも書かれており、これじゃあどこにも行けない。
IMG_1168
 散歩はできるんだよ。

出かけても食事に困るので、最近は”恍惚の人”に近い。
いやいや、自分の両親のような老境にはまだ達していないぞと、時々思い立ったように公園に行く。
横浜には公園がたくさんある。丘の上には必ず大きな公園がある。
いつの間にか公園巡りが日課になった。
IMG_1166
 誰もいないから走っていい?

今日も家から少し離れた公園にリルと行く。
陸は微風で少し汗ばむくらいだが、海の方は風が強い。海自体が見える訳じゃない、海の方角にある煙突の煙や、雲の形、風向きでだいたいわかる。
で、ギャンギャン吠えて喜ぶリルとさんざん歩き回る。歩きまわると痒くなる。痒くなると家に帰る。
IMG_1165
 オニギリ持ってきた?

ろくなものを食べておらず、毎日たくさん歩くものだから体重が2kg減った。
食欲の秋だと言うのにこの情けなさはなんだ?
早く治して、暴飲暴食したい。
って、オマエ何嬉しそうな顔してるんだよ。



本日、薬切れのため皮膚科に行く。
絶えず痒いと言うわけではないのだが、痒くなりはじめるとなかなか治まらない。昨夜もそんな感じで寝るのに苦労する。
家内は持ち前の花粉症(?)で就寝中に突如咳き込んだりしてるので、その都度起こされる。隔離病棟にしたい。
で、今日は遅く起きた。家内はとっくに仕事へ行き、まんじりともせずボヤーっと食卓に行く。朝食ったって、食えるものは決まっているから、なんの期待感もない。いい加減納豆も飽きた。
いつもならリルがおはようとすり寄ってくるのだが、今日は妙に静かだなと思ったら、えーっ!
アダチ君の土産のドライフルーツ、”リンゴのはちみつ漬け””の残骸が……
一袋に20片くらい入っていただろうか、昨日封を開けたばかりで、私が2,3片”家内が1片食べただけ。
後は誰かが全部食べて、食いちぎられた包装パックが転がっていた。
現行犯逮捕ではないから、一応容疑者なのだが、状況証拠からいってまず間違いない。
「オマエ、食べたな」
容疑者は部屋の隅に逃げ、ばつの悪そうな顔をしてうなだれている。情状の余地はある。
無言で窓を開けると、ひょこひょことデッキに出て行った。
IMG_1158
 だんな、すいません。ちょっとした出来心で…

困ったことに、床がべたべたするだけではなく、このドライフルーツはラム酒入り。
まあ、アダチ君の土産だから”ラム酒”という文字に魅入られたと察するわけだが、アルコール成分は多少あるだろう。
オマエ、飲んだくれの水夫か!
IMG_1157
 へい、ちょっくら足元がおぼつかねえんで…

一応容疑者なので、叱りつけることはしないのだが、ここは自白が必要。
「この袋、破って中のリンゴを食べたのは誰かなあ」と詰問すると、あっさり罪を認めた。
ええい、これまでの悪業の数々まかりならん! 引ったてい!
前科者だけに、猛省を促す。
IMG_1155
あっしが悪うございました。もう金輪際ラム酒入りは食ったりしません。

量が量だけに、また原材料にも問題があるため、しばらく様子を見る。
酔いどれ水夫は留置せずとも、自ら反省し、尚且つ酔いが回って、自席でダウン。
IMG_1080
 やっぱ、まずかったか…

で、やっと皮膚科に行けた。
そろそろ1か月になろうとしてる蕁麻疹だが、原因は不明。
そもそもアレルギー体質ではないから、疲れやストレスが主要因らしい。
アレルギーのアナフィラキシーショックのようなことはないが、レスタミンがそこかしこで蠢く。
痒みを誘発するような外部刺激には、一覧表にあった食材の他カフェイン、香辛料なども含まれる。簡単に言えば食中毒みたいなもんだ。繊細な人だと光や温度、気圧なんかも要因になるらしい。
蕁麻疹もまた7,8割が原因不明なんだそうで、ここのところこの「原因不明」の腰痛や膝痛に悩まされてきているから、そのうちなくなるのだろうけどそれがいつかは分からない。
昨年は眩暈で倒れたし、体質の変化が起きてるのかもしれない。更年期障害か?
IMG_1154
 また薬が変わった。

発疹、湿疹の類はだいぶ解消された。今では頭部や足の甲にでるくらいで、末端にヒスタミン受容体が追い込まれている感じもする。
夕方から夜にかけて活発になるのが痒み。外気に比して体温が上がるからかなあ。
一旦痒みの発作に襲われると掻きむしりたくなる。それを我慢するっていうのは熱湯に入るより辛い。

ボランティアの主宰にそんな話をすると、すでに経験済みで彼女は三日ほどで治ったといい、若い頃悩まされていたというアダチ君は完治するのに3年かかったという。なんの参考にもならん。
分かっているのは一つだけ、まとまに食事ができないということ。
爆弾処理の接続コードを切るような感じで、恐る恐るの食事となる。
今日は昼に鶏肉のフォーとミニサイズのインドカリーのセットを食べたが、フォーはニョクマムという魚醤を使うし、カリーは香辛料の宝庫、ラッシー付きだが乳製品がどこまで許されるか分からない。
IMG_1152
 フォーとミニカリー。

こういうのってさ、余計ストレスたまるよね。
酔いどれ水夫のように、中身気にせずバクバク食べたいよなあ。
リルは夕飯なし!

どうしても治らない蕁麻疹。痒みが抜けないのだ。
そろそろ薬切れになりそうだからと皮膚科に行くも、本日休診日。
まあ、普通の医者はそうだよなあ。二日前はヤブ医者に行ったが、あそこは月曜定休。なんだかんだと10年通っているから月曜定休が普通の感覚になってしまった。
「蕁麻疹が出ました」とヤブ医者に告げると、一瞬えっ?という顔をしたが、皮膚科に行っていると言うと「あ、そう」と安堵した感じ。ますます怪しい。

今日も快晴だが本日休診のショックさめやらず、やたらと痒い。
昨夜のボランティア後、いつもの中華屋さんでサービスしてくれたワンタンスープのせいか?
ワンタンの中身は豚肉だからなあ。などと思いつつも痒いのは家にいても海にいても同じ。オニギリ買ってリルとマリーナへ出かける。
IMG_1129 (2)
 オニギリ食べるんだよ。

秋晴れの暖かい昼前だった。キャビンのマットを日干しして、ゴロゴロ日光浴でもするかと思ってたのだけれど、ついつい秋風に誘われて艤装してしまう。
乗れる日に乗らないのはもったいない。
IMG_1139
 またきれいなんだなあ、これが。

東北東の風7~9m/s。白波が立って、のんびりユラユラというわけにはいかない。
2艇ほど昼上がりで帰ってきたけれど、結構デッキが濡れていた。
海上に見えるフネは2艇。それもメインセイルだけの帆走。
リルは覚悟がいるなあ。
IMG_1135

こんな時は三角波でバシャン、バシャンする。
ジブを上げるとけっこうなヒール。リルも慌ててデッキに這い上がってくるが、スプレーが襲ってくる。リルは水が嫌いだ。
IMG_1141

メンシートを送り出して風を逃がし、できるだけヒールを抑える。とてもじゃないが、オニギリ食ってる暇はない。
一人で乗るなら、多少オーバー気味のヒールでも厭わない。なかば垂直に立つような感じで乗っていればいいのだが、リルにはそれは無理。
で、ヒールをある程度一定に保つようにするわけだが、こうなるとメンシートの出し入れが半端ない。
風向からいって、ポート1本になるから、左腕がきつくなってくる。
IMG_1144
 敵艦見ゆ。

濡れるのを覚悟でカッパも着てる。昼下がりは暑く感じる。汗がにじみだすと背中がモゾモゾと痒くなる。
だめだ、こりゃ。
痒さに負けて沖の根浮標でUターン。しかもクローズ。
両手が塞がれて、痒いところに手が届かないどころじゃない。
オイ、背中掻いてくれよ~
役に立たないクルーじゃ話にならぬ。さっさとジブをファーリングして機帆走。
オーパイ任せで片手を確保。
ああ、痒い。
IMG_1149
 一息ついたところ。リルは後ろ向き。

結局、2時間ほどしか乗らずにバースに駆け込んだ。
で、おにぎり。
鮭とか、オカカとか、筋子なんてものはだめ。梅干し、ワサビ海苔、高菜なんてリキのつかないもにしか食べられない。こうなるとバナナがご馳走に見えるな。まあ、半ば薬飲むために食べてるようなものだ。
フネ洗いすると、さすがにちょっと疲れてキャビンで横になる。薬のせいでいつも眠たくなる。アヘンか?

しょうがない、明日また薬もらってこよう。




 

このページのトップヘ