D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

船底塗装後一度も乗っていない。天気に恵まれても風に恵まれない。
IMG_0105

その分、今週は友人たちとの接触が多かった。
中でも、元部下のKが真っ先にご報告をと1年ぶりに電話をくれたのが嬉しかった。
私が辞職した年に非常勤として雇い入れたKは、その後エンドウたちにこき使われながら2年ほどその仕事を続けたが、左手麻痺、車いすの彼を暖かくサポートしてくれたかというと首を横に振らざるを得ない。
障碍者の疎外感はとても敏感だ。できることを一生懸命やっても結果がついてこないと”邪魔者”扱いされる。施設のように経過の努力を評価してくれないので、投げやりにもなる。
私が招き入れたようなKだから、いつも彼の処遇が気になっていた。
エンドウが異動し、私の右腕だったMさんが異動して、彼が何のためにその職場にいるか後続の者たちが理解しないまま、冷ややかな視線を浴びせられ、彼も職を辞した。
その後、とあるNPO法人で事務仕事をしていたが、契約社員扱いで常駐スタッフとしての将来の目途が立たないまま、誰にでもできるようなホームページ更新の仕事にやりがいを見出せず、よく私に電話をかけた来たのが去年の今頃。
役所や一定規模の企業には、障碍者雇用枠と言うのがある。これは義務付けられているので、最低賃金で清掃などの単純労働をさせられている障碍者が多い。それもまた必要なことだが、障碍者は必ずしも知的障害ではない。Kのように大学出の肢体不自由者もいる。だが、現状はほとんどの企業が、”雇用枠があるから仕方なく”という観がある。なので、あてがう仕事も毎年同じ。Kのような肢体不自由者はむしろ清掃のような仕事は難しい。こんな企業がパラリンピックの協賛をし、企業イメージを上げるようなCMを流す。
雇用枠に甘えるな、自分で道を切り開けなどと言っては見るものの、障碍者という壁はとても高い。
NPO法人を3月で辞めた彼は、ハローワークに通い、リクルート会社の登録をして就活に励んだ。
以前のように、福祉協議会や福祉施設の斡旋には頼らなかった。
そのKから一昨日、連絡があった。
横浜の北部にある脳神経外科病院で一般職採用されたとのこと。
これは嬉しかった。本人もすごく喜んでいた。脳神経科の病院なら、彼の脳性小児麻痺の症状も理解してもらえる。一石二鳥じゃないの!
その弾む声に私もなんだかホッとして、「お母さんも喜んだろう?」と訊くと、「いえ、まだ連絡してません」と言うので、一喝!
君の後に続く者のためにも精一杯働いてくれよ。
IMG_0159

昨日はKの朗報でちょっと浮かれ気分。
山下公園に行き、少しだけ祝杯を上げる。
IMG_0169

平日にイベントをやっていることは少ないが、昨日はたまたまベルギービールのお祭り。
IMG_0164
さすがに、平日の午前中だけあって、人はまばらだったけど、こちらとしてはその方がよろしい。
バジルソースのフィッシュフリッタなども賞味しながら、豊かなひと時を過ごす。
IMG_0165
 がらーん。

今日はこれから近くの球場に少年野球の試合を見に来ているタカハシとこれから昼食。
いってきまーす。

船底塗装が終わって、さすがにくたびれた。ゆっくりグータラしたいところだが、午前中は恐怖の歯医者。
一体何をどうしてるんだかよくわからないが、たっぷり1時間かかる。その間一度だけうがい休憩があったきりで、ずーっと口を開けてる。これはもう拷問に近い。
最後は唾液が気管に入ってギブアップ。思い切りむせると、
「今日はこれで終わりましょう。最後にレントゲンを撮ります」
って、また局部X線。どうなってるのよー。
それでも受付で精算すると、150円。3割負担だとしても、最低賃金の時給にも満たない。レントゲン代は診療明細に入ってないし、どういうこと?患者に負担をかけたから、おまけしてくれたのか?
安けりゃ安いで疑惑が高まる。
途中パンを買って帰宅。固いものは食べるなと言われた。

また留守番させたリルと散歩がてら実家へ行く。
IMG_0157
 お散歩だよ~

今日は”母と過ごせば”の日。
父のデイサービスも3回目となり、何度も何度も説明しているから、やっと覚えてくれたようで、
「今日はお父さん、デイサービスなのよ」と私に説明。
買って行った大福やきんつばを嬉しそうに食べる。リルの躾けと大した差はない。当面はなにかおやつを買っていく必要があるな。
5分と持たない短期記憶だけに、弾んだ会話にはならないので、今日は昔話に話題を持っていく。
多少曖昧なところもあるけれど、古いことはちゃんと覚えていたりする。

母の幼少期は信州松本。本家筋は末社ではあるが諏訪神社の神官を務めた由緒ある家系だ。10人兄妹の末っ子で生まれたので、祖父母から兄姉、親戚からも随分可愛がられた。
終戦は小学校を卒業した年。
私はそれまでずっと松本に住んでいたのだと思っていたが、全然違った。むしろびっくりした。

祖母(母の母)が7歳の時に亡くなり、当時測量士だった祖父はそれを契機に東京に出てくる。
まだ太平洋戦争が始まる前で、日本が大陸に侵攻していた時代だ。実際、長男たちは満州開拓団として大陸に渡っている。(生きて帰ることはなかった)一番年の近い兄でさえも若くして軍属に志願し南方から資源を運ぶ輸送船に乗り組んでいる。
松本の田舎では測量と言っても、あまり仕事はなかったらしい。祖父は7歳の母を連れて東京は蒲田の萩中、今でいう京急大鳥居駅近くに部屋を借りる。東京という都会もさることながら海を見たことのなかった母には羽田辺りの浜が楽しくて仕方なかったらしい。
祖父に連れられて、谷中や巣鴨辺りにも行ったそうな。
蒲田の小学校3年生の時に太平洋戦争が勃発。戦争の特需景気に町工場の多い蒲田はお祭り騒ぎになったという。その俄か景気も翌年には一転、小学校4年生になった頃には祖父は測量の職を失い、蒲田の”大きな工場”で守衛となる。親子二人の生活も一変。家事一切を任されて、夜勤の日には学校から帰ると自分の夕飯をさっさと済ませ、弁当を届けに行くような生活が始まる。
月を追うごとに、物が少なくなり、祖父の給金も下がっていく。幸いにして大森には三番目だかの兄が工場勤めをしていたので、よくお金の無心に行ったのだという。10歳にして借金の申し出だ。
翌昭和18年になると戦況は悪化。母は学童疎開で信州に舞い戻る。当初は松本ではない小学校だったという。口減らしのためか、母の本籍を知った学校側はやがて母を松本の母校に転入させる。母校と言っても小学校1年時のわずかな期間しか通ってない。実家はすでに売り払ってしまっていたので疎開組の子供たちと小さい頃よく遊んだ寺で寝起きを共にする。
”東京の子”としては母たち疎開組は地元の子によくいじめられたという。
田舎なりに食べ物はあったが、地元農家の子たちは家族で作った農作物の多くを配給分として拠出させられてしまうので、疎開組の子供が盗っ人乞食のように見えたのかもしれない。
CIMG22542
 松本。

終戦の年、昭和20年3月。疎開中に小学校を卒業。母はその疎開生活がとても嫌だったので、父の住む蒲田に戻った。
しかし、母の目に映った蒲田の町は相次ぐ空襲と不景気で、荒れ果てていたという。
4月2日生まれの母は、蒲田高等女学校に進学。貧乏この上なく、着物を質に出して飢えをしのいでいたので学校に着ていくものさえなく、空襲で亡くなった先輩のお古を”貸して”もらったらしい。
女学校へ行ったら行ったで勉強などとは無縁な勤労動員。何だか分からない部品のネジ締めばかりやらされていた頃、4月15日の大空襲に遭う。大森蒲田の大田区は軍需品の部品製造を担った町工場が乱立していたから狙われやすかった。
4月15日の城南空襲は、これまでにない絨毯爆撃で蒲田地区は焦土と化した。親子二人が生き永らえたのは奇跡ともいえる。焼けただれた人やうめき声のする中、夜通し池上本門寺まで歩いたという。
かろうじて無傷で済んだ親子だったが、焼け出され、仕事も家も何もかも失った。
頼るところもなく、ぼろをまとった親子は食うや食わずで松本に戻ってくる。
が、松本の家も土地もすべて売り払っていた。本家の養蚕倉庫を改造してなんとか居住できるようにし、藁を布団に芋粥を食べ、本家から味噌や塩を借り、親戚中から食器などを譲ってもらいながら飢えをしのいでいた。
玉音放送は本家の居間にみんなが集まって聞いたそうだ。何を言っているか分からない放送なのに本家の長男は「嘘だー」と言って家を飛び出していったという。
P729158122
 かつて祖父と住んでいた養蚕倉庫の跡地。

かすかな望みを持っていた満州や戦争に行った兄たちの訃報が続々と入る中、母は松本中心部の新制中学に通うことになった。
親戚中から可愛がられていた母だが、言ってみれば居候にすぎず、肩身の狭い思いをしていた。それでも、年の近い叔母さんが、隠れて芋だの柿だのをくれたそうだ。これが本当に嬉しかったと涙顔になる。
祖父は測量の仕事に戻った。戦争で亡くなった人の相続や、戦災で境界が不明になった土地の測量仕事が舞い込んできたからだ。測量士も足りなかった。しかし、その代金は米や味噌といった食糧で支払われ、金にはならなかった。尤も、金があったところで役には立たない。
こうして納屋のような場所で3年間を過ごし、祖父の仕事も軌道に乗ってきた。わずかながらも金ができてきて、古着を買えるようになった。当時の母は縁日で甘いものを食べられるのが一番の嬉しかったという。

中学を卒業した母は地元松本のメリヤス工場で働くことになる。片道徒歩1時間の道のり。バスにすら乗れなかった。
が、2年半ほどでそこを辞め、輸出物の手袋を作成する会社で働くことになる。日給がメリヤス工場の倍だったというから、朝鮮戦争関連か?
そこで3年近く働いたという。
このころ祖父は山師に騙されて、また無一文になる。それが元で心労がかさみ、母が17歳の時に亡くなった。母は寮があるこの手袋工場しか行くところが無かったのかもしれない。寮の大部屋には畳と電球があったので嬉しくなったという。
ここまでは横浜とは全く関係ない場所ばかり、父と出会うまで残り1年を切った。

と、ここで父の帰宅。お話もここまで。まあ、後はだいたい知ってるから聞かなくてもいいんだけどね。
それにしても、よく覚えてるものだ。4月15日とかいう日付もすらすら出てきた。芋蔓の塩煮など見たこともない。
「そういう時代だったから」と何度も言う母だった。



昨日二日目の船底塗装は午後から大雨になるとのことで、朝一番にエンドウへ連絡し「中止」の旨を伝えた。エンドウはいつもバイクで来るから、こちらの都合で手伝ってもらって雨の中を帰らせるのは申し訳ない。
塗装はできないにしても、ハル磨きくらいはできそうだから家内と二人で行く。
IMG_0137

いつもならエンドウの職人技、鏡面仕上げのパフ掛けも今回は二人の手作業。
空手の「ベストキッズ」じゃないけれど、両手でワックス掛けと拭き取りをしていく。危なっかしくも揺れる脚立を登ったり下りたりして少しずつ移動していくから時間がかかる。ついでにパルピットも磨く。終わる頃には肩が痛い。(ただでさえ上にあげると痛いんだが)
で、3時頃から雨になり、夜には洪水警報が出るくらい降った。

今日は一人作業。晴天、最高気温26℃。暑い!
昨夜の激しい雨は、せっかく塗った船底に雨だれの跡を残していた。
IMG_0140 (2)

で、最初から塗りなおし。ペラで楽した分作業量が増えた。こんなもんだ。
幸か不幸か、やたらと暑い。これなら下架までに乾くだろう。
あとは黙々と塗るだけ、なんだが…
IMG_0144 (2)
 不織布は風を通さないので着てるだけで暑い。

ここのところ、みんなに塗装をしてもらっていたから、塗料のローラー掛けは久しぶり。
いやあ、よくよく見ると滅茶苦茶な塗布だな、こりゃ。
ローラー掛けは一定方向に流れるように塗るのだが、最初に浸み込ませた塗料をグシャっと置くとそこだけ盛り上がる。また、少しづつ力を入れていかないと、最後の方はかすれる。かすれるからまたグシャっとつぎ足せば、濃淡で段々になってしまう。しかも、ローラーの方向が一定していないので、山あり谷ありだ。そういえばみんなの不織布作業着、飛沫だらけだった。愚息にいたっては顔が青い天然痘のようだったな。まあ、お祭りみたいなもんだからな。
かくなる上はスクレーパーで主だったところを削るしかない。
削るのも塗るのもほとんど頭の上なので、いい加減首が痛くなる。
IMG_0146 (2)
 なんとかこの程度に。

最期にマスキングテープを外す。これがなんとも心地いい。汗水垂らした甲斐がある。
IMG_0148

片付けも終わって、後は下架を待つのみ。
使い捨てゴム手袋はいつの間にか穴が開いており、なんの効果もなく、シンナーで手を洗うも爪先のブルーはドラキュラがごとく。だいたい、着てるものが作業着だからまともなレストランには入りにくい。だからいつもマックになるのだが、いい加減飽きてきた。
Pier1のアウトサイドで食事。
IMG_0151

ここで食事するときはいつもリルが一緒だから、留守番させてきたリルのことが気にかかる。
昨日は息子と実家に薬を届けに行ったりしていたが、この三日遊んでやれなかった。早く帰って散歩に行こう。

クレーンで吊り上げて船台部分に残る未塗装部分を塗って塗装作業は終了。下架13:30.
IMG_0154
  下架。

この半日、やたらと急いで作業していたので、自バースに戻ったらグーの音も出ない。
だが、これで終わりじゃない。ヤードの作業で汚くなったデッキを洗わなければならない。ヤードを歩くだけでも靴底に塗料やオイル等が付く。作業中もフネに上ったりするからコクピットやデッキは足跡だらけになる。
フネ洗いを終えて一服。やっと水に戻されたJOLLYHOT が嬉しそうにユラユラしているので、しばしキャビンでくつろぐ。
IMG_0155

って、この時点で3時。早く帰らなきゃ。リルが待ってる。
こんな日に限ってセーリング日和。なんか恨めしい。
当たらない天気予報によれば今週は強風と雨が続くことになっている。
車にワックスを掛けると三日以内に雨が降るという雨男の本領発揮か。
IMG_0156

春の船底塗装、終了。
みんな、お疲れ様でした。
 

このページのトップヘ