D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

昨日の日曜日は誕生日だったので、一応なんか書いておくか。

誕生日になにか特別なことをするなんてことはない。この先も、「生誕100年を記念して」などと言うことは絶対にない。
いつも通りにマリーナへ行く。久しぶりの三日連続マリーナだが、初日のセーリングで腰が痛いので乗る気はない。まあ、ちょいと別室でリラックスっていう感じ。
日曜日はただでさえアウトレットに人が押し寄せるし、サンデーセイラーやそのゲストでマリーナも賑わうが、今回はヨットショーの最終日ということもあり、いつも以上にたくさんの人が来ていた。

IMG_5002
 また来たよ~

人の大勢いるところはリルも私も得意ではない。アウトレットパークを避け少し遠回りをしてセンターハウス前に出たら、広場でハワイアンとフラのリハーサルをやっていた。音には敏感なリルだからやたらと気になる。
IMG_5001

ヨットショーのブースを抜けてウェウストハウスに向かう途中、どこかのヨットメーカーがシート類の在庫処分セールをしていたので、ちょっと冷やかすつもりで覗いてみた。
え、安い!
径16mmの係留用ロープが8m束で千円だったので、思わず買ってしまう。
IMG_5005

この衝動買いで、リラックスは遠くに消えて舫綱作りの作業となる。
まあ、ちょっと傷んではいたからねえ。なかなかのんびりできないねえ。
気持ちのいい晴れだったので、ついでに予備のライジャケやキャビンのマットも乾すことにした。
まあ、誕生日記念の舫綱取替ってことで。
IMG_5006
 生活感いっぱいだよなあ。

で、作業を終えたらとっくに正午を回っていた。今日ヨットショー最終日は前回ブログで取り上げた、ヴァンデ・グローブ参戦の白石康次郎トークショーがある。歯切れがいい話し方は評判もよく、最近はメディアでも見ることが多くなった。
彼は一応「海洋冒険家」という肩書になっている。冒険家なんてめったに見られるものじゃないから、リルと聞きにいく。(リルはレストランの方ばかり見てたけど)
IMG_5009

話はたいへん面白い。冒険家というのは無謀でも馬鹿でもないな。
話を聞きながら、彼を支えるスポンサーは勿論の事、彼の”チーム”のバックアップがしっかりしてるのだと思った。
ヴァンデ・グローブは単独無寄港レースだから走り始めたら自分だけが頼りだが、その参戦費用には3億円くらいかかるらしい。これは個人ではどうにもならない。確か船はフランス製の中古で3千万円ほどだったと言っていたが、それ以外にも移送や糧食、人件費等々莫大な費用がかかる。
ヴァンデ・グローブに出るためには単なるヨット操船技術だけでは無理で、走りながら絶えず何かを直している感じになるから弱電の知識やクライミングの技術、限られた材料を使い大揺れの中なんでも直せる知識と技術が必要になると言う。
それでも、今回のように不可抗力で棄権を余儀なくされるが、最近はとくにクジラとの接触事故が多くなっているらしい。今一番の難敵はクジラだと言っていた。「白鯨」のエイハブ船長か。
最後には、世界一速いと言われるマスト登りを実践してくれた。


途中から一緒になった魚岡大佐と一緒にボケーとマスト登りを見学。
ありゃ、山登りだな。

今日は誕生日翌日の日付が入った住民票などを取りに区役所へ。
年金請求書の添付書類。「年金用です」というと、印紙不要。
それでも、移転した区役所までは遠いし、待ち時間もたっぷりで、面倒なことこの上ない。
それにしても、なんと外国人の多いことか。通訳ボランティアが何人かいたがてんてこ舞いだった。
来年の夏は、主だった申請書の書き方講座でもするかな。だいたい、役所のどこに行けばいいのか分からないしね。
IMG_5016

まあ、そんな訳で今年の誕生日も慌ただしく過ぎていった。

今日、許さんは台湾に帰っていった。
敢えて見送りには行かなかったが、飛行機が飛びたつ頃リルとマリーナで手を振ってるよと約束したので、今日もマリーナへ行く。
まあ、実際はどこをどう通るかなんてわからないし、どうやっても見えはしないのだが、気持ちってのはそれ以上に見えないからね。
IMG_4982

その時間のためだけにマリーナに行ってたわけじゃない。それほど酔狂な人間でもない。
マリーナではフローティングヨットショーが開かれてるし、フネのオーニングが傷んで破れてきたのでそれも取替に行く。
貧乏船主のフネのオーニングはホームセンターで売ってる出来合いの軽トラ用。とてもじゃないが、特注品を作る余裕はない。要はシートやブロック類が雨や陽に晒されなければいいわけで、1200円ほどで売っている。で、午前中は家内とリルとでお買い物。
IMG_4983
こんな貧乏船主だから、豪邸が買えるようなヨットとは縁遠い。マンションより高いフネを見てもなんの参考にもならない。なにしろ、私が理想とするのは土管の煙突があるようなフネだからねえ。

昼食後にオーニングをさっそく取り付ける。
IMG_4991
前のものより少し長いが、こんなもので十分。厚地で少し滑りやすいから、リルはちょっと注意が必要だな。オーニングが長いせいでリルは今までのようにコクピットから駆け上れなくなった。
今日は気持ちがいいから、私がせっせとショックコードなどを付け替えているのに、リルはじっくりお昼寝。まったく働く気なし。
IMG_4989
ボケーっと音楽を聴きながら、リルと惰眠を貪ってもいいのだが、ちょっと運動不足になってるリルの散歩がてらに陸から並んだヨットショーを見に行く。
IMG_4954
いいフネには違いないけど、木造船なんてのはないなあ。
立ち止まって、ふと前を見るとミス・リーのご主人が一人で歩いてきた。
ここでしばしおしゃべり。月照号のラダーのピンドル(シルバーブロンズ)に亀裂が走っているらしい。アメリカから取り寄せることになるとお嘆きだった。

今回のヨットショーで、一番の目玉はなんといっても白石康次郎のヨット。
IMG_4995
4年に一度行われる世界一周単独無寄港レース、ヴァンデ・グローブに出た船だ。
マストが折れて途中棄権となったが、1時間と寝ることができないし死人も出るような異常なレースだから、参加しただけでもすごい。
船幅19ft船長60ftのとんでもない巨体だった。マストだって30mもある。こんなバケモノをよく一人で操船できるものだ。こりゃ最低5人くらいは必要でしょ。それでも大荒れの喜望峰なんて回りたくないよなあ。
IMG_4994 (2)
 いつもこんな車の展示がある。

”億”を超えるフネもあるけれど、これが不思議に即決で買う人がいるから驚き。
金の使い道に困ってるんだろうかと思ったりする。
エンドウなんか怒ってたからなあ。

小腹が空いたのでマックで少し食べてる時に、飛行機の出発時間となったので、取りあえず上を見上げて手を振った。(アホと思われた)

なんだ、せっかくマリーナに行ったのに乗らなかったのかと言われそうだが、実は昨日リルとセーリングした。ついでにちょっとメモ。
IMG_4953
 フローティングヨットショーは昨日から明日まで。

昨日は快晴で、実に気持ちのいい秋空。
最初は微風だったのでリルとオニギリ食べてフワフワ浮いてるつもりだった。波も穏やかで年に1,2度あるかないかのグータラセーリング。
八景島沖で戻ろうと思ったのだけど、そこから少しづつ風が増してきて波切音が心地良い。
オートパイロット任せで存分に秋の海を満喫する頃には観音崎まで来ていた。
IMG_4969

ここまで来るとちょいと太平洋を拝みたくなる。
浦賀水道のど真ん中を抜けて南下。
IMG_4973
 キラキラの海だ

気候もよく、波もおとなしく、風も順風弱。こんな日はどこまでも走りたくなる。
浦賀を過ぎて、千葉の方へ進路を取りながらリルとオニギリ。
うまいんだなあ、これが。
IMG_4974
    鋸山
この辺りからだんだん風が強まる。南風だからタックを繰り返しながら久里浜沖まで。
薄っすらと大島が見えたところで引き返す。
最近は5時になると夕空だから、2時近くでこの辺りだと帰りは機帆走だ。
IMG_4970
 大島分かるかな?

フェリー航路でUターン。
おあつらえ向きに、白波が跳び始めたので千葉寄りを走っていたJollyhotはポートのクォータリー1本で帰港。
実に爽快だった。
で、案の定今日は腰が痛い。来月は整骨院通いするかなあ。

許さん、今頃台湾の実家で寝てるんだろうなあ。「おうちが一番」って実感してるだろうなあ。




昨夜のボランティアに引き続き、今朝の歯医者も往復バイクでびしょ濡れになって、ちょっと風邪をひきそうな気配。今日は夜になって一段と冷えた。
雨の日はリルもつまらない。私が机にへばりついていると、その横でゴロゴロしてる。トイレに行こうが、郵便物を取りに行こうが必ず後から着いてくる。
ソファに座りながら、衆院解散の実況を見ている私の横で、リルが見ているのは私の顔。遊んでくれないかなあ、という目でじーっと見つめてる。まったく、だれがこんなに甘えん坊にしたんだ。
IMG_4952

3年前までは”晴航雨読”のゆとりある生活だったんだが、最近は何かとペンを持つことの方が多い。
ペンを持つなんて言うと高尚だが、やってることは年金請求書や医療費還付金請求書など野暮ったい雑務。少なくとも、名前書いたりすれば何かしらの収入が入るものは勤めて書くようにしてる。
来月が誕生月の私の所には山ほどいろんな郵送物が来る。1年無料のガン保険、眼鏡の割引券、リゾート宿泊体験、地中海クルーズ旅行優待券他、だいたい粗品をやるから店に来いというようなものが多い。
メールも開けばごっそりとそんな案内が来ている。こんなもんいちいち見てたら夜になってしまう。
なんだかせせこましい商売だなあ。
IMG_4916

こういう押しつけがましい配布物の中に紛れて、重要なものが入っているから始末が悪い。
で、今日も名前や住所を書く作業。私はこれを「雑務」と呼んでいる。

スマホも直ったし、当面アンプも買わずに済んだしそれを置く家具も買わずに終わりそうなので、昨日メインセイルのスタックパックをセイル屋に注文し、今日代金を振り込んだ。
IMG_3348
生地自体は問題ないのだけれど、1年365日野ざらしになっているから、縫製の糸やファスナーがダメになってくる。
なにしろ家庭科2だったわけで、私は縫物が嫌い。というか、必ず血を見る結果になるので恐怖でしかない。たまに手伝ってくれる息子は週一の休みもなく学校へ行ってるし、家内にはフェンダーカバーを頼むのが精一杯。縫製工募集も虚しく終わり、残された手は新調のみ。
もう引退したというセイル屋の親父を駆り出して、無理矢理作れとお願いした結果、6週間の余裕をくれと言う。それほど急いでいる訳じゃないから、それで了承。
高いのか安いのかわからないが、ジェノアやフルバテンメインを新調した時にかなり安くしてもらったから今回は値切りもしなかった。親父さんもリタイアしてるし、感謝もこめてね。

今月末に台湾へ帰る許さん、もう荷造りが終わったようだ。
私も引越しを10回してるから、片づけ終わった部屋の寂寞たる広さと、そこに入った時の洋々たる期待感を懐かしむ気持ちは理解できる。今頃何を考えてるのかなあ。
IMG_0208
これから、3月にかけて徐さんや鄭さん、才君も帰ることになるだろう。
途中で日本語教室をやめてしまう外国人はたくさんいるけれど、日本にいる限りまたひょっこり顔を見せたりしてくれる。彼らのように学校を卒業して日本を離れる学生たちとはもう二度と会えないかもしれない。
また来ますと言ってくれる若い人たちが、再び日本に来た時、私はちゃんと生きてるかな?





このページのトップヘ