ワールドカップの初戦、コロンビア戦。2-1で勝利。
開始早々相手の信じられないハンドでPKをもらって、尚且つその選手はレッドカードで退場。
しかも前回大会得点王のハメス・ロドリゲスはベンチスタート。
これで負けがなくなったと誰もが信じただろう。まさか前半のうちに追いつかれるとは。
前回大会の同じ数的優位に立ちながら0-0で終わったギリシャ戦がちょっと脳裏をかすめたね。
なんとか勝てて、本当に良かった。

今日は台湾から遊びに来ている許さんとお昼を一緒に食べる。
海外旅行では時間がとても貴重なだけに、私と会おうとしてくれた許さんに感謝。
IMG_0417
 食事したところからの風景

日本語ボランティアしていると、情けないほど徒労感を味わったりするんだけれど、たまにこうして帰国してからも会いたいと言ってくれる生徒がいる。
こんな時かなあ、ああボランティアをやってて良かったと思うのは。
本当なら、夜まで一緒にいたかったけれど、今日は”母と過ごせば”の日。彼女もその辺の事情はよく理解してくれている。
食事だけの2時間半はそれでも日本語の誤りを訂正しつつ、ずっと話をしていた。
IMG_0420 (2)
 許さんのお土産。

和食が食べたいというので、金目鯛の煮付けや海老天などを食べさせたが、一箸ごとに思い出を刻むように食べていた彼女だった。そして、いろんなことを話した。近しい友達にしか話せないことまでじっくりと聞いた。
彼女は台湾でとあるメディアの記者をしているが、最近どうも行き詰っているようで、こんな短い時間にも拘わらず、後半は人生相談的な会話になってしまった。
でも彼女が時々涙を見せるのには参った。慌てもしたが、なにか、自分がとても信頼されているようでこそばゆかった。
「もっとたくさん日本語を勉強して、先生とたくさん話がしたいです」
そんな風に言ってくれる彼女だった。
明日帰る彼女に、なにも持たせず最後はいそいそと家に帰ることになり、なんとなく置き去りにしてしまったようで後ろめたい。可哀そうなことをした。
IMG_0418 (22)

今日から三日間、家内が仕事でいない。
バカ息子の食事も作らにゃならない。
実家に行く前に買い物をして、カレーを作る。明日はボランティアで作れないからだ。それにこれは実家分も含む。
ただ、ちょっと時間が無さ過ぎた。父はあまり辛いのが好きではないから2種類作らなければならない。
届けに行ったときには、父がもうデイサービスから帰ってきていた。
これじゃあ、”母と過ごせば”にならないじゃないの。
「あら、カレー作ってきてくれたの」と嬉しそうな母。
「いっぱい香辛料使ったからちょっと辛いかもしれない」
「昼にレトルトのカレー食べたんだよ」と、がっかりする父。こんな時は認知症の方が嬉しい。
「冷蔵庫に入れないで、薬と思って夕飯に食べてよー」

まあ、こんなもんだ。