昨夜、息子は午前0時を過ぎた頃帰宅した。荷物をその辺に投げ捨て、そのまま先代コニーの仏壇へ行き燈明をともし線香をあげた。
ああ、やっぱり忘れてなかったんだな。

今日はコニー9回目の命日。
先代コニーは私たち家族にとっては特別な存在。コニーがいたから今の私たちがいる。生まれた時から一緒だった息子に愛情をたっぷり注いでくれたのはコニーだ。
031108コニーball
  コニー

午前中、私は日本語ボランティア講座、家内は掃除洗濯、息子とリルは実家へ薬を持って行くお役目をこなして、みんなが揃ったところでコニーの墓参りへいく。昼食をとっていなかったが、飯より大事なことがある。
IMG_0511

昨日と打って変わって今日は30℃超え。未曽有の豪雨災害になっている西日本には申し訳ないほどの晴天。 3000m級の中部山岳地帯や富士山に守られる格好で関東は雨量もわずかだったが、この豪雨の呼び水となった台風の影響で北海道や東北も河川の氾濫があった。
近年、日本だけでなく世界各地で豪雨被害が相次いでいる。こうした異常気象の原因の一つに海水温の高さが指摘されている。なんとかファーストなんて言ってる場合じゃないぞ。
今回の前線豪雨ではたくさんの犠牲者が出てしまった。未だに安否確認ができない人も多数いるし、重傷を負った人はさらに多い。家や財産を失った人は数知れずだ。天災だけに怒りの持っていきようが無い。ご家族のことを想うと心が痛む。
幸い、ブログ仲間の爺ちゃんさんやカンチャンさんが無事でなによりだった。
こんな時、いつも後回しにされるペット達、そして、何が起きたか分からぬ外国人たちを考えたりする。
IMG_0513

本来ならば、深く哀悼の意を西に向けるべきだろうし、こうした災害の中”たかがペット1匹”のために墓参りなどとお叱りを受けそうだが、命は命。私たちにとってコニーは特別なのだ。この日ばかりはコニーに想いを寄せたい。

IMG_0512

愚犬リルは、みんなで一緒に出掛けられることが嬉しくてしょうがない。車に乗っているときからハイテンション。
私たちがコニーに線香をあげている時に脱走し、ギャンギャン吠えてるうちにスイッチが入って、墓地の芝生を駆けずり回った。芝生を見ると走り回りたくなるという性癖を生まれながらにして持っている。
その煩さのあまり事務所の人が出てきたが、リルがあまりに嬉しそうに走りまくるので呆れてと言うか、むしろ楽しそうに見ていた。
まあ、仕事上生きてる犬を見る方が少ないのかもしれない。
IMG_0515 (2)
 ドッグランじゃないぞ!

ただ、さすがに正午過ぎの気温31℃の中では長くもたない。
虹の向こうに去ったたくさんの犬や猫の眠りを覚まし、これ見よがしに駆け回った愚犬はとうとう力尽きてダウン。アホか。
IMG_0514
 へへへ

その後は水をがぶがぶと飲み、建物の日陰に入り長い舌を出してゼーゼーしていた。
「今を生きる」これがリル流のレクイエムということにしておこう。
コニー、ごめんな。