半日かけて準備していっても、当の学習者が来ない時も多々ある。
ここのところ毎週のように新加入者が来ていたので、狭い教室は満杯状態。6人以上のグループにはしないことになっているから、グループ分けで
こちらに回されてくる者もいて、習得レベルの差が大きく開いたグループになってしまっている。
昨夜はむしろ、一人来ないで助かった。初級レベルの新入者に基礎部分を教えることができたからだ。
と言っても、その手の準備はしてこなかったら決して楽ではない。日本語教室というより英会話教室のようになっていた。
で、終わってからいつものように中華屋さんへ行く。
IMG_1317 (002)
 ワンシャンハオ、タンちゃん。小判ぶら下げてるね~

すっかりお腹が空いていたけれど、食事制限が出ている私にはなかなか食べるものがない。
卵とエビを抜いてもらった五目カタヤキを作ってもらう。三目カタヤキか。
サービスでワンタンスープや杏仁豆腐が出てくる。
IMG_1316 (002)
 しまった、豚肉が残ってた。

ご主人も、奥さんも私が蕁麻疹だという事を知っているから気を遣ってくれているのだが、牛肉や鶏肉は食べられるから”肉はいいんだ”と思っている節がある。今更言えないから、大丈夫だろうと腹いっぱい食べた。帰りは思い切り雨に降られてビショビショ。

で、案の定夜中にモゾモゾし始めて、真夜中に裸になってレスタミンコーワを塗りたくる。
そりゃあ、さすがに真夜中だと寒いし、クリームは冷たい。痒いっていうのは寝付けない。なかなか熟睡できぬまま朝になった。
今日はヤブ医者の日。
まずいよなあ、これ。
寝不足だし、まだ痒いし、今朝はどんよりと曇って雨が降りそうだ。
下手に食事すると厄介なことになりそうだから、今朝はパン抜き。まあ、薬飲むために食べたっていう感じ。
少し時間をおかないと薬効がないから、リルとふえーっ散歩する。
IMG_1315 (002)
 今日はお医者さんに行って、注射するんだよ。

毎年11月にはインフルエンザ予防接種をすることにしている。
ヤブ医者で問診票に記入し、体温を計る。
ちょっと微熱があるなあ。問診票のアレルギー項目をどうしようかと思ったが、正直に書く。だめなら来月打てばいい。
「蕁麻疹、治りませんねえ。おやおや、今日は熱もありますねえ。じゃあ、向こうの部屋で注射してください」
ってさあ、やめておきましょうとは言わないんだよ。
まあ、承諾欄に署名したから、あとは自己責任っていう事か。大丈夫か、あの医者。

やけのやんパチ、日焼けのなすび。調剤薬局回って帰るとすでに正午。朝飯分含めてサイゼリヤでバクバク食ってやった。で、そのあと雨に降られる。
家に帰るとハラ先生から奈良の漬物が届いていた。ありがたいことだ。
少し気持ちが和らぐ。
蕁麻疹の薬も底をついた。これじゃあ、またもらいに行かないといけないなあ。
気まぐれ蕁麻疹はだいたい、忙しい時が終わってから出るようになっているらしい。
分かったことは一つ。やっぱり、食事制限表をしっかり守らなくてはならないことだけ。
なんかかえってストレスたまるよなあ。
IMG_1319 (002)
 明日は晴れそうだな。

ターホーに電話。
最近はジムに通ってるらしい。ちょっとした変化だが、
「まあ適当に運動してサウナに入るだけだよ。あんまり早く帰ると女房が嫌な顔するから時間稼ぎする」って、放浪難民かよ。
家にいると煙たがられるリタイア組の悲壮感が漂っていた。
夕方もリルと散歩。
留守番が多いと不満を漏らすリルに、注射の痕の絆創膏を見せたら、逃げ出そうとした。
”注射”という言葉はタブーなんだ。右に同じ!