さあ、今日はリビングの壁塗りを終わりにするぞ。
昨日に引き続き本日も暖かく、風も穏やか。もしかして今年最後の帆走日和を逃したか?
でも、この中途半端なペンキ塗りのままじゃ年を越せない。薬ももらったし、風邪も大したことなかったし、15年に1度だからな。
IMG_1359
 そこにいてもペンキかかるよ。

昨日とは反対側にまた家具を寄せて掃除から。脱獄囚がまた一人出たが、どうせあいつはこの家からいなくなる身。そのあとはどちらかが死ぬまで家内と一緒だから、苦役、労役が待ちかねている。予行演習か?
で、たまにこうした共同作業で役務を果たすことになるな。
掃除と言っても、掃除機とスチームクリーナーと化学雑巾で、これが結構時間を食う。っていうか、もう大掃除。
それが済んで、手慣れた養生テープ貼りを終えると作業の大半が終わる。
IMG_1358
 ウロウロするな!

塗料を塗りだすころにはもう昼近い。
だが、塗料の残量がちょっと足りなさそう。ホームセンターまでバイクで往復30分はかかる。
家内がトイレットペーパーを買い忘れたからと行ってくれたが、またデッキに置き去りにされているリルが狂犬病のごとくに喚いている。
「置き去りにするな~ 飼い主らしく遊べ~」
「やかましいぞ!」
IMG_1357
  だって…

孤独に一人ペンキ塗り。
昼前に出かけて行ったから、パンの一つも買ってくるかと思ったが、帰宅した家内は塗料とトイレットペーパーしか持ってない。30分もあれば大半は塗り終わると思って急いで帰ってきたんだと。
「お~い、昼は?」

キッチンもテーブルも使える状況じゃないから、近くの中華屋さんに出前を頼んだ。
その出前が来る頃には、確かに全部塗り終えた。腹をすかせた14時のラーメンが美味かったこと。
IMG_1362
 仕事ないし、どうせくれないし…

塗り終えても、作業はまだまだ続く。
まだウエットな状態だけど、養生テープを剥がさないと家具を元に戻せない。(リルのベッドも)
このテープを剥がすときが一番危険。ポリ手袋はしているが、テープの粘着力が強くて結局は手袋ごとゴミ袋行きとなる。その後はベタベタと手に塗料がくっつくわけだ。リルを隔離。
IMG_1361
 なんとなく壁だけ新築みたいだけどね。

片付けが終わると日が傾いてくる。
家具を元に戻してソファで一休み。
まあね、そりゃきれいになったけど、息子じゃないがいまいちピンとこないのは同色の塗料にしたせいだ。塗る前のくすんだ壁だって急にくすんだわけじゃない、15年の歳月を経てそうなったわけで、毎日見てると意外に気づかない。
なんだかなあ、いっそのこと紫色にでもすればよかったか?
夕日が塗った壁に差し込んで茜色になると、模様の一つもいれればよかったと思ったりする。
とはいえ、ここで黄昏て腰を落ち着ける訳にもいかない。うるさいやつが手ぐすね引いて待っている。
IMG_1364
 少し休ませてくれよ~  ダメだよ。

すすきの穂が揺れている。
夕焼けは海で見たいよなあ。でも、さすがに時間も体力もなし。
ただ、背中の痒みが増すばかりなり。明日はボランティアかあ…
IMG_1365