ようやく足並みが揃った我が家族、本日は初詣に行く。
我が家はほとんど地元の氏神様専門で適当にペコペコ頭を下げてくるだけだ。
余計なお願いはしない。とりあえず顔を見せて忘れられないようにする。
IMG_1594

いつだったか、「ことさら大きな拍手をすることで神様の覚えめでたく...」などと言っていた神主がいた。神様といえど、たくさんの人を覚えているのは大変で、とりわけ目立つようにした方がいいのだと言っていた。ほんとかよ?
どうも門前仲町の猟奇殺人を思い返すと、昨今の神主は信用しがたい。現世利益臭を漂わせて外車を乗り回したりしている輩もいる。
本来、神社に神様は常駐していないはず。とかなんとか言いつつ”風習”として詣でているので、我が家には貧乏神くらいしか来てくれない。
IMG_1595
 なんでお金を置いていくかねえ?

神社の場合、畜生をその神域に踏み込ませるのはご法度になっているので、神社にリルは入れない。
私の場合、これが実に不満。
リルは社外に置き捨てられ、鳥居の外でギャンギャン喚くものだから敬虔なる方たちには迷惑この上ない。パパっとお祈り済ませて「うるさいぞ!」などと叱っている。

そもそも神社の初詣は家長が大晦日から元日にかけて地元神社に籠ることから始まっている。陰暦では月の末日は月がほとんど見えない状態。神無月は日暮れが早くなる時節だが、同じように陰暦の月末日は月隠れする。これを「月ごもり」と言い、お隠れになった神を呼び戻すために神社に集まり祈祷した。大晦日のことをオオツゴモリというのはその年最後の月ごもりから来ている。
日没から日の出まで籠って祈ることで、結果的に初詣となる。なので、簡易的になったとはいえ初詣は大晦日と元日に跨ぐのが本来の参拝にかなうやり方。
そりゃ無理だな。

お寺さんはその辺寛大で、正月の間に行けばそれでよし。(昔の寺は簡単に行けるところではなかったらしい)衆生のみならず生類一切の霊を尊ぶからリルも堂々と境内に入っていける。
回る輪廻は糸車。私なんぞ前世が犬だったかもしれない。
正月も五日過ぎれば皆さんの初参りもお済ませになっているだろうからと、今年はお寺にも行ってみた。
IMG_1596
 なんかいっぱい人がいる。

長い参拝者の列はなかったけれど、混んでいることは混んでいた。内陣では護摩祈祷が行われていて護摩木が赤々と揺れている。読経の声がやたらと大きいのは、暑いのを我慢してやけくそになっているような気がするんだが...広島の引退した某野球選手も毎年やってたなあ。
IMG_1597
 いったい何事だ?

境内ではお焚き上げの残り火が揺れているし、とにかく人が多いのでリルもびっくりしていた。
せっかく並んだのだからと家内はおみくじを引き、しっかり大凶を引き当てていた。
そんなもん、家に持って帰るな!
普段まったく占いの類とは無縁な私だが、年に一度ここの星祭表だけは見ることにしている。
まあ、我が家は真言宗ではないけれど、暦と仏の関係もいまいちよくわからん。
IMG_1601

昨年は星回りが良くなくて大凶、病運最悪、これ当たってた。嫌なことは皆星回りのせいにする。
が、今年はどうやら良さそうなめぐり合わせ。こういう年は星のせいにしないで普段の行いのせいにしている。
家内はここでも大凶。祟り神でも憑いたか?
終始びっくりしていたリルにお守りを買ってやる。
IMG_1599
 なにに利くんだ?

昔も今も正月の参道は大賑わい。善男善女には程遠い私たちはお節に飽いて、俗世の誘惑に負けるな。そもそも初詣客が甘酒一つ飲まないでそのまま帰ることってあるのか?
で、ちょうどお昼ごろだったので門前近くのケバブ屋へ。宗旨替えか?
IMG_1604
 初詣関係なし。

買うには買ったが食べるところが無い。食べ歩きなどできない人混みなので門前商店街の中ほどにある橋で食べる。
オマエ、こういう時だけ静かだな。
IMG_1606
 食べこぼさないかずっと監視しているリル。

昼飯にはちょっと寂しいが、元日から結構バクバク食べているので、ちょっと胃もお疲れ気味。
商店街の団子屋や漬物屋、お気に入りのフォーなども今日ばかりはパスして、日用品を買って帰る。
初詣とはいいながら、メインは買い物に食べ歩き。まったく信仰心とか畏怖なんてものの欠片もない。
でも、人は少ない方がいいね。
IMG_1608
 めでたい正月だこと。