2月15日発売のアダチ君(の細君)の絵本、予約注文していたが昨日届いた。
A5サイズだから、ちょっと物足りない。図書館の児童書コーナーにいくと乱雑に置かれている類。
絵本の内容は敢えて控えさせてもらおう。元来、私はこの手の絵本が好きではない。
アダチ君の絵はとても好きだが、たくさん注文がついたのか自由でユニークな彼らしさがあまり出ていなかったように思う。
それでも、友人タカハシが言うように、この歳で描けるようなタッチではない。「小学生が図工の時間に描いたような絵」はもちろん意識的で、それが彼の持ち味でもあるが、私としてはお話の内容とは無関係に描かせてやりたいと思ったりする。

IMG_1677

今日はマリーナへ行く。
午後からは実家に行かなくてはならないから、元々ゆっくり帆走できるような時間はないが、リルと二人だけになりたかった。ここのところバタバタして(いつものことだが)リルと向き合う時間が少なかった。愚犬だが、私はいつだってリルと一緒に過ごしていたい。
リルも久しぶりのマリーナで喜んでいたが、今日は赤旗。体感的に強風は寒い。
IMG_1678

せめてトコトコと機走したかったが、それも無理そうなのでメンテになる。
フネにはやることが山ほどある。っていうか、いろいろ気が付いてしまう。
今日はオーニングのショックコードを取り替えたり、フェンダーカバーの補修をすることにした。
IMG_1682
 これ、注射より痛いんだよ。

ワゴンセールで売っていた、端切れのフリースひざ掛けを使って涙型フェンダーのカバーを作る。
もとより私には裁縫の才がない。また防水用の糸を使うからそれ専用の針もいる。この針は先端だけが三角になっていたりするから、ブスッと突き刺す感じになる。仕置き人か。
で、ブスッ、グサッと針を進めながら四角い布で丸いフェンダーを包んでいく。今日はなんとか血を出さずに済んだ。
へん、どんなもんだい。とドヤ顔してもリルは全く無関心だ。
IMG_1679
 だから、何?

なにしろ冷たい北風がビュンビュン吹いているから、コクピットでの作業は1時間もやっていると鼻水が出るな。
キャビンに入ってストーブを点け、紅茶などを沸かして一休み。こんな時間が妙に嬉しい。
IMG_1685
 ビッケ無いよ。

アダチ君の絵本と同時に配達された「特定船舶局免許の再免許申請のお知らせ」ハガキ。
そうか、もうそろそろ免許取得して5年になるのかあ。
無線などほとんど使ったことがないけれど、あの時せっかく講習を受けてチンプンカンプンながらも海上特殊無線技士2級を取ったし、無線機も買ったから再免許申請しておかないとなんだかもったいない気がして、フネに常備してある免許状を取りに来た。これがないと書けない。
実際のところ、スマホがあれば十分だとは思うのだけれど…
IMG_1691

この手の許可申請はやたらと面倒だ。
更新とは言わずに再免許という。回りくどい説明はあっても、再免許申請の書き方見本すら出してくれない。最近では役所のご都合でデジタル申請する方がコストも安い。だが、デジタル申請するにはカードリーダーが必要で、それも電気店に買いに行かねばならない。
この歳になるとまた再免許することはないだろう。
講習時にもらった法規本で、再免許申請について調べた。
IMG_1683
 ネムネムになってきた。

ふと時計を見るととっくに1時を回っている。
慌ててフネから降りてYBM唯一のレストランPier1へ。
が、なんとPier1は昨日1/31を持って閉店していた。聞いてないよ~
これでYBMの飲食店はマックのみとなったわけだ。
マックでは、リルと一緒だと日陰のテラス席しかない。寒風吹きすさぶ中では食べる気もしない。
取り敢えず引き上げることに。

谷公のボートはまだヤードに上がっていた。
ボルト穴は金属ヘッドで埋められていて、すでに硬化してる。海王さんに頼んだ船名も付けられていた。割と大ぶりな文字だった。
IMG_1686

実家に行く途中、スーパーのイートインでチャンポンを食べる。
ついでに、父が欲しがっていた”腰まである”アウターを買って行く。着いたのは3時過ぎだった。
父はアウターを試着するとたいそう喜んだ。これで少しでも歩いてくれるといいんだけどねえ。
在宅医からは隠れ不整脈を指摘され、血栓を溶かす薬を処方されている。動かなくなった分血流も悪い。父はまたたくさん愚痴をこぼした…

おっと、もう夕飯作らにゃ。
取り敢えず海の匂いを嗅いできましたあ。