D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

2017年08月

2017.7.27

また少し間が空いてしまったが、別に倒れていたわけではない。
キャンプから帰った翌日はさすがにどっと疲れが出たのと気温差15℃に打ちのめされて籠城を決め込んだけれど、リルと散歩だけはしていた。
そのリルはキャンプで自由に探検していたので涎やクモの巣でデロデロになった。無理矢理ドッグサロンと言う名の刑務所送りになり、刑期を終えフワフワになって帰ってきたが、リルからすればまさに天国から地獄。それにこの暑さだととてもじゃないが日中の散歩はできないから座敷牢。
それでも、キャンプ後二日目の月曜は朝早く起きてフネの点検に行き、ついでに少しばかり沖に出て楽しんだ。
マフラー

火曜にはヤブ医者の所へ行き、眩暈で座ってもいられなかったという話をしたら、耳石が動いたのだろうと言うことだった。
「今度倒れたら救急搬送してもらって、総合病院で検査してもらうといいですよ」
とかなんとか、耳鼻科に行けとも神経内科に行けとも言わない。だいたい、あまり関心がない。
アダチ君やナオトさんからも同じ経験があるとという連絡が入り、ナオト氏などはヤブ医者の10倍くらい懇切丁寧な病因説明をしてくれた。あれ以来別に特段の症状がある訳でもなし、脳梗塞のような麻痺などもないことから恐らく「良性発作性頭位めまい症」と思われる。
で、眩暈は”なかったことに”した。
IMG_4741 (2)
 8月22日の夕焼け(8月の連続降雨日は21日で終わる)

水曜日は歯医者の後ボランティアの夏期講習。これは実験的に私だけで対応。
四苦八苦で1時間近くオーバーし、閉館間もないと追い出された。

木曜、金曜と35℃近くまで気温が上がり、さすがに家の中で諸事に徹する。写真の整理をしたり、手紙を書いたり、来週の夏期講習の準備をしたり…
あ、木曜はヤマダ電機に行ったし、金曜は年金説明会に行ったけ。とにかく落ち着きのない生活をしているのである。

昨日は友人タカハシと八景島内湾で行われる金沢区の花火大会を見に行く。
タカハシとは15時に待ち合わせたが、暑くてセーリングするような状況にないので、クラブハウスで彼の買ってきた大船軒の「鯵の押しずし」を食べながらキャンプや、ナオト氏やアダチ君の話をしていた。
花火は19時から始まる。自バースから八景島までは機走の最短コースで40分ほどかかるから、日没前に出航。
takahasi

が、マリーナの外は三角波がゴロゴロとやってくる荒れた海面。風も東でそれなりに吹いてる。
勿論視界の妨げになるセールを上げたりはしないが、ヨットの場合その方がかえって揺れが大きい。
横波を食らうとちょっと危なそうな感じだったので、少し沖目に出、角度をつけて八景島に向かう。
その分時間をロスしたので、八景島手前で花火が打ちあがってしまった。
IMG_4755
 海面は真っ暗。

船の場合、夜間は灯火で自位置を知らせる。赤と緑の舷側灯、白い航海灯と船尾灯。もしくは停泊灯。
ヨットの場合これが実に貧弱な蛍の光なので、灯火管制にしか見えない。
なので、大型クルーザーボートなどがビュンビュンとばしてやってくると怖くてしょうがない。
出遅れた船ほど恐ろしいスピードを出す。
で、たまに堤防にぶつかったりする。

IMG_4756
 ぶれずに撮るのは至難の技
湾口に入ると、腹に響くような花火の音。当たり前だけど、音は海上の方が届きやすい。
3年ぶりに花火を見たというタカハシには存分に見てもらうことにして、私は集結しているボート・ヨット。釣り船などを避けながらフネを湾奥に進めていく。
時々上がる大きな花火が航路を照らす。アダチ君なら「照明弾」とか言うのだろうな。
IMG_4759
「地獄の黙示録」や「Uボート」のように進んでいったが、とてもアンカリングできるような波ではないので、サーフコースター手前でUターン、微速全身で魔のジブラルタルから抜け出す。
タカハシは最後まで堪能できただろう。
かつて横浜港の花火大会を最後まで見てしまって、終わった途端に大船団にキリモミ状態にされたから、いち早く逃げ出す。
微速だとかなり揺れるからタカハシが「俺、ちょっと船酔いした」という。
慌てて全速で逃げ帰る。ニワトリ号一番乗りだ。
IMG_4765
帰港後、片づけをしていたタカハシの様子がおかしくフラフラしている。すでに21時になるところだったので即撤収。彼は茨城まで帰らねばならない。

で、今日は早起きしてマリーナへ行き、フネ洗い。ついでにハルの雨だれ落とし。
涼しくて風も順風だったから本来なら一走りしたいところ。だが、いかんせん昨夜揺られ過ぎたのと、今朝のハル磨きで腰が痛い。
IMG_4772
後ろ髪ひかれながら帰宅。
3年通った整骨院、あまり効果が見られないのでやめてしまったけれど、やっぱり行くべきか?
行ってたから乗れてた?
病院も整骨院も「院」と名の付くところは大嫌いだ。
IMG_4740
  散歩すれば治るよ

この数年、桧原湖でセイルを揚げたフネは見たことがない。尤も夏場に行ってるだけだが…
週末になるとカヌーやカヤックの体験教室が東岸で開かれて、子供たちが楽しんでいる。
手漕ぎボートに乗る人もいなくなった。
水遊びの主流はフィッシングで、平日でもトロトロ移動する電動エンジンのフネが幅を利かせている。
P8174073
30年前くらいに誰かが持ちいれた外来種のブラックバスに、ニジマスやヒメマスの存在が脅かされ村でも駆逐作戦などをしていたが、悪食ブラックバスはその旺盛な繁殖力と、釣られても逃がされるゲームフィッシングで湖を制覇していった。
IMG_4662
バブルがはじけて、村の観光にも影響が及ぶと、制御できなくなったブラックバスの対策よりもそれを観光の目玉にしようという動きになった。
冬の目玉だったワカサギの穴釣りよりも夏のブラックバスという感じだ。やがてワカサギも枯れるだろう。かつては佃煮が作れるくらいいた川海老もあまり見られない。
P8174072
一見代わり映えのない桧原湖だが、水の中の生態は大きく変わった。

キャンプ中は毎夜雨が降った。
トタン1枚のバンガローではちょっとの雨でも大きく響く。とりわけ就寝時の大雨だと逃げ出したくなるような破壊音だ。
こんな時は戦後の焼け野原で廃材を集めてバラックに住んでいた祖父や父を考えることにしてる。
こんな古いバンガローのようなものだったに違いない。私の小さい頃にはちゃんとした家屋になっていたがそれでもトタン葺きの家は多かった。

三日目は曇天で今にも降りそうな感じだったので、リルも連れて喜多方に降りる。
午前中は喜多方も細かな雨が降っていた。
喜多方では車のガソリンを入れることにしている。桧原湖周辺にはガソリンスタンドがない。
それから食料の調達や、毎回のことながら喜多方ラーメンを食べたりする。
喜多方ラーメン
喜多方ラーメンのルーツは横浜なのだが、いわゆる”中華そば”がこの山間の地でご当地ラーメンとなって人気が出たのはこの30年というところだ。
喜多方の飯屋で出されたラーメンが蕎麦中心だった麺の文化を大きく変えることになる。だから、喜多方の老舗のラーメン店は坂内食堂や阿部食堂というように”食堂”の字がつく。
「元祖喜多方ラーメン」などというのは新参もので、老舗の人気店では中華そばとか支那そばとかいう。いちいち”喜多方”などとはつけない。
かつては蔵の町だった喜多方は今ではラーメンの町である。
ちなみにラーメン消費量が一番多い県は山形なのだそうである。たしかに山形の人たちはよくラーメンを食べる。家内もラーメン好きだ。
でも、東京や大阪ではそんな統計をいちいちとらないだろう。餃子にしたって横浜でどれくらい食べられたかなんて誰も知らないからねえ。浜松と宇都宮の餃子戦争がアホらしく見えることがある。

午後には雨も止んで、帰りがけラビスパに寄る。
都会から田舎へ来たのだろう子供たちが横暴にふるまっていて、まるでプールの延長だ。
タオルを浴槽に投げ入れては飛び込んで取り、カランの周りでは水のかけっこをし、露天では温泉を周りの植栽にバサバサと掛けている。
父親が傍にいるのだけど全く注意をしない。我が家の風呂でもそうするのか?
桶で植栽に温泉をかけていた子供に、
「お湯をかけたら植木がみんな枯れちゃうよ」と注意したら、なぜか呆然と立ち尽くしていた。父親のところに行って私を指さして何か言ったと思ったら、そのまま親子で風呂場を出て行った。
外国人のマナーがどうのとは言うのにね。

キャンプ場に戻る頃にはほとんど雲もなくなり、カンチェンジュンガにその山容を露わにした。
P8184092
磐梯山はその噴火で山体崩壊したので、頂上は未だに8合目ということになっている。
リルを含めて3年ほど前に登ったが、今のたるんだ体ではちょっと無理かなあ。
リルはまだまだ登れるだろうな。
P8174078

この日はリルの避暑にならなかったので、長い散歩をしフリスビーで遊んでやる。
雨の日はどこに行こうとリルには面白くないからね。
ランプとリル
 お腹空いたよ。

夕飯の支度は(プルコギ)は家内に任せて、バッチャンが差し入れてくれた胡瓜の甘辛煮を食べながら、暮れなずむカンチェンジュンガを飽かず眺めていた。
夕方のカンチェンジュンガ

夜、僅か1時間ばかりだが満天の星空が見えた。本来なら三日月が出ているはずだったが、折よく雲に隠れていた。
本当の闇がそこにあり、風もなく波もないこんな日は湖面に星空が映る。
上空のジェット機の点滅が湖上を渡り、薄っすらシルエットとなった陸は鏡のようにその暗い相似形を水面に映している。
上と下に星があり、なにか宇宙空間に放り出されたような感覚になる。
そこに蛍が舞い飛んで揺らめいた光を投げかけると、眩暈すらする。
見渡す湖岸に灯が七つあり、それで人間界にいることを実感するのだ。

この後、深夜にはまた大雨となったが、また朝になると薄日が差してきた。
キャンプの撤収は前日から少しずつ用意する。
すっかり早起きになった我が家族、息子はリルの散歩に行き、家内が朝食を用意し、私が撤収準備をする。なにも言わなくてもそういう役回りになっている。
ごはん?
   ゴハン?
簡単な朝食を食べ終わると、荷物を車に詰め込む。
こんな時は少し寂しい気持ちになる反面、家の寝心地のいいベッドに寝られるという期待感も増す。
息子などはニヤニヤしてる。
IMG_4723

下界に戻れば10℃は違う。その暑さを覚悟しなければならない。
ジッチャン、バッチャンと淹れてくれたコーヒーを飲みながら、介護の話などをし、そうして帰る踏ん切りをつける。

帰りは往きにとばした五百川PAまで息子に運転させ、後は私が一気に家まで走らせる。途中、那須高原SAで休憩を取ったぐらいだ。
IMG_4726

皆さんが昼食を食べているときに鬼門の首都高を抜けたので、作戦は成功。
それでも、キャンプは家に戻ってからも勝負。
14:00には家に戻ったが、洗濯したり、食器洗ったり、寝袋乾したり、キャンプ道具を片づけたりとやることは多い。この分の余力を残しておかなければならない。
運転手には多少の減免措置があるが、あくまで多少だ。
ダラダラと汗が出る中で、缶詰め状態だったリルが遊べ、遊べと吠えまくる。
やっかましいぞ!
そのリルも、ものの10分も歩かないうちに舌を出してハアハアとなる。そのうちゲリラ豪雨になった。
天国と地獄だな。






例年通り、リルの避暑を兼ねた家族キャンプに行ってきた。
尤も今年の横浜は雨だの台風だのとほとんど一日晴れた日がないばかりか、気温も30℃を下回る日が多く、夏らしい夏と言う感じではない。
東京では8月の連続降雨日が20日となって、連続22日の記録を更新しそうな悪天候だ。

出発した16日(水)も朝から雨。
7時過ぎに家を出て、いつもは佐野と那須高原のSAにあるドッグランで休憩し、退屈なリルを遊べばせるが今年は雨で意味がないので小さな都賀西方などに停車していく。
都賀西方
息子も初心者マークをつけて途中運転。三人いても首都高を抜けたり、高速を降りた後は私の運転なのであんまり休まらない。とりわけ息子の運転中は助手席で一緒に見てなくては、とても安心できるものではない。
車のリル
  なんでここにいるの?

関東では雨だったが、白河を越えて陸奥に入ると雨は止んだ。火災事故で一時通行止めになっていた白河付近も、うまくやり過ごす。
IMG_4630

お昼を食べようと思っていた磐越道の五百川PAを息子が素通りしたので、お昼を食べたのは猪苗代で高速を降りてから。
恐ろしく量だけ多い中華屋で食べた。
猪苗代では食材なども揃えていく。
細野の牧場キャンプ場に着いたのはアダチ君に約束した14時。
彼は午前中から来ており、ラジコンのヨットで遊んでいた模様。
安達のヨット
本人は楽しいようだが、ちょっと情けない気がするなあ。
やっぱりツバメ号やアマゾン号
が、これが今の現状。

「おかえり~」と言ってくれる二代目のジッチャン、バッチャンとしばらくお話しして、一輪車で島までの一本道を、荷物を繰り返し繰り返し運ぶ。
IMG_4635
  こりゃ楽ちんだあ。

晴れてこそいないが、雨が降るような気配はまだない。気温21℃は肌寒さえ感じる。
取りあえず、”帰ってきた”な。
天候悪化

まあ晴れていたとしても、そこは山の天気。いつ崩れるか分からないし、天気予報ではあまり芳しくない状況が起こるようだから、アダチ君に手伝ってもらいバンガローにぴったりとくっつけてタープを張る。これがキッチン及びダイニング兼居間となる。
P8174064

全てを設営し終わったところで、隣のアダチ君のバンガローへ行く。
彼と約束した通り、これから夜半まで長い談合となる。
最近では一年に一度しか、面と向かって話ができなくなった。
なので、彼は実にたくさんの話材となる資料や写真を持ってきていた。
P81640502
そのすべての資料を見て話すには時間が足りないということは会話し始めて5分ではっきりする。
私の近況はこのブログを見て大体わかっているが、私のブログも以前と違って週に1度か2度アップするくらいだしねえ。もちろん、ブログに書くのもほんの僅かなことだから詳しい話を始めるとキリがなくなる。

「そろそろカレー作らないと」という家内のstop宣言が入って、一時中断。
チキンとマグロのカレーは私しか作れない。
飯盒炊爨は手慣れたアダチ君と息子に任せ、アダチ君の持ってきた桃や枝豆をそえてディナータイム。
IMG_4644
食事している時に雨が降り出す。
リルはギャンギャン吠えながら息子とさんざん散歩していたから、食わせろー、腹減ったーと雨の中喚き散らしていた。
P8164059

雨が降ると寒い。気温はすでに17℃。厚着してまたアダチ君のバンガローで二人だけの秘密の会話。
当面の課題について長い話をした。
ふと時計を見ると23時になっていた。

翌朝はすっかり雨も上がって、薄っすら日が差している。
ミソハギ

山の朝は早い。6時にはみんな起きてバタバタし始める。
リルも足取り軽く散歩。
キャンプの朝はパン食にしている。余計な洗い物を省くことも肝要。
朝食を挟んで釣りを始める。
桧原湖はこの10年でブラックバスのフィッシングメッカになってしまった。みなさん朝早くからバスボートに乗り込んだりしてルアー釣りをする。
釣った魚を食べないというのはどうも性に合わない。我々はブラックバスだろうがブルーギルだろうが釣ったら食べる。少なくともリルに食べられない魚は釣らない。
P8174076
  朝ごはん釣ってね~

腕が悪いのか、場所が悪いのか、はたまた道具が悪いのか、全く釣果無し。

アダチ君ともっと話をしたいが、そうなると家族が置き去りになるのでリルをバッチャンに預けて温泉に行く。
桧原湖西岸はどこに行くにも車が必要だ。南端リオと違って不便なのだが村役場はさらに西へ下った喜多方市に近い場所にある。
ここ細野に来るバスは日に2本。
IMG_4670
しかもこの運行表によれば、絶対北には行けないことになる。北端の早稲沢は若き小椋佳が学生村で夏休みを過ごした場所だが、細野からは車無しには行かれない。
かつては喜多方から旧道をボンネットバスが終点細野にやってきて、ここから水路で北端、南端、東岸へと渡った。釣りをしていたコンクリートの桟橋はその渡船用の名残である。つまり、バスが走れるような周回道路はなかったわけだ。

細野から峠を越えて6kmほど山を下るように進むと、ラビスパ裏磐梯という第三セクターのリゾート施設がある。
IMG_4699

プールやレストランもある豪奢な施設である。キャンプ場から一番近い温泉施設なので銭湯代わりに使っている。
アダチ君が昼過ぎには帰らなければいけないというので、10時過ぎにはこのラビスパで温泉に浸かっていた。
息子も一緒なので込み入った話はできなかったが、ゆっくりと解放感に満ちた露天風呂でくつろぎ、食事をした。
露天風呂の二人2

もっともっと話したいことはあっただろうが、それはまた次の機会に。
来年はタカハシやナオトさんたちと一緒に来れればいいな。

追伸
アダチ君が帰って、キャンプ場に帰り、飲み忘れた薬を飲んでチェアに座って一息ついていた。
ドライブの影響か首が凝ったようだったので上を向いた瞬間、グルグルと視界がまわり座っていられなくなり、地面に崩れた。それでも浮遊感があって4,5分倒れたままにしていた。
家内はびっくりして動くなとか言っていた。寝転びながら眩暈がおさまるのを待ち、手足の感触を確かめて起き上がった。呂律もしっかりしている。
いわゆる「眩暈」で倒れたのは初めてだ。
母が時折この症状で救急車を呼んでいるが、なるほど、こりゃあ大変なもんだ。遺伝か?
その後特に問題はなし。ブログも書けるしね。





2017.8.13  曇り 31℃

この二日間、リルと息子と一緒にマリーナに行っている。
昨日も涼しかった。
マリーナのピーター・ダック曰く
「今年は楽させてもらってますよ」、ってな具合だ。
ミス・リーが月照号の船底塗装をしていた。いつも夏場に上架してるが、今年は仕事が進むのじゃなかろうか。
8月にやっておけば1年はもつ。でもなあ…そこまでの体力ないなあ。
IMG_4607
教授のディンギーの取材はいつ記事になるのかと訊かれたが、私もよく分からない。
編集デスクの裁量の問題でしょうね。

15時過ぎには出港した。順風弱の4~5m/s、北東の風。この時期に北寄りの風だからねえ。
マリーナを出る時に「鬼号」を見た。鬼号には一杯クルーが乗っていたが、誰が船長かはすぐに分かった。
ミス・リーが教えてくれた雰囲気や容貌に間違いはなかった。
手を振ってのご挨拶。もちろん返答がある。
IMG_4610

長いセーリングはできない時間だったが、昨日は息子にセールアップからダウンまで一人でやらせてみた。
勿論、離着岸もだ。
いくつか注意をしたが、ほぼ操船は問題ない。まあ、それだけでシングルハンドは無理だけどね。
ヒヤッとするような体験を何度か積み、安全の確保と、問題解決能力のノウハウを学べば、近場のセーリングぐらいできるようになるだろう。
FullSizeRender

私が教えてやれるのはこんなものしかないからなあ。一子相伝だな。

リルは久しぶりのセーリングにご機嫌。なにしろ涼しいしね。
リルはリルでヒール時のポジションをきっちり身につけている。
IMG_4614
 ヒールした時は風上のデッキにいるんだよ。

セールトリムとティラー操作を教えながら、浦賀7番浮標まで全部息子にやらせる。   
浮標について後ろを振り返らせると、その距離に満足そうな笑みを浮かべていた。 
IMG_4616
まあ、なんでも自信をつけることが一番なんだよな。
2時間半ほどで帰港する。

帰港後、フネ洗いしてる時にブームのスタックカバーにほつれがあるのを発見。
うへー、また縫製工かよ~
とは言え、もう辺りは暗くなり始めており、作業は翌日に回して帰る。

血だらけになるのを覚悟しつつ、息子に手伝いを願い出て朝早くマリーナに行く。
この手のカバーはミシン縫いされているが、1年中風雨にさらされたり直射日光に当たっている訳で、生地が丈夫でもだいたい糸が先にダメになる。
なので、少しでも長持ちさせるためにはセイル補修用の太い蝋塗りの糸がいい。
まあ、器用な人ならそれでスイスイと手縫いできるんだろうが、なにしろ私は図工も2なら家庭科も2。
極めつけの裁縫音痴ときている。
そこへいくと我が愚息、図工も5なら家庭科は4。圧倒的な隔世遺伝の典型。
要領を教えると、結構時間をかけながらもきっちり縫っている。
CIMG0637
 オマエ、やっぱり職人向きだよな。

途中からほとんど息子頼みとなり、私はキャビンのマットを天日干ししたり、扇風機回したり、日傘で影を作っていただけ。
途中でヤマネコ号の船長が訪ねてきた。今日はシングルハンドでセーリングするようだ。
今日は微風で日差しもあるから暑くなりそうだ。

朝方はキャビン内はそれなりに涼しい。
リルは役に立たないので、キャビンで扇風機を独占。
CIMG0636
 ハッチを開けると涼しいよ。

最初は50cmくらいのほつれだと思ったが、縫っている間に弱くなった糸がどんどん切れていくからキリがない。
当初は10時までには終えるつもりだったが、結果的に1時間オーバー。
なにしろ立ち仕事なだけに、途中で水分補給させながら交代しての共同作業。
なんとか2mほどを縫い上げた。
が、その差歴然!


CIMG0641
 右側の方が私、左側のラインが息子。

むー、ちょっと親としての立場がないな。
これが家庭科2と4の差な訳だ。
まあ、こういう時はいっぱい褒めるようにしている。豚もおだてりゃ木に登る。
当面専任縫製工だな。

帰りがけヤードを覗くとミス・リーご夫妻がほとんど船底塗装を終えていた。
”こだわり”のペラ塗装もうまくいったようだ。
明日下架するという。
リルと一緒じゃなきゃ手伝えるんだけどなあ。

夜、アダチ君から電話。キャンプ合流の確認。
そいうえば、まだ何にも用意してない…







2017.8.11 曇り後雨 25℃

涼しいを通り越して少し肌寒いほどの朝だった。
8日夜に過ぎ去った台風5号の影響はなかったけれど、ここのところ曇天が続いている。
まあ、その分暑くなくていいのだけれどいつ雨になるか分からないから、せいぜいリルと散歩くらいしかしていない。
IMG_4591 (2)

リルは台風やその後の猛暑日で、なかなか外に出られなかったからちょいとご機嫌がよろしい。

今日はやっと全自動洗濯機が届いて、水浸し洗濯も明日から解消だ。
設置業者が言うには、やはり排水の詰まりと排水管エルボーの付設が問題だと言っていた。
こっちもエルボーかよ。
今回は台湾企業に身売りしたシャープの製品だが、私はこのメーカーが好きだ。なんとか再建してほしい。

昨日は友人タカハシと久しぶりに飲んだ。といっても、酒量制限がある私と飲んでもタカハシは面白くないだろうな。でもクジラやフグで久保田が飲めるなら私はたいへん満足なのである。
それに、月に一度は乗ると決めた電車もこれでクリア。
pikatyu

今でこそ年に数回しか行かなくなってしまったが、行きつけだった野毛の割烹料理店の”お母さん”は私の顔を見るや、
「もう飲めるようになりましたか?」と声をかけてくれる。
少しやせたようだとも言われた。
せっかくの美味しい料理と酒を前にして、私はタカハシにスマホのアプリをインストールさせたりしていた。
よく電話をくれるタカハシだが、ついつい長電話になってしまうから、SNSを使った無料電話の使い方を教えていた。

二軒目は日本語教室の生徒だった中国人才君がバイトをしてる焼き鳥屋に行く。
そこで働くバイトのほとんどが外国人で、皆日本語学校に通っていた。
才君は7月のN-2(日本語能力試験2級)に合格し、これで留学資格を得たことになる。表情も明るかった。
二軒目でそれほど飲食はできなかったが、私のために20%の割引をしてくれた店長は本当に気さくな優しい人だった。彼の事をよろしくと帰り際にお願いする。
IMG_4598 (2)
もう午後10時なろうとしており、土浦まで帰るタカハシを心配して桜木町ですんなり別れる。

今日「山の日」は家族が皆家にいたのでリルは交互に散歩させられて満足気だった。
洗濯機の配送の人にはギャンギャン吠えまくっていたが…
このくらい涼しければキャンプは要らないんだけどなあ。
tyhoonsoon

夜、早速にタカハシがSNSで電話をかけてきた。
ちゃんと覚えたんだな。
  

このページのトップヘ