2017.7.2 曇り 微風 31℃

どこで拾ってきたか、軽い風邪のはずが日に日に悪化してこの両日は家から出ることがほとんどなかった。
ヤブ医者が処方しごっそりもらってきた薬は一向に効果なく、今にして思えばむしろあの日出かけたのが悪かったなあとつくづく思うのである。
悪いことは続くもので、一昨日パソコンもおかしくなって、画面が真っ暗になった。ランサムウェア?
まあね、もう10年も使っているから不具合が出てもおかしくないんだけど…
で、悪戦苦闘の末とうとう初期化するに至った。
むー、一昨日それで徹夜したのも良くなかったなあ。
初期化したおかげで、余計なものも剥ぎ落せたし、これであと2,3年はもつだろう。

てなわけで、先週はなにやら悲惨な籠城を強いられたので今日は早起きしてリルとマリーナに行く。
病み上がり(って、まだ治ってないけど)なので、ちょこっと乗って帰ろうと思っていたし、風もなく、時折パラッと小雨が降る。まあ、あまりセーリング向きな天候じゃない。
FullSizeRender
  雨降ってるんですけど。

無風に近いけれど、それでも出港して間もなく雨も止み、チラッと日が差したりするので日陰を作るためにセイルを上げる。テント代わりか。     
IMG_4331

錆色の海は赤潮になりつつある兆候だし、靄っていて遠望も利かない。
さすがに皆さんはまだ出港前らしく、なんだか冴えない機帆走。
でも、今日は日曜日とあって、やたらと釣漁船が出ているし、なぜかトロール船もうじゃうじゃいる。
IMG_4332
よくよく見ると、船橋だの浦安だの東京湾奥から出向いてる釣船もある。にわかに魚がわいたのか?
と、海面を眺めているとサメの背びれが近づいてきた。
IMG_4334_LI
魚影の群れ、ってな感じだな。
今日は皆さん大漁だろう。

せっかくセイルまで上げたから、快調のエンジンで機帆走。
雲が薄くなるにつれて若干の微風も出、釣漁船を避けながら猿島方面に向かう。
まあ、日傘でもさしてのんびり行こうなあ。
IMG_4353
 
波もない上、復活したエンジンは実に軽い音。ブルートゥーススピーカーで音楽を聴きながら心の洗濯。このユラユラ感は久しぶりだな。
何故か富士もきれいに見えた。
IMG_4357

あれよ、あれよと言う間に猿島を越える。  
走水から観音崎にかけては相変わらずボート釣りしてる人が多い。
IMG_4341
私も小さい頃、父と一緒にここでボート釣りして、ゲーゲー吐いたな。
あの日は結構波高かったよなあ。

とその時、そののどかな風景をつんざく爆音が。
IMG_4340

最近東京や横浜の運河で嫌われ者のマリンジェットだ。20台くらい走ってくる。
これだけいると暴走族だな、こりゃ。
ボート釣りしてる連中は大混乱になっている。浮標ぐらいにしか思ってないのか、ボートを縫うようにスラロームしてる。せめてスピードを落として走るべきだろう。

観音崎の灯台が見えてきたので、通り越して浦賀沖まで。
まだ11時にもなっていないが、だんだん暑くなってきたのでここでUターン。
南の微風では追手になっても暑いだけだ。セイルの陰もなくなる。第一セイルで走っているとはいいがたい。
朝早かったからオニギリも買ってきた。ご飯にしようか。
IMG_4352
   いいね!

正午を回ると厳しい日差しが。先日持ってきた扇風機を取り付け、リルの首にヒヤッとするネッカチーフを巻き、日傘を独占させ、エンジン全開にして風を呼び込む。
おかげで私は日照り状態。これがJOLLYHOTだ!
IMG_4358
福浦沖では大型艇が草レースを行っていたが、コースを短めに設定したらしく、早いフネと遅いフネがごちゃまぜになっており、こちらもどこを通り抜けていいかわからないから、ほとんど邪魔して走りぬけた。
こんな日に10人くらいで乗っているフネは見てる方が蒸し暑くなるな。

13:30にはマリーナに戻る。
昨日までそれなりに涼しかったから、今日は堪えた。
これからはリルと一緒の午後乗りはできないなあ。
IMG_4355
   もういいよ~

リルをキャビンに入れて艤装を解いているとヤマネコ号の船長が顔出しに。
今日はバースを移してもらったので、俵型フェンダーの取り外しなどをしていたらしい。
ヤマネコ号はAバース側の同じポンツーン並びになった。よりご近所になったわけで、こりゃ都合がいい。
でも、フネ洗いしてるだけで汗が滴るような午後だったので、今日は早々に帰還。
リルとエアコンガンガンつけてお昼寝。

浴びるように汗をかいたおかげで、風邪の回復が進みましたあ。