2017.7.22

伊豆大島に短期の非常勤として赴任なさっていたハラ先生が勤めを終えてご帰宅なさった。
早々にお土産をいただく。
IMG_4483
添えられていたお手紙には、大島の楽しい生活や海洋高校の生徒のこと、教職員の素晴らしいことなどがしたためられていた。(管理職は除く)
たった一月とはいえ島暮らしは不便なものだ。都会で暮らしているとそういう不便さが当たり前なのだということを忘れがちだ。愚息なんかコンビニがない生活など考えられないだろう。
馴れない土地での一人暮らし、さぞお疲れになっただろうと思いきや、先生は若い息吹に触れて生き返ったと仰って、とても明るく元気そうなのでこちらがびっくりしたほどだ。
ご主人も職員寮に入った先生のために4,5回ほど訪れて食料運搬をしていたらしい。
電話では本当に素晴らしい生徒たちに囲まれて幸せだったということ、教職員がとても温かい人たちだったということ、また生徒にも慕われボランティアで大学受験対策などもしていたことなどを聞いた。
まったく、いつもながらにそのバイタリティには敬服するばかり。
IMG_4474

桧原湖キャンプは来月、予定通り。
「いつでも空いてっから」とやっと電話が通じたご主人がいう。

「他のお客さんからも予約の電話が入ってるんじゃないの?」
「んだ。入ってたみてえだけんじょ、いねえ時に電話されてもなあ。ハハハ。まあ、あんまりやる気ねからな」
ほんとに商売気がない。だからいつもガラガラなんだよ。

今日アダチ君から電話が入り、休みを取ったからキャンプ場で一泊できるとのこと。
彼は前日まで奥方の実家、新潟へ行っているらしい。戻ってきて翌日キャンプも可哀そうだが。
「ゆっくり話したいね」
そう旧い友達は言うのだった。
また星でも見ながら語り合おう。
yuuyake)

明後日、ヨット部時代の亡き友の墓参りに行く。毎年恒例の墓参だ。今年はなんだか雨になりそうだ。
帰りがけはだいたい友人タカハシの住む土浦に1泊して盃を交わすが、いつもだいたい祭の日に当たり、タカハシはその役員をしているので、途中でこっそり抜け出してくるという肩身の狭い思いをさせている。
まあ、命日がその辺なのでしょうがない。だから今年は忖度して、水戸の友人と再会することにした。
今日タカハシからの電話で、祭がいつもより一週後だと聞かされる。要は例年7月最終週に行われるらしい。
なんだ、そんなの知らんぞ。
それじゃあ、また別の日に飲もうということになった。

後輩エンドウは相変わらず仕事の愚痴ばかりだが、要は段取りが悪いわけだ。いつもてんてこ舞いになってる。
アイツが喜ぶ話と言えば、自分より幸薄い者たちの話で、そんな時はイキイキ話している。
他人との比較でしか成り立たない生活なんだなあ。
また突然訪問して喝を入れてやるか。
35年もののアイツの新車(超中古スカイライン)はまた壊れ、唯一直せる部品のある岐阜の自動車屋へ近々行くらしい。この3月に買ったばかりだが、ほとんど岐阜との往復以外に走ってないような気がする。
壊れては岐阜に行くだけの車。面白いのか?まあ、バイクもしょっちゅう壊れてるしな。
IMG_4478

リルは連日の暑さでお疲れ気味。
朝の散歩も6時半と8時になった。朝飯前と朝飯後だ。
日陰者となって、タラタラ歩く。こっちの方が余計暑い。
8時半を回ると、もう帰ろうよ~という顔をする。が、食欲だけはある。
IMG_4481

家内が今日から3日間仕事でいないので、家事が全部回ってきた。
専業主夫になっているわけだ。
「夕飯に間に合わない奴の食事は作らん」とか言うと、いつもやたら遅い愚息が夕飯時に帰ってきた。
なんだ帰れるんじゃないの。
買い物でスーパーに行った時が一日で一番涼しいな。寒いくらいだ。スーパーのバイトでもやるか?

って、おーい、みんな少しはハラ先生を見習おうな。
私を含めて、自ら欲して行くというよりも、われらの場合、島流しだな。