急に寒くなって、散歩も億劫になりがちだがリルにとってはベストシーズン。ヌクヌクと着込んで朝遅く出かける。一旦家を出たからにはちょっとやそっとの散歩じゃ暖まらない。自ずと長い散歩で坂道を行く。当然、最後の方は息を切らして汗びっしょりで、着込んだ物が煩わしい。
IMG_5484 (2)
  何やってんのよ。

勝手知ったる街なのに、つい目と鼻の先にある平屋のご主人が亡くなっていたことに気が付いたのは先週の事。
いわゆる独居老人だったから、町内の掲示板にも訃報は載らなかった。
あまり人好きではなかったようで近所でも誰かが話をしている姿は見かけなかったが、庭には本当に美しいバラを何十種類も植えており、一本一本名札までさしてあった。
私はあまり花に詳しくないが、バラ好きのご近所さんによると大変貴重な種だという。
道行く人もその丹精込めたバラにしばし立ち止まって鑑賞するほど。

その人が亡くなったのを知ったのは、解体工事の音だった。
IMG_5436
産廃物の搬出のため、花の咲いてないバラの蔓をネット毎なぎ倒し、引っこ抜き、切り刻んだ。
誰がこの暴挙を許したのか。
独居ということは、孫子も寄り付かず、親戚縁者からも遠ざかっていたということなのだろうか。
遺品とは言わぬ、せめて解体屋に頼む前に「ご自由にバラをお持ち帰りください」と貼紙の一つも出せなかったか。或いは、自分とともに焼いてくれと遺言できなかったか……

翌々日にはユンボで、あっという間に古家を取り壊した。
IMG_5438

解体屋を悪く言うつもりはない。それは彼等の生業だし、そこにどんな生活があったかなんて考えてたら仕事になるまい。その前に粗大ごみ回収業者が来ていたはずだが、バラなどには目もくれなかったのだろう。
それから、5日後には見事に整地され、不動産屋の旗と”建築条件付き売地”の看板と、ご丁寧に”モデルプラン”まで提示してあった。
IMG_5485 (2)

あまりに早い成り行きにポカーンと口を開けて見ていた。というか、嫌でも目に入った。
この家の周りもこの7,8年で建った家だが、その前はずっと駐車場と空き地だった。年明けにはまた、同じような家が建つのだろう。それも横浜。
それにしても、いったいいつ亡くなったんだろう。一月前には庭の手入れをしてるご主人を見かけたような気がするのだけれど…

明日は我が身。
近い将来訪れるだろう実家の処分。
想い出の品の数々を皆さんはどうしてきたのだろう。
物にはあまりこだわらない方だが、そこにあった幸福の形は留めておきたいとは思う。

昨日は11℃、今日は12℃。とても水を見たいとは思えない。まだそこまで体が追いついてない。
犬仲間の皆さんもさすがに出不精になっているようで、近くの公園は我が家の庭になりつつある。
少し走ってリルと遊んでやると図に乗って、リードしたままギャンギャン吠えまくり縦横無尽に走り回るから一喝!
おすわり‼
IMG_5487
   なんでよー

オマエは何も持たないからなあ。それが一番自由かもな。