ちょうど去年の今頃、膝の痛みに襲われて整骨院やら整形外科に行ったりしていた。
夏ごろからひどい痛みはなくなって7月には整骨院を卒業し、ここまで割と順調に来ていたが、一昨日からまた痛み始めた。
どうも気温12℃が境界線のトリガーのようになって始まるらしい。しょうがない、冬場は動くなという啓示だと思って付き合っていくしかない。
で、我が家は一気に暖房態勢に入った。まあ冬眠態勢ともいう。
ついでに、フネにも暖房機を持ちいれた。
IMG_5499
  走っているときには使えない。

これから寒さに耐える帆走になる。冷たい北寄りの風は体感温度をぐっと下げるから、ゴワゴワの防寒着で乗るのだが、陽が差さない日はテンションが下がる。バタバタ動くと膝に来る。
なので、晴れた日にコーキングやメンテナンスを中心にマリーナ通いになる。まあ、軟弱な訳だ。
IMG_5495
  オーニングも立派な風よけになる。

横浜は意外と温暖なので、街中ではあまり風を感じることはない。
それでも、やっぱり日差しは欲しい。つまり1年中お天道様と行動を共にしてないと枯れてしまうわけだ。それに、もう蛍光灯の下でチマチマした数字を見るのはまっぴらごめんだしね。
IMG_5501 (2)
  日暮れは寂しいねえ。

今朝も昨夜からの雨が残り、リルがつまらなさそうにしていた。こういうのが一番切ない。
が、昼前には雨も上がって気温も久々の15℃越え。ってことは膝も大丈夫。風はビュンビュンだが、リルの散歩には絶好の天気。覚悟を決めてロング散歩。
IMG_5506
 舌を抜かれないように…

今日は祝日だから、街には人が溢れている。その分、商店街はこの時とばかりに掛け声にも張りが出て出血大サービス。しかも昼飯時と来た。
ここぞとばかりに焼き鳥や蒲焼の煙を漂わせ、匂いで集客してくる。
リルはもうキョロキョロのヒクヒク。主人の顔など見もしない。
IMG_5509
 おまえ、こっち見てないぞ。

食欲の秋だから、昼をとっくに過ぎた私の胃時計もグーグー鳴ってる。
こんな時はリルと一緒だと自分が食べたいと思った店には入れないから、一人の方がいいと思うんだが、一日二食のリルにとってはそれも残酷。
で、いつもの通り何かを買ってどこかのベンチでリルと一緒に食べることになる。
「ハンバーガー好きなんですね」と言われたことがあるが、あんなものは好きじゃない。そこしか入れないから食べてるようなもので、好んで食べるような代物ではない。まだ、たまに食べるフィッシュアンドチップスの方がましだ。
IMG_5500
  鼻が近いぞ!

リルと一緒だと電車にもバスにも乗れないし、食事もまともなものが取れない。温泉旅行にも行けないし、美術館も映画館にも行かれない。これが不便だと思って、先代コニーはよくペットホテルに泊まらされた。息子が小さかったせいもある。人並みにTDLにも連れて行ったし、年に3回は海外旅行もしてた。犬と幼児が一緒に泊れるところは本当に少なかった。
だが、コニーはその頃檻に入れられ、いつ帰るとも分からない主人たちを一日千秋の思いで待っていたわけだ。
「コニーちゃん、とってもおりこうさんでしたよ」
毎回そんな風に言われて、さすがはコニーとちょっと誇らしい気持ちにもなったものだ。そうやって、いつも自分たちの楽しみを優先させてきた。

リルにはそんな思いをさせたくない。
甘えん坊のリルだから、とてもじゃないがホテルに置き去りにはできない。
家人がいれば出かけられるが、誰もいなければせいぜい半日ゆっくり昼寝をさせてやるくらいだ。それもせいぜい週に1度あるかないか。
不便といえば不便だが、それが普通の生活になる。いや不便だとはあまり思わなくなったな。
リルと一緒にいる方が幸せだと感じることの方が多い。
リルとお日様浴びながら食べるおにぎりやパンはとっても美味しいものなあ。

今日もモスバーガーをテラス席で食べ、ベンチで今川焼。
でも、いっぱい散歩したよな。
帰る途中、新しいテイクアウトの店を発見。
IMG_5510

次はここだな。