昨日もよく晴れた暖かい日だった。
ヤブ医者に行く日はいつもそうだ。こんな時は恨めしい。
インフルエンザ予防接種をしてもらう。リルもかかりつけのお医者さんで混合ワクチンの接種。だから昨日は仲良くワクチン注射。
主人に似て、リルも注射が大嫌い。動物病院に行くと分かると重石のように動かない。
IMG_5525
  え、注射するの?
リルの注射は予約だが、私は別に予約したわけじゃない。
まあ、同じ苦しみを分かち合うと言ったところか。激しい運動はするなと言われるから、二人ともおとなしくしているほかはない。
IMG_5503
それでも憎らしいほどよく晴れているので、実家の食料を買い出しに行って届けたり、ガソリンスタンドで冬用タイヤを付け替えたり、電気量販店で加湿器を買ったりして気を紛らわす。

で、今日もまた抜けるような秋空で16℃にもなる。しかも微風。まだ天に見離されてはいないな。
リルと早速にオニギリ買ってマリーナへ。
そろそろヨットのシーズンも終わりが近い。11月最後の週末だからたくさん出ているだろうと思ったら案の定だった。
IMG_5520
  久しぶりに富士山。

八景島沖ではクルーザーのレースもやっているし、学生ヨットもたくさん出ている。賑やかな海も久しぶりだ。が、おもいきり微風で風が東から南東、北東と振れ回る。レースは大荒れだろうなあ。
風に合わせてクローズを楽しんでいると90度も回ってしまう。うっかりすると木更津に向かっている。こうなりゃ適当。針路は南で適当にトリム。
IMG_5518
暖かいし、微風で波もなし。のどかに秋の空を楽しむ。
どこに行こうとか早く走らせようなどとはつゆも思わない。リルが居眠りしている顔を見ながら波切音を聞く。
2時間漂ってオニギリの昼飯。こんな時はリルも嬉しそうだ。
昼凪で風がクルクル回りだしたので、帰りは機帆走。
バッテリーがちょっと力ない。2番のハウス用はそろそろ替え時かもしれない。
IMG_5523
 サンフラワー号のドック入り。

静かな昼下がりとでもいうのだろうか、釣漁船は出ているが本船はほとんど往来がなく、モータークルーザーも滅多に通らない。ヨットはたくさん出ているのだが10mも離れれば無音に近い。
膝に乗ってきたリルの頭を撫でながら贅沢な時間を過ごせた。

早めに帰港してゲートを出ると、ハーバー課長がいたので先日の浸水ヨットの話を聞いてみた。
原因はP.S.Sグランドパッキン。
船内機はその動力をシャフトを通してペラを回すようになっている。つまり船底を貫通している穴がある訳だ。当然、船内に水が入らないようにグランドパッキンで水止めをする。
最近はP.S.S(パックレスシーリングシステム)というジャバラのようなゴムがついたグランドパッキンが主流。
CIMG41682
これでエンジンからのシャフトと船底貫通部から延びるスタンチューブを合体させ、水の侵入を防ぐ。
かつてのグランドパッキンから比べれば優秀なシステムだが、それでもOリングのような消耗品はあるし、振動で締め付けナットが緩むこともある。シャフトシールが原因だったとは。
ハーバー課長によると、船底塗装の高圧洗浄でスタンチューブに注水してしまうと、逃げ場がなくなった高圧水がジャバラを切ってしまうこともあるそうな。
浸水艇はここの亀裂が原因。係留時に点検できないから、次回上架した時にでも点検してみよう。自慢じゃないが未だ開けて見たことがない。
沈むのは嫌だよなあ。
IMG_5524
 散歩してかないの?