出遅れつつも、なんとかマリーナへは午前中に到着。今日はちゃんとオニギリ買ってきた。
出る前から雲の様子がおかしいなとは思っていたんだ。
マリーナには出航要注意の黄旗が揚がっている。
IMG_0039

それでも体感的には6m/sほどで、予報によれば午後から風も弱まるとのこと。
まだ正午までは30分ほどある。取り敢えずマリーナを出て、リルとお昼を食べよう。
バサバサと準備して出航。
マリーナ水路では帰港するヨット3艇と遭遇。
午前中の方が風強かったはずなのになあ。昼食で戻て来たのかな?

マリーナの外に出ると、久々の良視界。南風は気持ちいいし、きっちり富士山も見えている。
む、富士山? 春の富士は要注意なんだよなあ。
なんか変だ。海がざわめいている。
IMG_0028

波高はないが、ピッチの早い三角波。加えてざわざわとした揺らぎ。
メンセールだけは上げたが、しばらく機走で沖に出てポートタックで様子見しながらリルとお昼ご飯。
IMG_0030
 なんかいつもと違うね。

指の出る愛用の半グローブを取って、小刻みに揺れるフネでオニギリ。
食べ終わるか終わらないかぐらいのタイミングでいきなり10m/sを超える南西からのブロー。オニギリ食べるていたので見逃した。
メンセールを上げていた分、ブームが返って思い切りヒール。反対デッキにいたリルは大慌てで、コクピットをよじ登る。
あ、グローブ一つ持っていかれたぁ。
IMG_0032

このフネに乗り始めた時から丸4年使ってきて、完璧になじんだグローブを一つ失った。
むー、悔しいなあ。
でも、このブローは手始めにすぎなかった。

ブロー以外は大したことない順風なので、ジブも上げる。だが、風向が目まぐるしく変わるのだ。
南→南西→東南東→南→北東→南南西→東。
東西に振れた時にとんでもないブローが一瞬やってくる。
最初のワイルドタックから、10分待たずに風向が変化するから、クローズのポートタックで走っていると針路が八景島→第二海堡→猿島→木更津→横須賀→観音崎と変わっていく。
ざわめいた海と感じたのは、この多方向からの風で波が逃げ惑いぶつかり合っているからだ。それに、今日は本線航路のコンテナ船や自動車船が忙しく行き交っているからボコボコした三角波が加わる。
微風の時にはたまに風がぐるぐる回っているように感じることがあるけれど、今日はそれなりに吹いている。ここで乗り始めて未だこんな海面と風の振れに出くわしたことはない。
JOLLYHOTも飲んだくれの中年オヤジみたいな千鳥足。まあ、不祥事は起こさないが…
リルもコクピットでバタバタし、たまに本線の曳波でバッシャーンと飛沫があがるので抱き着いてくる始末。
私も大揺れ小揺れのコクピットでデッキに上がったり下りたし、メンシートをカムにかけられないでいたし、(こんな時なのに左のグローブがない!)鈍いオートパイロットでは対応できないからティラーを握りっぱなし。

風が安定しないので浦賀7番浮標でギブアップ。
Uターンしてセイルをどうトリムさせるかでまた神経戦。ワイルドジャイブだけは避けたい。
中途半端にポートのアビームリーチにトリムし始めた横須賀沖で、今度はばったり風が止む。
IMG_0035

ええい、もうエンジン回して帰るぞ!
機帆走で福浦沖まで来たら北東が主風、6m/s。おいおい。
で、たまに北西の強いブローでワイルドタック。
こりゃだめだ。もうセール下そう。
取り敢えず北東の風上に向けてメンを下ろし始めた時に南西ブロー。これでラフスライダー2個がグルーブから外れるとどめの一撃。

3時間ほどで帰港したのに疲労困憊。
キャビンで30分ほど横になってから、ラフスライダーの修理。
IMG_0038

フネ洗いも適当に済ませてマリーナを出る。五臓六腑がぐちゃぐちゃだ。
本日の波風はやたらと疲れましたあ。
IMG_0040
 おまえもよく頑張ったよ。