マリーナへ出かけたのは昼食を食べてから。
梅雨の晴れ間とはよく言ったもので、少し薄日も射してきた。
この時季は晴れると風も落ち着く。
今日はYBM主催のスクラッチレースがあり、マリーナへ到着したころにはレースを終えたフネが続々と帰港していた。こうなると日曜と言えども海は静かだから願ったりかなったり。
久しぶりにリルとセーリング。
IMG_0411

サッカーワールドカップロシア大会が始まって、睡眠不足が加速。
ゆらゆらセーリングは眠たくもなってくるが、視界もよくて実に気持ちいい。
リルも日光浴という感じ。
IMG_0403
 寛いでますけど、何か?

レース後の未練を引きづった大型艇が、大会パーティ前の一走りをしている他は八景島辺りの学生ヨットしかいない。日曜の海じゃないな。
明日からまた当分雨だと言うし、この贅沢な時間をたっぷりと味わいたい。
そう思った矢先だった。
IMG_0407

スマホにメールが入る。
Facebookの犬仲間であるHさんご夫妻からだった。今、YBMに来てるということだった。即ち、お会いできませんかという打診だ。
最近の日本語は難しい。
Facebookだけに面識はあるが、会ったことはない。
この場合、「面識」というのは正しいのか?

とはいえ、まだ走り始めて1時間ほど。やっと八景島を過ぎたあたり。
せっかくの機会だから、会うことは会いたいが、この軽快な走りとこの天気を無駄にしたくない。
この時間と場所は、私にとって雑多な社会とせわしい生活から逃れられる唯一の「聖域」。
申し訳ないが1時間半後の16時半に戻ると返信。ここからエンジン回しても40分はかかる。せめてもう少しリルと乗っていたかった。
IMG_0413


1時間半も待たせてしまったけれど、ご夫妻はアウトレットでお買い物をし、レース後の結果発表を見ていたらしい。なにより、愛犬「さくら」ちゃんには外の散歩は楽しかったはず。(と自己弁護)
取り敢えずフネを見たいというので、まだ片付けさえ終わっていないJollyhotまで来ていただく。

ご主人はかつてこのYBMに10年ほどボートを置いていたのでスタッフを始め、古いオーナーと顔見知り。フネに着くまであっちこっちでご挨拶していた。
お二人はヨットが初めてらしく、我が小舟のキャビンを見て「広い!」とおっしゃっていた。これは、外見からすると、という条件が付きそうだ。
IMG_0414
 さくらちゃん。足が太いねえ。

さくらちゃんはリルと同じシェルティ。ご夫妻は先々週、この子を連れて北海道を何日も旅している。
ご主人が今乗っているボートはFB(フライングブリッジ)艇で、カジキマグロを釣るのが趣味。
現在、茨城は大洗のマリーナに陸置きしている。
なんとも豪華な生活だ。
IMG_04161
 シェルティ船か。

「いやあ、船底塗装が面倒で、陸置きにしたんですよ。大洗はそのまま太平洋だから東京湾を出る必要ないし」
なるほどカジキマグロは東京湾にはいないな。式根島まで日帰りで行けるほどのモータークルーザーだから、大洗といえどその航程は領海を出るほどだろう。
私がいれたコーヒーを飲みながらそんな話を小1時間ほどしていた。
「今度乗せてください」と言って帰っていった。

リルは同型の珍客に興味をそそられつつも狭いコクピットで逃げ回り、最後は私の足元に隠れる始末。
オマエ、本当にビビリだよなあ。
主人に似てリルの友達は数少ないが、でも、無理に仲良くなることもない。
二人でいるのが一番楽しいもんな。
IMG_0409
 ビッケちょうだい。