D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 家族

2017.8.13  曇り 31℃

この二日間、リルと息子と一緒にマリーナに行っている。
昨日も涼しかった。
マリーナのピーター・ダック曰く
「今年は楽させてもらってますよ」、ってな具合だ。
ミス・リーが月照号の船底塗装をしていた。いつも夏場に上架してるが、今年は仕事が進むのじゃなかろうか。
8月にやっておけば1年はもつ。でもなあ…そこまでの体力ないなあ。
IMG_4607
教授のディンギーの取材はいつ記事になるのかと訊かれたが、私もよく分からない。
編集デスクの裁量の問題でしょうね。

15時過ぎには出港した。順風弱の4~5m/s、北東の風。この時期に北寄りの風だからねえ。
マリーナを出る時に「鬼号」を見た。鬼号には一杯クルーが乗っていたが、誰が船長かはすぐに分かった。
ミス・リーが教えてくれた雰囲気や容貌に間違いはなかった。
手を振ってのご挨拶。もちろん返答がある。
IMG_4610

長いセーリングはできない時間だったが、昨日は息子にセールアップからダウンまで一人でやらせてみた。
勿論、離着岸もだ。
いくつか注意をしたが、ほぼ操船は問題ない。まあ、それだけでシングルハンドは無理だけどね。
ヒヤッとするような体験を何度か積み、安全の確保と、問題解決能力のノウハウを学べば、近場のセーリングぐらいできるようになるだろう。
FullSizeRender

私が教えてやれるのはこんなものしかないからなあ。一子相伝だな。

リルは久しぶりのセーリングにご機嫌。なにしろ涼しいしね。
リルはリルでヒール時のポジションをきっちり身につけている。
IMG_4614
 ヒールした時は風上のデッキにいるんだよ。

セールトリムとティラー操作を教えながら、浦賀7番浮標まで全部息子にやらせる。   
浮標について後ろを振り返らせると、その距離に満足そうな笑みを浮かべていた。 
IMG_4616
まあ、なんでも自信をつけることが一番なんだよな。
2時間半ほどで帰港する。

帰港後、フネ洗いしてる時にブームのスタックカバーにほつれがあるのを発見。
うへー、また縫製工かよ~
とは言え、もう辺りは暗くなり始めており、作業は翌日に回して帰る。

血だらけになるのを覚悟しつつ、息子に手伝いを願い出て朝早くマリーナに行く。
この手のカバーはミシン縫いされているが、1年中風雨にさらされたり直射日光に当たっている訳で、生地が丈夫でもだいたい糸が先にダメになる。
なので、少しでも長持ちさせるためにはセイル補修用の太い蝋塗りの糸がいい。
まあ、器用な人ならそれでスイスイと手縫いできるんだろうが、なにしろ私は図工も2なら家庭科も2。
極めつけの裁縫音痴ときている。
そこへいくと我が愚息、図工も5なら家庭科は4。圧倒的な隔世遺伝の典型。
要領を教えると、結構時間をかけながらもきっちり縫っている。
CIMG0637
 オマエ、やっぱり職人向きだよな。

途中からほとんど息子頼みとなり、私はキャビンのマットを天日干ししたり、扇風機回したり、日傘で影を作っていただけ。
途中でヤマネコ号の船長が訪ねてきた。今日はシングルハンドでセーリングするようだ。
今日は微風で日差しもあるから暑くなりそうだ。

朝方はキャビン内はそれなりに涼しい。
リルは役に立たないので、キャビンで扇風機を独占。
CIMG0636
 ハッチを開けると涼しいよ。

最初は50cmくらいのほつれだと思ったが、縫っている間に弱くなった糸がどんどん切れていくからキリがない。
当初は10時までには終えるつもりだったが、結果的に1時間オーバー。
なにしろ立ち仕事なだけに、途中で水分補給させながら交代しての共同作業。
なんとか2mほどを縫い上げた。
が、その差歴然!


CIMG0641
 右側の方が私、左側のラインが息子。

むー、ちょっと親としての立場がないな。
これが家庭科2と4の差な訳だ。
まあ、こういう時はいっぱい褒めるようにしている。豚もおだてりゃ木に登る。
当面専任縫製工だな。

帰りがけヤードを覗くとミス・リーご夫妻がほとんど船底塗装を終えていた。
”こだわり”のペラ塗装もうまくいったようだ。
明日下架するという。
リルと一緒じゃなきゃ手伝えるんだけどなあ。

夜、アダチ君から電話。キャンプ合流の確認。
そいうえば、まだ何にも用意してない…







2017.8.5  32℃ 曇り

家内が帰って朝飯地獄が終わったし、洗濯機にも見切りをつけた。
昨日までは30℃以下の涼しい日が続いたけれど、雨が降ったり雷が鳴ったりで散々だった。
IMG_4574
  全然おもしろくなかった。

今日から息子も夏休み。気温が上がらぬ朝からマリーナへリルと息子と一緒に行く。
土曜とは言え、8時台に出向するヨットはあまりいない。
釣り目的のボートはとっくに出ている。案外年寄り向きかもしれない。
歳はとったがなかなか早起きできない私にはちょっと無理かも。
IMG_4575

帆走するのは久しぶりだ。
今日は午後から吹くらしい。息子が午後から用事があるとかで、無理矢理午前中だけと付き合わせる。
風は南東の微風。それでも薄曇りだからあまり暑さは感じない。
「朝の海は気持ちいいだろう?」と息子に言うと、うんとコックリする。
まあ、この年になると親父とベラベラしゃべらない。
IMG_4579
まあ、男同士だからね。
ティラーは息子に任せるが、セイルセットは私の役目。どっちが船長だか分からない。
それにまして、提督居座って飲み食

あまり時間がないし、昼近くになれば今日は暑くなるらしい。
てなことで、八景島往復のミニセーリング。
IMG_4580

全日本インカレに行けなかったらしい大学ヨット部が練習をしていたが、なんだかせせこましい練習だった。
9時頃には釣船しかいなかったいつもの海だが、八景島シーパラダイスは書き入れ時。
いつものアトラクションも大賑わいだが、なんだか訳の分からぬ「Water Run Festival」などが開催されており、
若いオネエチャンたちがゴロゴロと集まっていた。
「オマエ、ああいうの行かないのか?」
「興味ない」
ふ~ん。こういうとこだけは父親似なんだよなあ。
リボン
 なんか楽しそうだよ。
 きゃあきゃあと甲高い声が響いてくる上、時折ギャーッとサーフコースターの悲鳴が混じる。
煩くてかなわん。祭は好きだがお祭り騒ぎは性に合わない。
やっぱり海は静かな方がいい。

10時を回ると陽が差してきて、グングン気温が上がる。
帰りはランニングだが、とてもリルには耐えられないから機帆走。
さっさと逃げ出す。
IMG_4582
帰着は11時すぎ。
途中でたくさんのヨットやボートに出会う。
この時間からだと微風なだけにかなり暑いよなあ。
フネ洗いして、家でお昼を食べる。
エアコン入れたら、もう外に出る気なし。

洗濯機到着まであと6日。


2017.8.3 
夕方、家内が実家から帰った。
って、別に別居していたわけではない。お盆時期にキャンプの予定が組み込まれたので、里帰りを早めたまでの事。ほんの四日ほどだったが、友達にも会えて喜んでいた。
FullSize

が、その四日の間こちらは七転八倒。
壊れた洗濯機の修理は土日こそ家内と二人で共同作業だったが、いかんせんハイテク技術のmade in Japanだけに原因究明にたどり着かず、家内なき後は孤独な作業。
排水チューブの詰まりとセンサー故障だと確信を得て、今を時めくTOSIBAさんに電話すると、
「部品製造は6年で打ち切りですので、ちょっと微妙かも...」とか仰る。
6年前には飛ぶ鳥を落とす勢いだったこのメーカー、今や東証二部すら維持できない状態。白物家電からは足を洗って半導体事業さえも身売りしなければならない窮状。下請け部品メーカーのことまで考える余裕もなく、5日間に及ぶ苦闘も虚しく買い替えることになった。
どこかの政党じゃないが、おごれるものは久しからず。

とはいえ、夏場は容赦なく洗濯物がたまる。
だいたい、洗濯物を大量に出すのは愚息なのだが、当の本人は未だ夏休みにならず使い物にならない。
詰まりの元凶はリルの毛だが、当の愚犬も脱衣場に行くとシャンプーされると思っているから顔を出そうともしない。まあ、いても役には立たないが…

洗濯機の排水システムにバイパスを入れ、”洗い”や”すすぎ”が終わるたびに手動で排水するようにした結果、脱衣場は絶えず水浸し状態となり、洗濯してるのか洗濯物を増やしているのか分からないようになった。
今日もまた洗濯しながら、甲板掃除に励む船長であった。
IMG_4561
   お外の方が居心地いいよ。

全ての家事が私に託され、朝早い息子の通学に合わせて通常よりも2時間早く起き、朝食を作ったり散歩に出かけたりする。
息子が出かけた後は洗濯機と格闘する日々の中で、歯医者に行ったり実家に行ったりし、帰りがいつになるか分からない息子のために夕飯を用意する。
「夕飯食べてきた」という言葉、今後はくれぐれも使わないようにしよう。

こんな中、家内が帰省した8月1日の午後から横浜はゲリラ豪雨。
1時間に120mmの雨量を計測し、街は大混乱。警報はもとより、15時前にはとうとう一部地域に避難勧告が出された。
我が家は高台だが、南斜面の隣町は土砂災害の恐れがあるとして避難勧告地域に指定された。
fear
  こわいよ~

我が家や実家は大丈夫だが、ボランティア教室の生徒さんが住むアパートなどに避難勧告が出されたので、個々に連絡を取る。「ひなんかんこく」と言われたって、わからないからね。
夏休み帰国中の生徒さんにはSNSで一報しておく。っていうのは簡単だけど、日本語じゃわからないから翻訳に手間取る。皆さん、律儀に真夜中に返信メール。

そりゃ落雷をともなった激しい雨で、リルはペギーのように逃げ隠れしていた。
これで停電になったら冷蔵庫もダメになるなあと思いつつ洗濯機をひっくり返し、家の内外でびしょ濡れになっていた。
こうなると、とてもヨットに乗ろうなんて気もなくなる。エンドウの車じゃないが海は迷走台風5号の影響もある。

思えば、家内が帰省する前日に皆でマリーナを楽しんだことが嘘のようだ。
BlogPaint
 抱っこして~

帆走はしなかったけれど、久しぶりにファミリーで夕刻のひと時を過ごし、アウトレットで食事した。
リルはみんなが一緒だったので大喜び。
群れをなす動物は家族が全員揃うと嬉しいのだ。
BlogPaint

早起きをしながらも、なかなか帰らない息子を待って寝不足状態が続き、すっかりリズムを崩してしまった。
家内のご帰還があと1日遅かったら、リルと家出するところだった。
まあ、ここのところやたら涼しかったからリルもしのぎやすかったけどね。
今夜も上着が欲しいほどの涼しさ。散歩でもするか?
dusk
 from dusk till dawn

新しい洗濯機到着まで、あと8日。

このページのトップヘ