D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 家族

昨日の続きから。

ケアマネからの連絡があった父の下痢はやはり食当たりのようで、在宅医療の先生から
「同じものを食べてるのにお父さんだけなるの変ですね」といわれる。
いいや、そんなことはない。
母が作る食事と言えば、固いご飯と濃い味噌汁。それ以外は二人ともまったく別なものを食べている。
父には何故か毎日マグロの刺身とハムサンドばかりなので、嫌気がさすと父はたまにバスとタクシーを使って買い物に行く。スーパーで自分が食べたい総菜や野菜を買ってタクシーで帰ってくるわけだ。
が、それが食卓に登場するのは三日も四日も後。母がなんでも冷蔵庫にしまい込む。入らなければ冷凍庫だろうが野菜室だろうがお構いない。
母は近くのコンビニで毎日シュウマイを買うのですでに冷蔵庫はシュウマイで溢れている。(大半は毎週家内に捨てられる)
宅配の弁当も頼んではいるが、食事時に来るわけではないのでそれもカチカチに凍っていたりするわけだ。要は夫婦でまったく違うものを食べているわけだ。なので、私や家内が作りに行ったりするのである。
そんな感じだから、早く実家に行きたかったが、雨樋クリーニングの業者が遅れて、来たのが13時半。
分かっていれば午前中に行ってこれたのになあ。
IMG_1252
 変な人来たよ。

最近、ホームサポートなる業種が注目されている。
集合住宅と違って戸建ての場合は管理費が要らない分、水回りや外構補修、内壁の修理などその都度手をかけなければいけない。放っておくととんでもない修理費用が掛かったりする。
ホームサポートは一定額の管理費用を毎月支払うことで、縁の下から屋根まで定期点検を行い、補修が必要な場合は一般料金より格安で修理を行うというシステム。
勿論、屋根にしろ床下にしろ普段は絶対に見られないような場所だから、詐欺まがいの悪質な業者も横行する。
その見極めは、会社概要をよく調べることから始めないといけない。決して飛び込みの無料点検やら電話営業などに引っかかってはいけないわけだ。
まあ、自分が納得した上でないと私は一切、その手の勧誘にホイホイとはのらない。だいたいのことは自分でするしね。
ただ、下が水ならともかく、家の屋根だけはどうしても上れない。怖いよねえ。
上ったとしても、その先にある雨樋の掃除など命綱があってもやりたくない。でも、家の傷みは雨樋からというのが常識。
で、いろいろ調べて頼んだら3週間も待たされた。
IMG_1258
 「怖くないの?」「いいえ、怖いです」

とても良心的で丁寧な業者だった。それに仕事をしている二人が楽しそうだった。時折、かつての私とエンドウのような会話が漏れ聞こえてきた。いいねえ、こういうの。お茶菓子まで大判振る舞いしてしまった。
が、終了したのが15時半。
慌ててリルを連れて実家に行く。

体重が5kgも痩せたと言う父に、途中薬屋でカロリーメートなどのゼリー状の栄養補給食を買い、スーパーでそれなりの食材を買う。
げっそりして昨夜からなにも食べてないという父に栄養補給食を飲ませている間に、おかゆ作り。
お粥と言っても私の場合は中華風の薬膳粥なので時間がかかる。ついでにあこう鯛の粕漬を焼き、おでん作りを始める。終わったのが18時。
作ったものの大半は自分が今食べられないものだから、席に座って食べ始めたのを確認して実家を出る。洗濯物とってないよ~
食事を作っているよりも、母のとぼけた「あら、そうなの?」を聞いているだけで疲れが倍加する。
母は父が腹痛と下痢で寝込んでいるとはまったく思っていない。

今朝も実家へ電話。
父は苦しみながら吐いて寝られなかった火曜を
「体の中の毒が全部出た」といって、元気そうだった。よかった。エクソシストか?
まあ、最初に電話に出た母はいつも通り
「お父さんはいつも元気です」としか言わないが…

ちょっと安心したのでリルとマリーナへ。
船底塗装した後はコクピットがひどく汚れる。作業するヤードはペンキや貝や、金属粉、化学物質で満ちている。とてもリルは連れていけない。そんな足でコクピットを上ったり下りたりするからコクピット自体が汚れる。上架中はそんなの洗えないしね。
フネ洗いした後コクピットでオニギリを食べて気分解消と思ったが、あまりにいい風だしよく晴れていたので、当初の目的を逸脱。
IMG_1266
 乗ってみないとな。そうなの?

船底塗装後はいつだって、こんなに速く滑らかに走れるのかと感動する。実際には1割増しぐらいのだろうが、5割ぐらい速くなったような気がするのだ。
IMG_1270
 のどかだなあ。

平日なのでヨットは1艇しかいない。トロール船にカモメたちが群らがり、沖ゆく貨物船はキラキラしている。たまに通りすがる釣り船からは船頭の棚(水深)を支持する拡声器の声がする。
リルはいつもそんなものをずっと見ている。
IMG_1271
 ねえ、一人にしないでよ。

ここのところバタバタした日が続いただけに、やっと安らぎを得たという感じだ。
リルとオニギリを食べ、のどかで静かな海をユラユラと帆走。
かすみながらも遠く箱根や富士山も見えてくる。
IMG_1278
 富士山、わかるかな?

が、次第に雲が多くなり14時を過ぎると冷気が入り込む。
そうだ、フネ洗いしなくちゃ。
浦賀7番でUターン。
IMG_1277
 本船航路の7番ブイ。

15時前には帰港し、せっせとデッキブラシでお掃除。
16時には終了。水冷たいわあ。
で、腰が痛い。明日は整骨院かなあ。
まあ、リルが楽しそうだったからいいか。痒みもほとんどなくなったしね。


先ほど息子が山形から帰った。一月半の地域実習を終え、土産をたくさん持って帰ってきた。
「服とか、長靴とかはどうした?」
「明日料金着払いで着く」
明日は早速学校に行って、学祭の準備をするらしい。って、誰が着払いを払うのよ。
リルは大喜び、長い間いなかったからすでに死んだと思っていたかもしれない。死者が生き返ったがごとくピョンピョン跳ねていた。
息子の土産には私が今食べられないものもあるが、前回送られたきた農産物やハチミツと違い、力餅や梅紫蘇巻き、リンゴジュースなどの加工食品が多かった。

私は紫蘇があまり好きではない。梅干しもはちみつ漬けしか食べない。小さい頃水戸の親戚で食わされた「水戸の梅」という白あんを赤紫蘇でまいた菓子、あれが元で嫌いになった。酸っぱい葉っぱを食ってるようで子供には美味くない。それをたくさん勧められるから無理矢理食べていたが、おばさんの見えないところでその紫蘇をむしり取り中の白あんだけ食べていた。今、そんなものを食べたらきっとアナフィラキシーを起こすだろう。
「これ、お父さんが嫌いなやつじゃない」と家内。
「それ、お婆ちゃん用」
そうか、母は紫蘇が好きだからなあ。よく覚えていたな。あんなものは食いたいやつが食えばいい。

IMG_1170

その母の様子見をしてから昼下がりにリルとマリーナへ行く。
それにしても、実家の冷蔵庫を見るとがっかりする。細かなことは書くに能わず。まあ、いつもと同じだが、食品廃棄の権化みたいになってきた。リルも無用に廃棄される食品を見て唖然としている。
で、気分転換だ。

ステロイドの軟膏は使いすぎるとよくないが、結局もう一月も使っている。
発疹や湿疹などはほとんどなくなったから、もうやめようと思う。なにしろ副作用が強い。
朝晩塗りたくっているから皮膚呼吸ができないんじゃないかなあ、起きても怠い。
IMG_1169
 今日はおやつ食べるよ。

マリーナでは大型クルーザーが居並ぶポンツーンの改修工事が始まった。豪華なクルーザーが居場所を変更されている。YBM中央がすっぽりなくなった感じだ。この中央部分はアウトレットからも目に入る、いわばYBMの広告塔だから、アウトレットの改修に合わせて工事に入ったのだろう。
そのアウトレットも3階建ての概要が見えてきた。
IMG_1171
 今日はみんないないよ。

本日はマリーナ定休日。今まで火曜のみが定休日だったが、冬季は水曜を含めた連日が定休となるらしい。まあ、静かでいいけど、水曜はどちらにしろボランティア準備で乗れないからなあ。

乗るには遅い時間だが、私はリルとコクピットにいるだけで満足する。
おやつもオニギリだが、キャビンのマットを虫干しと称しベッド代わりにコクピットに敷き、そこに寝そべってユラユラ空を見てるだけで気持ちが落ち着く。
今日はランサムの事を考えていた。
「なぜ本を書く気になったんだろう?」
スリッパのお礼? それは表面的な理由。もちろん大きな動機ではあったろうが、あの時代に親戚でもない子供のためにあれだけの長編を40歳にして書くことはないだろう。それはきっかけにすぎない。
あらためて長考し、自分なりのある結論を得た。それはあの不可解な地図に合致した。
学生だったら一つ一つ検証して論文の一つも出せるなあ。
まあ、そんなことはどうでもいいか。こうやって、何かを考えるのは好きだ。
IMG_1173
 不可侵条約を結ばないと、侵略される。

日が傾くと、せっかく来たのだから何かしようと思い始める。
大雨や台風で流された油分を補うために、シリコンスプレーをブロック類に施す。シリコンやグリスを塗らないとフネも塩害にさらされる。せめて毎月1回くらいはブロック類のメンテをしたい。
マリントイレもきれいにした。トイレの神様が喜んだことだろう。

今日はエンジンすら動かさなかったが、それなりに満足感があった。
痒くもなかったし、発疹も出なかった。へぼな薬よりリラックスが一番だな。







しばらく伏せっていた父だが、メガネが壊れたというので、それじゃあ買いにいかなきゃねと車椅子持参でスーパーのテナントに行く。
昨夜は壊れたと言っていたのに、車に乗ってから「もう直したからメガネはいいよ」と言う。
割と朝令暮改型の人でもある。それでも「靴が欲しい」と言うので近くのスーパーへ。
なんでもいいから、外に出たかったんだろうなあ。
まあ、少しでも歩こうという気があるのだから、それは嬉しい事ではある。が、それなら車椅子に乗ってるなよ~
IMG_1159

あれこれと迷いながら、気に入った”黒”のカジュアルシューズを買い、ついでにメガネ屋による。
「メガネのクリーニングをしましょうか」という店員に、父はどこをどう直したか分からないメガネを当たり前のように差し出す。
待っている間、あれを見たいこれを見たいと言うので、狭い通路の中を謝りながら押して歩く。
父は毎年のようにメガネを買う。買うたびに何かが違うらしく、しっくりこないという。
検眼の時に適当に答えてるんじゃないのかなあ。メガネで裸眼並みに見ようとすること自体間違いがある。
クリーニングを終えて出てきた店員が、
「メガネには接着剤を使わないでください。それをとる方が難しいですから」と一言。
接着剤!何やってんだか。

リルはここのところよく寝る。年を取ってきたからではなく、私の体調を気遣ってのこと。
一体いつ治るやら。
ただ、今回処方された薬は痒み止め効果は抜群で、尚且つあまり眠くならない。
ヤブ医者の薬もそうだが、私の飲む薬には「怠くなる」とか「眠気が出る」とかという注意書きが書いてある。その怠い、眠いの薬をシェイクして飲むわけだから相乗効果で余計眠い。
「運転するな」とも書かれており、これじゃあどこにも行けない。
IMG_1168
 散歩はできるんだよ。

出かけても食事に困るので、最近は”恍惚の人”に近い。
いやいや、自分の両親のような老境にはまだ達していないぞと、時々思い立ったように公園に行く。
横浜には公園がたくさんある。丘の上には必ず大きな公園がある。
いつの間にか公園巡りが日課になった。
IMG_1166
 誰もいないから走っていい?

今日も家から少し離れた公園にリルと行く。
陸は微風で少し汗ばむくらいだが、海の方は風が強い。海自体が見える訳じゃない、海の方角にある煙突の煙や、雲の形、風向きでだいたいわかる。
で、ギャンギャン吠えて喜ぶリルとさんざん歩き回る。歩きまわると痒くなる。痒くなると家に帰る。
IMG_1165
 オニギリ持ってきた?

ろくなものを食べておらず、毎日たくさん歩くものだから体重が2kg減った。
食欲の秋だと言うのにこの情けなさはなんだ?
早く治して、暴飲暴食したい。
って、オマエ何嬉しそうな顔してるんだよ。



今日未明に通り過ぎていった台風24号はこの横浜にも風雨災害の爪痕を残した。
こんな日が私の誕生日なのである。
母によると、私が生まれた日も雨風がひどい台風で、夜中の2時ごろ産気づき、そのためにお産婆さんがなかなか来てくれなかったらしい。初産の母は暴風雨で声が消されると思い、ギャアギャア泣き喚いたそうだ。そうして辺りが白み始めたころ私が生まれ落ちた。
嵐の夜に降臨したルシファーだったが、翌朝は快晴で私はケラケラと笑っていたらしい。で、私の名前が決まった。

今朝も快晴。
だが、我が家にも微小なる被害が。
IMG_0955
 ずたずたになったサンシェード。

いくつか外に出し置きになっていたゴミ箱とか、サンダルが消え去っていた他、布の日よけが切り裂かれたようにぶら下がっていた。
実家に電話すると、雨戸が飛んで玄関の外柱に直撃したとか言ってる。まあ、二人とも無事でなによりだ。
さっそくリルと行ってみると、庭にはたくさんのゴミが入り込み、玄関アプローチの雨樋が破損していた。ゴミや雨戸はなんとかできたが、雨樋だけはビニールパイプを買ってこなければならないので、径だけ計って辞去する。
問題はフネの方だ。
昨夜は最大瞬間風速40m/s!車が横転するような風だが、海の場合台風の通過時には海面が吸い上げられるように上昇する。
IMG_0956
 ジブが…

マリーナについて目に飛び込んできたのは、大型ヨットのジブが千切れてバタバタと風になびく光景。
ありゃ、100万円くらいはするよなあ。
ミス・リーのメールによればYBMイーストではジブが破損しているフネがいくつもあったとか。
月照号は無事らしい。
IMG_0957
 ヤード。

ウェストでも遠目からジブがひらひらしているフネが散見される。
リルとポンツーンを歩いていくと、被害を受けたフネが目に入る。
IMG_0958
 ジッパーが壊れ、透明窓がなくなっている。

IMG_0960
 トップシェードがズタズタになってる。

知り合いのCats艇もソーラーパネルが外れているし、アロハ艇もドジャーのカバーを直している。
皆さん、少しずつ愛艇が心配で来はじめた。
IMG_0961
 ご近所でも。

幸いにして我がJollyhotは傷一つなく、まったく問題はなかった。
IMG_0963
 あれ?オーニングがないよ。

フェンダーを増したのは昨日のこと。そのフェンダーもデッキに二つ置かれていた。これはきっとスタッフがやってくれたに違いない。
ライフラインに括ってあるだけのフェンダーだから暴風で踊りまくっていた筈。そのままだとライフラインが切れてしまう。次からはガンネルに吊るさねば。
オーニングは8本のショックコードで止めてある。シートで固定してしまうとオーニングかシートが切れてしまうからだ。ただプラスチック製のショックコードストッパーがちゃちなので、一瞬オーニングが飛ばされたと思った。確かにバウ側の5本は暴れて外れていたけれど、スタン側の3本でかろうじてコクピットに留まっていた。
IMG_0965
 あったよ~

キャビンはおそらくベンチレーターから入りこんだであろう風で、グローブだのノートだの軽いものが床に散乱。それに急に気温が30℃になったものだから暑くてしょうがない。扇風機を片付けなくてよかった。
それでも、マリントイレやエンジン等は全く問題なし。ビルジは排水口に目張りしていたので皆無。
IMG_0969
 外の方がいいよ。

台風一過の晴天だが、名残の強風が吹き荒れていた。
コクピットで一息ついていると、近くでパタパタと旗がはためくような音が。
IMG_0966
 これはひどい。

辺りを見回すとジブやブームカバー、ビミニトップなど布製のものは結構被害が出ている。
これだけ多いのは初めて見る。
すっかり汗をかいたら、背中が痒くなってきたので点検終了。

帰りがけ実家にまた寄ると、父が割れた雨樋を修理していた。
ビニールパイプの手ごろな奴がどこからか飛んできて庭に落ちてたらしい。
「いちいち探しには来ないだろうけど、来たらパイプを弁償するよ」
天は父を見放さない。

家に帰って膏薬を塗りたくっていると宅配が。
山形へ地域実習に行ってる息子からだった。
IMG_0974
 牛肉はOK!

山形牛は隠れたブランドで、ここで肥育された黒毛和牛の仔牛は、競りにかけられて松坂や神戸に売られていく。
今日はハンバーグ。 美味い!ソース必要なし。クレイジーソルトだけで十分。
明日か木曜はすき焼きだな。(卵なしで)おまけにハーブティまでプレゼントしてくれた。
IMG_0975

バースデイケーキは家内が買ってきた。好物のチーズケーキだが、これアレルギー物質のかたまりだあ。まあ、ちょっとくらいいいかな。
リルも食べ終わった皿をナメナメしてましたあ。

墓参りの日。
両親を車に乗せたが、家の鍵がないなどといつものように母のナイナイ節が始まる。なくさないようにとバッグに紐で括り付けてあるのだが、その固く結んだ紐をいったいいつ、どうやって外すのか皆目見当がつかない。
家内が取り敢えず家に入って捜すけれど、こんな時は絶対に出てこない。
先に車に乗り込んだ父が愚痴をこぼす。
「昨日はあったんだよ。まったく、毎日毎日なにかがないって捜させられるからねえ」
と、今日はご立腹のご様子。
「とうとう、洗濯機も壊しちゃったよ。入るだけ押し込んで、中のものが取れなくて、動かなくなった」
だいたい、墓参りの日には何かが壊れることになっている。

霊園は混んでいた。
脚の悪い父に家内が寄り添い、私は散歩気分ではしゃいでいるリルを制御してる。その間に、足腰だけは丈夫な母がスタスタと先に歩いて行ってしまうが、墓の場所など覚えているはずもなく、時々立ち止まってはみんなを待っている。なんで一緒に歩けないかねえ。
IMG_0900
 おい、どこ見てんだよ。

去年までは墓掃除ができた父も、今年はせいぜい花台に水をやるぐらいが精いっぱい。母も雑草取りくらいしかできない。息子がいない分、私が墓石をきれいに拭き上げる。
IMG_0899
 誰の墓だと思ってるんだろう?

コニーの墓にもお参りするが、管理費を払うからと事務所に行く父を一人にしておけず、また母をその辺に置き捨てたらどこへ行くか分からないので、コニーの墓参りには家内とリルだけ行ってもらう。
IMG_0901
 また財布がないらしい。

役に立たないようで、息子はそれなりに必要性があるんだなあと実感。逃亡者め。
普段なら、この後お昼の会食だが、今日は彼岸の中日ということもあって車が渋滞。とてもじゃないがレストランなどに寄る余裕がない。リルをずっと待たせなくてはならないし。
「近くのスーパーで駅弁フェアやってたから、家で駅弁食べよう」
で、家内と母が適当に買ってきた駅弁を我が家で食べる。
item_6517_2

駅弁は当然冷えたものだから、家内が朝の味噌汁を温めたり、漬物などを出したりして、それなりに食卓を飾る。
その作り置きの味噌汁を一口飲んだ父が、
「お母さん、これ飲んでごらんよ。これが味噌汁だよ」
といたく感服してる。私には、ちょっと煮詰まってしょっぱく感じるのだが…
「うちの味噌汁なんて、しょっぱくて飲めないんだよ」と父。
いったいどういう味噌汁なんだ?
item_7113_2
母はその時だけ不機嫌な顔をするが、栗おこわの栗を一つ食べたら、その会話はもう忘れてしまう。
ちょっと気の毒だったので、食べ終わってから母を外のデッキに連れ出し、オレンジジュースや月餅を食べさせる。
このデッキはいつもいい風が吹き抜ける。
暑くも寒くもないパラソルの下で、母はそんな涼風を全身で受け止めて、とても嬉しそうだ。

家内と父が洗濯機のチラシを見ている。飴やガムじゃないんだから、これ頂戴、はいよ。ってな訳にはいかない。在庫があるか、配送に何日かかるか、配送費や設置費、廃棄費用を考えないと家電は買えない。それに、とにかく設置場所の寸法を測らないと、ご希望の洗濯機が入るか入らないか分からないじゃないの。
で、家内がミニバイクをとばして実家へ寸法を測りに行く。ご苦労なこった。
IMG_5249 (2)

その後、はしゃぎまわって午睡に入ったリルを留守番させ、またみんなで電気量販店へ向かう。
何しろ老人二人だから大きなものは要らない。問題は、どうせ配送される日には母が忘れているので、「聞いてない」と業者を追い返すことと、まったく操作ができないという点だ。
操作といっても電源を入れてスタートボタンを押すだけだが、機械が新しくなるとそれがもうできない。
だいたい、洗濯したのを忘れてしまうから、洗濯が終わった物も出さずに毎日どんどんと詰め込んで壊れたわけだ。
これで実家へ行った際の点検項目がまた一つ増えることになるな。

両親を実家に送り届け、家に帰るともう夕方。
こうやって、セーリング日和が消えていくわけだ。



このページのトップヘ