D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ボランティア

腹が立つほど暑いとはこのことか。
リルもちょっと夏バテ気味。
IMG_4481
 アヂー

息子の学生生活や実家の事で、我が家もばらけて、なかなか顔がそろわない。
週末ぐらいは家族の団欒を大切にしたい。それでも、通院だとか薬の管理だとか、私のボランティアだとかで、なかなか顔がそろわない。
で、昨夜は顔がそろったところで、マリーナに出かけレストランでビュッフェの夕食。と言っても、リルが一緒だから当然屋外のテラス席。日没後も30℃はあるから、よほど酔狂な人でなければふつうは室内でたべるよなあ。
IMG_0567
 期待感満載のリル。

マリーナまで行ったのに、フネにも寄らず、もう動けないと言うほどバクバク食べて帰ってきた。
なんだかんだと海のそばはそれなりに涼しい。食後はリルの散歩もできるしね。
ベイサイドマリーナのアウトレットは建て替えのため9/2で全館閉店となる。息子が生まれた翌年にできたから20年、息子にも馴染みがある。
輝

今朝はリルの散歩もほんの僅か。そのあと、息子が薬を届けにリルと実家へ行くし、私は日本語ボランティア入門講座のオブザーバーで出かけるからだ。
IMG_0542


講座の方は駆け足でバタバタと終わった。さすがに暑さも手伝って、最後まで残った人は13名。まあ、半分くらい脱落したわけだ。
講師の方と親しくなれたのは収穫だった。日本語の対応に困ったらいつでも連絡して欲しいと言われる。
受講者もやっと解放されて、もっと晴れやかな顔をすると思ったのだが、奈落の縁に立ったという感じで、不安が入り混じった真剣な様相だった。これは決意なんだろうか?

約束通りに正式参加となった二人とランチミーティング。
なにも難しい話をしたわけではない。会の状況や、外国人との接し方、これからの流れなどを大雑把に説明する。
「まあ、1時間もあれば済みますから」
などと前置きしたら、
「じゃあ、ご飯食べなくてもお茶くらいでいいですね」
という事になり、ファミレスでピザ1枚とドリンクバーを注文して話し始める。

で、結果から言うと3時間以上居座って、ドリンクバーのお替りさえできなかった。
まあ、質問攻めにあったと言う方がいいだろう。
一歩踏み出す決断をしたからこそ、その責任の重さと知識のなさに対する不安とが入り混じる。
彼女たちの不安はよくわかる。
週に一回の教室なのに、まるで進級試験前の大学生だ。
FullSize

その3時間余りはあっという間に流れた。
誘っておきながら、紅茶のお替りもさせず、冷えたピザ1枚を3人で話の合間に食べさるだけで、ランチどころか空腹で店を出させるというお粗末さ。ブラック団体か。
もっと配慮すべきだったと深く反省。
これが元で、やっぱりやめますって言われたらどうしよう。

普段滅多に長い会話などしないから、余計疲れた。腹減った。
今日はリルとあまり遊んでやれなかった。これも深く反省。

明日はリルファンの台湾人学生と会うことになっている。彼女も元教室の生徒。友達もつれてくると言う。女難の相があるのか。
オマエ、明日頑張って愛嬌振りまいとけよ。



夜になった今も室温は32℃ある。外の方が涼しいな。
西日本で水害にあった方はどれだけ苦しい思いをしていることか。リルなんか絶対耐えられそうにない。 ボランティアで肉体労働を買って出た人も、自分のペースを保ってほしいね。皆さん、本当にお疲れ様です。

だいたい、嵐を呼ぶ男アダチ君が豪雨災害の前日電話してきて、
「今年の夏は広島にいく予定」なんていうものだから、こんな結果になっている。
この大災害を前にしてカジノ法案を優先させる国会って、いったいどういう神経なんだ。
”長靴はいて”石ころの一つも拾ってこい!
IMG_0536
 暑くても日光浴するリル。5分で逃げ帰る。

ここにきて、カンカン照りの35℃が続いている。
とてもじゃないが、海に出たら二度と陸地を踏めないような気がする。
せいぜい、日が傾いてからリルの散歩がいいところ。
IMG_0538
 ここは歩けるかな?

少年時代の夏休みには30℃を越えることなんて滅多になかったんだけどなあ。
犬も歩かない九州の夏は炎熱地獄だ、などと言っていたのが30数年前。
体力気力とも下降線をたどっているのに、都市化の熱は右肩上がり。こんな時に家が流されて水道も出ない、電気も来ない、物資も滞るじゃ、ひ弱な都会の老人は生きていくのが難しいだろうなあ。
いやいや、老人だけじゃない。
スマホの充電が切れただけでも死者同然になってる輩もいるな。

本日も日本語ボランティア入門講座のオブザーバー。
今日を含めて後2回。出席メンバーも初回からさらに2名ほど減ったが、ここにきてやる気のある人とない人の差が歴然としてきた。
私たちの教室に見学にきた4人のうち、2人は有望で、1人は下降気味、1人は脱落。
ほとんど私たちと日曜のクラスのために開かれているようなものなので、元締めのコーディネーターもその辺の成果を問うてくる。
「おかげさまで、毎週見学に来てくれますよ」
「それで、やってくれそうな人はいますか」
「ええ、二名ほど有望な女性がいます。仕事の都合もあるでしょうけど、その辺はこちらでも折り合いをつけて柔軟に…」
なんてご報告したら、わがことのように喜んでくれた。
IMG_0540

今日は一橋大学大学院の講師が先生。タイ語を話せる方だったので、日ごろ馴染みのないタイ語の文字や言葉で、逆体験。これは結構新鮮だった。
大半の外国人はそれが日本語だと認識しても、読めないし聞いて意味をとることはできない。表意・表音入交りの日本語は表音のみのタイ語より難しい。そういう外国人の立場に立って日本語を見直すという内容だった。
これはいつも頭の隅において教えているけれど、いざ自分が生徒の立場になると、一週間後まで覚えていられそうにない。
タイには二度旅行したことがある。二度目は子連れで主だった観光地を巡ったが、最初は行き当たりばったりの街中巡りだったので、場末の食堂では注文もままならなかった。
DSC00544

現在も教室にはタイ人の女性が来ているけれど、ひらがなが少し読めるくらいで、カタカナや漢字はまったくお手上げ、英語も日本人以上にカタコト。
でも、彼女はN-1合格者以上に標準語に近い日本語を話す。もう、尊敬するしかない。
タイ語には32の母音があるけれど、舌打ち音なんて言葉の途中に出せないよなあ。こういう表音語の人たちは、むしろ日本人が意識しない小さな母音の変化を聞き分けてしまうので、
「今の”ん”はnですか、mですか、ngですか」と訊いてきたりする。饅頭とマンモスでは音が違うのだ。こうなるとサポートする側は、「今の”ん”は饅頭の方ね」などと説明しなくてはならない。

講座が終わってから、主宰と二人でテキストの印刷とホチキス止め。
ここにきて学習者が増えたのでテキストが足りなくなった。
で、ごっそりお持ち帰りさせられる。
「これなら9月までは十分もつわね」って、今年いっぱい大丈夫だよ~
紙袋2つ、手がちぎれそうなほど重い。背中にはタブレットや問題集やらが入ったいつものリュック。これで昼過ぎの炎天下の中を駅まで15分以上歩くと、空腹も手伝ってやけのやんパチ。駅前で火が付くようなカレーを食べて、ゲリラ豪雨にでも見舞われたようなずぶぬれ状態。
これで電車に乗ってまた15分以上歩くのかと思うとぞっとした。なによりも汗が冷えてきた空調から抜け出せない。家に電話すると、愚息がいたので迎車を乞う。
まあ、何度も夜中に行ってやってるから嫌とは言えないな。

午後はもうグータラパパ。
IMG_0539
 リルもふて寝。

で、今日の夕飯もハヤシライス。
もう当分福神漬けはいらない。











ここのところ日本語教室は盛況だ。っていうか、目が回る忙しさになってきている。
昨夜も新たにインドとバングラデシュの男性が加わった。一人は学習開始から30分後に来室、もう一人は終了15分前。こういう場合、支援中の他のサポーターに負担がいかないように、私が対応することになる。
さすがに、終了15分前の英語しか話せないインド人はなかば捨て置き状態。せいぜい登録カードに国籍だの住所を書かせていただけ。最後の方は学習の終わったインド女性、ラジーに教室の概要を説明させる始末。
また、先週のボランティア希望者に加えて、新たな女性が参加希望で見学に来た。入門講座初日の帰り際に「MATSURI」の説明をした30代OLで、知的好奇心旺盛な方。仕事帰りに間に合うかどうか分からないと言っていたが、5分前には来ていた。
ちゃんと教室のことを説明したかったのだが、先週来て私の担当となった中国人女性が私を待ち構えていたので、ろくに話もできなかった。

学習開始から15分すると、あらたな見学者が。
入門講座を受講している男性で、どう見ても70歳を超えた方。入門講座の休憩時間に声をかけられたが、数分話せば社会性があるかどうかは分かる。
「教科書じゃなくて、勝手に教えるのはだめですか」とか言っていた。
ボランティアに出勤義務はない。家庭の都合や病気等でサポーターが休む時もある。そんな時、学習者がどこまで進んでいるのか、何に躓いているのか、どこに力点を置いているのか等々知っておかなければならない。そんなことをミーティングで話す。誰かが抜けた穴を埋めることで持ちつ持たれつなわけだ。(私の場合は持ちつ持ちつだけど)
講座休憩中にそんな話をした方だった。
勝手に教えてもらっては困るし、入門講座をすこしばかり受けたからって教えられるわけもない。
だいたいこの手の人は国語の教員上がりが多い。何十年も国語教員をやってきて見当違いな自信を持っている。日本語と国語の指導は古文と現代文くらいの差がある。
で、この方しばらく中級グループの学習を見学していたが、40分ほどで担当サポーターに挨拶もなく帰っていった。
IMG_0510
 某コンビニのくじ引きでもらった景品

昨日はなによりも、ヘジンさんとたくさん話をしたかったのだが…
ヘジンさんは派遣ながら、どうにかこうにか就職が決まった。8月からキャラクターグッズのネット販売会社で働く。アダチ君ならその手のことに詳しいんだろうが、私はさっぱり知識がない。
日本のアニメ関連グッズは世界的にも人気が高い。彼女は韓国人ユーザーの窓口業務にあたるらしい。
派遣期間は1年だが、彼女の働き方と実績次第では正式雇用もあると言っていた。
前日に喜んで連絡をくれたヘジンさんを、もっと祝ってあげたかったのに。
秋葉原

ただ、そのグッズ販売会社の事務所は茗荷谷にある。定時で勤務が終わっても(10~18時)、教室に来るのは難しい。だから、今月をもって卒業となることが確定した。
ワーキングホリデイで来た彼女だから、最初から期限は決まっていたけれど、「日本で働きたい」という彼女のためにいろんなアドバイスをしてきただけにちょっと寂しい。
これから査証変更手続きをして国際業務の就労ビザを得る予定。彼女の夢が大きく前進したことは素直に嬉しい。
HIMG0138
 スオン

今日もまた、スマホに見知らぬ外国人から電話が入る。教室参加希望者だ。ここのところ実に多い。
ボランティア専用回線になりつつある。
スーパーで実家に持っていく”冷やしぜんざい”を買っているときに、いきなり英語でベラベラしゃべられても急に対応できないよ。
「仕事が7時頃に終わるから、7時半に行けるけどそれでいいか」
「悪いけど、そりゃあ遅すぎる」
土日が休みだと言うから、その見らぬ男に、家から近い土日にボランティアをしているNPOを探し出してやる。こんな調子だ。
IMG_0534
 もう少しゆっくり行こうよ。

明日は恐怖の歯医者、絶対明日で終わらせてやるぞ。
点滴があったら殺されてたかもしれない。まったく、ろくでもない病院ばかりだ。








こんな曇天の日はリルの散髪。
長毛のリルは夏が苦手なので、できるだけ産毛のようなアンダーコートを梳いてやる。一見すると大した変化はないが、小さな屑籠にびっしり刈り取った毛髪がたまるから、それなりに涼しくなってるはず。
今も私の横で気持ちよさそうに寝ている。
IMG_0500
 これは散髪前。

昨夜のボランティアでは、また新しくヴェトナムと中国の男女が新加入。
ヴェトナム人男性は研修生2年目、中国人の女性は3年在住でN-2を持っている。当たり前のように中国人は私が担当することになった。
今担当しているヘジンさんは、このままだと9月上旬にビザ切れとなる。8月は私たちも夏休みを取るから、実質的に7月で終了になる。これでやっと日本語上級者から解放されると思っていたんだが…
実際、上級者はかなり難しい質問をしてくるので対応に窮することがある。準備にかなり時間をかけなければいけない。ここにきて家庭事情が(ワールドカップも)その時間を大幅に削るので、寝不足気味だ。
IMG_0502 (2)2
 ワーキングホリデイの指定書

でも、昨日は嬉しいこともあった。
日本語ボランティア講座を受講している女性が、見学に来た。
先日の講座終了後に私が声をかけた女性で(別にナンパしてるわけじゃない)、30代(?)の彼女は英語と中国語ができる。今は私たちが利用している施設の近くで家庭教師の仕事をしているらしい。
講座はまだ3回残っているが、できたら毎週見学させてほしいと嬉しいことを言ってくれた。
こういうのは一歩踏み出す勇気が必要なんだよね。
2回の講習ですでに後退りしはじめている受講者が大半。そもそもまだ入門編なので、その講座を受けてすぐに活動ができるかと言うと、ちょっと無理。その長い道のりがようやく見えてきたというところ。好奇心だけでは続かない。

私自身は絶対「なる」という覚悟を決めて、最初の講座(30時間)を受けた。今にして思えばあの40代後半の、やたらと忙しい仕事を抱えていた時期によくぞあの夜間講座に出たものだと思う。
自分のサブライフワークはこれだと決めていた。
職場で出会った外国人二人、そしてハラ先生のパワーに後押しされた形だったが、その動機の大元の発端はランサム巡りの英国一人旅だった。
109コニストン近郊
 コニストン

あのバックパッカーだった頃、どれだけ英国人の思いやりと暖かさに触れたことか。毎日、毎日私は誰かに助けられていた。
「どうしたら彼らの親切に報いることができるのか」
通りすがりで、薄汚れた服を着て金のない東洋人を、どうして暖かく迎え入れ、別れ際に涙まで流してくれるのか。いつも私は考えていた。
でも、その当時は時間と金が限られていてなにもできなかった。その後も何度か英国へ行ったが、その都度倍返しでたくさんの思いやりと親切に出会った。それは”ランサム”という魔法の言葉によるところが大きいかもしれない。
で、私が日本から持って行ったわずかばかりの返礼品はいつも霞のごとく影が薄かった。

答えは、日本語ボランティアという存在を教えてくれたアメリカ人のロンとマシューによる。

「日本で困っている外国人を助ければいいんだよ」

なので、私は報恩のつもりでこの活動をしている。かなり時間が経ってしまったが…
IMG_0408

人材不足が懸念される平日夜の日本語教室なので、彼女が加入してくれるとありがたい。
今回の講座にあたっては、市や財団との打ち合わせで私が強く「休日か夜の講座にしてほしい」と要望した。
この10年ほど、入門講座は平日日中の開催。しかも講座回数が15回から5回にされた。これでは、受講者も専業主婦(夫)やリタイア組に限定されてしまう。国際協力や異文化交流に取り組みたいと思っているサラリーマンやOL、学生等は出たくても出られない状況だ。平日昼のボランティア団体の協力もとりつけて、日曜開催にこぎつけた。
市や財団の職員を休日出勤させるからには、なんらかの成果がないとこの入門講座自身が危うくなる。
なので、私は毎回講座に出、みどころのありそうな人たちに声をかけている。言わばスカウトに近い。
まあ、本音を言えば夜間講座にしてくれた方が良かったんだけどね。

さて、雨が降る前にリルと散歩するかな。



日本語能力試験の日。
ヘジンさんにとって日本で受ける最後の試験。昨夜も励ましのメールをしたが、なかなか決まらない求職活動で十分な勉強ができたとは言い難い。
英語検定と違って、外国人労働者を雇う、或いは大学等の留学を許可する前提となる試験だけに内外問わず受験者は多い。
勿論自国の韓国でも受けることは可能だが、彼女の1年間のワーキングホリデイの目標だから、すれすれでもいいから受かってほしいのだが…
横浜 路線図

 これ、よく使う教材。漢字は難しいよね。

試験後にメールが来る。
「...受験票を忘れてしまいました。でも、なんとか再発行してもらいました...」
えーっ!

普段物静かな彼女が、受付でパニックになっている姿が脳裏をよぎる。
また、それをきちんと伝えられた彼女の日本語にも拍手を送りたい。
が、気が動転して試験がうまくいかなかったかもしれないなあ。昨夜のメールで、受験票の確認をさせればよかった...試験結果は8月下旬にわかる。

そのメールの最後には、12月の試験では必ず受かってみせるようなことが書いてあった。
12月の試験の時にはもう日本にいない。
ワーキングホリデイは9月で終了する。これから何をどれくらい教えていけばいいのか?
次のボランティアでじっくり話を聞こう。

彼女が受験してる頃、私は日本語ボランティア講座のお手伝いをしていた。
先週とは別の”高齢化グループ”に回されたが、4人のグループなのに、一人だけまったく話し合いにも、実戦練習にも参加しないお爺さんが一人いた。
「形容詞を使った他者紹介ですから、まずは自分の事を紹介しないといけませんね」と振っても、首を横に振って拒否。
一体、この人は何のために来てるんだ?
そのグループでは完全にオミットされている。誰もその人に質問したり、話しかけたりしない。
私も何度となく話しかけたが、手を横に振って話しかけるなという体。厄介な人だなあ。
きっと家でも厄介な存在なんだろうなあと、つくづく感じるのであった。
IMG_0485

講座終了後に家内と待ち合わせて、某デパートへ。
数は少なくなったがお中元を買いに行く。
デパートの食堂街でお昼の和食を食べたが、やたらと高くてまずい。ただ、見栄えだけはいい。
こういうの「インスタ映え」って言うんだろうけど、この外面だけいいような傾向は好きじゃない。
私は絶対インスタグラムはやらない。

中元を買いに行くと、毎回顔見知りの販売員にやたらと試食させられる。
盆暮れ2回の買い物なのに、新人以外は私たちをよく覚えていて、絶対買わない酒類の販売員などはほとんど私たちを無視する。
毎回、家内の実家やサクランボ農家の友人には中華街の点心セットを贈るので、そこの販売員はシューマイだのあんまんなど、父なら1食分に相当する試食を強要してくる。
「ご飯食べたばかりなので」と言っても容赦ない。
ハム売り場では全種類食べさせられるが、一人一串のハムを一度に3本4本と持たされるから逃げようがない。で、いつもしょうがないから自分の家用に買っている。

なんだかお腹いっぱいになるが、いつもそのあとデパ地下に行って夕飯の買い物をする。
でもさすがに今日はまともな夕飯は食べたいという気にならなかったので素麺にしようと家内とコンセンサスを図る。
IMG_0486

でもなあ、歩き回ってるうちに何かと買い込んじゃうんだよなあ。

リルの散歩はとてもじゃないが日中は無理。
朝は家内、夜は私という担当で落ち着いている。
この日も留守番させられたリルだが、夕方帰った時にはエアコンの下で大の字になって熟睡してた。
家に帰るとエアコンを止める。
湿気が蘇って、夕飯の支度をし始める頃には汗ばむな。
で、食べれば食べたでまた暑い。
散歩の方が涼しいよなあ。
IMG_0488
 どうせ夜行性だしな。


このページのトップヘ