D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ボランティア

ワールドカップの初戦、コロンビア戦。2-1で勝利。
開始早々相手の信じられないハンドでPKをもらって、尚且つその選手はレッドカードで退場。
しかも前回大会得点王のハメス・ロドリゲスはベンチスタート。
これで負けがなくなったと誰もが信じただろう。まさか前半のうちに追いつかれるとは。
前回大会の同じ数的優位に立ちながら0-0で終わったギリシャ戦がちょっと脳裏をかすめたね。
なんとか勝てて、本当に良かった。

今日は台湾から遊びに来ている許さんとお昼を一緒に食べる。
海外旅行では時間がとても貴重なだけに、私と会おうとしてくれた許さんに感謝。
IMG_0417
 食事したところからの風景

日本語ボランティアしていると、情けないほど徒労感を味わったりするんだけれど、たまにこうして帰国してからも会いたいと言ってくれる生徒がいる。
こんな時かなあ、ああボランティアをやってて良かったと思うのは。
本当なら、夜まで一緒にいたかったけれど、今日は”母と過ごせば”の日。彼女もその辺の事情はよく理解してくれている。
食事だけの2時間半はそれでも日本語の誤りを訂正しつつ、ずっと話をしていた。
IMG_0420 (2)
 許さんのお土産。

和食が食べたいというので、金目鯛の煮付けや海老天などを食べさせたが、一箸ごとに思い出を刻むように食べていた彼女だった。そして、いろんなことを話した。近しい友達にしか話せないことまでじっくりと聞いた。
彼女は台湾でとあるメディアの記者をしているが、最近どうも行き詰っているようで、こんな短い時間にも拘わらず、後半は人生相談的な会話になってしまった。
でも彼女が時々涙を見せるのには参った。慌てもしたが、なにか、自分がとても信頼されているようでこそばゆかった。
「もっとたくさん日本語を勉強して、先生とたくさん話がしたいです」
そんな風に言ってくれる彼女だった。
明日帰る彼女に、なにも持たせず最後はいそいそと家に帰ることになり、なんとなく置き去りにしてしまったようで後ろめたい。可哀そうなことをした。
IMG_0418 (22)

今日から三日間、家内が仕事でいない。
バカ息子の食事も作らにゃならない。
実家に行く前に買い物をして、カレーを作る。明日はボランティアで作れないからだ。それにこれは実家分も含む。
ただ、ちょっと時間が無さ過ぎた。父はあまり辛いのが好きではないから2種類作らなければならない。
届けに行ったときには、父がもうデイサービスから帰ってきていた。
これじゃあ、”母と過ごせば”にならないじゃないの。
「あら、カレー作ってきてくれたの」と嬉しそうな母。
「いっぱい香辛料使ったからちょっと辛いかもしれない」
「昼にレトルトのカレー食べたんだよ」と、がっかりする父。こんな時は認知症の方が嬉しい。
「冷蔵庫に入れないで、薬と思って夕飯に食べてよー」

まあ、こんなもんだ。

長袖やカーディガンを引っ張り出してきて、この数日の”寒さ”をしのいでいる。
私は六月の雨が好きだ。(豪雨でなければだが)日中は長く、そして涼しい。なにより恵みの雨だ。
この季節、どれだけ降るかが夏の飲料水や農作物の収穫に影響する。言わば命の水。
よく外国人から日本は””rainy seazon”かと訊かれるが、私はあえて「梅雨」と言っている。似てるようでそのニュアンスが全然違うように思う。自然の恵みなのだと教えると皆納得する。
私の隣で異を唱える奴が一匹いるが…
タンとリル
 リルの友達、タン。

いつもこの時期はふらっと出かけるが、今年はいろんな制約が多くてなかなか出かけられない。
昨日、たまたま昼近くに父から電話で「午後は老人会のカラオケに行く」という連絡が入ったので、リルを連れてドライブ。もっと、早く言ってよ~
IMG_0385
 どこ行くの?

最初どこ行くあてもなく走っていたが、昼にラーメンを食べたところが町田辺りだったので、そのまま東名に乗って中井秦野インターまで。雨は小ぶりで時々止む。
ここまで来たら湘南の海を見ようと西湘バイパスまで南下し、結局すいすい熱海までくるとなんとなく伊豆に足を延ばしたくなった。
IMG_0386
 熱海

宇佐美、伊東を過ぎたら時々薄日が差す場所も出てきた。
最初はキョロキョロと左右の車窓を見ていたリルもいい加減飽きてきたようなので、誰も見向きもしない休憩所に停まってリルと散歩。
IMG_0387
 よく知らないところだよ。

結局いつもの帆走と同じく、時間でUターンすることにして15時まで南下した。
で、東伊豆までやってきてしまった。
IMG_0392
 ここどこ? 知らないよ。

戻りながら、ターホーの職場が近いことに気づいて大室山へ。
ホテルの前まで来て、この時間はチェックイン客で混みあうんだったと思い出し、邪魔しても悪いと会わずに帰る。
遠笠山道路から伊豆スカイラインに入ろうと登っていったらだんだん霧が深くなる。
IMG_0394

そのうち視界が5mもなくなったので、逆戻り。
こんな日は山は煙るんだったなあ。
元来た道をたどりながら、時々休憩。っていうか、リルの散歩。
IMG_0399
 おフネあるよ。

家に戻ったのは19時半。
それほど雨に濡れたわけじゃないけれど、いかんせん寒かった。それに腰が痛い。
まあ、気ままなドライブだから、何がどうしたというわけじゃない。気分の問題。
ヨットもそうだが、こういう狭い個室空間ほど何かを考えるには最適だ。


今日は「ボランティアに興味があるので参加したい」という女性からメールが入る。
高齢化が進む私たちNPOにとってもありがたい。
日本語教員免許はもちろん、その手の通信教育や講座は受けたこともないというから見学に来たら「無理」だと思うかもしれない。
日本語学習が私たちのボランティア団体のモットー、異文化交流や日本文化紹介のサロン的ボランティアとは趣旨が異なる。外国人と仲良くなりたいという感じではない。
その方は学生時代から国際交流やボランティアに興味があり、現在は多少の英語を使う仕事をしているという。
ボランティアにとって大事なのは資格じゃない。その熱意と誠実さだ。
「暇だから」とか「仕事を辞めたので」という方には、市や区が行っている入門講座を受けてからご連絡ください。と、やんわりご遠慮いただいている。6回ほどの入門講座を受けた人の大半は「無理」だと思うらしく、見学にも来ない。
私にも後継を育てなければという危機感はある。場合によっては外国人なみに教えなくてはならないだろう。でも、仕事をしながらでもボランティアをやりたいという彼女の熱意を買う。久しぶりの希望者だから大事にしていきたい。
__ (2)

併せて今日来日した台湾の許さんからメール。
19日(火)にお昼を一緒にすることになった。火曜は”母と過ごせば”の日、
せっかく台湾から遊びに来て私に会いたいと言ってくれる許さんには申し訳ないが、14時までならと条件を付けた。
で、エンドウやタニ公とはお預け状態。雨が続くのでリルも一緒。




GWにかけて中国に帰っていた宗さんだったが、帰国前に東京へ引っ越したのでもう来ないのではないかと思っていた。ただでさえ昨日は3月を思わせるような寒い日。韓国人のヘジンさんも体調を崩してしまって早々と欠席連絡が入る。
東京近郊に日本語教室というのはどこにでも存在するが、それぞれ特色があって一様ではない。
私たちの支援教室は横浜でも草分け的な存在で、きっちりとテキストを使って学習させる。
異文化交流に主軸をおいた日本文化を体現するような団体もあれば、外国人小中学生の学習支援や日本語能力試験の合格を目指すような本格的な教室もある。中には、サロンとして位置付けてフリートーキング主体でやっているところもある。従って、毎日のようにボランティア教室を渡り歩く外国人も多い。
CIMG05282

とりわけ、宗さんのように日本企業にヘッドハンティングされたご主人に随伴してきた方(その逆もある)は、本国の仕事を辞めてくるので半ば不本意だったりするから、積極的に日本を理解しようという気がない事が多い。まあ、日本人の海外派遣だって同じようなものだろう。
宗さんは中国で電子専門学校を出てIT関連のプログラミングをしていた。彼女はご主人の日本派遣を機に、日本語を覚え日本を理解し、自分のキャリアが伸ばせるように短期間でも日本のIT関連企業で働くことを望んだ。
と書くと、なんだかバリバリのキャリアウーマンみたいだけれど、小柄でしとやかで、奥ゆかしい。あれで和装させたら京都の老舗茶屋の若女将ってな感じだ。
その宗さんが教室へ来たのが終了30分前。紅潮してるところを見ると走ってきたのかもしれない。
「先生、働くところが決まって来れなくなります。ごめんなさい」
と、菓子折りを差し出される。
ゆっくり話を聞くと、
東京へ引っ越したのはご主人が会社を替えたからで、その(〇天ホールディングス)引き抜き採用に当たって人事担当が宗さんを契約社員として雇うことも可能だという条件を提示したらしい。国から戻った翌日には面接で、即日採用。
海老名にあるプリンタ工場のプログラミング作業だという。英語は必須だが日本語で作業することはないらしい。
外国では働く配偶者の一存で、本人の動静が決まってしまうことがある。衣食住や入管関係を含め、それに抗うことは難しい。本人の就労が認められていないからNOと言えば帰国せざるを得ない。ただ企業が、ある業種に限って雇用した場合にはその限りではない。
3週間前まではJLPTのN-3(日本語3級)を目指そうと話していた。その展開が急転した。東京へ移ってもこの教室だけには通いたいと言っていたから、とてもびっくりした。
今日はその報告のために、早めに仕事が終えさせてもらって海老名から駆け付けたのだった。なんと律義な事か。

30分弱の”最後の授業”は文法。私がリストアップした99項目の文法表現の3っつだけ。
途中から目に涙を溜め始めた宗さん、「これで終わります」と私が言った途端に一粒こぼれた。
「今の仕事が終わったら、またここに来ます」
うまく日本語で気持ちを伝えられない悔し涙なのか、私への気遣いなのか、夫に委ねられた自身の立場に対するジレンマからなのか、私にはその涙の意味が分からない。
ただ、彼女の訴えるような目には感謝の情が溢れているように思えた。
「再見!またいつでもいらっしゃい。日本語の勉強は続けてくださいね」
そういうと、彼女は精一杯の笑顔を見せて「はい。」と力強く応えた。
ある日突然訪れる”卒業”。一度別れたら二度と会うことはほぼない。これが日本語ボランティアの宿命だとは分かっているけれど、いつも心に残滓がこびりつく。
二人三脚で挑戦したN-3の合格通知を見たかった。そんなパートナーが急に消えてしまった。
それでも、彼女が自分の目標としていたキャリアアップに近づいたのだからいいじゃないか、と言い聞かせる。


てなわけで、昨夜はあまり熟睡できなかった。
朝止んだ雨も、昼頃また雷鳴が鳴り響きが激しく屋根を打ち始めた。それもほんのわずかな時間。
愚息に昼飯を作って学校へ行くのを見送ると、空には柔らかな光が差し始めた。親に似て雨男だ。
なにも考えなかった。5分で支度してリルとマリーナへ出かける。
出航2時半。おあつらえ向きの微風。
IMG_0093

心に漂う喪失感を吹き払う走り。
リルだけが私の淋しさを理解してくれる。今日はいつも以上に静かでおとなしい。
北東風に乗って東京湾のど真ん中に進んでいく。
後ろは見ない。
IMG_0095

海に出るのは久しぶりだ。
思い切り深呼吸する。なんでこんなに晴れたんだ。
また、誰かの夢のために伴走していこう。
リル、頑張るぞ! おーっ!

あてもなく漂う事3時間弱。
帰港すると日は傾き、茜が差し始めていた。
また明日、自分ができることを精一杯やろうと思うのだった。
IMG_0109

ああ、腰痛い。



昨日は市が主催する「日本語ボランティア入門講座」の内容について、元締めのNPOや市の職員、地区内の教室代表者からなる会合に出席した。まともな会議なんて本当に久しぶりで、私なんぞこの歳で新参者だからなるべく発言を控えようかと思ったのだが、まあ結果的にわが意を得たりという感じだった。
最近急激に外国人登録者が増えていて、私のような出不精でも毎日のように外国人を見かける。実際、人口の減少や、労働年齢が上がっているこの国ではどこかで外国人労働者の受け入れを認めざるを得なくなるだろう。
一方で難民の在留許可などは申請者の1%にも満たず、ドイツの40%、米国の60%に比べるとあまりにも少ない。許可申請をしてから最長5年も結果を待たされたら飢え死にしてしまう。観光ビザを乱発して不法滞在や不法就労を生む結果となっている現状もある。
”鎖国”に等しいような入管規制だが、かといって外国人労働者を受け入れる下地も作れていない状況があるわけで、表面上の「おもてなし」で飾っても不法滞在者は増えるばかりだ。
”壁”を作らなくても「海」というバリケードを張り巡らしている。

今日はその海に行ってきた。
私の目に映る外国船は唯一、日本が海外に開かれているんだと思えるものだ。
IMG_3325

今日は15℃を超え、暖かく風も穏やかな日だったが、昨日の会合のあとのボランティアと終わった後の中華屋さんでのおしゃべりと、オリンピック観戦の興奮が冷めやらずなかなか寝付けなかったから、どうも怠くていけない。首周りに妙な張りがあって少し痛い。
で、フネに乗れなくてもとにかくランチと日光浴ぐらいはと思って出かけたのだった。
IMG_6007
  おフネでごはんだよ~♪

マックのテイクアウトもなんだか久しぶりで、デッキにクッションを並べてボケーっとハンバーガーを食べていた、までは良かった。
こらえ性がないというか、後先考えずに行動するというか、
「まあ、機走ぐらいなら…」という愚かな考えが浮かびはじめ、先月風邪とインフルの合間に水遊びして症状を悪化させたことなどはケロリと忘れてエンジンを動かす。
IMG_6012

午後になって南東風は東風になっていたにも拘わらずだ。
それでも、最初の1時間は、キラキラとした海で波も少なめ。風も4m/sと手ごろだっただけに、ちょっと帆走を…などと考え始めた。まあ、さすがに体の怠さや睡眠不足が自重させた。
IMG_6015

ヨットもボートも数えるくらいしか出ていないし、降り注ぐ日光とスローなジャズはよく合う。
リルも楽しんでいるようだった。
IMG_6019

午後から出たのでそれほど時間があったわけではない。私としてはこの贅沢な時間と心地よい揺れと、暖かな陽光があればとても満足だ。
久しぶりのシーパラダイス。
こんなところでプカプカ浮いてるだけで満たされてしまうのである。
IMG_6024

が、3時近くになるとあれだけ晴れていた空に雲がかかりはじめ、気温が下降して北東風が吹き始めると海の様子が一変。
この冷たい風に誘われて三角波が大きくなり、帰りは風も8m/s以上になって白波が立つ。
うへー、またかよ。
IMG_6020
 水が飛んでくるよ。

最後はさんざん波にはたかれて、リルともども水濡れ。
それがまた冷たい!
帰港してもフネ洗いなし!

帆走しないでよかった。




明日が開幕のピョンチャン五輪だが、カーリングやジャンプといった予選は今日から始まっている。
何よりありがたいのが時差の関係。2年前のリオ五輪の時は日本では真夜中の競技観戦となって、すっかり昼夜逆転になってしまった。
スポーツは好きだ。選手がどうの日本がどうのという前に、なにより嘘もヤラセも仮想もない実競技だということ。作り物でも虚構でもない真剣なものであることの意味は今の時代とても意義があるような気がする。
ただねえ、私は寒いのが苦手。雪や氷の中を薄い競技スーツでやっている選手を見ただけで身震いしたりする。選手は動いているからいいけれど、その姿を見ている観客はすごく寒いんだろうなあと余計なことを考えてしまう。なので札幌も長野にも足が向かなかった。
HIMG0145

冬の韓国ソウルに行ったことがある。
夜の冷え込みは尋常ではなく、雪はそれほど降らないものの体の芯から凍えた。緯度的には福島県と変わらないけれどシベリアの冷たい寒気がダイレクトに街を包むから横浜生まれの私にはとてもじゃないが出歩けない。韓国の人たちが激辛のものを食べる理由がよく分かったという感じだった。
韓国はやっぱり秋がいい。

さてピョンチャン五輪だが、日本語をサポートしている私としてはもう”ピョンチャン”という表記で立ち止まってしまう。日本のメディアは”平昌五輪”と表記している方が多いように思う。
これ、とても複雑な問題。
先月まで担当していた韓国人ジャンさんに、日本漢字を教えるのにはずいぶん気を使った。彼女が日本語能力試験1級(N-1)に挑戦したいと言ったので漢字を教えてはいたけれど、それがすべての韓国人には当てはまらないのだということを知っていないといけない。

日韓併合時代に日本語教育を強いられた彼らは、戦後まもなく漢字廃止運動を起こす。あの時代、高等学校にあって漢文教育はほぼ必修。
かつて漢字文化圏だった韓国では、その言葉も日本語の音読み以上に影響を受けている。なのでハングルは音節表記で漢字一文字をハングル一文字で表すことができる。だから、漢字は不要だという論が成り立つ。ただ、三国時代等15世紀以前の歴史的書物はすべて漢字で書かれているわけでこれを全く無視することはできないし、自分の祖先や家系を表す名前も漢字表記だったために国論が二分。結局四半世紀を費やし国策として漢字廃止が宣言された。1970年以降に教育を受けた人たちは漢字を習ってない、はずだった。ところが、元々国論を二分していた漢字教育、その後世界を席巻した日本経済のバブル、その後の中国の目覚ましい経済発展などに圧される形で観光を中心に漢字復活論議が絶え間ない。実際、前パク・クネ大統領がそのまま政権を握っていたら、今年は小学校3年生から漢字教育が復活されるところだった。
ここまでもめると、安易に韓国人に漢字を教えられない。そもそも漢字廃止論は反日運動から起きたわけで、微妙な問題を含んでいる。復活論者も簡体字は認めても和製漢字はいかがなものかという意見だろう。
なので、「平昌五輪」にはちょっと違和感を持ってしまうわけだ。
尤も、最近では漢字復活論が優勢のようで、私立や特定地域では小学生の漢字学習がなされていると聞く。また中国簡体字では当然ながら”平昌”と書くから、中国人向けの案内としては間違ってはいない。
ちなみにソウルはソウルと表記する。ソウルに漢字はない。間違っても京城とか書かないようにしなくてはいけない。それは勝手に日本人がつけた当て字なのだ。
日本語を教えるといっても、それなりに準備が必要なわけね。

IMG_5970
 いつも”うるさい”って言われるけど…

本日は実家。お昼を食べても15分で何を食べたか忘れてしまう母に、食後すぐカレンダーに食べたおかずを書き込むようにと言ってきたけど、それももう忘れてるだろうな。
何を食べたか覚えてないから、いつも同じ食事だったりするわけで、父が「もうサンドイッチは食べたくない」と言っていた。毎週冷蔵庫の整理をしているけれど、いつも同じものが腐りかけている。

家に帰ってリルと散歩。そのあとリルの床屋。
IMG_5971
 ちゃんと静かにしてるよ。

切った細かな毛が鼻を刺激してクシャミ三昧。
もうクシャミは飽きたよ~

このページのトップヘ