D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ボランティア

今日が今年最後の日本語教室。明日から2週間の冬休みなる。
2年前まではこの時期に一人旅や家族旅行していたが、今年もそういう状況にはない。旅行どころかまともに帆走すらできないほど過密な日程になってしまっている。
たまには、ゆっくり温泉にでも浸かりたいなあ。
IMG_1376

まともに昼食を食べてない父に、今日はご注文を受けてホカ弁を買って持っていく。
母は電話口で唐揚げ弁当がいいなどと言うが、いざ持っていくと「そんなの聞いてない」の一点張りで、仕方なさそうに食べる。
せっかく買った加湿器は台所の流しの上にあり、電気コードが取り外されている。多分、電気ポットか何かだと思っているらしく、沸騰してくると電気を抜いてしまうのだ。コンロでお湯を沸かし、それを加湿器に入れている。
やっとガス会社の工事が終わって、立派なガスストーブが備え付けられていたが今日は気温が14℃もあり、大型ガスストーブが点いているとかえって暑い。暑いも寒いも感じなくなっているわけだ。即座に消す。
IMG_1389

母が失くした父の処方箋がやっと出てきたので、食後調剤薬局に赴くが、すでに有効期限が過ぎていた。処方箋を読むとどうやら抗菌目薬のようで、次回往診まで取り敢えず市販の目薬で我慢してもらうことにした。ものもらいがあるらしく、なにもしないよりはいいだろう。

私は隣接のスーパーで今夜の飲み物を買う。
普段は学習一辺倒の教室だが、毎年年の最後は授業後に茶話会を開く。
簡単なティーパーティだが、これで結構難しい。
いろんな国の人がいるから、茶菓子一つも気を遣う。宗教上ラードが入っていたり、アルコール分が入っていたりするものはダメ。怪しげなものは全く口にしない。飲み物も同じ、カフェインや人工甘味料が入っていたりすると手を付けない人もいる。ベジタリアンどころではない。
イスラム圏のハラルというのは”認可された”という意味で、ハラルのお墨付きがないと材料さえ買わないという人もいる。
欧米人では神経質なくらい人工調味料や薬品を気にする人が時々いたりする。
IMG_1259

かつては、それぞれの国の料理を持ち寄ったフェアウェルパーティーをしていた。
胡麻饅頭とか、エストニアのバクダンエッグ、タイのグリーンカレー、インドのサモサ、ナシゴレンやキムチまであった。私もよく家内にお稲荷さんを作ってもらったものだ。
区民祭ではブースを確保し、学習者有志によるフード提供を行っていた。
buriyani
それはそれで忙しかったけれど、とても楽しかった。売り上げは材料費と有志の手間賃、ブースの登録代でほとんど消えたけれど、赤字になることはなかった。
毎年、毎年我も我もとやりたがる学習者が多くて、くじ引きで出品料理を決めたほどで、それは何を隠そう学習者の大半が飲食店勤務だったからだ。
今来ている学習者に飲食関連の仕事をしている人はとんどいない。IT関連、留学生、化学プラントや翻訳といったむしろ米の炊き方さえわからぬ連中である。
CIMG0667
 不評だったブラジルのなんだらライス

教える側の高齢化に伴い、そういったイベントにはほとんど参加しなくなってしまった。
せいぜい外国人スピーチ大会くらいなものか。
先輩の意見を押し切って、せめて今日ぐらいは学習者と親交を深めたいと言い張ったので、「最後の30分だけ」というティーパーティーだ。

で、なんでこんな時間にブログを書いているかというと、私が担当する学習者が先ほど欠席連絡のメールをしてきたからで、帰国中の学習者もいて今日は私の授業なし!
実家や薬局から慌てて帰ってくればこの始末。まあ、これもボランティア。
喜んだのはリルだけ。
IMG_1490 (002)
 リルはパーティーに行けないよ。

じゃあ、いってきま~す。



半日かけて準備していっても、当の学習者が来ない時も多々ある。
ここのところ毎週のように新加入者が来ていたので、狭い教室は満杯状態。6人以上のグループにはしないことになっているから、グループ分けで
こちらに回されてくる者もいて、習得レベルの差が大きく開いたグループになってしまっている。
昨夜はむしろ、一人来ないで助かった。初級レベルの新入者に基礎部分を教えることができたからだ。
と言っても、その手の準備はしてこなかったら決して楽ではない。日本語教室というより英会話教室のようになっていた。
で、終わってからいつものように中華屋さんへ行く。
IMG_1317 (002)
 ワンシャンハオ、タンちゃん。小判ぶら下げてるね~

すっかりお腹が空いていたけれど、食事制限が出ている私にはなかなか食べるものがない。
卵とエビを抜いてもらった五目カタヤキを作ってもらう。三目カタヤキか。
サービスでワンタンスープや杏仁豆腐が出てくる。
IMG_1316 (002)
 しまった、豚肉が残ってた。

ご主人も、奥さんも私が蕁麻疹だという事を知っているから気を遣ってくれているのだが、牛肉や鶏肉は食べられるから”肉はいいんだ”と思っている節がある。今更言えないから、大丈夫だろうと腹いっぱい食べた。帰りは思い切り雨に降られてビショビショ。

で、案の定夜中にモゾモゾし始めて、真夜中に裸になってレスタミンコーワを塗りたくる。
そりゃあ、さすがに真夜中だと寒いし、クリームは冷たい。痒いっていうのは寝付けない。なかなか熟睡できぬまま朝になった。
今日はヤブ医者の日。
まずいよなあ、これ。
寝不足だし、まだ痒いし、今朝はどんよりと曇って雨が降りそうだ。
下手に食事すると厄介なことになりそうだから、今朝はパン抜き。まあ、薬飲むために食べたっていう感じ。
少し時間をおかないと薬効がないから、リルとふえーっ散歩する。
IMG_1315 (002)
 今日はお医者さんに行って、注射するんだよ。

毎年11月にはインフルエンザ予防接種をすることにしている。
ヤブ医者で問診票に記入し、体温を計る。
ちょっと微熱があるなあ。問診票のアレルギー項目をどうしようかと思ったが、正直に書く。だめなら来月打てばいい。
「蕁麻疹、治りませんねえ。おやおや、今日は熱もありますねえ。じゃあ、向こうの部屋で注射してください」
ってさあ、やめておきましょうとは言わないんだよ。
まあ、承諾欄に署名したから、あとは自己責任っていう事か。大丈夫か、あの医者。

やけのやんパチ、日焼けのなすび。調剤薬局回って帰るとすでに正午。朝飯分含めてサイゼリヤでバクバク食ってやった。で、そのあと雨に降られる。
家に帰るとハラ先生から奈良の漬物が届いていた。ありがたいことだ。
少し気持ちが和らぐ。
蕁麻疹の薬も底をついた。これじゃあ、またもらいに行かないといけないなあ。
気まぐれ蕁麻疹はだいたい、忙しい時が終わってから出るようになっているらしい。
分かったことは一つ。やっぱり、食事制限表をしっかり守らなくてはならないことだけ。
なんかかえってストレスたまるよなあ。
IMG_1319 (002)
 明日は晴れそうだな。

ターホーに電話。
最近はジムに通ってるらしい。ちょっとした変化だが、
「まあ適当に運動してサウナに入るだけだよ。あんまり早く帰ると女房が嫌な顔するから時間稼ぎする」って、放浪難民かよ。
家にいると煙たがられるリタイア組の悲壮感が漂っていた。
夕方もリルと散歩。
留守番が多いと不満を漏らすリルに、注射の痕の絆創膏を見せたら、逃げ出そうとした。
”注射”という言葉はタブーなんだ。右に同じ!


昨日、やっと船底塗装を終えた。
IMG_6119
 最後の一塗りはこうやって吊るされたまま。

月曜の時点でほとんど塗装作業は終わっていたので、昨日は鼻歌交じりでシャフトジンクを付けたり、養生テープをはがすだけだと気楽に考えていた。
仕事をやすんで来てくれる後輩エンドウのプロ並みのバフ掛けで仕上がるわけだ。
そんな気のゆるみもあってか、のっけから財布とスマホを家に忘れて、息子に金を借りる始末。
で、「適当にスマホで写真も撮ってくれよ」と頼む。

時間的に余裕があるからと、エンドウとは10時にマリーナで待ち合わせたが、約束の時間を過ぎても一向に姿を見せない。連絡が取れないからそのまま作業を続けた。
彼は私の部下だったが、無断遅刻の前科がある。
20分遅れてやってきた。
「すみません。つい寝坊しました」 って、どっかで聞いたことがあるな。
別に遅れようが、間に合おうが、本人の受け持ちを時間内にやってくれればいいわけで、わざわざ休みを取ってまで来てくれた事の方が大きい。
息子のハルの拭き掃除も丁度終わったところだから、タイミングとしてはグッド。
エンドウは前置きなしにバフ掛けに向かう。
まあ、あいつの場合、この”前置き”が長いんだよな。休憩や昼時を含めてほとんど仕事の話しかしない。そのほとんどが愚痴と不満だから、フンフンと聞いてるしかない。
だいたい、私は出てくる固有名詞のほとんどを忘れてしまっているから、彼が不満を述べている間中ずっと記憶の糸をたどっていたりする。まあ、中身がない話だから内容は頭に入らない。
IMG_6113

で、むしろ私が暇になってしまった。
授業のない息子や、休みを取ってくれエンドウをこき使って、自分だけのほほんとしているわけにはいかない。
一度諦めかけたティラーストッパーに再挑戦。
息子の助力を得、腰据えて根気と力で2時間かかって、とうとうティラーを外してストッパーを日のもとにさらした。
IMG_6116 (004)
 やった! でも腰痛い。

気が付けば正午を回っている。息子の小遣いでマックのランチ。(飽きた)
ここでたっぷりとエンドウの愚痴を聞かされる。まあ、これも仕事の一つ。
現役の頃、
「愚痴はいくらでも聞く、でも仕事はきっちりやってくれ」などと職場の連中に言ったものだから、その日からエンドウの愚痴を聞くのが日課になった。
愚痴のはけ口みたいなもんだ。

ティラーストッパーを外して、接着用のエポキシパテを使いボルト穴と摩耗したブロックを処理したが、今度は組み立てに時間がかかる。ティラーのボルトナット6本のうちの1本が、ネジ山がつぶれていたからだ。時間がないので他のボルトで代用。
結局私の作業が一番遅く下架時間を10分ほど待ってもらうことに。
IMG_6121
 ピッカピカ。エンドウの鏡面仕上げはいつも感心させられる。

久しぶりに着水して、水面に映る船体はキラキラしているので嬉しくなる。
エンドウを乗せ、自バースまでもどる数分で、その走りの滑らかさやティラーの軽さを感じ取ることができる。
そんな数分の移動なのに、エンドウは
「いやあ、非日常ですねえ」と感慨深い。
こんな時、彼が仕事に追われているんだなと実感する。
IMG_6130

エンドウとゆっくりしてる時間はない。
すぐに分かれて家に帰ると、忘れたきたスマホにいくつかの着信。
やっぱり入室希望の外国人からのメールと電話が入っていた。
また新しいベトナム人実習生を迎えることになる。

と、メールの返信をしていたら今度はケアマネから電話。父が下痢になったとのこと。
もうちょっと行かないとなにか起きるね。冷蔵庫の腐ったものでも食べさせられたか?
今日は実家に行ってる時間がない。在宅医療の先生に電話。

取り敢えずシャワーをし、留守番リルの散歩を息子に任せ、あとは印刷するだけになっている今日の資料をプリンタでアウトプット…が、青インクが出てこない。
インク残量は半分あるが、シアンだけが出ない。ノズルチェックしてもクリーニングしてもダメ。
ゲッ、もう時間がないよ~ 半ばパニック。
今日の学習項目は「電車やバスに乗る」で、横浜の色分けされた路線図がどうしても必要。
最後はあきらめて、なんだか暖かそうな色の路線図の上から色鉛筆で上塗り。船底塗装かよ。
トラブル多く、時間に迫られた一日だった。

今日はこれから業者が来て、家の雨樋クリーニングをすることになっている。終わったら実家だな。
床屋に行きたいよ~



現在国会で外国人労働者の受け入れ拡大が論議されている。
少子高齢化で人口減少が進む中、これまで通りの労働を確保しようとするなら定年延長や女性の活躍で補うほかはないが、それも小手先の場当たり的な施策にすぎない。10年先には行き詰る。すでに団塊の世代は70代、定年延長を続けられるような状況にない。
AIを活用してロボット化を進めるには莫大な投資が必要になる。大学の研究費でさえ満足に補助できない状況で民間に丸投げしても、利益が見込めない設備投資を積極的に受け入れる企業は少ないだろう。外部人材活用はどうしても必要だ。
とはいえ、単に数合わせで外国人労働者を増やせばいいと言うわけではない。給与含めてその受け入れが整わなければ不法就労を生むばかりだ。
先進国の多くは難民、移民を含めて経済発展途上国の外国人就労に頼っている。「壁を作る」などと言っている国は少ない。今や世界中で外国人労働者の獲得が喫緊の課題となる中、”5年の実習”とか”家族帯同なし”などという条件を付していると、枠を広げても見合った数の外国人が集まらない気がする。
発展途上国がいつまでも発展途上ではない。
日本に移住してくる外国人の受け入れ態勢がきちんと定まらないまま、取って付けたような外国人労働者枠の拡大が決まれば、各自治体や財団法人に丸投げされそうだ。実際、現在でも各省が外国人就労についてはバラバラな動きをしている。
自治体でも細部の検討はなされないで、結局はNPOやボランティア団体頼みとなるだろう。
IMG_1206
 雨降るよ、きっと。

夏の入門講座を経て何年ぶりかで来た二人の新人、一人は早々に離脱。もう一人もすでに2か月欠席状態。その欠席登録者からまたメール。
「今年いっぱい休ませてください」
ってさあ、登録後に来たのは2回だけだよ。本当にやる気あるのかな。平日の夜がダメなら週末開催の教室に行ってくれた方がずっと役に立つんだけどなあ。

日本語教室もまた高齢化が進んでいる。どの教室でも後継者が育たないとこぼしている。
災害発生地のボランティアもまた同じ。一度や二度の体験ボランティアで来るには来るが長続きしない。発災から半年もするとボランティアが激減する。まあ、それでも誰も来ないよりはいいのだろう。
東京五輪のボランティアも全然目標数に達していない。最近では、在留外国人にまで募集案内を出している。
その一方で、リタイア組の人たちが行き場をなくして図書館やゲームセンターでウロウロしてる。何をしていいか分からないとまで言う。

「どうしたんだ、日本」
これは渋谷の変体仮装集団の乱痴気騒ぎを見てSNSに投稿した外国人の言葉。
”オ・モ・テ・ナ・シ”なんてとっくに忘れたか。
IMG_1207
 
今日はほとんど終日雨。
午前中リルの散歩に出かけられてよかった。
午後から実家。情けなくも認知症が進んだ母を相手にすると、とても疲れる。
でも、痒みが引いてきたのはいい兆しだな。



きちんと日本語を教えることで定評のある日本語ボランティア教室だが、最近ベテランの方が休む率が高くなってきた。
勿論、家庭事情やご病気でのことだからそれはお互い様。
別教室に応援を頼むも、どこでも人手不足の状況は変わらない。そこではたと見回すと新人しかいないことに気づく。
夏休みをはさんで2か月以上は在籍しているが、到底教えられる状況にはないから、こちらが授業プランを作成し、資料も用意する。それも結構な負担になるから、今週は電話で先週のプランに沿って似たようなものを作ってくださいとお願いした。
この”お任せ”が良くなかった。私だって丸一日かかるのだから、彼女が今週のほとんどをそれに費やしてしまったらしく、元々の本業に加えてかなり無理をしたらしい。
今朝早くに、負担が大きいので辞めたいとメールが来た。
CIMG0662

慰留に努めたが、名前の呼び方がどうとか、最初の話と違うとかで、その決断は変わらない。
あれだけ熱意があって、授業できることを喜んでいて「機会を与えてくれたことに感謝します」などと言っていたのになあ。よくわからん。
まあ、確かに最初は誰かとペアを組んで進め方を覚えた方がいいと言ったのは私なんだが...
上級者クラスはほとんど日常会話ができる人たちだし、彼女自身、家庭教師をしているし、日中友好協会で中国人のこどもと日本語遊びなどをしているわけで、それほど難しくはないだろうと思った私がバカだった。
別に給料払っているわけでも、強制力があるわけでもなく、こうなると去るものは追わずだ。
先週遅れてきたOLも仕事が忙しいから今月いっぱい休みたいと言って今週は来なかった。同期で入った彼女が辞めたと聞いたら、それに続きそうだなあ。
やっぱりちょこちょこっと入門講座受けたくらいでは無理があるよなあ。これからじっくりと養成しようという矢先だっただけにショック。
FullSizeRender (19)

高齢化してきた教室の明日を担う若い人を入会させることが今年の課題だったけど、入会させた後の対応に苦慮したわけで、私にそこまでの力量がなかったということか。
なんだかそれも面倒くさくなってきた。

元々2年前に二人の大ベテランが高齢を理由にお辞めになった際、夜の部は終わりにして昼間教室一本で行くことが決まりそうだったところを、私が待ったをかけた。
働く外国人や留学生が多くなってきた昨今、昼間部だけではそのニーズを受け止められないと夜間部を残す意義を話して教室廃止をストップさせた。で、結果的に言い出しっぺの私が運営を任されたわけだ。
CIMG0654

ところがこの辺りから母の認知症が一段と加速して、私自身が続けられるかどうかの問題が突き付けられた。父が先に逝ったら、私が実家で在宅介護をしなければならない。夕飯の用意はどうする?薬はどうする?風呂も沸かせない母に寄り添うのはけっこうきつい。そんな状況を思い浮かべると、日本語教室ボランティアを続けることは難しい。だから、後継探しに奔走してきた。
いまの「しっかり教える」というやり方では経験と知識が必須。でも、たかだか10時間程度の入門講座では教えろと言う方が無理。異文化交流に軸足をおいて「楽しく学ぶ」に方向転換しないとだめかな?

最近はセーリングどころかマリーナさえご無沙汰してる。
極楽とんぼ生活は消えたな。
PA070735
 ちゃんと遊んでよ。


このページのトップヘ