D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: リル

やたらとしつこい風邪もなんとかクリアできそうだ。
まだちょっと本調子ではないけれど、水曜日までには完璧に元に戻さないと。
海から遠ざかった生活が当たり前になると、毎日が面白くないな。いつかは降りなきゃいけないヨット生活だけに、そうなった日の事を考えるとぞっとする。当初3年間で始めただけに、次のプランを実行する前段と捉えよう。
まあ、寒いのも苦手だし人混みも好きじゃないからこれも天の啓示。
IMG_5261

本日は成人式。息子は昼近くになって横浜アリーナへ出かけた。なんだかんだと言っても横浜は人口が多いから午前と午後の部の2回になるらしい。
日ごろの行いが悪く、人に風邪をうつすやつだけに出て行って間もなく小雨が降りだした。あいつも雨男の血筋を引いている。

二十歳の誕生日に何をしていたかは全く覚えてないが、成人式の日はちゃんと記憶に残っている。
伊勢佐木町商店街がアーケードだった頃のことだ。歩いて横浜文化体育館に行った。
父が買ってくれたスリーピースとトレンチコートを着て、しっかり煙草をくわえてたっけ。これでボルサリーノ帽でも被れば、アラン・ドロンみたいに見えるかな?などと思ったりしたもんだ。
家を出て10分もしないうちに小学校の同級生に出会った。
ベレー帽をかぶってシックなドレスに厚地のコートを羽織った彼女とは8年ぶりだったが、その背の高さやショートカットの髪や、西洋人っぽい美形の顔立ちから遠目からでもすぐ誰だかわかった。
当時も女子はほとんど晴れ着を身に着け、やたらと化粧し、慣れない足取りながらもツンとすまして無理やり大人を装っていた。その分、彼女はとても個性的でよく目立った。
彼女はたくさん話しかけてきたが、私は女性と話すのが得意ではないのでボソボソと応えた。当時、三船敏郎が「男は黙って、サッポロービール」なんていうCMのセリフに頷いていた私だった。
彼女と連れ合うようにして朝の伊勢佐木町をずっと一緒に歩いていた。一見、ギャングと情婦のような感じに見えるかな?と思ったりして、ああ、やっぱり帽子がなくて良かったと考えていた。
と、成人式とはまったく関係ないことまでしっかり覚えているわけだ。
IMG_5805 (2)
 なんじゃ、そりゃ?

昨日の午後からリルと散歩に行っている。いつもは大したことないコンビニからの坂道に汗びっしょりかいて、まったく体力がなくなっていることに気づく。
まあ、三日もゴロゴロしてればそうなるな。私がゴロゴロしてるとリルもゴロゴロ。粗大ごみ二つ。
私の普段の生活は、いつだってリルと一緒だから長散歩に出るためにも早く体力を回復しなくてはいけない。
と思って、小やみになった今日の午後も散歩に出かける。
が、血筋は争えない。ものの10分でまた雨が降り出し、近くの建物の軒先で雨宿り。
IMG_5806
 だんだん強くなってきたよ~

リルは雨が嫌い。傘もカッパも持ってない。
なかなか止まないので、仕方なく走って帰宅。これがカウンターパンチ。
病み上がりで走ってはいけない。
IMG_58001
 おうちに帰りたいよ~

やっぱり炬燵に入っておとなしくしてようっと。









昨日もよく晴れた暖かい日だった。
ヤブ医者に行く日はいつもそうだ。こんな時は恨めしい。
インフルエンザ予防接種をしてもらう。リルもかかりつけのお医者さんで混合ワクチンの接種。だから昨日は仲良くワクチン注射。
主人に似て、リルも注射が大嫌い。動物病院に行くと分かると重石のように動かない。
IMG_5525
  え、注射するの?
リルの注射は予約だが、私は別に予約したわけじゃない。
まあ、同じ苦しみを分かち合うと言ったところか。激しい運動はするなと言われるから、二人ともおとなしくしているほかはない。
IMG_5503
それでも憎らしいほどよく晴れているので、実家の食料を買い出しに行って届けたり、ガソリンスタンドで冬用タイヤを付け替えたり、電気量販店で加湿器を買ったりして気を紛らわす。

で、今日もまた抜けるような秋空で16℃にもなる。しかも微風。まだ天に見離されてはいないな。
リルと早速にオニギリ買ってマリーナへ。
そろそろヨットのシーズンも終わりが近い。11月最後の週末だからたくさん出ているだろうと思ったら案の定だった。
IMG_5520
  久しぶりに富士山。

八景島沖ではクルーザーのレースもやっているし、学生ヨットもたくさん出ている。賑やかな海も久しぶりだ。が、おもいきり微風で風が東から南東、北東と振れ回る。レースは大荒れだろうなあ。
風に合わせてクローズを楽しんでいると90度も回ってしまう。うっかりすると木更津に向かっている。こうなりゃ適当。針路は南で適当にトリム。
IMG_5518
暖かいし、微風で波もなし。のどかに秋の空を楽しむ。
どこに行こうとか早く走らせようなどとはつゆも思わない。リルが居眠りしている顔を見ながら波切音を聞く。
2時間漂ってオニギリの昼飯。こんな時はリルも嬉しそうだ。
昼凪で風がクルクル回りだしたので、帰りは機帆走。
バッテリーがちょっと力ない。2番のハウス用はそろそろ替え時かもしれない。
IMG_5523
 サンフラワー号のドック入り。

静かな昼下がりとでもいうのだろうか、釣漁船は出ているが本船はほとんど往来がなく、モータークルーザーも滅多に通らない。ヨットはたくさん出ているのだが10mも離れれば無音に近い。
膝に乗ってきたリルの頭を撫でながら贅沢な時間を過ごせた。

早めに帰港してゲートを出ると、ハーバー課長がいたので先日の浸水ヨットの話を聞いてみた。
原因はP.S.Sグランドパッキン。
船内機はその動力をシャフトを通してペラを回すようになっている。つまり船底を貫通している穴がある訳だ。当然、船内に水が入らないようにグランドパッキンで水止めをする。
最近はP.S.S(パックレスシーリングシステム)というジャバラのようなゴムがついたグランドパッキンが主流。
CIMG41682
これでエンジンからのシャフトと船底貫通部から延びるスタンチューブを合体させ、水の侵入を防ぐ。
かつてのグランドパッキンから比べれば優秀なシステムだが、それでもOリングのような消耗品はあるし、振動で締め付けナットが緩むこともある。シャフトシールが原因だったとは。
ハーバー課長によると、船底塗装の高圧洗浄でスタンチューブに注水してしまうと、逃げ場がなくなった高圧水がジャバラを切ってしまうこともあるそうな。
浸水艇はここの亀裂が原因。係留時に点検できないから、次回上架した時にでも点検してみよう。自慢じゃないが未だ開けて見たことがない。
沈むのは嫌だよなあ。
IMG_5524
 散歩してかないの?


ちょうど去年の今頃、膝の痛みに襲われて整骨院やら整形外科に行ったりしていた。
夏ごろからひどい痛みはなくなって7月には整骨院を卒業し、ここまで割と順調に来ていたが、一昨日からまた痛み始めた。
どうも気温12℃が境界線のトリガーのようになって始まるらしい。しょうがない、冬場は動くなという啓示だと思って付き合っていくしかない。
で、我が家は一気に暖房態勢に入った。まあ冬眠態勢ともいう。
ついでに、フネにも暖房機を持ちいれた。
IMG_5499
  走っているときには使えない。

これから寒さに耐える帆走になる。冷たい北寄りの風は体感温度をぐっと下げるから、ゴワゴワの防寒着で乗るのだが、陽が差さない日はテンションが下がる。バタバタ動くと膝に来る。
なので、晴れた日にコーキングやメンテナンスを中心にマリーナ通いになる。まあ、軟弱な訳だ。
IMG_5495
  オーニングも立派な風よけになる。

横浜は意外と温暖なので、街中ではあまり風を感じることはない。
それでも、やっぱり日差しは欲しい。つまり1年中お天道様と行動を共にしてないと枯れてしまうわけだ。それに、もう蛍光灯の下でチマチマした数字を見るのはまっぴらごめんだしね。
IMG_5501 (2)
  日暮れは寂しいねえ。

今朝も昨夜からの雨が残り、リルがつまらなさそうにしていた。こういうのが一番切ない。
が、昼前には雨も上がって気温も久々の15℃越え。ってことは膝も大丈夫。風はビュンビュンだが、リルの散歩には絶好の天気。覚悟を決めてロング散歩。
IMG_5506
 舌を抜かれないように…

今日は祝日だから、街には人が溢れている。その分、商店街はこの時とばかりに掛け声にも張りが出て出血大サービス。しかも昼飯時と来た。
ここぞとばかりに焼き鳥や蒲焼の煙を漂わせ、匂いで集客してくる。
リルはもうキョロキョロのヒクヒク。主人の顔など見もしない。
IMG_5509
 おまえ、こっち見てないぞ。

食欲の秋だから、昼をとっくに過ぎた私の胃時計もグーグー鳴ってる。
こんな時はリルと一緒だと自分が食べたいと思った店には入れないから、一人の方がいいと思うんだが、一日二食のリルにとってはそれも残酷。
で、いつもの通り何かを買ってどこかのベンチでリルと一緒に食べることになる。
「ハンバーガー好きなんですね」と言われたことがあるが、あんなものは好きじゃない。そこしか入れないから食べてるようなもので、好んで食べるような代物ではない。まだ、たまに食べるフィッシュアンドチップスの方がましだ。
IMG_5500
  鼻が近いぞ!

リルと一緒だと電車にもバスにも乗れないし、食事もまともなものが取れない。温泉旅行にも行けないし、美術館も映画館にも行かれない。これが不便だと思って、先代コニーはよくペットホテルに泊まらされた。息子が小さかったせいもある。人並みにTDLにも連れて行ったし、年に3回は海外旅行もしてた。犬と幼児が一緒に泊れるところは本当に少なかった。
だが、コニーはその頃檻に入れられ、いつ帰るとも分からない主人たちを一日千秋の思いで待っていたわけだ。
「コニーちゃん、とってもおりこうさんでしたよ」
毎回そんな風に言われて、さすがはコニーとちょっと誇らしい気持ちにもなったものだ。そうやって、いつも自分たちの楽しみを優先させてきた。

リルにはそんな思いをさせたくない。
甘えん坊のリルだから、とてもじゃないがホテルに置き去りにはできない。
家人がいれば出かけられるが、誰もいなければせいぜい半日ゆっくり昼寝をさせてやるくらいだ。それもせいぜい週に1度あるかないか。
不便といえば不便だが、それが普通の生活になる。いや不便だとはあまり思わなくなったな。
リルと一緒にいる方が幸せだと感じることの方が多い。
リルとお日様浴びながら食べるおにぎりやパンはとっても美味しいものなあ。

今日もモスバーガーをテラス席で食べ、ベンチで今川焼。
でも、いっぱい散歩したよな。
帰る途中、新しいテイクアウトの店を発見。
IMG_5510

次はここだな。

ここのところ雨ばかりで、しかも寒い。最高気温が14℃などと言ってる。例年、横浜でこの気温だと12月初旬。秋がないまま冬になりそうだ。
さすがにストーブやホットカーペットなどの暖房器具を取り出した。中でも炬燵はリルのお気に入り。
IMG_5105

私が座っている横から、隙間を見つけては中に潜り込んでじっと息をひそめているが、そのうち息苦しくなって外に出てくる。
リルは炬燵で丸くなる。
IMG_5106 (2)

こうやってグータラしてると、リルを何とかして外に連れてってあげたくなるのだが、リルはなにしろ雨が嫌い。毎日、外を眺めては「郵便が来た」とか「野良猫が通った」などとギャンギャン吠えるのみ。なんだかそれはストレス発散でもあるようだ。
寒いから窓を閉めている。そうすると、霧雨ぐらいだと雨音も聞こえなくなる。そして、グータラしてる私の体によじ登っては「遊ぼうよ。雨やんだよ」とせっついてくる。
IMG_5103

こういう時は吠えたりせず、私の目にねだり顔で視線を合わせて沈黙の要求に及ぶ。
で、仕方なくレインコートを着せ始めるが、これを着る時は雨だと認識してるので急に元気がなくなる。というか、情けない顔をする。
IMG_5110

こうやって近くの中華屋さんまで散歩に行き、私が食事してる間レインコートを脱がせ、店の”招き犬”となる。店の人がリルを気に入ってくれてるからいいようなものの、犬嫌いの人は絶対に寄りつかないだろう。
IMG_5098

それでも今日は午後から雨が上がった。日照までは望めなかったが、午後から長い散歩に出かける。
丘を下ってせっかく長く散歩してやってるのに、リルはあまり嬉しそうじゃない。
どうやら、道路に残る雨水が気になるらしい。
IMG_5114 (2)

オマエさあ、先祖は英国なんだから曇り空の時ぐらい喜べよ。

駅近くのお寺さんに行くけば砂利が敷かれてあるから、少しは乾いているだろうと、ここのところご無沙汰の観音様のご尊顔を拝しに行く。
IMG_5113 (2)
    なに硬直してるんだよ。

そう言えば、小さい頃「あんまり吠えると閻魔様に舌を抜かれるぞ」などと脅したものだから、リルはここのお寺があまり好きじゃなかった。
で、結局家に帰ってきてボール遊びなどをしてる。この時が一番楽しそうだ。
こちらとしては長い散歩と坂歩きで少し休みたいのだが、家に帰るやいなや「投げろ」とばかりにお気に入りの人形を持ってくる。仕方ないのでリルと小半時遊んでやると、満足して炬燵に潜り込む。
私は全然休まらない。

一昨夜はセ・リーグのクライマックスシリーズで、田んぼと化した甲子園でベイスターズが阪神に快勝したが、あんな中負けた方は疲れも倍加するし、ショックも大きいだろう。
リルも雨中の散歩だと、タイガースファン並みに何もしたくなくなる。
表情が豊かなリルは物言わずともしょげ返るのが分かる。
で、今日もベイスターズが勝って、ファイナルステージ進出。やったあ!
台湾に帰ったベイスターズファンの許さんに、メールで一報を送る。
この数日、何が慰めになったかって、このCSを見てギャアギャア家内と喚いていたことほど鬱憤を晴らすものはなかった。
私たちがオーっとか、ダメだこりゃ!などと言う度にリルは惰眠から起こされ、寝ぼけてギャンギャン吠えていた。

明日は雨が降らないようだ。ボランティア前にリルとたくさん遊んでやろう。
え?ヨット? そんなもん乗る暇ないよ。


2017.9.3 晴れ時々曇り 27℃
台風15号はほとんど無関係に通り過ぎていった。
天気予報が当たらないのは、異常気象で過去のデータが使い物にならないからだろうか。
この夏を通して海水温がとても高かったように思うし、台風の発生域がマリアナ諸島近辺から北上しているようにも思える。
昨日は母の通院日と言うこともあり、また家族で車のワックス洗車をしたということもあって、リルはあまり運動がなかった。
人も犬も歩かないと老化するな。なので、今日はリルデー。
息子が実家に薬を届ける日曜日、8月はぐずついた日が多かった。
午前中はたっぷり往復6kmほど歩いて実家へ行き、午後から一応台風対策してきたマリーナへ様子見に行った。

IMG_4800
  晴れたよ。

ビルジの問題もなく、とりわけて強風だったわけでもなく、Jollyhot も変わらず浮いていた。
陸はさした風ではなかったが、マリーナでは強風注意の黄旗が上がっている。

それでも、台風や雨で週末を見送った皆さんがたくさん来ていて、中には”宴会場”と化してるような酔いどれ船もある。
これからヨットはオンシーズン。来週のタモリカップを初めとして毎週のようにヨットレースが組まれる。

今日も練習に勤しむフネや、草レースを楽しむフネがたくさん出ていた。
ミス・リーのお知らせによると、「鬼号」も上架して船底をツルツルにしたらしい。この時期の平日はやたらとヤードも混み合う。

私はもうレースなんぞやりたくもないし、第一クルーはリルしかいないので全然興味ない。
泊りがけのクルージングはリルには無理。
リルとJollyhot は一体だからね。せいぜいデイセーリングが身の丈というところ。
最近はそのセーリングさえいい加減だからなあ。

で、
小さなロバ
の様子を見るため機走で出港。
fall
  
水飛んでくるよ。

なるほど多少南西風が強い。が、順風に毛が生えた程度。先日の花火大会に比べたらどうってことない。
いつの間にか、海も秋色。
秋雲や水の色が夏は終わったと告げている。
IMG_4805 (2)

エンジンは快調だし、今日はオートパイロットをつけてきたのでユラユラと巡航。
やっぱり、海はいいねえ。
たまにサンデーセーラーが危なっかしい操船をしてるから、見かけないフネの側には近寄らないことにしてる。まあ、そんなフネに限ってゲストをごっそり乗せてたりする。

IMG_4802
3時を過ぎると、陽も柔らかい。
秋の日のヴィオロンの溜息の…じゃないがちょいとバイオリンソナタでも聞いてみたくなる。
Bluetoothのスピーカー、こんな時に重宝するね。
てな感じでフラフラしてると、リルはだんだん眠くなる。
IMG_4804
今日は一杯散歩したからね。このユラユラがいいんだろうねえ。

小学校の時、給食時間に流されていた「トロイメライ」。1年中トロイメライを聞かされていたので、私もこの曲を聞くと腹が満たされた瞼が重くなってくる。パブロフの犬だな。
それだけ睡眠導入効果抜群なのである。
おっと、こんなのを聞いてちゃいかん。


眠くなりそうなのでマリーナへ引き返す。
月照号のバースを覗いてみると、ウォーカー大佐が引き揚げ準備をしていた。今日は一人だったらしい。
陽が傾くのも早くなった。それに涼しさが付随する。
こうやってボケーっとする時間も大切だよなあ。こんなんで結構満足する近頃である。






このページのトップヘ