D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 友達

巡察師ヴァリニャーノというイエズス会神父をご存じだろうか。
戦国時代の宣教活動をその名の通り巡視して管区長やローマに報告し、自らも布教努力と改善に努めたパードレのマスターである。波乱に満ちた生涯はともかく、インドから中国、日本に至るまでの広大な版図を巡りまわって三度来日し、時の権力者である信長や秀吉に謁見しているイタリア人で、天正少年使節の企画立案も行っている。
IMG_1674
 そんなの知らないよ。

いつか来るだろうと思っていた日本語ボランティアの巡察師が、昨日唐突にやってきた。
といっても女性二人だが、始業前に台湾の実習生二人とグループ分けの机移動してる時だった。
「先生、また新しい人来たよ」
えーっ!もう定員オーバーだよ~
まあ、確かに一人は市の中国人通訳だから台湾の彼等には日本人と違うとすぐわかるわけで…私もよく知っているのでホッとした。
もう一人が行政書士の日本語コーディネーターで、元締めの国際なんだら協会の人。この方もよく会合で見る。
要は、協会の指針に沿っているかを確認するためだが、運営状況の把握や学習者の国別統計などをして、それをもって国や市に予算要求する。
20分ほど現状の説明と問題点を示し、あとは研究授業のごとくオブザーバーとなって巡視していた。
その後のミーティングにも参加して、改善点を指摘して帰って行った。
日本語ボランティアの流れとしては、異文化コミュニケーションを主体にした「共生」という姿勢が求められている。昼間の教室は体験学習や異文化理解が中心で、日本語を教えているというより日本の生活や風習を理解させることに重点が置かれる。
防災訓練や消防署見学、清掃事務所によるゴミ出しの説明など、コーディネーターが用意する各国語のリーフレットで理解させる。
それが大事なのは百も承知。私たちだってたまに取り上げる。でも、日本語をきちんと学ばずして日本社会の中で生きていくのは難しい。自分が逆の立場ならわかるだろう。
昼間は専業主婦が多く、小中学生も放課後に参加することを学校が推奨している。
でも、挨拶一つ、ひらがな一つできないのに地域共生もへったくれもあるか。学校だっていつまでたっても天井を見上げているしかない外国人児童生徒に困っているはずだ。
IMG_0809 (2)
 教室のある建物

昼と夜では学習者層が違う。
夜間は皆何かしらの仕事や学業を持った人たちで、そのほとんどが高学歴だ。
彼らは日本をよく理解しているし、自らのキャリアップのために日本語を勉強したいと思ってやってくる。
日本語学校に通いながら勉強がまだ不十分だと思ってやってくる学生や、実社会の中で日本語の必要性を感じて通ってくるホワイトカラー、ワーキングホリデーでアルバイトしながら自らの趣向のために日本語を磨こうとする若者たち、日本語能力試験に挑戦して母国に帰ってからの日系企業入りを目指す大学院生等々。
彼らは日本に定住することはあっても、永住などは考えていない。それでも日本が好きだから自分の意思でやってくる。
先般国会決議された外国人受け入れ法案。現場整備が論議されないなかでの外国人労働者の受け入れは、見切り発車どころではない。そのしわ寄せは各都道府県に丸投げされる。新たな人員を配置して専門窓口を設けても行政は仕分けと金勘定するだけだ。仕分け先のほとんどが財団法人や第3セクターで、結局はボランティアにお鉢が回る。
特1から特2の間に日本語能力試験の合格条件をいれたことで、街のボランティアに余計な負担が回ってくる。うちの現状ではそれに対応できない。
それどころか、夜に消防署や清掃事務所の人なんて来てくれないよなあ。
だいたい、なんで防災訓練は昼間ばかりやるんだ?夜だって地震は来るだろう?

各地に日本語教室ができたのも日本が技能研修制度から技能実習制度に移行し在留期間が3年となった1997年からで、アジア通貨危機の真っただ中。どっと外国人が流れ込んだ。行政が対応しきれなかったのを元締めのような国際なんだら協会が引き受けた。
協会がやったのは街のボランティア教室を開くための人材作りだった。私はその当時の最後のボランティア。ラストボランティアだ。
あの時と同じで、過酷な労働条件で仕事をしている技能実習生に、誰がちゃんとした日本語を教えるというのだ。日本語を勉強しなければ試験問題さえ読めないじゃないか。
彼らには国にいる家族の生活がかかっている。
ここにきて毎週のように参加を希望する学習者がいるという実態を、昼間のオフィス勤務しかしない巡察師殿はいったいどうとらえたのだろうか。
皆が楽しそうに勉強している姿や、学習そこそこに生活お悩み相談になってしまっているグループ、始業30分前に来て予習している姿を見て巡察師殿はどう思ったのだろうか。

カソリック布教に生涯を賭したヴァリニャーノ神父はローマ教会の正当性を押し付ける布教ではなく、その土地土地に応じた価値観を受け入れる適応主義に布教の主体を変えた。宣教師には中国語や日本語を積極的に学ばせて信者を確実にまた爆発的に増やした。
私たちも目の前にいる学習者個々のニーズに合ったサポートを続けていく。
IMG_1675
 よくわかんないよ。

上意下達の巡察師殿にあれこれ説明していたら、やたらと腹減った。
ボランティア後、いつもの中華屋さんへ。
今日は何が何でもチャーハン食ってやる。(卵が入っているので避けていた)
で、いつものように中国人の奥さんに、
「卵大丈夫?」などと心配されながらもガツガツ食べた。サービスに湯円(タンユェン)をくれた。暖かい、ツバメの巣のような白きくらげと白玉を使った甘いスイーツだ。こりゃ珍しい。
勘定を支払って出ようとすると、娘さんに話かけられる。
社会人1年目で、中国語ができる彼女はとある上場企業の上海支店に行かされている。春節休暇で戻ったのだという。
日本企業と合弁の工場で、主だった製品は車のワイヤーハーネス(血管のような車内電気ケーブルのシステムセット)。
工場の幹部は日本人だが、現場主任は中国人。なまじ中国語が話せ、同じ血が流れているだけに、現場で働く工場労働者の不満やクレームを引き受けざるを得ないのだという。
彼女と会うのは3年ぶり。おそらくこれが3回目。
私を親戚のオジサンとでも思っているらしく、仕事の悩みをたっぷり聞かされる。
まあ、こんな時リタイア組は何とでも言えるな。
自分の社会人一年目も、アルバイト120人の苦情と悩みを聞いて問題解決することだった。そんなことを思い出し、アドバイスにはならない”理解”で励ました。
店はとっくに閉めており、ご主人たちも帰り支度が済んでいたが、彼女がなかなか開放してくれない。
たったまま1時間近く話をしていた。
「先生はもういっぱい疲れてるよ」と奥さんが注意してくれなかったら午前様になっていたかもしれない。
でも、なんだか彼女に信頼されているようで嬉しかった。
IMG_1676
 いつまで待たせるのよ~


今日は久しぶりに雨。
少しゆっくりした。1月も終わる。


ボランティアではまた新たに中国人が一人入った。在住6年で子供が3人いる女性だが、ほとんど話せないので私が見ることに。これで私の担当は6人。これ以上はキャパシティ含めて無理。
学校のように一方通行の授業ではなく、それぞれが抱える生活全般に対応するからボランティアは不可欠なんだが…英語圏と漢字圏の人が一緒だと理解させるのも大変なんだよね。
IMG_1659
 谷公のボート。

今日は気分転換を兼ねてマリーナへ行く。ついでに、仕事で来れない谷公の代わりにアンカーローラーの取り外しを確認してやろうと思った。
が、マリーナは風が強くて黄旗が翻っている。気温も10℃を下回ってとてもじゃないが出航する気になれない。(リルも濡れたくない)
ちょっと疲れが出てきてまた蕁麻疹がゴソゴソと蠢き始めているので、キャビンで寛ぐのが一番。
リルとゴロゴロし始める。
IMG_1650
 今日は乗らないよ。

貧乏性な私がリルと本を読みながら寛いだのはほんの30分。
まあ、友人タカハシの電話もあったからだが、せっかく来たのになにもせずに帰るのはもったいないと思い始める。
そうだ、燃料を補充しよう。
フネのメモによると、最後に給油したのは、なんと昨年の8月下旬!もう5か月入れてない。

エンジンを回して、マリーナの給油スタンドへ。
IMG_1651
 おフネにゴハンあげてるんだよ。

それでも満タンで9.1㍑。1289円。
安いと言えばそれまでだが、裏を返せばあまり乗れていないってことだな。
夏から台風多かったし、ティラーストッパーの修理もあった。
先週せっかくオイル交換したんだから、少し走らせてみようとマリーナの中をトコトコ機走。
ヨシヨシ、エンジン音は絶好調だ。
IMG_1656

こんな日は皆さん来てもメンテが中心。
マリーナ内を走るフネはせいぜい、ボート免許教室の実習艇ぐらい。
本牧のJEISからやってきたボートが4、5隻、緊急桟橋で離着岸練習をしていた。
ボート免許はこの時期に取るのが好ましい。春になったら予約待ちになる。
IMG_1657

バースに戻ってマックへ行き、ハンバーガーをテイクアウトしてコクピットで昼飯。
そういえば、マックのランチも久しぶりだ。トマトもコーヒーも蕁麻疹によくないからとほとんど口にしていなかった。
リルはそのフライドポテトの匂いで、期待満々。
IMG_1655
 こぼれ落ちるのを待っているリル。

食べながら、あらためてデッキを見直していると、ちょっと気になるところがある。
こいういのがいけない。貧乏暇なしの根源だな。

食べ終えるとまたメンテが始まる。
ボロボロになってきた船舶検査済証(車のナンバーみたいなもの)を剥がして予備のものに貼り換える。
アルミ製のステッカーだが、貼る場所によっては傷みが激しい。船検は来年だが、もう亀裂が入って数字が見えにくい。中間検査でもらっておいた予備をポート側にだけ貼る。
ステッカーを剥がすのは結構苦労するが、ここはカッターナイフと「ピカール」の出番。下手なシール剥がし剤よりピカールの方がきれいに剥がせる。
IMG_1663

で、しげしげと作業結果を見ているとまた気が付いた。
自作のなんだらチェアの座面に亀裂が入ってる!
特殊な形なので座面中央部には補助材をいれられない。それに安い集合材を使ったから防腐処理も表面塗装だけだ。むしろ、この4年ほどよく耐えたと思う。
座面の裏側からステン板で補強することもできるが、こりゃあ作り直した方が良さそうだ。
この冬の宿題がまた増えたなあ。
IMG_1658


で、そのあともイグニッションケースのアクリル板を補強したり、キャビンの吊りネットを直したりして結局バタバタと作業を続けた。
3時を回ると寒くなる。
最後にフネ洗い。
やっぱり水は冷たいよ~

マリーナを出るときに谷公のフネをチェック。
アンカーローラーが取り外されていた。
IMG_1664
 いくつもボルト穴が開いてる。

いつ下架するのか知らないが、これから穴埋めして硬化待ちとなると週末までかかりそうだな。
海王さんの船名ステッカーは明日かな?
ただ、アンカーローラーがなくなったからアンカリングが手作業になるな。
そもそも谷公のボートはサイドデッキがないから、バウに行くのも爪先立ちでフネのヘリを渡って行かなきゃならない。波で揺れていると結構きついかも。
ウィンドラス(アンカーの巻き上げ機)は装備されているから、新たにステンレスのアンカーローラーを付けるとなるとまた上架が必要だし作業も依頼するしかないだろう。当面は別荘使用か。
IMG_1665
 外されたステップ。

てなことを考えていたら体が冷え切った。
さあ帰ろうな。


昨日は早速にフォーマルスーツを見に行く。
紳士服専門店など、退職してから行ったこともなかった。ネクタイなども1年に数回くらいしかしないから、ほとんど息子にやってしまった。
店員を呼んで、最近のフォーマルスーツの話を聞く。
黒の式服だけれど、こんなものにもその時の流行があったりするのだ。
今はとにかく濃黒。スーパーブラックとか言う。黒ければ黒いほど良いらしい。それでいて軽く、伸縮性があり、埃がつかないよう帯電防止加工が必須。そのために炭素繊維を織り込んである。
まあ、何でもいいけどね。
IMG_1642

この5年はブレザー一つ買ったことがないのに「上得意様」宛てDMチラシがよく届く。
そのたびに今のスーツは本当に安くなったなあと実感するが、どうも礼服だけは論外らしい。
既成のセット品はどうしても私の体に合わないように作ってあるとしか思えない。
上着のサイズとズボンのサイズが合わないから、袖詰めやら幅詰めなど余計なオプションを付けていくとほとんどセミオーダーのようになる。これが策略なのか?それとも私が日本人体形ではないのか?
持ち合わせもなかったので、とりあえずベルトとシャツだけ買って帰ってきた。
あとは家族と日用品の買い物に行き、床屋にも行った。ほとんど家にいなかったのでリルはギャンギャン文句言ってた。
IMG_1644
 また留守番させたよね。

先週はやたらと忙しく、出かけることが多かったので今日はなんだか疲れてしまって、勝手に休養日にした。グータラパパをするつもりで朝からダラダラしていたが、ダラダラしてると溜まった雑務を思い出す。
リルを連れて銀行に行き、コンビニに行き、途中中華屋さんで昼を食べてから郵便局に行く。
なんだかんだと家でゆっくりしてない。

伯母の葬儀の日にアダチ君から電話があったことを思い出す。
彼の奥さんが書いた絵本が来月発売となるが、その予約注文はアマゾンや楽天でできるとのことだった。まあ、要は注文しろというわけだ。
幼児向けの絵本を買ってもなあ…
作者はアダチ君の細君だが、絵はアダチ君が書いたという。なんで彼の名前がないのか分からないが、まあ遺作として買っておくかあ。
9784286202044

彼女の細君は私のように学習支援のボランティアをしている。
結婚するまでは新潟で小学校教師をしていた。
専業主婦になっても、その教育に対する姿勢は変わらず、自宅で塾を開講したり、大手塾の講師になったりしていまでも現役だ。なかなか精力的な女史で、アダチ君はいつも彼女の管理下にある。

私は幼いころから「絵本」とか「塗り絵」が大嫌いだった。大人目線の押しつけがましいセリフが気に入らない。教訓めいた暗示も好きじゃない。だいたい餅だのカエルだのが人の言葉を話すわけがない。塗り絵に至っては、なんで人の描いた線に見本と同じ色を塗らなきゃいけないのか訳がわからん。
図工2の素地は絵本嫌いから始まったのかもしれない。本が読めなかった幼い頃は近所の悪ガキどもと真っ黒になって遊んでたからなあ。情緒面に問題ありか?
が、まあ取り敢えず楽天ブックスで注文した。

明日はヤブ医者かあ。





昨年から持ち越しになっているフネのオイル交換に行く。
冬場はあまり乗らないから緊急を要する作業ではない。学生時代から冬はメンテナンスと相場が決まっているな。
狭いエンジンルームでの作業なのでオイルまみれになることは必定。で、この日だけはリルを連れて行かない。家にいる家内たちと散歩してる方がリルにとってはいい。
午前中、海王さんの開店時刻に合わせて電話。オイルチェンジャーをいつも借りているからで、海王さんが使っていたらオイル交換はできない。これをクリアしてから出かける。
IMG_1626
 解体が終わったアウトレット。

何度もやってるオイル交換だけに、もう手慣れたものだ。
まずは20分ほどエンジンを回し中のオイルを熱で柔らかくする。エンジンを止め、そのあと15分ほどしてから機関内を回り切ったオイルが下に落ちて溜まるのを待つ。オイルゲージでちょこちょこと確認。オイルの上抜き作業はそれからだ。
一応、ゴム手袋は持っていくが作業自体はそれなしでもできる。問題はオイルエレメントを引き抜く時で、構造上どうやってもオイルがどっと垂れてくる。それから、作業が終わって片付ける際、オイルチューブをしまう時も数滴垂れる。それに、オイル缶から滴ったりするので、ウェスだけでは油まみれになる。
IMG_1630
 オイルチェンジャー

今日は新オーナー谷公も自船の舫ロープを買うからマリーナに行くと言っていた。
現れたのは昼頃で、ちょうどオイルエレメントの取りはずしにかかっていた時だった。
「今、手が離せん」
と目を離した瞬間、ゴボゴボと垂れた。
IMG_1631
 オイル注入。

一通り作業を終えて谷公のフネに行く。
新品の俵型フェンダーがポンツーンに付いていたが、どうも位置がおかしい。
ボート購入したものの、よくよく見てみるといろんなことに気が付き始めるらしく、冷却水が出てないとか古い魚探が2台も出てきたとか、ヤレヤレという感じ。
寸法問題のアンカーローラーステップは結局メカニックスタッフに依頼して、来週上架するらしい。
取り付けや処分費を含めて5万円くらいかかると嘆いていた。
持てば持ったで、何かと頭が痛いのは皆同じだ。初期投資は致し方ない。
IMG_1632
 これが邪魔なんだな。

舫の張り方やフェンダーの位置を見てアドバイスし、それらを買いにマリンショップへ行く途中、唯一やってるレストラン「Pier1」で食事。
紹介も兼ねてレストラン2階のオーナーズサロンで食べる。ここはオーナー専用で一般客は入れない。
「まあ、オーナー特権だな」
というと嬉しそうに笑う谷公だった。
BlogPaint
 真新しいオーナーカードをぶら下げてる。

マリンショップでロープを買った谷公だが、アイ・スプライスは自分でできないから特注となる。
もったいないなあ。でも、ロープの数が多いから仕方ないかな。できなければ最初は舫結びで輪っかを作ればよかったのに。おまけにロープカバーまで買っていた。
私なんぞ、ボートフェアのワゴンセールで14㎜の八打ちロープ10メートルを千円で買ったからついついそう思ってしまう。貧乏船主はなんでもこなす。

フネに戻る途中、船名を船首に付けたいがどこに頼めばいいか分からないというので、海王さんを紹介。ボートは取り扱ってないけれど船名ステッカーなら大丈夫。
船名が入るといかにも自分がオーナーになったっていう気持ちになるからなあ。あれは嬉しいよね。
P3301449
 
ただ、そう簡単じゃない。
字体、カラー、縦横の長さ、貼り付けの位置や傾き具合など、こんなもの一つでも結構考えたりする。
「で、船名は何だ?」
「エルザ5世」
たいそうな名前を付けてくれるじゃないの。
亡くなった親父さんが、ボートに毛が生えたような小艇に最初の名前を付けたのが「エルザ」それから2世、3世とボートも大きくなっていったのだという。
その敬愛してやまない父の遺志をついだわけだ。

フネに戻って俵型フェンダーの張り直しと、水冷エンジンの出具合をチェックする。
確かに排水が少量で、おそらく冷却水水路のどこかで塩か稚貝が固着してるようだ。船外機だからそれほど面倒な作業ではない。学生時代にポンコツの船外機に手を焼いた私にはどうすればいいかは分かる。
でも、エンジンだけはこれから何が起こるか分からないから、自分でメンテナンスした方がいい。マリーナ近くまで帆走してこられるヨットとは違う。ボートはエンジンが命。
海の上では誰も頼れない。車と違って路上に止めることさえできない。何が起こっても自分で対処することが求められる。そのためには自分のエンジンを熟知しておく必要がある。
あとは自分でやってくれ。手伝いが必要ならまた連絡しろと言っておいた。
丁度その時海王さんが通りかかったので、船名シールの件を相談させる。
来週の上架時には間に合いそうだ。
「こりゃ、週に三日ぐらい働かないと維持管理できないなあ」と思い知った様子。船出は遠いなあ。
午後3時過ぎには解散。

家に帰ったらリルが抗議のボディアタック。
しょうがないから日没の寒い中を散歩。完全に冷えた。
IMG_1636
 オイル交換してたんだよぉ。




昨日の続き。御用のある方はパスして時間を有効に使っていただきたい。
こうやってメモ書きしてても、あいつののっぺりとした雰囲気は伝わらないだろうけど、それは私がわかっているだけで十分だ。
南ア遠望
 八ヶ岳の風景。


そんな話をしてたらすでに8時。外では冷たい風がゴーゴーと鳴っている。さすがにターホーが質屋で買ってきた電気ストーブだけでは寒い。強い風に吹かれた氷柱が時々ぽきっと折れる音がする。
「むー、なんか遠大な計画のディテイルが見えてきた。よし、俺は今から行くぞ!」
「ええっ、ほんとかよ。吹雪いてるぞ。今から行ったって遭難者かなんかと間違われるだけだぞ」
「そこが狙いだ」
同情を寄せてもらえるとか、印象深く残るとか手前味噌な理由を話していた。
行くといったところで、もうバスもない。あいつのカブでは本当に遭難しかねない。
なんだ、かんだと適当にしゃべっていたけれど、むしろ火に油を注ぐ格好になった。
ここは責任をとって、私の車で出かける。かくなる上は一心同体。

吹雪いてワイパーさえ利かない林道を走りながらも、ターホーは未来に拓けた人生の岐路に終始笑顔で、私のアドバイスは大変良かったなどと持ちあげていたが、私はこの愚かな計画に足を踏み入れてしまった自分をつくづくアホだと感じていた。
9時近くに雪原に埋まるペンション近くで彼をおろした。
携帯電話なんてあるときの話じゃない、一旦別れたら翌日まで安否不明だ。
「おい、道に迷ったやつがこんなところをウロウロするかよ?だいたい、この冬の期間だ。万が一休業してたらどうする?」
「うへ、それは頭になかった」
「じゃあ、向こうから見えないようにライトを消してここで30分待っててやる。誰もいないようだったら30分以内に戻れ」 そう言い渡して吹雪の中を行かせた。吹雪いているので10mくらいで彼の姿が見えなくなると、なんでこんな日にこんなところにいるのかと自問した。で、腹も減った。
「あいつ、チョコバー全部食いやがったし」

30分経っても彼は戻ってこなかった。とりあえず中に入れたらしい。
私は同僚と住むあばら家に戻り、遅番の仕事を終えた同期にせがんで即席ラーメンを分けてもらいながら事の顛末を話した。
「お前ら、バカか!」

IMG_0763
 私たちのあばら家があったところ。

翌日、彼は遅番で昼からの出勤だった。
当時、私はフロント業務をしており、レストランは二階にあった。翌日の稼働数と食事予約を伝えるために午後様子を見に行くと、当のターホーはすこぶる元気がなく、私の顔を見て首を横に振った。
まあ、当然の帰結だろう。
BlogPaint
 当時のターホーと私。

その夜、また彼の下宿に行く。
「一夜にして遠大な計画が崩れた」
「やっぱり不審者扱いされたか?」
「まあ、あんな吹雪いた夜に突然いったからびっくりはしていたけど、とても親切にしてくれた。毛布掛けたり、コーヒーも熱かった」
「人命救助かよ。じゃあ、娘がいなかったか?」
「ちらっと見た」
「だいたい動機が邪まな計画だけに気がとがめたか?」
「いいや。ちゃんと部屋に通されて、しまってあった布団を出してくれて、ストーブを焚いてくれた」
「そうか、上出来じゃないの。じゃあ初めの一歩だな」
「それがさ、部屋に通してくれて、布団敷いてくれて、火を点けてくれたやつは若い男だった」
「なんだ使用人か」
「いや、俺も最初は使用人か、写真には載ってなかった兄弟かなにかかと思ったんだけどな… 
 彼女のだった
「ゲッ!先を越されたか!」
「6月に結婚した新婚だってさ。あの全国ペンションガイド、家に帰って調べたら1年前のやつだった。1年前の発刊っていうことは取材はもっと前だろ?情報が古かった…」
情報のせいか?
私はしょげているターホーを尻目に、その若い夫ももしかしたらペンション目当てだったのかもしれないなと思うのだった。
そのあと、バイクも何もないので、一人でトボトボと晴れ上がった雪道をバス停まで歩いたそうだ。若い主人が駅まで送ると言ってくれたそうだが、とても同乗する気にはなれなかったと告白した。
「むー、だから言ったろ、下手な鉄砲...」
「数打ちゃ当たるか」
馬鹿は死ななきゃ治らない。一日しょげても、前を向く。
IMG_0767
 
現在のフロント

その後、ターホーは懲りずに新情報を捜しまわって白馬のペンションのオーナーに年頃の娘がいることを突き止めたが、春になって私は八ヶ岳を辞したのでどうなったかは知らない。でも、今のソクラテスの妻がその人ではないことだけは知っている。

おしまい


当時は毎日がエピソードだった。私だけでなく、4人が4人ともたくさんいろんな体験をしていた。
それを話すのが楽しくて、テレビもラジオも必要なかった。
また何か思い出したら書き留めよう。
IMG_1492
 くだらん!

このページのトップヘ