D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 友達

雨の中を散歩するほど酔狂ではない。
このしっとりした雨の日には家でジャズピアノを聴きながら、ゆっくりと生き方などというものを考えたりするのがよろしい。教授のおかげで柔らかな音がそのスピーカーからしみ出てくる。
まあ、ろくな人生ではないんだが…
IMG_0080

この1週間というもの、夏が戻ってきたようで暑かった。昨日などは久しぶりに30℃に届くかというところ。先週の水曜日は17℃の肌寒さで、慌てて衣替えなどをしたのを天に嘲笑われた。
今日は予想気温としては18℃らしい。それにこの後10日は雨模様で20℃に届かない日が多いという。
IMG_5094
   暑かったよねえ。

潮位表の曲線ような寒暖差でボランティア教室も体調を崩したり、風邪をひいたりで欠席が多かった。まあ、教える側もダウンしてたからバランスはとれたが…
リルもさすがに夏バテ状態で、暇さえあればよく寝ていた。
風も微風続きだったから、とてもセーリングに連れ出せるような感じではなかった。それでも、海の方が気持ちいいから、マリーナに出かけてはいた。
IMG_5089
  
行けば行ったで、なにかしたくなる。ちょっと機走してみたり、メンテナンスしてみたり、掃除してみたり、やらなければならないことはたくさんある。
IMG_5091
  塩出し

船員どもがのんびり惰眠を貪っている横で、船長だけが汗だくになっていた。

我が友人達からは毎日電話をもらっているが、あまり冴えた話題が出てこない。
歳をとると、”Let's” という語彙が減るな。とくに男はそうなのかねえ。頭の中で完結してしまうんだろうか。家族や生活を守ることだけで精一杯なんだろうか。持病と体力を秤にかけて二の足を踏むのか。
共通項が”病気”や”金欠”っていうのは寂しいねえ。

そんな中、ハラ先生が旅先からまたお菓子を送ってくださった。
旅といっても九州の亡くなった伯父の墓参に行かれた由。
この方の話は何度か聞かされている。帝大出で弁護士資格を持ち、戦前戦中に金州の知事兼警察署長のような仕事に就いていたそうだ。
金州は今でこそ大連市の一自治区だが、かつては日本の関東州、いわゆる関東軍の司令部があったところだ。終戦に当たって、軍関係者がさっさと逃げ出し、残された日本人をなんとか帰還させようと尽力したらしい。終戦直後は、当然暴徒が金州になだれ込み、略奪・暴行の限りを尽くした。ご本人も吊し上げられて惨殺される寸前までいったらしい。その暴徒たちを止めたのは、他ならぬ金州の市民たちだったという。
郷里に戻っても、戦犯の容疑がかけられていたために、累を恐れた親戚たちからは村八分にされたが、助命を願い出たのも金州市の市民だったという。
「中国人に二度命を助けられた」と生涯、その恩を忘れずに語っていたとハラ先生は仰った。
日本に引き揚げて郷里に戻り、満州に売られて”接待”をしていた乞食の娘と結婚したが、子供が産めるような体ではなく、子はいない。満州から命からがら逃げ帰り、路頭に迷う人たちを支援することにその生涯をかけたという。
ハラ先生とは直接的な血のつながりはない。ご主人の身内だ。それでも毎年、墓参のために九州へいく。アメリカに住む長男も、病院で働く三男も、この家族行事には必ず参加する(次男は療養中)。
先生ご夫婦が亡くなってもご子息たちが後を継ぎ、この墓参だけは欠かさないのだと言う。

ハラ先生のお話を聞かされる度に、身の置き所がなくなる。
IMG_5101 (2)





昨日、熊本のスミノクラ氏より、荒尾梨が送られてきた。
私は果物の中で梨が一番の好物。とりわけ荒尾梨はそのきめの細かさやしっかりした歯ごたえ、芳醇な甘みに特徴があり、梨の中では群を抜く美味さだ。
てな事を書くと、彼に催促してるような感じになるのでここは控えめにしよう。たいへん申し訳なく、またありがたく思っておりまする。
とは言え、今年の荒尾梨は糖度が高く、香りもいい。まるで、ふくよかなブランデーを浸み込ませたような深い味がする。
IMG_5064
 リルにも分かる。

せめて死ぬ前に一度は味わっていただきたいが、残念ながらこちらのスーパーではお目にかかれない。
かくなる美味は誰にも渡さず独り占めしたいところだが、家人もその絶妙な美味しさを知ってしまったために、反乱が起きないようが平等に管理している。(リルも虎視眈々と誰かが落とさないか狙っている)

昨日はまた気温26℃まで上がって、風も北東の涼風。谷公と会う前に、リルとオニギリ持ってセーリング。
IMG_5058

2週間後にオープンヨットレースがあるので、皆さん練習に余念がない。
サンデーセーラーの皆さんもゲストをごっそり乗せて、秋の海の爽快さを満喫している。
同型のヨット何杯かにクローズの走りを挑まれたので、根岸沖の浮標まで練習相手になってやった。
まだまだレース初めの素人さんらしく、上りも滑りも我がJOLLYHOTには及ばないし、マーク回航の見通しも甘い。ちゃんと潮の流れを読まないとねえ。
まあ、参加することに意義があるか。
IMG_5061
 暑いよ~

谷公とはコクピットで会談。ギャレーでベーコンなど焼き、ノンアルコールビールで乾杯。
そうそう、土管の煙突があるフネでは”ベーコン”は必須。フネでベーコンを焼くのは半世紀前からの念願だった。ジョーのネズミの代わりにリルがおこぼれを狙っていた。
でもなあ、ノンアルコールビールってうまくないねえ。って、「お持たせ」なんだけどね。
近況を話し合い、宝くじが当たることを祈って日暮れ前にお開き。
しかし谷公、もう少し痩せないとそのうちフネに乗れなくなるぞ。
リルはじっと我慢していい子だったので、家に帰ってビッケ2枚!

今日は家族みんなでMM21で開かれている「よこはま国際フェスタ」に行く。
IMG_5068
  横浜美術館

この時季、横浜の週末はイベントが目白押し。トリエンナーレにジャズ祭、赤レンガのオクトーバーフェスタや山下公園のワールドフェスタ、中華街の中秋節から国慶節、そりゃまあ、街のいたるところに音楽と美味しい食べ物の匂いが満ち溢れている。
市外、県外、国外からごっそり観光客が押し寄せるが、その全員の胃袋を満たしキャパシティをカバーできるのがまた横浜。
IMG_5072
 リルはキョロキョロしながら食べ物の匂いに夢中

我が家はだいたい山下公園のワールドフェスタで、バクバクと異国の料理を味わうのが恒例だが、今年はちょっと顔出ししなくてはならないところがあったのでMM21に行く。
IMG_5069
  ボランティアの元締めのブース

それでも、ケバブやブリトー、ネパール焼きそばなどをバクバク食べて帰る。
あれ、結局匂いに魅せられるんだよねえ。
リルもおこぼれに与り、かつまたたくさんお散歩ができたので満足。
家に帰ったら、グースカ駄犬となっていた。
IMG_5079

私も久しぶりに人混みに出たので、ちょっとお疲れ。息子はなんとこの後、大学に行き部活。
若さっていうのは一日の活動量の多さかな。

今日、許さんは台湾に帰っていった。
敢えて見送りには行かなかったが、飛行機が飛びたつ頃リルとマリーナで手を振ってるよと約束したので、今日もマリーナへ行く。
まあ、実際はどこをどう通るかなんてわからないし、どうやっても見えはしないのだが、気持ちってのはそれ以上に見えないからね。
IMG_4982

その時間のためだけにマリーナに行ってたわけじゃない。それほど酔狂な人間でもない。
マリーナではフローティングヨットショーが開かれてるし、フネのオーニングが傷んで破れてきたのでそれも取替に行く。
貧乏船主のフネのオーニングはホームセンターで売ってる出来合いの軽トラ用。とてもじゃないが、特注品を作る余裕はない。要はシートやブロック類が雨や陽に晒されなければいいわけで、1200円ほどで売っている。で、午前中は家内とリルとでお買い物。
IMG_4983
こんな貧乏船主だから、豪邸が買えるようなヨットとは縁遠い。マンションより高いフネを見てもなんの参考にもならない。なにしろ、私が理想とするのは土管の煙突があるようなフネだからねえ。

昼食後にオーニングをさっそく取り付ける。
IMG_4991
前のものより少し長いが、こんなもので十分。厚地で少し滑りやすいから、リルはちょっと注意が必要だな。オーニングが長いせいでリルは今までのようにコクピットから駆け上れなくなった。
今日は気持ちがいいから、私がせっせとショックコードなどを付け替えているのに、リルはじっくりお昼寝。まったく働く気なし。
IMG_4989
ボケーっと音楽を聴きながら、リルと惰眠を貪ってもいいのだが、ちょっと運動不足になってるリルの散歩がてらに陸から並んだヨットショーを見に行く。
IMG_4954
いいフネには違いないけど、木造船なんてのはないなあ。
立ち止まって、ふと前を見るとミス・リーのご主人が一人で歩いてきた。
ここでしばしおしゃべり。月照号のラダーのピンドル(シルバーブロンズ)に亀裂が走っているらしい。アメリカから取り寄せることになるとお嘆きだった。

今回のヨットショーで、一番の目玉はなんといっても白石康次郎のヨット。
IMG_4995
4年に一度行われる世界一周単独無寄港レース、ヴァンデ・グローブに出た船だ。
マストが折れて途中棄権となったが、1時間と寝ることができないし死人も出るような異常なレースだから、参加しただけでもすごい。
船幅19ft船長60ftのとんでもない巨体だった。マストだって30mもある。こんなバケモノをよく一人で操船できるものだ。こりゃ最低5人くらいは必要でしょ。それでも大荒れの喜望峰なんて回りたくないよなあ。
IMG_4994 (2)
 いつもこんな車の展示がある。

”億”を超えるフネもあるけれど、これが不思議に即決で買う人がいるから驚き。
金の使い道に困ってるんだろうかと思ったりする。
エンドウなんか怒ってたからなあ。

小腹が空いたのでマックで少し食べてる時に、飛行機の出発時間となったので、取りあえず上を見上げて手を振った。(アホと思われた)

なんだ、せっかくマリーナに行ったのに乗らなかったのかと言われそうだが、実は昨日リルとセーリングした。ついでにちょっとメモ。
IMG_4953
 フローティングヨットショーは昨日から明日まで。

昨日は快晴で、実に気持ちのいい秋空。
最初は微風だったのでリルとオニギリ食べてフワフワ浮いてるつもりだった。波も穏やかで年に1,2度あるかないかのグータラセーリング。
八景島沖で戻ろうと思ったのだけど、そこから少しづつ風が増してきて波切音が心地良い。
オートパイロット任せで存分に秋の海を満喫する頃には観音崎まで来ていた。
IMG_4969

ここまで来るとちょいと太平洋を拝みたくなる。
浦賀水道のど真ん中を抜けて南下。
IMG_4973
 キラキラの海だ

気候もよく、波もおとなしく、風も順風弱。こんな日はどこまでも走りたくなる。
浦賀を過ぎて、千葉の方へ進路を取りながらリルとオニギリ。
うまいんだなあ、これが。
IMG_4974
    鋸山
この辺りからだんだん風が強まる。南風だからタックを繰り返しながら久里浜沖まで。
薄っすらと大島が見えたところで引き返す。
最近は5時になると夕空だから、2時近くでこの辺りだと帰りは機帆走だ。
IMG_4970
 大島分かるかな?

フェリー航路でUターン。
おあつらえ向きに、白波が跳び始めたので千葉寄りを走っていたJollyhotはポートのクォータリー1本で帰港。
実に爽快だった。
で、案の定今日は腰が痛い。来月は整骨院通いするかなあ。

許さん、今頃台湾の実家で寝てるんだろうなあ。「おうちが一番」って実感してるだろうなあ。




昨夜のボランティアに引き続き、今朝の歯医者も往復バイクでびしょ濡れになって、ちょっと風邪をひきそうな気配。今日は夜になって一段と冷えた。
雨の日はリルもつまらない。私が机にへばりついていると、その横でゴロゴロしてる。トイレに行こうが、郵便物を取りに行こうが必ず後から着いてくる。
ソファに座りながら、衆院解散の実況を見ている私の横で、リルが見ているのは私の顔。遊んでくれないかなあ、という目でじーっと見つめてる。まったく、だれがこんなに甘えん坊にしたんだ。
IMG_4952

3年前までは”晴航雨読”のゆとりある生活だったんだが、最近は何かとペンを持つことの方が多い。
ペンを持つなんて言うと高尚だが、やってることは年金請求書や医療費還付金請求書など野暮ったい雑務。少なくとも、名前書いたりすれば何かしらの収入が入るものは勤めて書くようにしてる。
来月が誕生月の私の所には山ほどいろんな郵送物が来る。1年無料のガン保険、眼鏡の割引券、リゾート宿泊体験、地中海クルーズ旅行優待券他、だいたい粗品をやるから店に来いというようなものが多い。
メールも開けばごっそりとそんな案内が来ている。こんなもんいちいち見てたら夜になってしまう。
なんだかせせこましい商売だなあ。
IMG_4916

こういう押しつけがましい配布物の中に紛れて、重要なものが入っているから始末が悪い。
で、今日も名前や住所を書く作業。私はこれを「雑務」と呼んでいる。

スマホも直ったし、当面アンプも買わずに済んだしそれを置く家具も買わずに終わりそうなので、昨日メインセイルのスタックパックをセイル屋に注文し、今日代金を振り込んだ。
IMG_3348
生地自体は問題ないのだけれど、1年365日野ざらしになっているから、縫製の糸やファスナーがダメになってくる。
なにしろ家庭科2だったわけで、私は縫物が嫌い。というか、必ず血を見る結果になるので恐怖でしかない。たまに手伝ってくれる息子は週一の休みもなく学校へ行ってるし、家内にはフェンダーカバーを頼むのが精一杯。縫製工募集も虚しく終わり、残された手は新調のみ。
もう引退したというセイル屋の親父を駆り出して、無理矢理作れとお願いした結果、6週間の余裕をくれと言う。それほど急いでいる訳じゃないから、それで了承。
高いのか安いのかわからないが、ジェノアやフルバテンメインを新調した時にかなり安くしてもらったから今回は値切りもしなかった。親父さんもリタイアしてるし、感謝もこめてね。

今月末に台湾へ帰る許さん、もう荷造りが終わったようだ。
私も引越しを10回してるから、片づけ終わった部屋の寂寞たる広さと、そこに入った時の洋々たる期待感を懐かしむ気持ちは理解できる。今頃何を考えてるのかなあ。
IMG_0208
これから、3月にかけて徐さんや鄭さん、才君も帰ることになるだろう。
途中で日本語教室をやめてしまう外国人はたくさんいるけれど、日本にいる限りまたひょっこり顔を見せたりしてくれる。彼らのように学校を卒業して日本を離れる学生たちとはもう二度と会えないかもしれない。
また来ますと言ってくれる若い人たちが、再び日本に来た時、私はちゃんと生きてるかな?





2017.9.21 晴れ 30℃

ボランティアの夜は9時半ごろの夕食になるためか、どうもすっきり眠れない。
まあ、あんまり早く寝ると胃の負担が大きそうだし…
それに結構テンション高めだから、家に帰ってクールダウンする必要もある。
なので大体木曜の朝は遅起きで、家人の姿はない。

午前中の厄介事を終えて家を出られたのが10時半。なんかもうすでに暑い。
でもね、今日は風がいいんだ。
出かける間際にメールチェック。SNSを含めて結構多いんだな、これが。
その中に、高校時代の同級生タグチから唐突なメッセージがあった。彼とはかれこれ30年ほど会ってない。彼とは中学高校と同じクラスで部活も一緒だった。どうやって捜し出したのか分からないが、びっくりした。
下の子がまだ大学1年なので、退職できないとか言ってた。そのくせ大阪に5年も単身赴任してるらしい。
「念願かなってヨット所有者だな」とか書いてあったが、あいつにそんなこと喋ったかなあ?
もっとも、中学1年の時に”将来の夢”とか題された自己紹介で、私は
「海の男になりたい!」とか叫んでみんなの嘲笑をかったっけ。
そのヨットに乗りに行くから会おう、などと言うので、それじゃあまたなとか打って、メールを収めた。画像をみると、童顔だった学生の頃の面影はあったものの、やっぱりお互い年寄りだな。
IMG_4890

気温は高めなんだが、湿度が低い。
初めのうちは東南東が6m/sほど吹いてたから、実に気持ちよかった。
夏が終わってすっかりやる気をなくしている教室生徒のことを考えながら、リルと一緒に乗る。
昨夜は七転八倒だったなあと反省しつつ、それを次に繋げられるようあれこれと考えたりする。
いやあ、それにしても久しぶりのセーリング。気持ちいい。
IMG_4887
 リルもご機嫌。

ところが1時間もすると、風が南にシフトしながら弱まった。
穏やかな秋の海だ。
IMG_4891

台風だ、夏日だと、急激な変化に苛まれて二の足を踏んだ余裕派のヨットマンたちがちらほらと出てくる。
こんな穏やかな海こそが秋らしい。

八景島を過ぎて、横須賀軍港の方にやってくると見慣れない米軍船が視界に入る。
IMG_4897

なんじゃ、ありゃ。
あんまり近寄ると叱られるので、15m以内でタックを返しながら、様子を伺う。
IMG_4898

こりゃ物資輸送艦だな。
陸からごっそりと荷物を積みだしている。簡易桟橋まで用意されているから人の出入りも頻繁なんだろう。
米軍第7艦隊所属の船に届けるのだろうか。荷物はしっかり梱包されて何がなんだかわからない。
郵便物とかもあるんだろうなあ。
潜水艦なんてどこをどう走っているか分からないからなあ。
FullSizeRender (1)

私は船を見て育ったから、人並み以上に船に対する好奇心が強い。
なので、こんな時はじっくり観察することにしてる。
それにしてもやたらとアンテナやレーダーが多いなあ。

リルが飽きてきたので、少し離れてオニギリ。
IMG_4903
 あー、これ!

やっぱり海の上で食べるオニギリはうまいよなあ。どんなご馳走にも勝るな。
日本人に生まれて良かった。
と、そこに機走する「みらいへ」。
まだ、この辺にいたのか。
IMG_4904

3時間ほど揺られて帰港。
タックをたくさんしたから腰が痛い。
フネ洗いした後、少し休憩。
IMG_4906
  なんだ、ビッケ持ってないのか。

フネのオーニングはショックコードで8か所留めてある。ショックコードと言うのは合成ゴムをナイロンで包んだシートなのだが、これは消耗品。
帰り際、マリンショップで新しいものを買う。
ニコニコ顔のリルを連れてアウトレットを通って、駐車場に向かっていると、超ミニの真っ赤なワンピースを着た金髪女性に声をかけられた。
「触ってもいいですか?」
と、どうやらリルをナデナデしたいらしい。
それにしても、スタイルといい、プロポーションといい、容姿といい、まるでモデルか女優。アメリカ人だという。
それにしても、ド派手な衣装だし、だれも連れがいそうにない。
彼女がリルと戯れている間、どこかでビデオカメラでも回してるんじゃないかと思った。
私、この手の美人は大の苦手。どこ見ていいかわからないから目が落ち着かなくなる。
リルもキョトンとして撫でられてるが、目が不安そうだ。

開放されたらどっと疲れが出て、喉が渇いた。ベンチでリルとコーラの一つも飲んでボケーっとしながらアウトレットを出る。
オニギリは美味しいけど、腹が減るな。
ついでにマックでも買ってリルと食べようと歩いていたら、件の外人がスタバの外テーブルでアイスコーヒーを飲んでいた。
「Hello, meet you again !」とか言って手を振られたので、仕方なく愛想笑いを浮かべて近づいた。
FullSizeRender
彼女が手にしていたのは日本語の漢字テキスト。
これで、ガラッと親密度が増した。
日本語のボランティアをしてるからと、うちのHPを紹介し、もしよければ来てくださいとかなんとか言ってる間に、自己紹介になった。
どうも日本の外交官(政府の仕事)の奥さんらしい。
日本語を勉強していた鬱憤が噴き出たように、やたらと早口でまくしたてられた。
フロリダにいる祖父の犬(フレンチブル)、LAで生まれたこと、ニュージャージーやマサチューセッツにいたこと、日本人の夫に言われてN-5は受けたけどN-1を目指せと言われていること。
そりゃあ、もうなんでもいいから人に話を聞いて欲しいっていう感じ。
ちなみに彼女がノートに書いて練習していた漢字は「汚い」。
私が応答してる間は、how sweetとかbabyとか喚きながらリルに顔をぐしゃぐしゃくっつけるものだから、リルはびっくりしてワンともなし。よほど寂しかったらしい。
今度いつ来るかとか訊かれたので、天候によると答えた。
「ニホンゴ オッシエテ クダサイ」と頼まれたが、こちらとしてはそんな余裕はない。
また逢ったら、少し教えてあげると言っておいた。

目の保養にはなったけど、ミセスには見えなかったよなあ。
うちの教室にはいないなあ。




このページのトップヘ