D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ヨット

2017.8.13  曇り 31℃

この二日間、リルと息子と一緒にマリーナに行っている。
昨日も涼しかった。
マリーナのピーター・ダック曰く
「今年は楽させてもらってますよ」、ってな具合だ。
ミス・リーが月照号の船底塗装をしていた。いつも夏場に上架してるが、今年は仕事が進むのじゃなかろうか。
8月にやっておけば1年はもつ。でもなあ…そこまでの体力ないなあ。
IMG_4607
教授のディンギーの取材はいつ記事になるのかと訊かれたが、私もよく分からない。
編集デスクの裁量の問題でしょうね。

15時過ぎには出港した。順風弱の4~5m/s、北東の風。この時期に北寄りの風だからねえ。
マリーナを出る時に「鬼号」を見た。鬼号には一杯クルーが乗っていたが、誰が船長かはすぐに分かった。
ミス・リーが教えてくれた雰囲気や容貌に間違いはなかった。
手を振ってのご挨拶。もちろん返答がある。
IMG_4610

長いセーリングはできない時間だったが、昨日は息子にセールアップからダウンまで一人でやらせてみた。
勿論、離着岸もだ。
いくつか注意をしたが、ほぼ操船は問題ない。まあ、それだけでシングルハンドは無理だけどね。
ヒヤッとするような体験を何度か積み、安全の確保と、問題解決能力のノウハウを学べば、近場のセーリングぐらいできるようになるだろう。
FullSizeRender

私が教えてやれるのはこんなものしかないからなあ。一子相伝だな。

リルは久しぶりのセーリングにご機嫌。なにしろ涼しいしね。
リルはリルでヒール時のポジションをきっちり身につけている。
IMG_4614
 ヒールした時は風上のデッキにいるんだよ。

セールトリムとティラー操作を教えながら、浦賀7番浮標まで全部息子にやらせる。   
浮標について後ろを振り返らせると、その距離に満足そうな笑みを浮かべていた。 
IMG_4616
まあ、なんでも自信をつけることが一番なんだよな。
2時間半ほどで帰港する。

帰港後、フネ洗いしてる時にブームのスタックカバーにほつれがあるのを発見。
うへー、また縫製工かよ~
とは言え、もう辺りは暗くなり始めており、作業は翌日に回して帰る。

血だらけになるのを覚悟しつつ、息子に手伝いを願い出て朝早くマリーナに行く。
この手のカバーはミシン縫いされているが、1年中風雨にさらされたり直射日光に当たっている訳で、生地が丈夫でもだいたい糸が先にダメになる。
なので、少しでも長持ちさせるためにはセイル補修用の太い蝋塗りの糸がいい。
まあ、器用な人ならそれでスイスイと手縫いできるんだろうが、なにしろ私は図工も2なら家庭科も2。
極めつけの裁縫音痴ときている。
そこへいくと我が愚息、図工も5なら家庭科は4。圧倒的な隔世遺伝の典型。
要領を教えると、結構時間をかけながらもきっちり縫っている。
CIMG0637
 オマエ、やっぱり職人向きだよな。

途中からほとんど息子頼みとなり、私はキャビンのマットを天日干ししたり、扇風機回したり、日傘で影を作っていただけ。
途中でヤマネコ号の船長が訪ねてきた。今日はシングルハンドでセーリングするようだ。
今日は微風で日差しもあるから暑くなりそうだ。

朝方はキャビン内はそれなりに涼しい。
リルは役に立たないので、キャビンで扇風機を独占。
CIMG0636
 ハッチを開けると涼しいよ。

最初は50cmくらいのほつれだと思ったが、縫っている間に弱くなった糸がどんどん切れていくからキリがない。
当初は10時までには終えるつもりだったが、結果的に1時間オーバー。
なにしろ立ち仕事なだけに、途中で水分補給させながら交代しての共同作業。
なんとか2mほどを縫い上げた。
が、その差歴然!


CIMG0641
 右側の方が私、左側のラインが息子。

むー、ちょっと親としての立場がないな。
これが家庭科2と4の差な訳だ。
まあ、こういう時はいっぱい褒めるようにしている。豚もおだてりゃ木に登る。
当面専任縫製工だな。

帰りがけヤードを覗くとミス・リーご夫妻がほとんど船底塗装を終えていた。
”こだわり”のペラ塗装もうまくいったようだ。
明日下架するという。
リルと一緒じゃなきゃ手伝えるんだけどなあ。

夜、アダチ君から電話。キャンプ合流の確認。
そいうえば、まだ何にも用意してない…







2017.8.5  32℃ 曇り

家内が帰って朝飯地獄が終わったし、洗濯機にも見切りをつけた。
昨日までは30℃以下の涼しい日が続いたけれど、雨が降ったり雷が鳴ったりで散々だった。
IMG_4574
  全然おもしろくなかった。

今日から息子も夏休み。気温が上がらぬ朝からマリーナへリルと息子と一緒に行く。
土曜とは言え、8時台に出向するヨットはあまりいない。
釣り目的のボートはとっくに出ている。案外年寄り向きかもしれない。
歳はとったがなかなか早起きできない私にはちょっと無理かも。
IMG_4575

帆走するのは久しぶりだ。
今日は午後から吹くらしい。息子が午後から用事があるとかで、無理矢理午前中だけと付き合わせる。
風は南東の微風。それでも薄曇りだからあまり暑さは感じない。
「朝の海は気持ちいいだろう?」と息子に言うと、うんとコックリする。
まあ、この年になると親父とベラベラしゃべらない。
IMG_4579
まあ、男同士だからね。
ティラーは息子に任せるが、セイルセットは私の役目。どっちが船長だか分からない。
それにまして、提督居座って飲み食

あまり時間がないし、昼近くになれば今日は暑くなるらしい。
てなことで、八景島往復のミニセーリング。
IMG_4580

全日本インカレに行けなかったらしい大学ヨット部が練習をしていたが、なんだかせせこましい練習だった。
9時頃には釣船しかいなかったいつもの海だが、八景島シーパラダイスは書き入れ時。
いつものアトラクションも大賑わいだが、なんだか訳の分からぬ「Water Run Festival」などが開催されており、
若いオネエチャンたちがゴロゴロと集まっていた。
「オマエ、ああいうの行かないのか?」
「興味ない」
ふ~ん。こういうとこだけは父親似なんだよなあ。
リボン
 なんか楽しそうだよ。
 きゃあきゃあと甲高い声が響いてくる上、時折ギャーッとサーフコースターの悲鳴が混じる。
煩くてかなわん。祭は好きだがお祭り騒ぎは性に合わない。
やっぱり海は静かな方がいい。

10時を回ると陽が差してきて、グングン気温が上がる。
帰りはランニングだが、とてもリルには耐えられないから機帆走。
さっさと逃げ出す。
IMG_4582
帰着は11時すぎ。
途中でたくさんのヨットやボートに出会う。
この時間からだと微風なだけにかなり暑いよなあ。
フネ洗いして、家でお昼を食べる。
エアコン入れたら、もう外に出る気なし。

洗濯機到着まであと6日。


2017.7.7   晴れ 31℃

家内がエアコンかけて寝たので、すっかり調子が狂った。冷えるとすぐ膝が痛くなる。
午前中は整骨院。用事を済ませ、朝からゴロゴロしていた息子に昼食用のパンを買って帰ったが、本人はすでに学校へ行った後だった。調理パンだったので無理矢理二人分食べたら動けなくなった。
だいたい暑くてリルも動きようがない。そろそろバッサリとカットしてやらないとなあ。

陽が傾きかけた3時過ぎ、暑さのピークもこの辺までだろうとリルとマリーナに出かける。
台風も来たことだし、一応点検する。まったく異常なし。
若干オイルの減りがあったのは、前回観音崎まで行ったことでシリンダーやエレメント隅々までオイルが回ったのだろう。ほんの200mlほど足したが、キャビンにいるだけで汗が出る。
黄旗の上がる中、ちょっと夕涼みに。
風が強いからとても涼しく感じるな。
IMG_4390
  涼しくて気持ちいいよ。

今日のマリーナの海面は鉄錆色。酸欠でプランクトンやクラゲが死んだのだろう、海が臭い。
なんていうか、冷凍沖アミブロックが溶けて腐ったような匂いだ。
それでも沖合は風と波がけっこうあるので、そんなにおいも気にならない。
IMG_4393
   もう帰るの?

5時を過ぎると、錨泊船以外にはほとんど誰もいなくなる。
メンだけ揚げてノンビリセーリングしているフネが1艇。この時期によく見る30ft艇のお仲間だ。
彼も一人でフワフワしてるのが好きなんだろうなあ。近寄って手を振ると、笑顔で返す。
バースも違うし、名前も知らない人だが、お互い妙な親近感を持っている。
ほんの小1時間ほど、潮風に吹かれて帰港する。
IMG_4397

帰ってきてもフネを洗う時間はなさそうだから、しばらくコクピットでのんびりする。
近くのオーナーたちもこの時期はコクピットで夕涼みしたり、釣った魚で一杯飲んだりしてる。
こんなマリーナステイの静かなひとときはなんとも言えない。
6時を回ってから、帰路に就く。
IMG_4400
 
リルもエアコンが嫌いだから、丁度いい夕涼みになっただろう。

2017.7.4

北朝鮮がICBMらしき飛翔体を打ち上げたというニュースを車の中で聞いていた。
時代錯誤の融和政策を唱えていたお隣の大統領は面目丸つぶれだな。
なんだかきな臭い世界になってきた。いわゆる”武力衝突”になりかねない。戦争を始めるのは簡単だが終わらせるのは難しい。

今夜から明日未明にかけて台風3号が直撃するという。規模は大したことないがそれでも暴風圏は「台風」と名がついてるから半端じゃなかろう。
ヤブ医者の薬が切れたので、またもらいに行くかどうしようか迷っていたが、ドラッグによって売薬を買い、そのままマリーナへ行くことにした。なにしろ1週間も飲んだのにヤブ医者の薬はあまり効果なかった。これ以上飲んでも大した変化はないだろう。
昨夜電話してきたアダチ君の話では、先月同じような症状の風邪にかかり、一月経ってやっと落ち着いてきたそうだから、私もそんなもんなんだろう。
tuyu
  お散歩は朝早くになったんだよ。

JOLLYHOT 台風係留。高い保険にも入っているし、本当は点検一応貧乏船主、人様に迷惑が掛からぬよう注意を払うわけだ。
船長というのは陸にいてもフネが気になるもんだ。
それに今日はマリーナ定休。当然スタッフの見回りもない。

マリーナについてびっくりしたのは、自分のフネ周りがオイルだらけになっていること。
その付近の水面は油で虹色になっている。
ええっ!とまずは自分のフネのオイル漏れを疑うが、船内機でここまで漏れたらフネが沈んでるだろう。
FullSizeRender (1)
でも、一番油がてかっているのは、私のバース。
エンジンルームを開けて点検するも問題なし。
私のところはシングルバースだから、ちょっとお隣のボートを拝見。
うわっ!
船外機からオイルが漏れてる。
たまたま風で飛ばされてきたタオルを拾って船外機の下に入れてみる。
IMG_4372
こんなことをしても雨が降れば元の木阿弥なんだが、人様のフネを勝手に直す訳にもいかない。
気休め程度に塞ぐ。
マリーナは水鳥や魚のサンクチュアリでもある。すぐ近くにはカルガモがいた。

FullSizeRender (2)
  何やってんの~?

自船のスプリングに問題はなし。ファーリングジブもスピンハリヤードで補助巻してある。ラダー固定ヨシ!
ウィンデックス(風向計)は運を天に任すしかない。
一応念のためにオーニングに補助シートをつけた。

昨日ほど暑くはないが、湿度は高いから汗が滴る。キャビンでのんびりできるような感じではない。
それでもキャビンには湿気取り剤やシリカゲルを要所に配置。(とりわけランサム全集の周りは入念に)
で、いざ帰ろうとしたとき、ポンツーンにバウがゴンゴン当たっているフネを発見。
え、ヤマネコ号?
一昨日、バース移動してたからなあ。
でも、これじゃあ台風が来たらバウフェンダーがあるとは言え、かなりひどく当たりそうな気がしたので、一応船長に電話をし、スプリングを締め直す了解を得た。
IMG_4374
 これなら大丈夫。

丁度、正午を回った所だったのでリルとマックで食事。
本当はエアコンの効いた室内で食べたいんだけどねえ。リルは入れないからなあ。
FullSizeRender (5)
      じーっ。

点検終了。
矢でも鉄砲でも持ってこい!
でもミサイルはだめだぞ。

2017.7.2 曇り 微風 31℃

どこで拾ってきたか、軽い風邪のはずが日に日に悪化してこの両日は家から出ることがほとんどなかった。
ヤブ医者が処方しごっそりもらってきた薬は一向に効果なく、今にして思えばむしろあの日出かけたのが悪かったなあとつくづく思うのである。
悪いことは続くもので、一昨日パソコンもおかしくなって、画面が真っ暗になった。ランサムウェア?
まあね、もう10年も使っているから不具合が出てもおかしくないんだけど…
で、悪戦苦闘の末とうとう初期化するに至った。
むー、一昨日それで徹夜したのも良くなかったなあ。
初期化したおかげで、余計なものも剥ぎ落せたし、これであと2,3年はもつだろう。

てなわけで、先週はなにやら悲惨な籠城を強いられたので今日は早起きしてリルとマリーナに行く。
病み上がり(って、まだ治ってないけど)なので、ちょこっと乗って帰ろうと思っていたし、風もなく、時折パラッと小雨が降る。まあ、あまりセーリング向きな天候じゃない。
FullSizeRender
  雨降ってるんですけど。

無風に近いけれど、それでも出港して間もなく雨も止み、チラッと日が差したりするので日陰を作るためにセイルを上げる。テント代わりか。     
IMG_4331

錆色の海は赤潮になりつつある兆候だし、靄っていて遠望も利かない。
さすがに皆さんはまだ出港前らしく、なんだか冴えない機帆走。
でも、今日は日曜日とあって、やたらと釣漁船が出ているし、なぜかトロール船もうじゃうじゃいる。
IMG_4332
よくよく見ると、船橋だの浦安だの東京湾奥から出向いてる釣船もある。にわかに魚がわいたのか?
と、海面を眺めているとサメの背びれが近づいてきた。
IMG_4334_LI
魚影の群れ、ってな感じだな。
今日は皆さん大漁だろう。

せっかくセイルまで上げたから、快調のエンジンで機帆走。
雲が薄くなるにつれて若干の微風も出、釣漁船を避けながら猿島方面に向かう。
まあ、日傘でもさしてのんびり行こうなあ。
IMG_4353
 
波もない上、復活したエンジンは実に軽い音。ブルートゥーススピーカーで音楽を聴きながら心の洗濯。このユラユラ感は久しぶりだな。
何故か富士もきれいに見えた。
IMG_4357

あれよ、あれよと言う間に猿島を越える。  
走水から観音崎にかけては相変わらずボート釣りしてる人が多い。
IMG_4341
私も小さい頃、父と一緒にここでボート釣りして、ゲーゲー吐いたな。
あの日は結構波高かったよなあ。

とその時、そののどかな風景をつんざく爆音が。
IMG_4340

最近東京や横浜の運河で嫌われ者のマリンジェットだ。20台くらい走ってくる。
これだけいると暴走族だな、こりゃ。
ボート釣りしてる連中は大混乱になっている。浮標ぐらいにしか思ってないのか、ボートを縫うようにスラロームしてる。せめてスピードを落として走るべきだろう。

観音崎の灯台が見えてきたので、通り越して浦賀沖まで。
まだ11時にもなっていないが、だんだん暑くなってきたのでここでUターン。
南の微風では追手になっても暑いだけだ。セイルの陰もなくなる。第一セイルで走っているとはいいがたい。
朝早かったからオニギリも買ってきた。ご飯にしようか。
IMG_4352
   いいね!

正午を回ると厳しい日差しが。先日持ってきた扇風機を取り付け、リルの首にヒヤッとするネッカチーフを巻き、日傘を独占させ、エンジン全開にして風を呼び込む。
おかげで私は日照り状態。これがJOLLYHOTだ!
IMG_4358
福浦沖では大型艇が草レースを行っていたが、コースを短めに設定したらしく、早いフネと遅いフネがごちゃまぜになっており、こちらもどこを通り抜けていいかわからないから、ほとんど邪魔して走りぬけた。
こんな日に10人くらいで乗っているフネは見てる方が蒸し暑くなるな。

13:30にはマリーナに戻る。
昨日までそれなりに涼しかったから、今日は堪えた。
これからはリルと一緒の午後乗りはできないなあ。
IMG_4355
   もういいよ~

リルをキャビンに入れて艤装を解いているとヤマネコ号の船長が顔出しに。
今日はバースを移してもらったので、俵型フェンダーの取り外しなどをしていたらしい。
ヤマネコ号はAバース側の同じポンツーン並びになった。よりご近所になったわけで、こりゃ都合がいい。
でも、フネ洗いしてるだけで汗が滴るような午後だったので、今日は早々に帰還。
リルとエアコンガンガンつけてお昼寝。

浴びるように汗をかいたおかげで、風邪の回復が進みましたあ。








このページのトップヘ