D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ヨット

昨年から持ち越しになっているフネのオイル交換に行く。
冬場はあまり乗らないから緊急を要する作業ではない。学生時代から冬はメンテナンスと相場が決まっているな。
狭いエンジンルームでの作業なのでオイルまみれになることは必定。で、この日だけはリルを連れて行かない。家にいる家内たちと散歩してる方がリルにとってはいい。
午前中、海王さんの開店時刻に合わせて電話。オイルチェンジャーをいつも借りているからで、海王さんが使っていたらオイル交換はできない。これをクリアしてから出かける。
IMG_1626
 解体が終わったアウトレット。

何度もやってるオイル交換だけに、もう手慣れたものだ。
まずは20分ほどエンジンを回し中のオイルを熱で柔らかくする。エンジンを止め、そのあと15分ほどしてから機関内を回り切ったオイルが下に落ちて溜まるのを待つ。オイルゲージでちょこちょこと確認。オイルの上抜き作業はそれからだ。
一応、ゴム手袋は持っていくが作業自体はそれなしでもできる。問題はオイルエレメントを引き抜く時で、構造上どうやってもオイルがどっと垂れてくる。それから、作業が終わって片付ける際、オイルチューブをしまう時も数滴垂れる。それに、オイル缶から滴ったりするので、ウェスだけでは油まみれになる。
IMG_1630
 オイルチェンジャー

今日は新オーナー谷公も自船の舫ロープを買うからマリーナに行くと言っていた。
現れたのは昼頃で、ちょうどオイルエレメントの取りはずしにかかっていた時だった。
「今、手が離せん」
と目を離した瞬間、ゴボゴボと垂れた。
IMG_1631
 オイル注入。

一通り作業を終えて谷公のフネに行く。
新品の俵型フェンダーがポンツーンに付いていたが、どうも位置がおかしい。
ボート購入したものの、よくよく見てみるといろんなことに気が付き始めるらしく、冷却水が出てないとか古い魚探が2台も出てきたとか、ヤレヤレという感じ。
寸法問題のアンカーローラーステップは結局メカニックスタッフに依頼して、来週上架するらしい。
取り付けや処分費を含めて5万円くらいかかると嘆いていた。
持てば持ったで、何かと頭が痛いのは皆同じだ。初期投資は致し方ない。
IMG_1632
 これが邪魔なんだな。

舫の張り方やフェンダーの位置を見てアドバイスし、それらを買いにマリンショップへ行く途中、唯一やってるレストラン「Pier1」で食事。
紹介も兼ねてレストラン2階のオーナーズサロンで食べる。ここはオーナー専用で一般客は入れない。
「まあ、オーナー特権だな」
というと嬉しそうに笑う谷公だった。
BlogPaint
 真新しいオーナーカードをぶら下げてる。

マリンショップでロープを買った谷公だが、アイ・スプライスは自分でできないから特注となる。
もったいないなあ。でも、ロープの数が多いから仕方ないかな。できなければ最初は舫結びで輪っかを作ればよかったのに。おまけにロープカバーまで買っていた。
私なんぞ、ボートフェアのワゴンセールで14㎜の八打ちロープ10メートルを千円で買ったからついついそう思ってしまう。貧乏船主はなんでもこなす。

フネに戻る途中、船名を船首に付けたいがどこに頼めばいいか分からないというので、海王さんを紹介。ボートは取り扱ってないけれど船名ステッカーなら大丈夫。
船名が入るといかにも自分がオーナーになったっていう気持ちになるからなあ。あれは嬉しいよね。
P3301449
 
ただ、そう簡単じゃない。
字体、カラー、縦横の長さ、貼り付けの位置や傾き具合など、こんなもの一つでも結構考えたりする。
「で、船名は何だ?」
「エルザ5世」
たいそうな名前を付けてくれるじゃないの。
亡くなった親父さんが、ボートに毛が生えたような小艇に最初の名前を付けたのが「エルザ」それから2世、3世とボートも大きくなっていったのだという。
その敬愛してやまない父の遺志をついだわけだ。

フネに戻って俵型フェンダーの張り直しと、水冷エンジンの出具合をチェックする。
確かに排水が少量で、おそらく冷却水水路のどこかで塩か稚貝が固着してるようだ。船外機だからそれほど面倒な作業ではない。学生時代にポンコツの船外機に手を焼いた私にはどうすればいいかは分かる。
でも、エンジンだけはこれから何が起こるか分からないから、自分でメンテナンスした方がいい。マリーナ近くまで帆走してこられるヨットとは違う。ボートはエンジンが命。
海の上では誰も頼れない。車と違って路上に止めることさえできない。何が起こっても自分で対処することが求められる。そのためには自分のエンジンを熟知しておく必要がある。
あとは自分でやってくれ。手伝いが必要ならまた連絡しろと言っておいた。
丁度その時海王さんが通りかかったので、船名シールの件を相談させる。
来週の上架時には間に合いそうだ。
「こりゃ、週に三日ぐらい働かないと維持管理できないなあ」と思い知った様子。船出は遠いなあ。
午後3時過ぎには解散。

家に帰ったらリルが抗議のボディアタック。
しょうがないから日没の寒い中を散歩。完全に冷えた。
IMG_1636
 オイル交換してたんだよぉ。




今年も海に出られた。まずそのことに感謝しよう。
自分勝手な憧れを抱ける状況、周囲の理解、そして災害のないことに改めて感謝だ。
毎年の初乗りはそんな感謝を込めて、穏やかな陽光と風の中を走る。
リルも久しぶりの海でテンション高かった。それもそのはずで、今日の初乗りには息子も一緒だ。
小型船舶免許をとってからたいしてフネを動かしていないから、今日はもう一度おさらいをしよう。
乗り物はすべてどのくらい長く乗っているかで操作技術が決まる。
IMG_1583
 リルがお気に入りの場所。

途中でオニギリなどを買い込んでマリーナへ行く。
アウトレットは解体が進んで、ほぼまっ平になっていた。シンボルとして残すのかと思った灯台も跡かたなく消え去っていた。
IMG_1582

だだっ広い整形地は、そこがかつて貯木場だったことを思い起こさせる。
大きな池に内外の丸材がゴロゴロと浮いていた記憶が蘇る。「危険 入るな」と書かれた注意書きを無視し、水に浮かぶ丸太の上をひょいひょいと飛んで遊んでいたら管理の人にこっぴどく叱られたっけ。まったく、ろくでもない子供だった。逃亡者とはいえよほど息子の方が偉い。
まあ、親父に似ないで良かった。

私にとって初乗りはいつも感謝と祈願の儀式である。
ブログ友達のじいちゃんさんから頂いた金比羅旗を掲げる。これは海上安全の宣言でもある。
IMG_1589

この旗を掲げていると、釣り船の船頭も手を振ってくれる。
日本のPW旗(安航を祈るの意)みたいなもんだ。
「お、まだあいつ乗ってるのか」と思われているかもしれない。犬と一緒に金比羅旗掲げて乗っているのは東京湾広しと言えどこのJollyhotくらいなものだろう。

マリーナは本日までが休業。
私たちが到着した時、隣バースの兄弟船が帰り支度をしていた。まずは新年のご挨拶。名前さえ知らないのだけど、すっかり仲良くなっている。
どうも初釣りをしていて場所を変えようとボートを動かしたら、エンジンの回転数が全然上がらなくなったらしい。動いているうちに取り敢えずトボトボと帰ってきたので釣果なし。
動くには動いたからプラグかなあ?でも、プラグは去年3本とも変えたらしい。噴射ノズルかな?
マリーナが休みだから、ボートのエンジントラブルは厄介だ。せっかくの初釣りなのにね。
冬はバッテリーも要注意。海上安全は普段の点検が大事。

昼前に出た時には弱風の東南東。冬に南寄りの風はありがたい。
空気も透き通っているから富士がきれいに見える。
IMG_1592

波もほとんどなく、他にはお気楽乗艇の仲間が2,3杯いるだけ。
元日に初日の出を見ようと朝早く出てきた人たちもいるのだろうが、私は大晦日午前0時に風呂にはいる夜更かし者なので到底そんな芸当はできない。このお気楽仲間たちもきっと初乗艇なのだろう。
風も弱いからみんな早々に引き上げている。
八景島近くには学生ヨットのスピンが見える。彼らは初合宿に違いない。そういえば、学生時代に初乗艇の前には酒を振りかけて安全祈願の黙祷をしったけなあ。
IMG_1586
 キラキラの海。

息子に舵を預けてトリミングを思い出させる。風の強さによってティラーの動きは異なるし、こんな日はティラーを動かしてもフネが即座に反応しない。といって大きく切れば修正が難しい。ブローを呼んで先回りするティラー操作が必要になる。
IMG_1585

正午過ぎ八景島沖あたりで、ばたっと風が落ちた。
ここらでリルが待ちかねたオニギリタイム。それにしても、なんでオマエはお昼だってわかるの?
親子の会話はほとんどなし。父息子なんてそんなもんだろう。私には母娘がなんでずっとおしゃべりしてるかが皆目分からない。
まあ、リルは一人でもうるさい時があるが...

今日は海にご挨拶。
風が振れて東北東になった時点でエンジンかけて機帆走で引き返す。
私が息子に話すのは、風の見方や他船の動きなど。
「遠い場所にある煙突の煙と近くの煙突のものと煙のたなびく方向が違ったら、やがて遠くの煙突の煙方向に風が変わる」なんてことを説明するだけ。
早々に帰航して、着岸練習。
ヨットはボートと違って惰性でかなり動くし舵も利く。私はバックキックを快しとしない方なので、順風以下なら止まりそうなほどゆっくりとバースに入る。遅ければ遅いほどいい。それで迷惑をかけることはないし、自船も傷つくことはない。

ロープワークと舫のバランスをレクチャーし、後はきれいにフネ洗い。
全部終わってからキャビンでスープを飲む。これがうまいんだなあ。
リルが大喜びの初乗りでしたあ。









ふと時間ができた本日、今年最後のセーリングをした。乗り納めね。
普段の水曜は日本語教室があるから、台風でも来ない限り家で一日下準備。
今年はボランティアを一度も休まなかったから、冬休みになったんだって気が付くのがちょっと遅かった。
そうだ、海に行こう。
IMG_1532
 この灯台のモニュメントだけは残るのかな?

今日は久しぶりに最高気温が12℃だし、薄曇りで風も弱い。明日辺りから寒波が居座るみたいだし、今日乗らないで何時乗るの?
無断外泊した愚か者は捨て置き、オニギリ買ってリルと出かける。

この12月から水曜も定休になったマリーナだが、ヤードでは提携業者が仕事している。やっぱり完全閉鎖は無理だよなあ。
ちらほらとオーナーの姿も見えるし、出航していく釣りキチも。彼らの納竿はもっと遅いだろうなあ。
すでに昼近かったので、慌てず騒がすゆっくり艤装。
まあ、点検という意味合いもある。
IMG_1538
 さあ、出航!

堤防の外も、思ったより風がなかった。2,3m/sの東風。
まあね、冬はこんな微風でいいよ。防寒具着ているけど風が強いと体感的に冷たい、っていうか痛いと感じることがあるからね。
のんびりと今年最後の帆走。
IMG_1540
 柔らかな光と穏やかな波。

エンジンを切ると、シーンと静まり返った海に群れ飛ぶウミネコが鳴き声だけが響いてくる。
こんな日は、音楽をかける。
ピアノ・コンチェルトやカノンなど、珠玉のクラシックをスマホにたくさん詰めてきた。ブルートゥースのスピーカーでも音量は十分だ。
アリアに惹かれたか、渡りの水鳥も鳴いている。こんな日が一番いいね。
浮いてるヨットは私を含めて3艇。
微風で手こずってはいるが、ガツガツと乗るような人たちではない。のんびりお気楽なセーリングだ。
IMG_1539

正午を回ると、凪いだ風が振れ回り始める。
こうなるとセーリングというより漂流。でも、別にいいんだ。ゆっくりいろんなものを観察できるからねえ。
タイスの冥想曲」などを聴いていると、心も穏やかになるな。
いつもいつもいろんな表情を見せてくれるこの海に感謝。
今年もリルと私に極上な時間を運んでくれたJollyhotにも感謝。
大げさかもしれないけど、海に囲まれたこの島国に感謝。
IMG_1546
 水平線がないかのような幻想感がある。

いつまで乗れるか分からないけれど、もう少しだけこの豊かさを享受したいね。

フラフラと沖の根浮標までやってくると、ほとんど風がなくなった。
今年はこの辺までかな。
さっきから、お腹が空いたとうるさいやつがいるので、Uターンしてエンジンをかける。微速でゆっくりとマリーナに進路を向けながら、今年最後のオニギリを食べる。
IMG_1547
 ごはん、まだ~?

ここのところ、なんだかんだと忙しかったから今日はゆっくりできてよかった。
名残惜しい感じもするけれど、早めに帰港して、一年間の感謝を込めてJollyhotを洗ってあげよう。
14時過ぎに帰港。
日差しがとても暖かで、しばしコクピットで休憩。
IMG_1553
 バナナ好きのリル。

今年最後のフネ洗い、時間をかけて丹念に1年の垢を落としてやった。
15時をまわると冷えてくる。
キャビンでリルとスープタイム。
ずっとソフトなクラシックを流していたので、スマホの電池残量9%!
さあ、帰ろうな。

IMG_1555
 谷公のフネのアンカーローラー。やっぱり出すぎだよ。

ウエストゲートを出て一礼。
今年もお世話になりました。

ここのところ日照時間が少ない。気象庁によればこの5日間の日照時間は横浜で3.7時間。平年比の14%なんだそうだ。北日本の人にはごく普通なんだろうが、ここら辺りでは天照大神が岩戸にお隠れあそばしたような感じ。時代が時代であれば巫女の一人も打ち殺されるような天気だ。
IMG_1442 (002)
 ワンコには関係ないよね。

歳のせいではないのだろうが、どうも木曜はボランティアの翌日とあって朝からボーっとした感じ。
朝食を食べたら毎朝の日課であるリルの散歩と実家への電話。
なんと、せっかく買った加湿器がまだ梱包されたままだという。だいたい10時過ぎに起きて朝ご飯を食べるって、どういう生活なんだ。
とにかく、即座に梱包を解いて水を入れろと厳命。連日10℃を割る寒さ、いつ使うのよ。今でしょ!

ここのところ蕁麻疹の方はなりを潜めている。薬が効いてるのかもしれない。
で、実家や日本語教室にいかない日に人体実験をしている。
これまでの実験によると、豚肉はチャーシュー3枚、ハム1パック、豚バラ50gまでならOK。卵はまったくダメ。魚は白身のフライ1個、ボイルドホタテ3個、小エビ2尾はOK。その他シナチク、ベイクドトマト半個、小茄子の辛子漬け2個はセーフ。
って、アホみたいなことをしてるわけで、当然失敗事例も多々ある。こうなると食事に楽しみがない。
IMG_1406
 すいません、レバ野菜定食のレバは4切れにしてくださ~い。

昨夜もいつもの中華屋さんでワンタンメンを頼んだら、おかみさんが気を遣ってくれてシナチク全部取り上げられた。大丈夫だと思うと言ったら、シナチクだけ小皿でくれて、1本、2本と食べ進み10本まで来たところでストップがかかった。
「先生、やめて!」
まあ、冷えたシナチク1本ずつ食べても味気ない。

今日は例によってリルとマリーナへ。
乗りに行くのではなく、ランチを食べるだけのマリーナステイ。
IMG_1444
 今日はキャビンでお弁当だよ。

一番の目的は、課題となっていた非常食の入れ替え。在庫一掃飲食。
食糧箱をひっくり返して、一つ一つ賞味期限なるものを確かめる。
お湯を沸かすだけで、密閉された小部屋のようなキャビンは十分暖かくなるね。
IMG_1446
 
あるわ、あるわ。2年前の生みそタイプの味噌汁や賞味期限から1年経ったチョコやチーカマ、半年経過のカップラーメンやコーヒー、紅茶等々。
実家の冷蔵庫の比じゃないね、こりゃ。
フリーズドライの坦々スープと缶詰を除き、ほぼ廃棄処分。
坦々スープは賞味期限から1年経過してるけど、製法や包装に問題なしとして本日胃の中へ送り込む。
IMG_1449
 見て見ぬふりのリル。

風は弱風、空には多少の晴れ間もある。ちょこっと一走りするにはいいけれど、なにしろ最高気温が9℃。病弱の老いた体では10℃を割ると乗る気になれないなあ。軟弱な船長だとよほどの覚悟がいる。
これからはキャビンでの生活が多くなる。が、ストーブを点けたらむしろ暑すぎて、食後はコクピットで涼むほど。サウナか。
IMG_1453


リルと音楽を聴きながら、しばらくキャビンでじゃれ合ってスキンシップを図り、少しのんびりしてからヨットを出る。

普段はめったに鳴かないオオバンだが、ここのところテリトリー争いやお相手争奪戦でやかましい。
お腹を押すとピーっと高音が鳴る人形のような声をだす。そのくせ臆病で、ちょっとでも近づくとバタバタ逃げ惑う。その唐突な羽音にリルがびっくりする。
IMG_1454
 オオバン

アウトレットの解体工事も最後のレストラン街に重機が入った。
息子と同じ月日を重ねてきたアウトレットで、一番思い出の多い場所。空と同じようにうすら寒いね。
IMG_1455





昨日はやたらと寒く、朝は雨が降っていた。
その前日の水曜にはまた新しい台湾の留学生が入ってきて、教室は満杯状態。やたらとバタバタして疲れ切ったので遅いお目覚めとなる。(結構夜にハイテンションだと眠れない)
雨に救われた木曜だったが、昼前には上がって、気温10℃の中のお散歩。寒いの苦手なんだよなあ。
IMG_1428
 カシャカシャしないよ。

こんな寒い日は年賀状作りでもしようと、今年の写真選びから初めて(全部で1068枚あった)、年賀状作成ソフトを立ち上げたが、さすがに古いソフトだからハイスペックのブラウザにはじかれた。
げーっ、やっぱり新しいの買わないとだめか…
ネットで捜してダウンロード版を購入するも、解凍して使えるようになるまでに1時間もかかった。
さらに、酷使されているプリンタの調子も悪く、ノズルクリーニングなどしているうちに日没となった。
昨日はソフトバンク系列の通信障害で、都会は大混乱だったようだが、私なんぞそれ以前の問題で一日潰した。
で、結局1枚も作れず。

今日は実家に行く日だが、朝から昨日とは一転、晴れて暖かい。
グータラ息子が遅くまで寝ていたので、こちらもそれに合わせる。
しょうがない、また年賀状作りするか。プリンタ修理を急がないと来週の教室資料の作成に関わる。
で、手をレインボーカラーに染めながらあちこち分解。こういう時はだいたい失敗に終わるよな。
てなところで、弟から電話。
「俺、今日休みだから実家の掃除に行く」
偉い! 頼んだぞオイ。
弟は年に3回くらい実家に顔を出してくれる。特に年末は電球を替えたりしてくれる。
とはいえ、すでに正午を回っている。
慌ててマリーナへ。
IMG_1382

風も穏やかだし、暖かい。18℃もある。
でも、なんだか出航する気にならない。オニギリ買ってきたんだけどね。なんか疲れてるんだなあ。
母はまた電気釜壊したし… 父はまた咳き込んで在宅医療の先生に来てもらったし… 馬鹿息子は午前様続き…
あ、スマホ忘れてきた。

この12月から火曜と水曜がマリーナ定休日になった。なので、ヤードはすごい混みよう。かえって忙しいんじゃなかろうか。
リルとコクピットでオニギリ食べて、ポカポカの陽の光を浴びながら横になって音楽を聴く。
IPadだけはフネに常備してある。もっともスマホがないとデザリングができない。オフラインでも音楽は詰め込んである。
まあ、そんなにスマホなんかに依存してるわけじゃないから、こんな日もいいな。外国人からに問い合わせがあったりするけど、それも今日はナシ!
IMG_0057 (003)
 今日は走らないの?

めったに昼寝などしないのだが、横になったのが運の尽き。15時ころまで寝入ってしまった。
目覚めるとリルが足の間に入り込んで暖をとってる。オマエ、暑くないのかよ。
今は日没が早い。16時半前には暮れてしまう。
少し寒くなってきたので、家に帰る。
IMG_1283
  ただいま工事中。

弟のおかげのんびりフワフワのマリーナステイができましたあ。でも、もう少し頻繁に来てくれるとありがたいんだけどなあ。




このページのトップヘ