D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ヨット

午前中リルと散歩した時には霧雨が降っていた。天気予報も午後から雨。
今日は籠城かな?
で、ボランティアの連絡等に時間を費やす。
昼食後、またまた薄日が差してきて青空も見え始める。これ、土曜日と同じパターン。まったく、最近はその日の天気予報も当たらないな。
先週土曜は様子見で二の足を踏んだが、今日は騙されんぞ。
リルと13時にマリーナへ。
IMG_0902
 これから出航。

セイルをあげて乗れれば、それでよし。
今日はちょっと暑いし、風も弱いけれど、海に出ればちょうどいい。
しばらく帆走してなかったから、セイルの天日干しにはもってこいだ。
ここでまた外国人から電話。明後日から教室に来たいとのこと。
今、人がいないんだよなあ。と、思いつつも見学に来てくれとお返事。
気を取り直して出航!
IMG_0903

インチキ天気予報のおかげで三連休最後の日なのに、それほどヨットは浮かんでいない。
が、週末にかけてボートショーやヨットフェアがあるので、ピッカピカの40ft級クルーザーなどが続々と入港してくる。
回航するスタッフも慎重だ。フネ一杯で都心のタワーマンション一室が買えるからね。
それにしても、この抜けるような青空はなんだ。
IMG_0904
 雨のあの字もない。

風は南東の微風。
エンジンを止めると、あの海上の静けさが漂う。やっと一人の時間を持てたという静けさなのだ。
もちろん、リルも楽しそうに定位置を確保している。
IMG_0905
 今日は波ないよ。

後から出てきた26ftヨットと走り比べ。別に、競走するわけじゃない。自艇のセイルのトリムや、速度を見計るだけだ。
できるだけ同じ大きさのフネと走ることで、見比べてセイルの開き具合や上り角度が正しいかを判断する。
結果的には遠く及ばなかったり、今日のように置き去りにすることがある。それは問題じゃない。
しばらく乗ってないと、ちょっとしたチューニングが必要になることも多いから、そんな目安として並走したりする。
IMG_0910

八景島沖で風が南にシフト。ここは地形上馬堀海岸から風が抜けてくるので毎度のこと。タックをすると、浦賀のブランケットに入るから風がぐるぐると回る。
だいたい皆さん、この辺でしびれを切らしてお帰りになる。
ここは我慢して猿島の方へ走るのがコース選択としてはベターなんだが、今日は横須賀に入るところでばったりと風がなくなった。
うへー、こりゃベタだ。
IMG_0913
 さざ波一つなく。

こうなると暑くてかなわん。
エンジン回して機帆走。まあ、天日干しはセイルだけで十分。
パラソルさしてUターン。16時には帰港。
今日はフネ洗いするぞ。
艤装を解いて、ティラーをスタンパルピットに括り付けた時に気が付いた。
あれ、ティラーストッパーが浮いてる。
IMG_0915 (2)

ティラーとラダー繋ぐ接合部には回転台座がある。ティラーがぐるぐると回らないように、可動域を制限するストッパーがその台座につけられているのだが、それが浮いてガタガタしてる。
ちょっと触ったらポロっと落ちた。
えっー、なんでよー。
IMG_0917
 どうもボルトが切れているような…

これ、ティラーを台座ごと外さないとつけられないんじゃないの?
このストッパーが壊れるっていうのは普通の操縦では考えにくい。ティラー操作でストッパーに当たるほど急な旋回運動はレースにでも出なければまずない。
っていう事は係留中か陸揚げ時だが、おそらく係留中の台風のせいではないかと思われる。
バースには槍付けして停めてあるが、自バースは北向き、当然ラダーは南にある。習慣でティラーをスタンパルピットにロープで括り付けるから、ラダーは可動域ギリギリで固定され、フネに対して角度がついてしまう。つまりフネに対してラダーが垂直になってないわけだ。
ここに強風と強い波がくれば、ラダーが抵抗となりストッパーに過重な負担がかかる。
なんてこった! こりゃ自分のミスだ。

またしても海王さんに電話。
で、この部品はもう製造されていないこと、週末からはヨットフェアなどがあってその準備で忙しいこと、折れたであろうボルトの先を取り出すのは至難のこと等々を説明される。
接着剤じゃ効果なしだし、こりゃ自分で直すのも大変そうだぞ。
まあ、なくても沈むことはないが…絶好のシーズンをメンテかあ。

結局マリーナを出たのは18時。
中秋の名月に見送られました。
IMG_0919



朝から雨が降っていた。
今日はお彼岸で両親と墓参りをするはずだったが、これでは無理だ。午後からにしようと言ってみたものの天気予報では午後も雨マークが並んでいる。昼食をとっても雨はまだ止まない。
「明日の午前中にしよう」そう告げて、さあ何しようと考えた。最近ご無沙汰の接骨院か、はたまたヤブ医者か。って、暇ができたら医者っていうのもなあ…
ここのところ寝不足が続いたせいか、昨日が妙に寒かったせいか、頭が重い。風邪でもひいたか。
こんな日に医者に行ったら何言われるかわからん。やっぱり、医者は体の具合がいい時に行かなくては。

食後にボーっと、ソファで横になっていたら雨が止んだ。それから30分もしないうちに薄日が差してきた。どんどん明るくなって、青空が出てくる。なんだよ~
14時になって決断する。
「そうだ、海に行こう!」
IMG_0878
 きれいに晴れた。

リルとマリーナに着いて、ちょっと見点検を済ませるともう15時近い。艤装の時間がもったいないから機走でトコトコ走り出す。
秋の日は釣瓶落とし、あの猛暑の夏はこんな時間でも太陽がギラギラしていたが、最近は日が傾くのが早い。
IMG_0884

寒かった昨日に比べると、今日は5℃ほど気温が高く27℃。風も微風。
それでも4ノットほどで走っていると、暑さも寒さも感じない。実に心地よい。
暑さ寒さも彼岸まで か。
IMG_0886
 気持ちいいよねえ。

週末とあって、ヨットもボートも結構いるが、この時間だと皆さんボチボチとご帰還あそばされる。
ただ、お仲間というか、いつものメンバーというか、見知った”フワフワ漂流組”が私のあとから続いてくる。
IMG_0889

メンセールだけ揚げてる人や、私のようにただ機走してる人たちは、別になんの目的も目標ももっていない。ゆっくりと、暮れなずんでいく秋空の下で命の洗濯をする。

八景島沖では学生ヨットの練習をしているが、出ているのはほとんど470級。
先週江の島でプレ五輪ともいえるヨットの世界選手権があった。女子470級は銀メダルだったから、触発されたのかもしれない。
IMG_0882

さっきまで雨が降っていたので、遠くは少し靄っている。
三浦や南房総がよく見えないし、その辺はまだ雲が厚い。
しまった、飲み物も食べ物も買ってこなかった。非常食も缶詰があるくらいだ。
リルが膝に顎を乗せてきて、ビッケ頂戴の仕草。
「ごめんな。今日は何もないよ。そろそろ戻るかな」
1時間ほど走ってUターン。
IMG_0887

まあ、夏を含めてあまりエンジンを動かしていなかったから、バッテリー充電には好都合だ。
波も穏やかだし、またつき始めた船底の藻を落とすには丁度いい。
だんだん、日暮れて静かになっていく海をリルと二人でボーっと見ている。
フネは車のように前方ばかり見ているわけじゃない。360度を見回すが、脇見運転とも違う。ヨットは速力がない分、いろんなところを見渡すことができるわけだ。
IMG_0891

キラキラと夕映えが差し込み始めると、海は金色に輝く。
今日は富士のシルエットがきれいだ。
東京湾にほとんどの船影が消えると、すでに17時を回っている。
そんな静寂の中でポンポンとエンジン音を立てながら帰港。
IMG_0893
 お腹すいたよね。

フネ洗いの一つもしたかったけれど、体がだるい。やっぱり風邪か?
どうせ来週も雨続きだからと言い訳してマリーナを出る。
IMG_0894
 そうか、今日は大潮だったんだなあ。

アウトレットの解体が始まって、土曜日と言うのに人もまばら。
ゴールデンレトリバーを連れた白髪の方が、海に向かってフルートを吹いている。
日暮れてもまだ茜色の雲が浮かぶマリーナに、その透き通った音色が優しく響いていた。
こんな風に歳をとれたらいいなあ、と思いつつ家路につく。



新しいワーキングチェアが届いて数日経つ。ほとんど仕事になっているボランティアの準備で毎日8時間ほどデスクワークを強いられるが、腰の怠さが軽減されたように感じる。
週に一度の接骨院通いも功を奏している。このまま健やかに育ちたいね。

午前中は相変わらずのデスクワーク。とにかくサポーター二人が休む今度の水曜日を新人二人と切り抜けねばならない。
だが、昼ご飯を食べ一服しながら青空を見上げていたら、急にアホらしくなった。
こんなことはことは夜やればいい。せっかく晴れてる日曜なのに、この缶詰状態では何のために仕事を辞めたのか分からん。これじゃあ我が家の独房囚人と変わりないな。
リルもつまらなそうにしてるから、マリーナにでも行こう。そう思い立ったが、今日はやたらと暑いうえに風も強い。
しばし待機して15時頃、高校時代の友人谷公に電話。
「そのなんだ、マリーナで夕涼みしよう」
「いいね」
お互い30分でマリーナには着ける。一応集合を16時とした。
IMG_0814
 また来たよ。

日曜ともあってそれなりに人はいたが、アウトレットは閉店しているので道が混まない。
谷公もほとんど同時くらいにマリーナに着いた。
それにしても他に行くところが無いのかっていうくらい、いつもマリーナだよなあ。それにさ、酒が飲めるわけでもないし、美味いものが食えるわけでもなく、谷公もよくひょいと来るよなあ。やっぱりハマッ子なんだなあ。
とにかくフネへ行く。なんとかの秘密基地だなあ。
IMG_0832
 ビッケ頂戴。

16時を過ぎると、海辺は涼しい。少なくとも汗をかかないで済む。
気心の知れた仲というだけではない。お互い年老いた認知症の親を持つ身だけに、日ごろ溜まったうっ憤を吐き出せる。
コクピット会談はいつも介護の現状から始まるわけだ。
谷公のお母さんは認知度に関しては、私の母親よりいつも一歩先に進んでいるからとても参考になる。
経済面のことや、遺産の話などもできるから、胸のつかえが少し取れる。
勿論、この手の話をするためだけに来てるわけではない。
奥さんの了解を得て、Bバースに置けるボート探しをしている谷公だから、いろいろ情報交換もする。
「両親のどちらかが倒れたら、フネを降りざるを得ないな」
「フネを降りて、生きてけるんか?」
「むー。その時はオマエのフネのクルー登録にしてくれよ。YBMでは2名までクルー登録できるからさ。動かさなくても、ここでこうやってコクピットにいるだけでいいよ」
「そうだな。別に、乗りたかったら勝手に乗っていいぞ」
最後はそんな紳士協定を結んだ。海への道は続けられそうだ。
老後は谷公と一緒に釣りでもするかあ。
IMG_0833
 おフネは気持ちいいよね。

お互い夕飯には間に合うよう18時前に分かれる。
本日のコクピット会談はこれにて終了。

夕飯を食べて一息ついていると、ボランティアの新人から電話。
「送ってもらった添付資料ですけど、閲覧はできるんですがプリントアウトできません!」
って、結局当日に人数分を揃えて持っていくことに。
さて、もう一人の新人の資料つくりでもするかあ。

2018.9.9









大阪の台風21号の被害が露わになってきて、関空大橋にぶつかったタンカーに唖然としていたのも束の間、昨夜は北海道に震度7の大地震、見るも無残な山肌に呆然。全道停電ってどういうことよ?
今年に入って自然災害による被災がないのは関東くらいだから、次はここか?小松左京の「日本沈没」じゃないが、3.11より列島が火が付いたようだ。
今年になって被災した方はどのくらいいるのだろう。早い復興が待たれる。頑張ろう、日本!

さて、本日午後Jollyhotは修理を終え、下架して現場復帰。
雨だったり、台風だったりしたこの数日間一体いつ作業したんだろう。
でも、さすがはプロ。傷の痕跡は皆無、っていうか、こんなにきれいだったけ?
IMG_0828

船底塗装の時にエンドウが見せる鏡面仕上げ以上の美しさ。
ぶつけられた箇所もツルツル。
いやあ、お見逸れしました。
IMG_0825

尤も、保険修理は該当箇所だけ。
この夏は異常に海水温が高く、その分フジツボがスルハルやキール、プロペラシャフトに付着していた。年に2回船底塗装しているJollyhotだが、通常はハルになど絶対つかないフジツボも散見される。
午前中にリルとヤードに出向き、とりあえずスクレーパーで取れるだけ取った。
IMG_0827
 日陰で見ているだけの怠け者もいる。

猛暑日から比べれば、まだしのぎやすいものの、昼には30℃になる。
すっかり軟弱になった体には、これぐらいの作業でも汗だく。ちょっと体の調子がおかしい。
例によって、お昼は一軒しかやってないレストラン、Pire1へ。
平日で強風の赤旗が上がっているマリーナにはほとんど人影がなく、嬉しさ余ってギャンギャン吠える阿保犬も今日は大出血無料無駄吠え日。声がかれるまで吠えてろ!
IMG_0829
 誰もいないんだよ。

Pier1も昼時なのに客は女性が一人だけ。ショップの荷物移転が終わったっていう事だな。
でも、これじゃあPier1も営業不振に陥るんじゃないかなあ。
せいぜい来た時はここで食べよう。っていうか、ここしかない。
IMG_0830
 こういうときだけ静かになるな。

今日は本来、実家に行く日。
だが、熱中症にでもなったかどうも体調がすぐれない。下架は15時だが、また海王さんに後を託して14時にはマリーナを出る。
家に帰って休んでいた時、海王さんから電話で無事バースに係留したとの知らせが入った。
どうも、何から何までありがとうございました。

これを機に実家へ出向こうとしたが、ちょっとふらつく。
ダメだ、今日は休もう。

昨夜から寝不足なのは、ボランティア翌日に入った欠席連絡のせいだ。
ベテラン二人が来週の教室に来られず、金曜クラスに助っ人を頼んだが誰も来てくれないことが分かり、新人二人と切り盛りしなきゃならない状況に陥った。
彼女たちに、全部やれっていうのは無理がある。
なので、授業プランや手順を全部私が作る羽目に。
今日やっと1つできあがったが...
なんだか仕事より忙しくなってきた。
IMG_0831
 風当たりが強いよ~

ホッとしたのはアダチ君からの電話。来月こちらへ来られるかもしれないとのこと。
これは嬉しいニュースだった。

やれやれ、また指導案つくりするかあ。


台風が接近する中、Jollyhotの上架。
先日、給油中にぶつけられた修理のためだ。
傷はそれほど大したことはないが、衆人環視の給油所で係留中のフネに当てるという不始末を犯したマーゴレッタ号の責任を、適当に誤魔化す気はない。敢えて、相手方の船長やオーナーに対していい加減な操縦が事故に至るのだということを、教訓として受け止めてもらわねばならない。
海の上での衝突は、あってはならないことだ。
陸で例えるなら、ガソリンスタンドで給油中の車をぶつけられたということだが、海の上ではそれ以上の重さを持つ。怪我はもちろん落水、沈没まであり得る。
いい加減な操縦は忌まわしきものだ。
舵を握るものに話しかけてはならない」ということを私は少年の頃にランサムの本で覚えた。

小雨が時折降る午前中、マリーナへリルと向かう。
併設のアウトレットは昨日で全店営業終了。一旦、解体し更地にして東京五輪の2020年に新築再営業となる。
なんだかんだと賑わっていたアウトレットは閉鎖され、閉店セール後に売れ残った物を業者が運び出していた。
IMG_0810
 当分静かになるよ。

先月からしばらく来ていなかったマリーナも、平日の午前中で、明日台風が来るとあって閑散。
スタッフたちが増しもやいなどをしてる他は、愛艇の様子を見に来た人が数人いただけ。
でも、リルは久々のマリーナで、涼しさも手伝ってご機嫌麗しい。
IMG_0811
 早く行こうよ~

取り敢えずエンジンを始動。
おお、ちゃんと動くなあ。
この間、台風や大雨に見舞われたので、ビルジを覗くと結構溜まっていた。吹き込んだに違いない。
この際だからと、1リットルくらい真水を流し入れ、ビルジポンプで吐き出した。
除湿剤ももうその限界まで水がたまっていたので、全部回収。
マリントイレも薄汚れていたので、塩素剤で清掃。
てなことをしてたら、海王さんがやってきた。
ここから先はスタッフや保険屋さんとの話になるから、私はすべて海王さんにお任せ。
と同時に、本降りになった。
IMG_0812
 こんな日に上架する奴はいないよなあ。

リルはウェストハウスの庇にたどり着くまでにずぶ濡れ。傘からはみ出るからだよ。
船台に載せられたフネの接触部位を海王さんと確認していると、ピーター・ダックがやってきた。
「当てられたんですってね。レース中ですか?」
「いいえ、給油中です」
「えーっ、給油中!」
さすがのダックさんも初めて聞いたらしい。

一つ一つは軽微だが、船外機二つが当たっているから、わりと範囲は広かった。
海王さんが、スタッフとどう直すかを話していたので、私はここで失礼させてもらう。
下架は金曜日の予定。
IMG_0813
 穴が開いたわけじゃないからね。

丁度正午、お昼を食べようと思って気が付いた。
レストランもやってないんだあ。

Pier1はマリーナ直営だから、やっているだろうとセンターハウスまで歩いていくと、リルはもう濡れネズミ、じゃなかった”濡れ犬”。
でも、レストランの中には入れないから、センターハウスのゲート下で拭いてやり、Pier1のパラソルテーブルに座らせる。
IMG_0815
 来なきゃよかった。

業者でいっぱいの店内から指さされ、雨が吹き込むパラソルの下でチキン南蛮などを食べ終わると、アウトレットの中に入れないから外周を回って駐車場にたどり着くとまた濡れ犬。っていうか、ボロ雑巾。
これで美容院行きが決定したリルだが、マリーナへ行った後や、雨の後にシャンプーだと嫌な思いが募るから、台風が過ぎ去ってからにしよう。
フネ=雨とシャンプーじゃ、二度と行きたくないよなあ。

家に帰ったら、脱走兵がちょうど家を出るところだった。
午前0時を回ってもまだ帰らず。
嵐の前に何やってんだ。





このページのトップヘ