D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ヨット

ちょっと疲れがたまってきた。日常と違うことが続くと疲れやすいな。
ここは普段通りにしてないとダメだ。
また少し出遅れたものの、好天気に誘われてリルとおにぎり持ってマリーナへ。
なにしろこの数日、とても暖かい。今日の最高気温も22℃になるという。10月半ばの陽気だ。
例年だと、10月はヨットにとってのベストシーズンだが、今年は台風だの雨だのでほとんど帆走できなかった。
どうも季節が暦から一月遅れになっているような気がする。9月が10月に、10月が11月にというふうに思うのは私だけか?季節が暦と一致しないというよりも、旧暦に戻ったというべきか。
でもまあ、そんなことより11月にダウンジャケットを着ないで済むのは嬉しいね。
IMG_5358
今日も少し霞んだキラキラの海。
午前中は微風。
いつもどおり、ユラユラと海上を漂う。
IMG_5359
そうそう、これこれ、この穏やかな海がいい。
決して早く走ろうなどと思ってはいないが、そこは昔取った杵柄、微風であれば大きなフネにも負けることはない。
マリーナは定休日だから大型のモータークルーザーもいないし、曳波に翻弄されることもない。
IMG_5384
リルもだんだん眠くなる。
それを見てる私も眠気を感じる、この怠惰な日常。いいねえ。

学生ヨットも秋の新人戦が終わった頃、天下をとった3年坊が意気込み新たに練習してる。でも、やっぱり経験値の差は否めない。夏前の練習風景とはちょっと差がある。
IMG_5365

東風が微妙に南に振れるころ、丁度正午になったのでリルとおにぎり。
うまいんだな、これが。
よく「おにぎり好きなんですか?」と聞かれるが、そう言われて「はい」と答えると、何とかの一つ覚えのように毎日貪ってるイメージを持たれてしまうので、「はあ、まあ日本人ですから」と答えておくことにしている。
だいたい、おにぎりというやつは幼いころから外で食べるものと決まっている。遠足、運動会、家族のピクニック等々。楽しさや笑顔と同居してるおにぎりはそもそも室内で食べるものではないのだ。ましてや、埃っぽいオフィスの蛍光灯の下で、限られた休息時間に、変わり映えのない面々を前にして食べるものではない。おにぎりはそれを食すTPOで味が変わる。
この360度の視界や抜けるような青空や磯の香がする中で、波の音に吸い込まれるほど心が解放されているからこそ美味いのであって、家ではまったく食べることはない。
まあ、隣で涎を流してる奴にはどこで食べても”餌”だが…

沖の根の浮標辺りで南東風が勢力を伸ばし始めたのでUターン。
IMG_5390
今日は午後から強風になるらしい。富士山も冠雪のない姿を現した。
福浦沖では真南になってウサギが跳び始め、マリーナに入る頃には多少の飛沫を浴びた。
3時間ほどのセーリングだったが、実に気持ちよかった。
もうそろそろこんな暖かな日は望めないだろうなあ。


台風22号は昨夜大雨を降らせていつの間にか通り過ぎていった。雨台風の去った夜空は星がさんざめき、オリオンが南にくっきりとその雄姿を煌かせていた。冬の星座があまり輝くと急に風が強くなる。
晴れあがった朝なのに北風は台風通過時より強く、台風一過の暖かさを望んだ気持ちを萎えさせる。
IMG_5292
本日、木枯らし1号なり。
東京周辺と近畿地方にしか出ない「木枯らし1号」。定義としては10月下旬から11月にかけて8m以上の北風が吹くことを言い、これをもって冬の入口とする。

でも、まあ晴れてるし、風さえしのげばそれなりに暖かいだろうとリルとマリーナへ行く。
台風21号はたいへんな爪痕を残していったが、台風22号の暴風は大したことはなかった。ほとんどのフネは大丈夫だったが、逆に木枯らし1号に苛まれているフネがあった。
南風からの対策はしてたが北の強風に対しては準備不足だったのだろう。
IMG_5286
  カンカン鳴ってるよ。

ポンツーンにバウをしこたまぶつけてるフネや、ビミニトップがバタバタしてるフネ、とくに多かったのはブームカバーのフネでメインセイルが飛び出してはらんでしまっていたり、カバー自体がはらんでしまって破けてしまったりしていた。
ブームカバーはスタックパックのように骨となるバテンが入っていないから、シートで丸ごとグルグル巻きにしないと危ない。
IMG_5289
 またなんかやるの?

かく言う私も、スタックパックの骨を1本海にくれてやったので、ちょっと気がかりだったが従前のバテンが寸足らずにも拘わらず頑強に守っていてくれた。
で、早速セイル屋から届けてもらったカーボンファイバーの棒を取り付ける。
IMG_5287
  
が、従前のバテンが奥の方まで入り込んでしまってなかなか取り出せない。
しまったあ、細紐でも付けておけばよかった。
シャックルキーとバテン棒で少しづつ取り出すだけで30分もかかった。

送り届けられた白い骨は逆に15cm長い。
カナノコで切断して、やすりで磨く。
IMG_5288
係留中とはいえ、折からの強風でフネがかなり揺れる。ブローが来ると立っていられない。
つんのめってうっかりまた落とさないように、骨の一端にシートをグルグル巻いて命綱。
よし、なんとかきっちり入った。

ついでにリーフィングシステムを若干変更するためにメインセイルを半分あげにかかる。
これがちょうどクローズホールドくらいの受け風なので、なかなか上がらない。
また肩が少々痛くなる。が、これもなんとか完遂。
なんでこんな日に汗かいてるんだ。

ここでちょうど正午。
オーニングを風よけにしてリルとオニギリ。
IMG_5291
  なんだよその期待感に満ちた目は。

昼を食べたら、ジブセイルの擦れた部分をリペアテープで補強しようと思っていたが、この風ではとても展開する気にはなれずしばらくキャビンで休憩。
なんとなく汗が乾いてきたが、ちょっと悪寒が…
まずい、風邪引きそうだ。今週はガン検診と特定健診が入ってる。
おい、帰るぞ。
IMG_5295




この二日間はよく晴れて、秋の装いを取り戻した。
10月なのにほとんど乗れなかったJollyhotにも波を切って走らせたいし、毎日雨で牢獄暮らしだったリルも遊ばせてやりたい。そんな風に思っている私自身、陽光を浴びながらとびっきり楽しいことを考えたいという感じだった。
教授のディンギー、タカハシの不調、それに加えてボランティアで7か月毎週顔を合わせていた徐さんの離脱など、この10月は全く明るい話がなかった。唯一、母が元気でいてくれたことが何よりだが。

昨日の新聞によれば、ナオト氏のフネが置いてあったマリーナだけでなく、高潮高波でさらわれていったのは湘南全般に及ぶらしい。
江の島の岩屋洞窟、鎌倉材木座海岸の漁師小屋など、定置網等凡そ防波堤のないところは甚大な被害になったという。津波と同じような被害だ。

IMG_5258

昨日は多少白波が立つ順風で、リルと楽しく帆走できた。憂さ晴らしというか、これが普段の生活と言うべきか、潮風をいっぱい吸い込んで飛沫にまみれた。そうだ、海は決して災害の源ではない。
この時季特有のキラキラした水面はまるで宝石のようだった。
IMG_5260

人は海にへばりついて生きる。
私もリルもいつも海の上が一番落ち着く場所だ。決して飽きない場所でもある。そして時間の贅沢を味わうことができる。
IMG_5256
息子が誕生日祝いにくれた自撮り棒とかいうやつで撮ってみた。
なんだか七面倒な代物だが、あいつはあいつで親父のくだらない記録写真をそれなりに楽しんでいる。
ここのところ家には寝に帰るだけの生活をしてるので一緒に乗れないが、今度乗る機会があったらツーショット、いやスリーショットで撮ってやろう。
IMG_5263

風が南東から北東に振れたので、リルとゆっくりランチはできなかった。
往きも帰りもクローズで、片手でサンドイッチを口に放り込むのがやっとだったから、帰港後コクピットでポワーンとしながらモーツアルトを聴き、リルとバナナなどを食べる。
夕暮れも早くなったな。
IMG_5265

今朝起きたら体中が痛い。
雨で籠城生活が続いたからすっかり体がなまってしまった。
実家の世話を手早く終えたはずが、マリーナに着いた頃には昼近くになっていた。
また週末に台風が来るという。当面はまた雨が続く。腰も膝も痛いが、せめて機走の一つもしてやろうと思った。マックに寄ってテイクアウトする。
IMG_5266

マリーナで出港届を出して外に出ると、赤い帽子ミス・リーがやってきた。
月照号を陸揚げしてるという。ラダーのピンドルに亀裂が入った件だ。
ご主人の大佐と、メンテスタッフのHさんがちょうど話をしていた。
どうやらラダーを抜いてピンドルを外し、アメリカの職人に同じ素材で同じものを鋳造させるようだ。
「あとで下架するので、その時ちょっと手伝ってもらっていいですか」と頼まれごと。
頼まれごとは試されごと。二つ返事で引き受ける。

とは言え、情けないことに筋肉痛で我が愛艇に乗るのにも、「イテテ」などと言ってる始末。
とにかく、昼飯にしよう。
コックピットでゴンチチを聴きながら、リルと昼マック。
なんでマックばかり食うのかというと、リルがナゲット好きだからで、私は仕方なく食べていると言った方がいい。ナゲットの衣だけ私が食べて中身はリル行になるから、私はいつも気持ち悪くなる。
てな事をしてたら、ミス・リーから電話。Jollyhotで一緒にお昼をしたいと言う。
って、この時点で私のハンバーガーはわずか一口を残すのみ。
むー。しばらく一口分だけ手に持って夫妻を待っていたが、リルはその欠片をずっと睨みながら涎をダラーン。これはお互いにとって良くない状況だからミス・リーたちが来る前に口に放り込む。
リルにとっては漂流した船での最後の豆一粒みたいな感じになったので、乗り込んだ夫妻がナゲットを持っているのに気づくや、完璧なる集中力で凝視。
IMG_52692
   オマエ、食いすぎ!

結局、夫妻がその噴き出る願望に屈しリルはナゲットをゲット。それもかなりの量に及んだので後々夕飯は減量にされることになる。
IMG_5272

その後リルと機走。今日もきれいだ。
またしばらくこの秋の青とはお別れかあ。
適当にその辺をトコトコ走らせていたら、ミス・リーからメールで下架が3時になったと連絡が入る。
惰眠を貪っていたリルを起こし、ゆっくり帰港。

頼み事は、ラダーを外した月照号をバースまで曳航してもらうので、ポンツーンで待ち受けて欲しいとのこと。
月照号をバースに入れるには180度の回頭が必要になる。ラダーがないと確かに厄介だ。ご近所さんにも声をかけたらしい。
リルとJollyhotで先回りして、バースで待つ。
IMG_5273
  ここどこ?

ご近所のオーナーと短い会話をしながら待っていたが、なかなか姿を見せないのでリルとその辺を散歩。イーストハウスの方は滅多に来ないから、リルは興味津々。
やがて、ポールフックを持ったナンシーがごとくバウに仁王立ちしたミス・リーのフネが曳かれてきた。
IMG_5277

Hさんの巧みな曳航と二本のロープとフックで声を掛け合いながらなんとか作業終了。
ヨット乗りはみんなで助け合う。

でも「死と栄光号」があればなあ。俺たちもっとうまくやれるのに。
さ、帰ろう。






曇天の嫌な気配。
ナオト氏のナンシー号を引き摺って、ほとんど眠れないままリルに起こされる。
このまま、この天気の中ボケーっとしてるとまたいろいろ思い浮かんできてしまうので、リルとマリーナへ。
我が家に届いたスタックパック、どんなものかとマストカバーだけ付けてみる。
IMG_5195
いやあ、こりゃ大きい。ブーム下のバンドを締めてもブームバンクの辺りがポッカリ開いてしまう。
こうなると、全部つけてみたくなる。
勿論、一人でやるには無理があるのは分かっている。
が、家内が手伝うと言ってくれた今度の日曜は横浜マラソンのためほとんど終日交通規制が敷かれ、マリーナに行くには相当朝早く出なければならないことが昨日沿道に立てられた看板で分かった。
実はナオト氏がナンシー号事件の前の日に助っ人を買って出てくれたのだが、家内が手伝ってくれるからと遠慮申し上げたばかり。
朝早くから深夜まで学校に行ってる息子も見込みなしだし、ここは白石康次郎なみに一人でやるかあ。
IMG_5196
メインセイルをバンドして、今使っているスタックパックを外しにかかる。
恐らく一度も外したことがないであろうレイジージャックを外し、ブームの余計なシート類を取り、ブームのグルーブから骨組みを取り除いたスタックを引き寄せる。これが実に渋い。
問題は次、ブームのグースネックを外さなくてはならない。
これが結構しんどい。折れピンを取り、ピンドルを抜くだけなのだが、錆と塩で固まっているし、ブーム自体の重さがあるのでメインハリヤードでブームを吊り上げながら引き抜く。
IMG_5197
ペンチと金槌は必須。
で、図工2の私が一人でやると、こういうことになる。

IMG_5205
 でも、血豆で収まった。

それから、シリコンスプレーをグタグタ塗り付けて、新しいスタックをブームに通す。
生地が固い分するする入る。
IMG_5198

次にエンドをブームに結び、スタックを広げていく。
グースネックの取り付けは先にドライバーを差し込むと位置合わせしやすい。
IMG_5199

スタックパックを広げたら、骨となるアクリル棒を入れ、形を整える。
従前の骨はバテンの長尺物だったが、今回は3本つなぎのアクリル棒。ジョイントはただ差し込むだけなのだが、最後の1本がはずれ、あれよと言う間に海底深くに沈んでいった…
ゲーッ!

仕方ないから片方だけ従前のバテンもどきを使うが、長さが15cmほど足りない。
とは言え、すでに2時近く。昼飯も食べてないし、リルはじーっと動けないでいる。
次になんとかしよう。
IMG_5204
  退屈なんですけど。

骨の1本や2本でうろたえる必要はない。なんだかんだと言っても、帆走や操船にはほとんど影響ない。
まあ、一人でやったのがいけない。
寸法が足りてると思いこんで、レイジージャックを取り付けにかかる。
従前のスタックは長方体に近い形だったが、今度のは三角錐に近い。
IMG_5200
なーるほど、これでマストカバーが大きいわけが分かった。
って、これを探るには犠牲が大きすぎた感がある。

レイジージャックのテンションを調整しながら、出来上がり。
図工2の我輩としては、4時間くらいは毎度の事。流血を見なかっただけでも上出来だろう。
IMG_5203
後は、リーフシステムを付け直して出来上がり。
なんか寒いぞ。

マリーナは本日定休。
リルとマックに寄って帰宅。
IMG_5206

セイル屋に電話しなきゃなあ。

明け方に台風21号は通り抜けたが、その暴風雨はたいへんなものだった。
テレビからは横浜の土砂崩れや、交通機関のストップが映し出されて、選挙結果どころではなかった。
台風一過で気持ちよく晴れたので、リルを連れてマリーナへ行こうとした時、ナオト氏からメールが届く。
「マリーナ壊滅」
併せて、ナンシー号のバラバラになった画像が添付されていた。形があるのはトランサムのみである。
ご本人の許可を得てないので、画像を載せられないが、その美しいトランサムだけが荒れ果てたマリーナの野原に哀しく置かれていた。

絶句…
構想2年、制作に3年。進水式からまだ半年も経ってない。舵社の「KAZI」に特集として取り上げられたのは先月だ。
IMG_3033

マリーナ笠島はすでに営業してなかったが、施設としては一部残っていた。そこを地権者と相談してホームポートにしたのだった。スロープはあったが堤防はなかった。
台風の直撃で江の島では波高10mを超えたというニュースを昨日見た。そんな波があのマリーナに入ったらすべて根こそぎ持っていかれてしまう。

残骸となった画像を見て、どう返事をすべきか分からなかったので、
「なんと言ったらいいか…」としか書けなかった。
その後、何度かメールをやり取りしたが、結局慰めも励ましもできなかった。
エンドウやタカハシが聞いたら、びっくりするだろうな。

取りあえず、自分のフネもチェックしないと。そう思いながらリルとマリーナへ行く。
IMG_5152

台風が過ぎ去って、すでに北北西の風が入っていた。ブローで15m/sを超える強風だったので赤旗が立っていた。
事情が分かってないリルは、久しぶりのマリーナと日差しでご機嫌だった。そんなリルの楽しそうな顔がショックを和らげてくれる。
IMG_5148

Jollyhotはオーニングのショックコードが1本はずれているくらいで問題はなかったし、エンジンも快調だった。ビルジもあの大雨を考えれば微々たるものだ。
周囲を見渡すと、マリーナスタッフがせっせと動いている。
南風の台風と雨で緩んだ舫綱が、今度は真逆の北風に押され、多くのフネがバウをポンツーンにぶつけているからだ。
私の対面のボートなどはアンカーチェーンが緩んで、舳先のアンカーがポンツーンの板をガリガリ削っていた。
ご近所さんの話では昨夜は30m/sの風にてんてこ舞いだったらしい。中にはフォアステーを止めてるピンが錆びていてマストが倒れそうだったフネもあったそうな。
土曜には雨中のオープンレースがあり、参加艇のオーナーが三々五々やってきては濡れ切ったスピンなどを乾していた。
IMG_5154
  今日も出ないの?

すっかり湿ったキャビンのソファなどを乾し、ナオト氏の依頼でビーチボーイズ号を見に行くと、案の定バウがポンツーンに当たっていたので舫を締めなおす。
スタッフも忙しそうなので、少しだけお手伝い。
なんだかんだ言っても、YBMは二重の防波堤があるし、スタッフがぐしょ濡れになって安全を守ってくれる。施設もスタッフも申し分ない。

運動不足のリルとマリーナを散歩。
IMG_5157
  風に立つリル。

歩きながら、ナオト氏の心情を想う。
私に何ができるだろう?
自分が当事者だったら…
むー、しばらくそっとしておいて欲しいかな。
それがどんなフネだって、事故や災害で自分のフネを失うことの悲痛さは他人には推し量れない。
ましてや、ナオト氏のナンシー号は少年時代からの夢。英国から図面を取り寄せて自分一人で作り上げた力作。彼だけしかその重さを知ることはない。
ジョンがツバメ号を座礁させて船体に穴を開けてしまった時、子供心にそのジョンの気持ちを痛感し、2,3日読書を続けることができなかった。
それでも、ツバメ号は復活できるほどの損傷を負ったに過ぎない。
ナンシー号は…

ナオト氏はこの夏、高齢の愛犬を亡くしてもいる。
私のような軽佻浮薄な人間がどうして声などかけられるだろうか。
喪失感というのは、決して薄れることがない。
気持ちが前に向くまで、傍にいるだけしかできない。能がないな。


このページのトップヘ