D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: ヨット

13年間「不明なアプリケーション」でなんとか使ってきたカレンダー機能がとうとう使用できなくなった。これまでのデータもさっぱり読めなくなってちょっとショック。グレードアップだのバージョンアップだのしながらやってきても、大元のソフト会社がなくなれば結局御破算。
この手のブログも同じこと。一番最初にブログをやり始めたところも急な打ち切りで1年で消滅。それでもここに乗り換えてなんとか以前のブログを引き継いだものの、最近ここも陰りが出始めた。
ブログはもう時代遅れになってきたからね。
データはいつか使えなくなる。ワープロ時代から随分と痛い目に遭っているのに、目先の便利さでついつい使ってしまう。バックアップデータなどという言葉に騙されてはいけない。
来年はアナログダイアリーにしよう。やっぱり、手書きの手帳の方がいい。
てな事で、記録写真だけは主だったものをせっせとDPEに出しアナログの写真アルバムにしてる。

IMG_5678

実家の大掃除は弟が先に来て高いところをやってくれたので、比較的楽に済んだ。
今日はやっとマリーナに行くことができたが、最高気温は10℃に届かず。
それでも、穏やかな天気だったので防寒具を着て海に出る。
IMG_5684
 でも、ちょっと寒いよ~

さすがに今日は私の他2艇のみ。微風だし、あまり帆走向きとは言えない風に漂っていた。
東京湾といえども海上は静かなもので、ジャズピアノを聞くには持ってこいだ。
すっかり見慣れた風景なのに、いつも新鮮に感じるのはなぜだろう?
なんだらチェアも塗装が乾いていた。ただ、そこに座っていると風当たりが強いからリルとコクピットで体を寄せ合ってボケーっとしていた。
IMG_5681
ヘリの教習場ではホバリングの練習をしているらしく、時折海面近くまで機体を下げていた。
なんだか失敗したら、こっちまで危なそうなのでできるだけ遠ざかる。
どうも最近ヘリの事故が多いからねえ。
IMG_5686
月曜のシーパラダイスは閑散としている。せっせと動いているのは従業員くらいなもの。
それにしてもこのハーバーはなんだかゴチャゴチャしすぎて、最初のコンセプトが薄れた。
陸置きの学生ヨット以外はもうほとんどない。マリーナとしての機能はないね。

内湾に入って、すっかり寂しくなった海の公園には渡りの水鳥たちがたくさんいた。
オオバンが群れを成しているのも珍しい。
IMG_5691

鼻歌交じりで乗っていたが、リルはまた昼飯を用意してこなかったに気づく。
非常食の魚肉ソーセージを分け合って食べる。
非常食の総入れ替えをしないとなあ。
IMG_5689
     ジーッ。

3時間ほどフラフラしてバースに戻ると、向かいのボートの人がまた釣った鯛をさばいていた。
物はキロ級からちょっと小ぶりのものまで8尾。
どうやって食べるのかと聞くと、鯛めし、鯛茶漬け、こぶ締め、ソテーと多彩だった。
この御仁、鯛が相当好きなんだなあ。
でも、7時半から出港したくないよ。

家に帰ってから健診結果を聞きにクリニックへ。
今回はなにも問題なし!
今度ヤブ医者に酒量を増やしてくれるよう頼んでみようっと。






気持ちよく晴れあがって、気温もうなぎのぼり。本日の最高気温18℃!
朝から南西風で10℃ほどあったが、いかんせんこの時期の西風は突風交じりの強風。とてもじゃないがヨットなんぞに乗れるような風じゃない。と言って、座して見逃すわけにもいかず、宿題のなんだらチェア再塗装をしようとリルと出かける。
IMG_5637
  あったかいよ。

だいたい油性、水性問わず1年中風雨にさらされてるいるので10ヶ月ほどしかもたない。今の安い油性ペンキも今年の1月に塗ったもの。
下地塗装を入念にやったから、少し表面が剥げたくらいどうってことないんだが、どうしても塗りたい色があった。
でも、これがなかなか見つからない。朝からホームセンターを3軒回ってなんとか似たような色合いの水性塗料を見つけてきた。
おかげで昼飯を買っている時間がなく、マリーナへ着くとすぐさま非常食のヌードル。あと3日で賞味期限切れになるところだったから、意外とラッキーかも。IMG_5638
  オマエは食べられないよ。

ただ塗装準備をしながら適当に食べていたのでどこに入ったか分からない。やだねえ、貧乏船主は。

IMG_5646
前回、滑り止めのつもりでわざと刷毛ムラをつけたが、それがあまり良くなかったようだ。
スクレーパーでカサカサの塗装面を削ぎ落とし、それから電動具で表面の塗装を適当に落としていく。
丁寧にやると下地まで削ってしまいそうだし、多少ムラがあった方が塗りやすい。
IMG_5647

で、井形に水性塗料を塗り、仕上げは一方向で滑らかに。
どうせ図工2の私がやることだから、たいしたことじゃない。でも、どうしてもこの色を使いたかった。
IMG_5650
 タン。

ナオト氏のナンシー号のセイルカラー。
P5294041
まだ塗りたてで、渋みが明るいが、乾くとこのセイルカラーになるはず。
ナンシー号は残念なことになったが、その色は継承する。ささやかなレクイエムだ。

IMG_5652
  暇だよ~

この天気なら明日には完全に乾いてるだろう。
あとはいつもエンジンチェックと、ビルジのチェック。
冬場はあまり乗らないけど、オイル交換しておいた方がよさそうだな。

ゆっくり昼寝でもしたいところだが、危うく飛びかけたグローブを掴まえて、今日は退散。
IMG_5653

さすがに、今日は誰も来ていないなあと思ったら、反対バースのY26が5人も載せて戻ってきた。多分ヤードから下架したんだろう。風が強いからちょっと速すぎるスピードで入ってきて、隣のフネにぶつけていた。くわばら、くわばら。
メンテのスタッフも少しいるだけで、いかにも仕事にならないといった感じ。
が、上を見上げて驚いた。
IMG_5655
 ヒエーッ、マスト登りしてるよ。

ミズンマストのハリヤードを新しくしているようだが、そのシートが風になびいてステーに引っかかりそうだった。
まあ、揺れてはいないけれどこんな強風の日にはやりたくないよなあ。

とてもお腹がすきました。



なんだらチェアの背もたれとしてパルピットに付けてる寒冷地用のパイプカバー、365日雨に日差しに雪、あられ、野ざらし状態でよくぞ2年以上ももったものだ。これ1本358円。
貧乏船主だからねえ。
IMG_0053
 今日もよく晴れて、暖かい。

今日は最高気温15℃。乗りたいなあと思ったが家を出る前から西風が振れていた。この時期こんな日は突風が吹いたりする。今日はマリーナも定休だからね。
三日続きのマリーナだけど、リルと昼食とって隠れ家で過ごすことに決めた。
が、途中でスマホを忘れたことに気が付く。いつも適当に写真を撮ってるのはスマホで、ほとんど携帯カメラに近い。
まあ、いいか。そんなものない方がせいせいする。
IMG_00522
  日光浴は食べるもんじゃないよ。

iPadはいつも持っている。これはほとんど音楽用。たっぷりいろんな曲が入っている。こいつをBluetoothの防水用スピーカーで鳴らしている。食事中やメンテ作業中は絶えずなにかの曲が流れているわけだ。
結構大きな音を出しても、ヨットを一歩離れるとあまり聞こえない。密閉性が高いクルーザーだから、音響効果はいい。今日は久しぶりにカメラ機能も使ってみる。
風も強くなってきたから、スローなジャズを聴きながら先に昼飯。今日はパニーニサンド。

パイプカバーはビニール被膜がなされていて、ありがたいことに粘着シールが付いている。2年前は心もとないから結束バンドで要所を留めたが、その必要はなさそうだ。
現物をパルピットにあてがってカッターナイフで切るだけ。
IMG_0054
  リルはおかまいなく寝る。

パイプカバー1本、もれなく使って作業は終了。っていうか、これは作業というほどの事ではない。
暇だから、ブロックやカムに油さし。
たまたま来ていたCatsさんに、PSSの事を訊いてみた。昨年メカニックに点検してもらったらしい。
いくつかの部品を取り換えただけで、結構高額になったと言っていた。彼が高額というのは私には大金だから、ちょっと覚悟しておこう。
IMG_0055
 はい、できあがり。 起きた?

なんだらシート、安い油性ペンキが剥がれだした。下地の水性塗料は全く問題ないから、こんどまた軽く剥がして上塗りしておこう。去年の残りがあったな。
こういう、帆走や機走とは関係ない作業は冬にやることにしてる。
寒いの苦手だから、本当は冬眠したいんだけどね。

家に帰って、スマホを見ると見知らぬ番号からの電話が入っていた。何度もかけて来てるので折り返すと、相手は日本在住のメキシコ人で、明日教室に行ってみたいとのことだった。
聞けば在留20年。来る必要あるのかなあ。
まあスマホはやっぱり、いつも持ってないとダメかな。



よくソーラーシステムを搭載しているフネを見かける。
しばらく来なくてもバッテリー上りがないようにとか、キャビン内の電化製品にはバッテリーを使いたくないという理由からだろう。
それもいい。乗り始めの頃はそれも考えた。特にバッテリー補充電用には最適かもしれない。
でも、私はもっとシンプルに乗りたい。ステレオも冷蔵庫も要らない。ましてやエアコンなどは自室でもあまり使わない。
アンプ計を確認して、電圧が下がっていたら機走で充電する。オルタネーターが動いていれば摩耗はするが、いつも点検していればそうそう故障するものではない。とにかくペラを回す。
小さなロバ”はいつだって厄介なものだ。油まみれになっているフリント船長やロジャのように、ポンコツを罵りながらいじくっているのもある意味楽しい。

で、今日は昨日フル充電した新品のバッテリーを付け替えに行く。その前にまたホームセンターへ寄ってキャプテンズシートの背もたれ(パルピット)用チューブ(水道管に巻くやつ)を買ったりする。
IMG_5588

リルとコクピットでマックを食べるのも久しぶりのような気がする。
オーニングをテント状に張り、風よけにするとそれなりに暖かい。こういうのが好きだね。
実際、ブローズの係留中のヨットなどはこうしている。
今日は14℃。これくらいだとキャビンはストーブをたかなくても寒くない。
IMG_5589
 今日は走らないよ。

バッテリーは16kgほどある。持ち手のない箱のままだとライフラインネットの上から差し入れるとなると重量挙げのクリーン&ジャークのようになる。これが膝にくるな。キャビンの中に入れ込むのも結構腰にくるな。いずれにせよ筋力の衰えは隠せない。
IMG_5591
  付け替え中。

古いものを持ち帰ってチャージャーで蓄電量を計ったら60%だった。一応、チャージングしてみたが80%で表示が動かなくなった。50%を割るとスタータとしては役に立たない。危なかったねえ。
5年は使ったかな。

付け替えが終わったら雲行きが怪しくなってきた。背もたれは後日にしようなどと思っていると、お向かいのボートが戻ってきた。
この方、真鯛専門。先月も70cmはある鯛を釣ってきた。
釣果を訊くと、まあまあだというので見せてもらった。
IMG_55932
 これがまあまあか。60cmはあるよなあ。

今度釣り竿でも持ってくるかな。リルも魚好きだしな。

昨日は息子二十歳の誕生日。両親も呼んで我が家でお祝い。
とうとうあいつと一緒に酒を飲むことになった。
日本酒をお猪口で数杯飲んで顔を赤くしてたから、強い方ではないな。血行がよろしい。
酒に溺れる奴は好きじゃないし、酒席で失敗した人をたくさん見てきたからその方が安心だ。
家内が「どんなケーキが食べたい?」と訊いていたが、まさかペコちゃんのショートケーキとは思わなかった。
IMG_55642
なにかの思い入れがあるのか?
でも、それは私が小さい頃から知っている不二家で、勿論私の両親も馴染みの深いものだから、親子三代で食したことになる。
私は同じく不二家のアップルパイに出会うまで、イチゴのショートケーキがこの世で一番美味しいものだと思っていた。

今日はさすがに海に出る。この時季、最高気温15℃はないと出港する気にはなれない。
微風で願ってもないお日和。リルとオニギリ持って出る。
IMG_5567
さすがに師走ともなると出艇数も減るが、暖かいこともあっていつものフリートには数えきれないほどのヨットが。
大半は学生ヨットだが、どうも八景島沖辺りでクルーザーの草レースがある模様。とてもじゃないが、そんな混んだ海ではリルと仲良くオニギリというわけにはいかない。
針路を逆に、ミナト散歩と決め込む。
IMG_5571
海運業に土日はない。
コンテナ船やタグボートが行き交う横浜港はベイブリッジの中に入るまで結構気を遣う。
初めてなんだろうか、セイルを下ろしたヨットが外堤防の港路で観光船をかわしていた。どう入っていいか分からないようで、私が白灯を左に見て入って行くと一緒についてきたが、運悪くでかいコンテナ船が本牧埠頭D突堤から出てきてヴオーンと汽笛を鳴らされたら慌てて白灯の内側に逃げ込んでいた。
そっちの方がかえって危ない。
IMG_5575
  オニギリ食べる?

ベイブリッジを越えると、せいぜいタグボートかシーバスがまばらに通るくらいで、波もなく実に心地よい。
早速リルとオニギリを食べる。
IMG_5577
大桟橋では、最近週末になると「大桟橋マルシェ」なるものを開催してる。
簡単に言えば、屋台が出てテラス席のようにテーブルが並んでいるというイベント。
ちょうどお昼時だったので、リルの鼻はヒクヒク。
IMG_5576
まあね、肉だのチーズの匂いは気になるところ。
あんまり近づいて人が食べてるのを盗み見するのも憚れて、山下公園寄りに回航。
今でこそ、メディアで映し出されるのはMM21のビル群だが、私にはこちらの風景が一番しっくりくる。
IMG_5578
父の若い頃の写真を見たことがある。
モノクロがセピア色になった、小さな写真にはロングコートにシャッポ(帽子)を被った父が海側の鎖柵に片足をかけてちょっと格好が良かった。あれでマシンガンでも持っていたらシシリアンてな感じ。
私も若い頃にそんなポーズをしてみたが、まるで売れない芸人のように貧相だった。

IMG_5583
この時期は一年で最も日暮れが早い。
暖かくポカポカしてるうちにミナトを出る。
このMM21地区の北側(右端)で父は生まれた。昨日も息子に自分の少年時代を語っていたが、一銭だの五厘だのって、あいつは分かってるのか?

横浜港内は帆走が禁じられているが、港路を出れば問題ない。
東南東の微風に乗ってマリーナに向かう。リルはポカポカ陽気で昼寝しっぱなし。
キラキラした海も2時を回ると少し光彩が変わる。
IMG_5585
この脆弱な光こそが冬の海。
もう冬なんだなあ。

バースに戻ってフネ洗いしていたら、キャビンで大人しくしてる筈のリルにイカの燻製を食われた。
谷公からもらったノンアルのビールで喉を潤しながら食べようと思ってたのに…楽しみがなくなったのですぐに帰ることにする。

家に帰ると注文してあったバッテリーが届いていた。
やっぱり、箱を開けたばかりのバッテリーでも70%ほどしか蓄電されていないんだなあ。
安物のバッテリーチャージャーでフル充電。
IMG_5586

今日はまた日本語能力試験の日、フネを走らせながら彼らの合格を金毘羅さんに祈願。
人生の安航を祈る。
IMG_5566
オマエは夕飯、半分な!


このページのトップヘ