D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ:ヨット > メンテ

2017.8.13  曇り 31℃

この二日間、リルと息子と一緒にマリーナに行っている。
昨日も涼しかった。
マリーナのピーター・ダック曰く
「今年は楽させてもらってますよ」、ってな具合だ。
ミス・リーが月照号の船底塗装をしていた。いつも夏場に上架してるが、今年は仕事が進むのじゃなかろうか。
8月にやっておけば1年はもつ。でもなあ…そこまでの体力ないなあ。
IMG_4607
教授のディンギーの取材はいつ記事になるのかと訊かれたが、私もよく分からない。
編集デスクの裁量の問題でしょうね。

15時過ぎには出港した。順風弱の4~5m/s、北東の風。この時期に北寄りの風だからねえ。
マリーナを出る時に「鬼号」を見た。鬼号には一杯クルーが乗っていたが、誰が船長かはすぐに分かった。
ミス・リーが教えてくれた雰囲気や容貌に間違いはなかった。
手を振ってのご挨拶。もちろん返答がある。
IMG_4610

長いセーリングはできない時間だったが、昨日は息子にセールアップからダウンまで一人でやらせてみた。
勿論、離着岸もだ。
いくつか注意をしたが、ほぼ操船は問題ない。まあ、それだけでシングルハンドは無理だけどね。
ヒヤッとするような体験を何度か積み、安全の確保と、問題解決能力のノウハウを学べば、近場のセーリングぐらいできるようになるだろう。
FullSizeRender

私が教えてやれるのはこんなものしかないからなあ。一子相伝だな。

リルは久しぶりのセーリングにご機嫌。なにしろ涼しいしね。
リルはリルでヒール時のポジションをきっちり身につけている。
IMG_4614
 ヒールした時は風上のデッキにいるんだよ。

セールトリムとティラー操作を教えながら、浦賀7番浮標まで全部息子にやらせる。   
浮標について後ろを振り返らせると、その距離に満足そうな笑みを浮かべていた。 
IMG_4616
まあ、なんでも自信をつけることが一番なんだよな。
2時間半ほどで帰港する。

帰港後、フネ洗いしてる時にブームのスタックカバーにほつれがあるのを発見。
うへー、また縫製工かよ~
とは言え、もう辺りは暗くなり始めており、作業は翌日に回して帰る。

血だらけになるのを覚悟しつつ、息子に手伝いを願い出て朝早くマリーナに行く。
この手のカバーはミシン縫いされているが、1年中風雨にさらされたり直射日光に当たっている訳で、生地が丈夫でもだいたい糸が先にダメになる。
なので、少しでも長持ちさせるためにはセイル補修用の太い蝋塗りの糸がいい。
まあ、器用な人ならそれでスイスイと手縫いできるんだろうが、なにしろ私は図工も2なら家庭科も2。
極めつけの裁縫音痴ときている。
そこへいくと我が愚息、図工も5なら家庭科は4。圧倒的な隔世遺伝の典型。
要領を教えると、結構時間をかけながらもきっちり縫っている。
CIMG0637
 オマエ、やっぱり職人向きだよな。

途中からほとんど息子頼みとなり、私はキャビンのマットを天日干ししたり、扇風機回したり、日傘で影を作っていただけ。
途中でヤマネコ号の船長が訪ねてきた。今日はシングルハンドでセーリングするようだ。
今日は微風で日差しもあるから暑くなりそうだ。

朝方はキャビン内はそれなりに涼しい。
リルは役に立たないので、キャビンで扇風機を独占。
CIMG0636
 ハッチを開けると涼しいよ。

最初は50cmくらいのほつれだと思ったが、縫っている間に弱くなった糸がどんどん切れていくからキリがない。
当初は10時までには終えるつもりだったが、結果的に1時間オーバー。
なにしろ立ち仕事なだけに、途中で水分補給させながら交代しての共同作業。
なんとか2mほどを縫い上げた。
が、その差歴然!


CIMG0641
 右側の方が私、左側のラインが息子。

むー、ちょっと親としての立場がないな。
これが家庭科2と4の差な訳だ。
まあ、こういう時はいっぱい褒めるようにしている。豚もおだてりゃ木に登る。
当面専任縫製工だな。

帰りがけヤードを覗くとミス・リーご夫妻がほとんど船底塗装を終えていた。
”こだわり”のペラ塗装もうまくいったようだ。
明日下架するという。
リルと一緒じゃなきゃ手伝えるんだけどなあ。

夜、アダチ君から電話。キャンプ合流の確認。
そいうえば、まだ何にも用意してない…







2017.6.22

シリンダーヘッド等の交換修理代金を支払いにマリーナの海王さんの所に行く。
長距離運転と昨夜のボランティアで、さすがに疲れを感じていたから、端からヨットに乗ろうなどとは思ってない。
でも、せっかくここまで来て何もしないのも時間の無駄だからと、海王さんにオイルとオイルエレメントを揃えてもらった。ついでにオイルチェンジャーも借りる。
IMG_4304
最後にオイル交換してからまだ半年も経っていないが、シリンダーヘッドも新しくしたし、これから猛暑の夏になるとオイルの劣化が著しいので、ここはすっぱりあたらしくしよう。

オイル交換自身はそんなに難しくないのだが、一緒に替えるオイルエレメントの着脱でいつも失敗してはオイルまみれになっている。
今日は万全を期し、あえて白いズボンなどはいて挑戦。自分の習熟度を計る。

さあ、始めようかと乗り込んだところで、
「アホイ!」と声をかけられる。このYBMでそう声をかけてくるのは二人しかしない。
隣のポンツーンを歩いていたのは”教授”だった。
彼の自作ディンギー「ナンシー号」の進水式以来だから、三週間ぶり。ただ、なにかバタバタとしていたからそれがずいぶん前の事のように感じる。
Beachboys号の船長も一緒だ。
今日は船検の中間検査で来たという。二人して御来訪してくれたのでリルは大喜び。
自作の本棚が見たいという教授に図工2の神髄を見てもらう。
しばらくお話をしてから、これから二人で食事するというので、教授にマックの出前をお願いする。

で、早速にオイル交換。
IMG_4307
エンジンを10分ほど動かしてから、30分待ってチェンジャーに古いオイルを吸い取らせる。
新しいオイルをギヤに0.2リットル、エンジンに1.3リットル。まあ、だいたいこんなもんだ。実際の容量はもう少し多いのだが、古いオイルがどうしても残るからこの程度でとどめておき、後はゲージを見て少し足したりする。

次に問題のエレメント。真横に付いてるから、オイルレンチで緩めた後、クルクル回してスポッと外すと中の真っ黒なオイルがごぼっとこぼれる。最後の一回しの時にウェスをあてがって、上向き加減で抜き取ると被害が少ない。で、即ビニール袋に入れる。
結局はどうやっても多少こぼれるけどね。
今回はまあまあ。
被害は最小限に、そして服も汚さずに済んだ。まあ、手の方はベタベタになるけど…
新しいエレメントは装着時パッキン部分にオイルを塗る。
この作業はどうあっても写真は撮れないなあ。そういう余裕はないね。
FullSizeRender
  ちゃんと見張ってるんだよ。

今日は湿度が高くて、キャビンは低温サウナ状態。こぼれたオイルよりも流した汗の方が多かったんじゃなかろうか?
全て終了させて、エンジンを回してみると、そりゃあもう実に軽快な音。イイネ!

エンジンルーム下をウェスで拭いていたら、丁度教授がマックを持ってご帰還。
油まみれの手をぬぐって、コクピットで食べる。オイル味のフレンチフライもなかなかおつなもの、でもないか…
BlogPaint
 クン、クン。これもいい匂いするよ。

Beachboys3人組は今夜船上パーティーになったらしく、教授も夕刻まで時間を持て余しているご様子なので、本当なら一緒に帆走でもしたかったのだけれど、完全にベタ凪。
私もしとど汗をかいて、余計疲れたからしばらくコクピットでおしゃべり。

オイル交換はこれで終わらない。
チェンジャーに溜まった古いオイルをヤードの廃油庫に捨てなければならない。劣化した硬いオイルだとこれに結構時間を取られる。
今回はまだ新しめのオイルだったので、割とサラッと捨てられた。

教授とポンツーンを散歩して気になるフネを見学。
IMG_4193
また、フネに戻って、教授差し入れのチョコ入りスコーンでおやつ。
リルもしっかりお余り頂戴し、ご機嫌だった。
今日は教授とたくさんお話ししましたあ。

明日こそグータラパパするぞ!



いよいよ運命の日。
シリンダーヘッドを替えてどうにもならなければ、屋形船として10ヶ月過ごし廃船となるなる瀬戸際。
ここはHさんの技量と感に頼るしかない。情けないことだが自分ではどうしようもない。
忙しいHさんだけに、何時にという約束はしていない。第一、部品を揃えるのだって昨日の今日だから、在庫がメーカーにあるかどうかすらわからない。

リルと早めにマリーナへ行き、デッキの拭き掃除などに精を出す。死に化粧か?
今日は良い風が吹いてるし、夏雲も鮮やかに視界がいい。それほど暑くもない絶好のセーリング日和。
こうなるとなんか恨めしい。
結局Hさんは午前中来られなかった。と言って、いつ来るのかなんて連絡もしない。無理を承知での頼み事だけにここはじっと我慢。せいぜいいつ来ても分かるようにポンツーンをリルと散歩しただけ。
IMG_4190
   ジーッ。
昼は最近お気に入りのBLTパニーニを食べる。
フネがなくなったら、こいつを食べることも少なくなるだろうなあ。

Hさんは1時過ぎに来てくれた。
ご自身もゴールデンレトリバーの愛犬をお持ちなので、すぐリルと仲良しになる。
キャビンに入るとすぐに見せられたのがこれ。
IMG_4195
 昨日までついていたシリンダーヘッド。
真ん中にある二つの給気、排気孔両方に亀裂が入っていた。
「排気の逆噴原因をを調べていたら、見つけました。両方に亀裂が入るのは滅多にないです」
ヘッドを交換するなら、古いものを見ることはしないだろうが、Hさんはそれを探ってくれていたわけだ。
それもこんな重いものをわざわざ見せるために持ってきてくれたのである。本当に頭が下がる。

で、いよいよ新しいシリンダーヘッドの付け替えに入る。
IMG_4198
シリンダー室に十分オイルを塗り、燃料ポンプで軽油をなじませる。プーリーを回しながらオイルや軽油がシリンダー上部から染み出すまで室内にゆっくりと馴染ませていく。これがいい加減だとシリンダー室を痛めてしまうからだという。
IMG_4200
新しいガスケットを入れ、止め金具にもオイルを指で塗っていく。
Hさんは一つ一つの過程をきちんと説明しながらやってくれるのだ。
IMG_4203
新しいヘッドアッセンブリー。なんかかわいいよねえ。

これからが微妙な力作業。
IMG_4206
トルクレンチでシリンダーヘッドを締めあげていく。締め上げ量で気密が決まるのだが、これが結構微妙。
ヤードでやれば計測できるのだが…
IMG_4210
バルブロッカーアームとの隙間調整にこんなものを使う。初めて見た。
なんていうのか知らないけれど、このステン板の厚みを保持しつつ、バルブシステムのナットを締めつけていく。
微妙な厚みなんだな、これが。
ここで、一旦休憩。
コクピットでジュースなどを飲みながら雑談していると、たまたま海王さんもやってきて、三人で談笑。
そんな中でもキャビンのリルはおとなしくしていたので、ササミチップスを進呈。
で、いよいよ最後の組み立て。
IMG_4211
ボンネットカバーを付け、新しいミキシングエルボーをエキゾーストにねじ込み、エアエレメントやドレンも新しくして、あとはアース配線とオルタネーターをつけるだけの状態。
燃料ノズルは問題なかったし、Vベルトも大丈夫。塗装が剥がれたエンジンにカラースプレーまでしてくれた。
「あとはちゃんと動くかですね」とHさんはさらっと言う。
3時すぎに全部整って、運命の始動。
電源を入れ、スターターを押す。頼む!

ブルルーン!
おお!!!、間髪入れずに始動。二人で顔を見合わせてにっこり笑う。
暑さに耐えてよく頑張った。感動した!

排煙無し!排水透明!やったーっ!
って、私は何にもしてないんだけどね。
排水が透明であることに感動するなんてちょっとおかしいんだけど、率直にHさんにその感動を述べると、
笑いながら「よかったですねえ」と、さりげなく返される。格好いいよなあ。
この後、試走。
BlogPaint
リルも満足そうに乗ってる。

30分ほど、スロットルを上げたり下げたりしながら、日が傾き始めた沖合を機走。
やっぱり海はいいねえ。
嬉しくて自バースさえ間違ってしまうほどだった。
帰港後、何度も頭を下げながらHさんに感謝。
リルもいつの間にかなついていた。
JOLLYHOTの復活だ。





ガーン!
Jollyhot存亡の危機。
一昨日、もうもうとした黒煙と墨汁のような冷却排水を噴出させて、とうとうエンジンがかからなくなった。
無理してスタートボタンを何度か押すと、心もとなく始動するのだがすぐに止まってしまう。
最初からスロットルを前進に入れ、何度も挑戦するがニュートラ位置まで戻すと、また止まる。
こりゃ、大事だぞ。

てな訳で、一番手短な吸気と排気を点検するところから始めるのが普通。(というか深刻な事態から目をそらす)
エアエレメントは3月末に交換したばかり。で、今日は排気と排水が混ざり合うミキシングエルボーを点検する。
FullSizeRender
ラチェットがあれば猿でも外せるが、エルボーとエキゾースト管がシリコンで補強したらしく、なかなか抜けない。
CRC556などを吹きかけて回しながらやっとの思いで外した。
IMG_4166
うへ、カーボンびっちり。
だが、排気も排水も通らないというほどではない。

エンジン側を鏡で見てみる。
IMG_4168
 煤がひどいが、それほど動脈硬化がある訳じゃない。
指でさらっとふき取ると、ちょっと湿った感じが…ヤバっ!ここに水気があってはならない。
いやーな予感がしてくる。
エルボーをつついて、洗剤で洗っていると、なにか微妙な穴が開いているのに気づく。
試しに冷却水取入れ口にホースをつけ、水を送ってやると…
IMG_4169 (2)
げーっ!エンジン側に水が飛び跳ねてるじゃないの!
こうなるとエルボー交換は当たり前だが、シリンダーヘッドの損傷やシリンダー内への錆付も最悪考えられる。
エンジン換装?無理無理。
もとより、貧乏船主は財政上の理由から今年度限りの引退を覚悟している。とても換装などはできない話。
上架してオーバーホールしてもヘッドを交換したら50万円近くかかる。
廃船か… せっかくみんなで船底塗装したばかりなのに。
年度いっぱい動かぬ屋形船か…
取りあえず海王さんに連絡。

さっそくメカニックのHさんと連絡を取ってくれて、午後になってHさんがやってきてくれた。
不動作の症状とエルボーの話をすると、
「それはちょっと厳しいですねえ。エルボーは一因ですけど、黒煙原因はもっと深い所にあります。5年以上、このフネに乗るなら、換装をお勧めします」
Hさんはメカニックの中でも腕はピカ一で、いつも多忙だ。何度もお世話になっている。
技術も信頼度も高いが、なによりその人柄が好きで、訳もなく話掛けたくなる気心が知れた人だ。
「いやあ、この一年もってくれれば…」
「えっ、やめちゃうんですか。もう少し頑張りましょうよ」
そんな風に言ってくれるのだ。
症状チェックの前に、コクピットで我が家の財政状況や家庭事情などを聞いてくださった。
彼の技術からすれば、私の小舟などはさした仕事ではない。
エンジン音痴の私がYBMに来て間もない頃「ディーゼルエンジン講習会」で講師をしていた彼と会ってから3年。
毎年何度も手にとり足を取って教授してくださった。そのお陰でずいぶんと知識を得ることができた。

Hさんは私の話を聞きながら、自分のフネの話などもしてくれる。多忙な方だからなかなか自分のフネに乗ることさえままならないらしい。
「でも、降りたら二度と持てませんからねえ」
修理の話はさておいて、どうしたら陸に上がらないで済むかを示唆してくれるのだ。ありがたいことだ。

「ご事情はよく分かりました。換装なんて言ってすみませんでした。今できる最善の道を考えましょう。オーバーホールで上架したら50万円ほどかかりますから、ここでシリンダーヘッドを交換しましょう。ただシリンダー室の損傷やシリンダー自体にクラックがあったらどうしようもないですから、その時はその時でまた相談しましょう。開けてみないと分かりませんが、シリンダーヘッドの交換なら20万円かからないと思います。だから、JOLLYHOTさんも頑張りましょうよ。」
なんか胸にぐっときた。すみません、貧乏船主で。

で、さっそく修理にかかるという。一旦ヤードに戻って工具類を持ってきた。今日できることは今やるという彼の姿勢は共感すら覚える。
IMG_4175
なによりびっくりしたのは、ヘッドを外すためにエアフィルターを外した時だった。
一番大丈夫だと思っていたエアエレメントがオイルでグチャグチャになっていたのだ。どうやっても給気ができない。Hさんによると逆噴したのだという。
「こんなにひどいのは初めて見ました」と笑っている。
IMG_4179
プーリーを手で回して圧縮と爆発のタイミングを耳で聞いている。
「圧縮時に漏れる音がしますね」
たしかに耳を傾けているとシューという小さい音が漏れる。気密が保たれていないのだ。
IMG_4182

Hさんは私の目の前で、一つ一つ教えてくださる。私もそれを真剣に聞く。こんな授業は受けられるもんじゃない。
IMG_4184
とうとう、シリンダーヘッドを抜いた。
シリンダー室にエルボーから逆流した水滴が蒸気化したものが作ったか、わずかな赤錆があった。
「どうですか?」
「むーん、頑張ってもらいましょう。2,3年はなんとかね」
IMG_4185
冷却水経路についた結晶をそぎ落とす。見た目にはびっしりついてるが、Hさん曰く「まだましですね」
シリンダー裏のカーボンも丁寧に漉き取っていく。早い!
ガスケットも交換予定。私が回せなかった塩で固着したドレインも抜き取り、これも交換予定。
IMG_4187
明日計測して問題があればノズルチップも交換する。
勿論、エルボーもエアエレメントもだ。
今日はここまで。明日、シリンダーヘッドやガスケットを据え付け圧縮比を計測して締め付けるからこのままにしておいてくれと言う。
IMG_4188
作業中に入った電話で、一息つく間もなくHさんはイーストまでビルジポンプの動作異常を直しに行った。
その後ろ姿に私は何度も頭を下げた。

明日は午後にでも組み立てが終わって試運転ができるという。
また全部作業工程を見るつもりだ。





このページのトップヘ