D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: おでかけ

ささっと、この数日をまとめよう。2017年もあと一日だからね。

えーっと…
パジャマにダウンを着て息子を迎えに行ったのが水曜の午前1:30。『水曜の朝午前3時』はサイモンとガーファンクルだったっけ。まあ、家に帰って寝たのがそんな時間だった。
IMG_5744

連夜の明け方就寝で27日木曜も遅くまで寝ていたかったが、7:30にバイトに出かけた息子にギャンギャン吠えたてたリルに起こされ、グータラできずに終日実家で家内とお節づくり。どうにかお重に詰めるだけになった。それもスーパーで働く弟夫婦が元日出勤だからと昨日半分持って行かれた。
なんだ、あいつらは!

28日金曜は「ポストお節」の準備。
だいたい、この時点でもうお節料理に飽きているから、別な趣のものを食したい。
家内と久しぶりに中華街へ。

IMG_5746 (2)

今年も何度か行ったけれど、いつもリルが一緒だったからリルが入れる店しか行ってなかった。
1年ぶりくらいじゃなかろうかメインストリートを歩いたのは。
IMG_5747
高級レストランが並ぶメインストリートの様変わりにびっくりした。
なにより我が家で長く利用してきた「華勝楼」さんがなくなっていたのはショックだった。
昭和初期の建築でその装飾や部屋仕切りの円卓は、そこにいるだけで贅沢な感じがしたし、江蘇料理の実にさっぱりしたおいしい店だった。私の少ない友人たちの家族とはいつもここで食事したものだ。
今はどうでもいいようなテイクアウトの仮店舗で裏が駐車場になっていた。
「均昌閣」さんや、「新新」といった中堅どころの店が軒並み姿を消していた。
IMG_5748
代わりに、わけのわからぬ土産物屋とテイクアウトの店ばかり目立って、若い娘さんが焼き小籠包などを食い歩いている。これって、神戸に近い雰囲気じゃないの。
それでもかろうじて「永華楼」さんは残っていた。ここも昔からお世話になっている。なんかホッとした。
IMG_5750 (2)

翌29日は”電車”でどうにか鎌倉へ。横須賀線に乗るのは4年ぶりか?
この日は江の島近くに菩提寺がある友人タカハシが墓掃除に来るというので午後から会うことになったのだった。
電車も遅れたせいで少し待たせてしまったが、二人で鎌倉駅周辺を散策。
IMG_57522
 すでに正月飾り。

正月前の平日だし、首都圏では故郷帰りのピークだったから少しは空いてるだろうと思ったら、いやいやそんな事はない。
IMG_5753
 小町通の賑わい。

小町通の雰囲気は中華街と同じ。中華と和の違いこそあれ、やたらとテイクアウトの店ばかり。これを見たらとても、とても世界遺産登録なんて夢のまた夢。なんとも寂しいかぎり。
5分で若宮大路に抜け出す。
IMG_5754
 蕎麦屋。順番待ちでも黍団子を食べてる。

鎌倉彫はなんとか健在だったが、老舗の鰻屋や反物の店は閉まっていた。
タカハシと八幡宮前の鎌倉彫の店にふらっと入る。
ここ雪の下地区は鎌倉彫の彫師や塗師等の専門職人がいるところだったのだが、そういう人たちの家や店はもう傷んだり、傾いたりしてただの廃屋になっていた。千年の間に培われた伝統や技術が絶えようとしているのか?よくこんな状態で世界遺産候補に名乗りを上げたものだ。

私は滑川沿いの、若宮大路東地区が好きだ。
若宮大路を挟んで東と西では雲泥の差がある。こちらは閑静な住宅街で、豪奢な私邸も立ち並ぶ。
”私の鎌倉”はこの静かで落ち着いた昔ながらの町。
IMG_5758
 宝戒寺

まあ、おっさん二人だから若々しいエネルギーに押されるとたじろぐわけだ。
花の時期には小庭の美しい宝戒寺、日蓮辻説法跡、蛭子神社、恵比寿様の本覚寺と回っていく。
この滑川沿いは執権北条氏の滅亡ととても関わりが深い場所でもある。
宝戒寺は新田義貞に追い詰められた得宗家最後の高時(14代)が自害した場所の近く。付き従った一族郎党も後を追い、滑川は血で染まったという。ある意味、怨霊が彷徨うと忌み嫌われた地でもある。
北条は16代までとあるが、そちらは高時の分家に当たる筋。本家(得宗)高時の死をもって鎌倉幕府は滅亡となる。その後の鎌倉は新興宗派の拠点になったりしていく。
IMG_5757

まあ、そんな話をつらつら織り交ぜながら、老人二人がトボトボと歩いてるわけだ。
私が鎌倉で一番好きな場所は妙本寺。
妙本寺のある比企谷(ひきがやつ)は日蓮宗最初の寺社ということになっている。日蓮は宗派、寺社は持たなかったので弟子たちがその後あちこちで寺社を建てることになる。それでもこの妙本寺は北条によって一族滅亡に追い込まれた比企氏が聖人本人に寄進を申し出た最初の寺ということになっている。
その後日朗、日輪に受け継がれているから保守本流だろう。
荘厳にして簡素。土産もお守りも売らない。本堂はいつも閉ざされ(ガラス越しに中は見える)、ご本尊も見ることができない。だから秘仏なのかどうなのかもわからない。
まあ、団子食いながら上がってくる輩にはつまらないだろう。
なので、いつもひっそりとしている。
学生時代、罰当たりにもこのお寺さんの本堂で本を読みながらよく転寝をしていたっけ。谷間だから夏は涼しい。
この妙本寺を知ったのは立原正秋(この日、名前が出てこなかった)の小説「残りの雪」。酔芙蓉がイメージとして残る。

鎌倉駅前でコーヒーを飲み、東戸塚で酒を交わす。ほとんど塩の話と落語の話しか覚えてない。
定期券を忘れてきたタカハシに酒代を払ってもらったのは痛恨の極み。で、居酒屋をはしごしました。(内緒)
タカハシ、とても楽しかったよ。ごちそうさまでした!
IMG_5768
 出来上がってるよなあ。


今日は午後から今年最後のマリーナ。
フネの点検と給油のみ。あとはエンジンの調子を見るためにせいぜいマリーナの中を走らせただけ。
IMG_5775

今日は比較的暖かいので、ボートの人たちが”釣り収め”をしていた。ヨット連中はコクピットで昼間から飲んでご機嫌そうだった。
午後から行っても、すぐ日暮れるよなあ。
IMG_5774

Jollyhot にこの一年よく頑張ってくれたことを感謝し、またブラッシングしなきゃいけなくなったリルを気にしながら日暮れ前に帰宅。
明日は大晦日かあ。


「あったかくなったら行くよ」
と言いながら、もう暖かいも暑いも通り越して寒い。
ターホーに約束した伊豆高原のリゾート(彼の職場)、忘れていたわけではなかったが、彼の仕事が忙しく連絡してもなかなか都合がつかなかったこともあり、寒くなってやっと約束を果たす日がやってきた。しかも、連絡をしたのが昨日のこと。
彼が同期の同僚の死去を知って横浜にやってきたのが2月だから、ずいぶんと日が空いたものだ。
IMG_5446
  大島が近くに見える
リルと泊まれて遊べる施設があるホテルだから、一緒に連れて行きたかったが、じっくり膝を交えて話をするにはちょっと邪魔だし、また長いドライブだからリルにとっては苦痛。
次は家族でゆっくり泊りがけで来ることにして、私は約束を守るために「走れ メロス」。
IMG_5441
  伊東マリンタウン

閑散期とは言え、彼は普通に仕事中。人気のある”わんわんP”だから、11時チェックアウト後に着き、15時のチェックイン前には辞去しなくてはならない。
途中、伊東マリンタウンで時間調整して11時15分ぐらいに着いた。

なんだかんだ言っても伊豆は暖かい。横浜と2℃くらい違う。
大島、利島、新島とくっきり見えるほどの秋晴れ。やっぱりリルも連れてくればよかったかなあとちょっと後悔。
フロントでマネージャーである彼を呼んでもらう。
昨日会ったように気さくな顔で迎えてくれた。
客がまだたくさんいるロビーで海を見ながら話す。
若手社員の待遇やら、年金やら、ヨットやらその他もろもろ。1分として話が途切れない。
珈琲をすすり終わる頃には大きな窓からの陽光で暑いくらいだったので、ついでに施設見学。
IMG_54442

「チェックアウトしても、客はそのまま居座ってみんな遊んでいくんだよ」
確かに、ロビーにもドッグランにも小さい犬たちがキャンキャン吠えて嬉しそうに跳ね回っていた。
ナオト氏の末っ子じゃないが、陸より水が好きなラブ達が時折ざぶーんとプールに飛び込んでいたりする。
IMG_5445

「あのままレストランに来るからねえ」
とまあ、これじゃ昼もなかなか休めない。
私と八ヶ岳で働いていた時も、まともに昼飯をとったことなどなかったっけ。
いつもチェックイン前のわずかな時間に物を無理矢理胃に流し込んだっていう感じだったからなあ。

彼はすでに定年退職してる。
今は再雇用という形でこの宿泊施設を任されている。いろんな意味で彼はこのグループ会社では有用な人物なので、会社側が辞めさせてくれない。それでも就業規則上は一度定年になる。
別れ際に、
「辞めさせてくれないけど、辞めたら何していいかわからん」とも言っていた。
「キャンピングカーでも買って日本中回ってみるかな」
それでも、40年働いてきてすっかり仕事と生活と生きがいが一緒になってる、なんだか職人みたいだった。なにより楽しそうだ。
「無理に辞める必要はないよ」
そう言って別れた。

IMG_5464

帰りもさらに晴れて気持ちいいドライブとなった。
網代や小田原に寄ってたくさん土産を買った。っていうか、自分が食べたかったものを買い込んできた。
夕方に帰宅。
リルは土産の干物や昼に食べた鯖の味りん干の匂いを嗅ぎつけ、その置いてけぼりをなじり、私に体当たりをしてくる。疲れてはいたけど散歩に連れて行き、伊豆のリゾートの話をしてやるのだった。
6FA9A9D4-A6D4-471A-9B49-B199F36771D9
  邪智暴虐の王だ…

今度みんなで行こうな。


昨日、熊本のスミノクラ氏より、荒尾梨が送られてきた。
私は果物の中で梨が一番の好物。とりわけ荒尾梨はそのきめの細かさやしっかりした歯ごたえ、芳醇な甘みに特徴があり、梨の中では群を抜く美味さだ。
てな事を書くと、彼に催促してるような感じになるのでここは控えめにしよう。たいへん申し訳なく、またありがたく思っておりまする。
とは言え、今年の荒尾梨は糖度が高く、香りもいい。まるで、ふくよかなブランデーを浸み込ませたような深い味がする。
IMG_5064
 リルにも分かる。

せめて死ぬ前に一度は味わっていただきたいが、残念ながらこちらのスーパーではお目にかかれない。
かくなる美味は誰にも渡さず独り占めしたいところだが、家人もその絶妙な美味しさを知ってしまったために、反乱が起きないようが平等に管理している。(リルも虎視眈々と誰かが落とさないか狙っている)

昨日はまた気温26℃まで上がって、風も北東の涼風。谷公と会う前に、リルとオニギリ持ってセーリング。
IMG_5058

2週間後にオープンヨットレースがあるので、皆さん練習に余念がない。
サンデーセーラーの皆さんもゲストをごっそり乗せて、秋の海の爽快さを満喫している。
同型のヨット何杯かにクローズの走りを挑まれたので、根岸沖の浮標まで練習相手になってやった。
まだまだレース初めの素人さんらしく、上りも滑りも我がJOLLYHOTには及ばないし、マーク回航の見通しも甘い。ちゃんと潮の流れを読まないとねえ。
まあ、参加することに意義があるか。
IMG_5061
 暑いよ~

谷公とはコクピットで会談。ギャレーでベーコンなど焼き、ノンアルコールビールで乾杯。
そうそう、土管の煙突があるフネでは”ベーコン”は必須。フネでベーコンを焼くのは半世紀前からの念願だった。ジョーのネズミの代わりにリルがおこぼれを狙っていた。
でもなあ、ノンアルコールビールってうまくないねえ。って、「お持たせ」なんだけどね。
近況を話し合い、宝くじが当たることを祈って日暮れ前にお開き。
しかし谷公、もう少し痩せないとそのうちフネに乗れなくなるぞ。
リルはじっと我慢していい子だったので、家に帰ってビッケ2枚!

今日は家族みんなでMM21で開かれている「よこはま国際フェスタ」に行く。
IMG_5068
  横浜美術館

この時季、横浜の週末はイベントが目白押し。トリエンナーレにジャズ祭、赤レンガのオクトーバーフェスタや山下公園のワールドフェスタ、中華街の中秋節から国慶節、そりゃまあ、街のいたるところに音楽と美味しい食べ物の匂いが満ち溢れている。
市外、県外、国外からごっそり観光客が押し寄せるが、その全員の胃袋を満たしキャパシティをカバーできるのがまた横浜。
IMG_5072
 リルはキョロキョロしながら食べ物の匂いに夢中

我が家はだいたい山下公園のワールドフェスタで、バクバクと異国の料理を味わうのが恒例だが、今年はちょっと顔出ししなくてはならないところがあったのでMM21に行く。
IMG_5069
  ボランティアの元締めのブース

それでも、ケバブやブリトー、ネパール焼きそばなどをバクバク食べて帰る。
あれ、結局匂いに魅せられるんだよねえ。
リルもおこぼれに与り、かつまたたくさんお散歩ができたので満足。
家に帰ったら、グースカ駄犬となっていた。
IMG_5079

私も久しぶりに人混みに出たので、ちょっとお疲れ。息子はなんとこの後、大学に行き部活。
若さっていうのは一日の活動量の多さかな。

またちょっと日が空いてしまった。こういう時は調子が悪いか忙しいかのどっちかだ。
この数日、気温がグンと低くなった。日中でも20℃を割る日がある。
リルにとっては最高のシーズンだが、いかんせん昨日も今日も雨。
IMG_5052 (2)
 寝るっきゃない。

とても寒い日だった4日水曜のボランティア教室では、新しく韓国人のヘジンさんが加わった。
9月にワーキングホリデイを使って日本に来たばかりだが、教室参加の意向は日本語のメールで伝えてきた。細かな誤りはあるのだけれど、日本語で参加したいとメールを受け取ったのは初めてだったから、どのくらい勉強したのかを訊くと、大学卒業後に韓国の日語学院で4か月学んだという。
うーん、さすが高学歴社会。すでにN-2に近い日本語能力を持っている。徐さんにはいい刺激になるだろう。

最近、息子の帰りが遅い。決して遊んでくるわけではない。
横浜駅で終電ギリギリの時間なので家に着くのは午前0時をとっくに回っている。2回に1度は夕飯も食べてないので、私が用意することになる。それから風呂に入って、明日の準備をして…となると息子の就寝も午前2時を回る。同じく”暇そうな”私は戸締りをし、洗い物をし、洗濯機の予約タイマーをセットするので、就寝はよくて2時。うっかり寝るタイミングをはずすと3時過ぎる。
家内は毎朝6時前には起きて朝食の支度をする。そうするとリルが起きだして雄鶏のように鳴きだす。
で、当然寝不足となる。私の場合、一度起きたら二度寝はできない性分。

それでもボランティアの翌日はよく晴れたので、リルとマリーナへ行く。
ボランティアの夜は私自身帰りが遅いので木曜日はぐったりしてることが多い。よほど調子が良くないとマリーナへ行ってもフネに乗ろうという気にはなれない。のんびり潮風に吹かれて音楽を聴くのがリフレッシュ策。
IMG_5032
  お昼ご飯、食べようよ~

ただ、行けば行ったでなにかしら作業することがある。というか、絶えずなにかを直してる。この日も外付けのスピーカー(死んでる)が破損していたので瞬間接着剤で直していた。
こいつを取り外して、そこにソーラーベンチレーターを付けたいのだが、おそらくエポキシ接着剤かなにかでがっちりと貼り付けてあるので、どうやっても取りはずすことができない。
お声をかけてくれたCatsさんに「ホットシーラーを使えば取れるかもしれない」とアドバイスをもらった。

昨日6日金曜日は雨。午後から結構強くなった。
朝から霧雨が降ったりやんだりしていたのでリルは連れ出せない。寝不足の私も濡れたくはない。ただボーっとしていてもしょうがないから、雨が降り出す前の間隙を縫って大桟橋へ行く。
今、豪華客船「セレブリティミレニアム号」が停泊している。
IMG_5048

実際のところは私もよく知らなかったのだけれど、全長294m総トン数91000tのどでかい船だ。
日本の誇る飛鳥Ⅱが約50000総トンだから、いかに大きいかがわかる。
ミレニアムと名がつくくらいなので2000年の就航。
こういう豪華クルーズ船は概ね乗客と乗員の比が2:1となっている。この船の乗員は999名。稼働率が良くても悪くてもこの人数は一定。従ってこの人件費が高額な乗船料となる訳だが、それでもこのセレブリティミレニアムはクルーズ業界では最上級クラスではない。
IMG_5045

世の中にはとんでもない金持ちがいるんだなあ。
尤も最上級クラスのクイーンエリザベスⅡに乗ってしまうと、晩飯の時にいつもタキシードかなんか着なきゃいけないしなあ。言わば洋上の社交場、貧乏人が窮屈な思いで1週間や10日乗っても楽しくないな。
やっぱり、土管の煙突を立てた救助艇の方が似合ってる。
IMG_5049
 搭載救命艇。(煙突ないし、居心地悪そうだな)

で、今日は家の衣替え。衣替えと言うより夏物を片づけると言った方が早い。
扇風機なんかもう見たくないからねえ。
あ、エアコンのフィルターをクリーニングするの忘れた!
明日からの3連休で、全部終わらせよう。そしたら、寒い日にリルと炬燵でゴロゴロできるな。
私のラグジュアリーヨットも、そろそろカセットボンベストーブを持っていくかな。
IMG_5054 (2)
 外でくつろぐリル。

明日は谷公とコクピット会談の予定。







この数年、桧原湖でセイルを揚げたフネは見たことがない。尤も夏場に行ってるだけだが…
週末になるとカヌーやカヤックの体験教室が東岸で開かれて、子供たちが楽しんでいる。
手漕ぎボートに乗る人もいなくなった。
水遊びの主流はフィッシングで、平日でもトロトロ移動する電動エンジンのフネが幅を利かせている。
P8174073
30年前くらいに誰かが持ちいれた外来種のブラックバスに、ニジマスやヒメマスの存在が脅かされ村でも駆逐作戦などをしていたが、悪食ブラックバスはその旺盛な繁殖力と、釣られても逃がされるゲームフィッシングで湖を制覇していった。
IMG_4662
バブルがはじけて、村の観光にも影響が及ぶと、制御できなくなったブラックバスの対策よりもそれを観光の目玉にしようという動きになった。
冬の目玉だったワカサギの穴釣りよりも夏のブラックバスという感じだ。やがてワカサギも枯れるだろう。かつては佃煮が作れるくらいいた川海老もあまり見られない。
P8174072
一見代わり映えのない桧原湖だが、水の中の生態は大きく変わった。

キャンプ中は毎夜雨が降った。
トタン1枚のバンガローではちょっとの雨でも大きく響く。とりわけ就寝時の大雨だと逃げ出したくなるような破壊音だ。
こんな時は戦後の焼け野原で廃材を集めてバラックに住んでいた祖父や父を考えることにしてる。
こんな古いバンガローのようなものだったに違いない。私の小さい頃にはちゃんとした家屋になっていたがそれでもトタン葺きの家は多かった。

三日目は曇天で今にも降りそうな感じだったので、リルも連れて喜多方に降りる。
午前中は喜多方も細かな雨が降っていた。
喜多方では車のガソリンを入れることにしている。桧原湖周辺にはガソリンスタンドがない。
それから食料の調達や、毎回のことながら喜多方ラーメンを食べたりする。
喜多方ラーメン
喜多方ラーメンのルーツは横浜なのだが、いわゆる”中華そば”がこの山間の地でご当地ラーメンとなって人気が出たのはこの30年というところだ。
喜多方の飯屋で出されたラーメンが蕎麦中心だった麺の文化を大きく変えることになる。だから、喜多方の老舗のラーメン店は坂内食堂や阿部食堂というように”食堂”の字がつく。
「元祖喜多方ラーメン」などというのは新参もので、老舗の人気店では中華そばとか支那そばとかいう。いちいち”喜多方”などとはつけない。
かつては蔵の町だった喜多方は今ではラーメンの町である。
ちなみにラーメン消費量が一番多い県は山形なのだそうである。たしかに山形の人たちはよくラーメンを食べる。家内もラーメン好きだ。
でも、東京や大阪ではそんな統計をいちいちとらないだろう。餃子にしたって横浜でどれくらい食べられたかなんて誰も知らないからねえ。浜松と宇都宮の餃子戦争がアホらしく見えることがある。

午後には雨も止んで、帰りがけラビスパに寄る。
都会から田舎へ来たのだろう子供たちが横暴にふるまっていて、まるでプールの延長だ。
タオルを浴槽に投げ入れては飛び込んで取り、カランの周りでは水のかけっこをし、露天では温泉を周りの植栽にバサバサと掛けている。
父親が傍にいるのだけど全く注意をしない。我が家の風呂でもそうするのか?
桶で植栽に温泉をかけていた子供に、
「お湯をかけたら植木がみんな枯れちゃうよ」と注意したら、なぜか呆然と立ち尽くしていた。父親のところに行って私を指さして何か言ったと思ったら、そのまま親子で風呂場を出て行った。
外国人のマナーがどうのとは言うのにね。

キャンプ場に戻る頃にはほとんど雲もなくなり、カンチェンジュンガにその山容を露わにした。
P8184092
磐梯山はその噴火で山体崩壊したので、頂上は未だに8合目ということになっている。
リルを含めて3年ほど前に登ったが、今のたるんだ体ではちょっと無理かなあ。
リルはまだまだ登れるだろうな。
P8174078

この日はリルの避暑にならなかったので、長い散歩をしフリスビーで遊んでやる。
雨の日はどこに行こうとリルには面白くないからね。
ランプとリル
 お腹空いたよ。

夕飯の支度は(プルコギ)は家内に任せて、バッチャンが差し入れてくれた胡瓜の甘辛煮を食べながら、暮れなずむカンチェンジュンガを飽かず眺めていた。
夕方のカンチェンジュンガ

夜、僅か1時間ばかりだが満天の星空が見えた。本来なら三日月が出ているはずだったが、折よく雲に隠れていた。
本当の闇がそこにあり、風もなく波もないこんな日は湖面に星空が映る。
上空のジェット機の点滅が湖上を渡り、薄っすらシルエットとなった陸は鏡のようにその暗い相似形を水面に映している。
上と下に星があり、なにか宇宙空間に放り出されたような感覚になる。
そこに蛍が舞い飛んで揺らめいた光を投げかけると、眩暈すらする。
見渡す湖岸に灯が七つあり、それで人間界にいることを実感するのだ。

この後、深夜にはまた大雨となったが、また朝になると薄日が差してきた。
キャンプの撤収は前日から少しずつ用意する。
すっかり早起きになった我が家族、息子はリルの散歩に行き、家内が朝食を用意し、私が撤収準備をする。なにも言わなくてもそういう役回りになっている。
ごはん?
   ゴハン?
簡単な朝食を食べ終わると、荷物を車に詰め込む。
こんな時は少し寂しい気持ちになる反面、家の寝心地のいいベッドに寝られるという期待感も増す。
息子などはニヤニヤしてる。
IMG_4723

下界に戻れば10℃は違う。その暑さを覚悟しなければならない。
ジッチャン、バッチャンと淹れてくれたコーヒーを飲みながら、介護の話などをし、そうして帰る踏ん切りをつける。

帰りは往きにとばした五百川PAまで息子に運転させ、後は私が一気に家まで走らせる。途中、那須高原SAで休憩を取ったぐらいだ。
IMG_4726

皆さんが昼食を食べているときに鬼門の首都高を抜けたので、作戦は成功。
それでも、キャンプは家に戻ってからも勝負。
14:00には家に戻ったが、洗濯したり、食器洗ったり、寝袋乾したり、キャンプ道具を片づけたりとやることは多い。この分の余力を残しておかなければならない。
運転手には多少の減免措置があるが、あくまで多少だ。
ダラダラと汗が出る中で、缶詰め状態だったリルが遊べ、遊べと吠えまくる。
やっかましいぞ!
そのリルも、ものの10分も歩かないうちに舌を出してハアハアとなる。そのうちゲリラ豪雨になった。
天国と地獄だな。






このページのトップヘ