D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 生活

墓参りの日。
両親を車に乗せたが、家の鍵がないなどといつものように母のナイナイ節が始まる。なくさないようにとバッグに紐で括り付けてあるのだが、その固く結んだ紐をいったいいつ、どうやって外すのか皆目見当がつかない。
家内が取り敢えず家に入って捜すけれど、こんな時は絶対に出てこない。
先に車に乗り込んだ父が愚痴をこぼす。
「昨日はあったんだよ。まったく、毎日毎日なにかがないって捜させられるからねえ」
と、今日はご立腹のご様子。
「とうとう、洗濯機も壊しちゃったよ。入るだけ押し込んで、中のものが取れなくて、動かなくなった」
だいたい、墓参りの日には何かが壊れることになっている。

霊園は混んでいた。
脚の悪い父に家内が寄り添い、私は散歩気分ではしゃいでいるリルを制御してる。その間に、足腰だけは丈夫な母がスタスタと先に歩いて行ってしまうが、墓の場所など覚えているはずもなく、時々立ち止まってはみんなを待っている。なんで一緒に歩けないかねえ。
IMG_0900
 おい、どこ見てんだよ。

去年までは墓掃除ができた父も、今年はせいぜい花台に水をやるぐらいが精いっぱい。母も雑草取りくらいしかできない。息子がいない分、私が墓石をきれいに拭き上げる。
IMG_0899
 誰の墓だと思ってるんだろう?

コニーの墓にもお参りするが、管理費を払うからと事務所に行く父を一人にしておけず、また母をその辺に置き捨てたらどこへ行くか分からないので、コニーの墓参りには家内とリルだけ行ってもらう。
IMG_0901
 また財布がないらしい。

役に立たないようで、息子はそれなりに必要性があるんだなあと実感。逃亡者め。
普段なら、この後お昼の会食だが、今日は彼岸の中日ということもあって車が渋滞。とてもじゃないがレストランなどに寄る余裕がない。リルをずっと待たせなくてはならないし。
「近くのスーパーで駅弁フェアやってたから、家で駅弁食べよう」
で、家内と母が適当に買ってきた駅弁を我が家で食べる。
item_6517_2

駅弁は当然冷えたものだから、家内が朝の味噌汁を温めたり、漬物などを出したりして、それなりに食卓を飾る。
その作り置きの味噌汁を一口飲んだ父が、
「お母さん、これ飲んでごらんよ。これが味噌汁だよ」
といたく感服してる。私には、ちょっと煮詰まってしょっぱく感じるのだが…
「うちの味噌汁なんて、しょっぱくて飲めないんだよ」と父。
いったいどういう味噌汁なんだ?
item_7113_2
母はその時だけ不機嫌な顔をするが、栗おこわの栗を一つ食べたら、その会話はもう忘れてしまう。
ちょっと気の毒だったので、食べ終わってから母を外のデッキに連れ出し、オレンジジュースや月餅を食べさせる。
このデッキはいつもいい風が吹き抜ける。
暑くも寒くもないパラソルの下で、母はそんな涼風を全身で受け止めて、とても嬉しそうだ。

家内と父が洗濯機のチラシを見ている。飴やガムじゃないんだから、これ頂戴、はいよ。ってな訳にはいかない。在庫があるか、配送に何日かかるか、配送費や設置費、廃棄費用を考えないと家電は買えない。それに、とにかく設置場所の寸法を測らないと、ご希望の洗濯機が入るか入らないか分からないじゃないの。
で、家内がミニバイクをとばして実家へ寸法を測りに行く。ご苦労なこった。
IMG_5249 (2)

その後、はしゃぎまわって午睡に入ったリルを留守番させ、またみんなで電気量販店へ向かう。
何しろ老人二人だから大きなものは要らない。問題は、どうせ配送される日には母が忘れているので、「聞いてない」と業者を追い返すことと、まったく操作ができないという点だ。
操作といっても電源を入れてスタートボタンを押すだけだが、機械が新しくなるとそれがもうできない。
だいたい、洗濯したのを忘れてしまうから、洗濯が終わった物も出さずに毎日どんどんと詰め込んで壊れたわけだ。
これで実家へ行った際の点検項目がまた一つ増えることになるな。

両親を実家に送り届け、家に帰るともう夕方。
こうやって、セーリング日和が消えていくわけだ。



ここのところ大気が不安定で、とんでもない集中豪雨となる。昨日も今日も夜になると断続的なゲリラ豪雨。うっかり散歩もできない。

『雨宿り 額の文字を よく覚え』 

なんて小粋な川柳の一つもひねり出したいが、山門で雨宿りなんて風情じゃない。
雨溢れ 寝ぼけた犬が 吠え続け てなもんだ。

今日は健診とがん検診の日。面倒だから一緒にやってくれと頼んだが、相変わらず予定時刻より45分も遅れて始まる。朝飯抜いてるんだからさあ、少しは時間守ってくれないかねえ。
「採血しますから、朝早い方がいいですね」って、予約時に言ってくれたのを真に受ける私が悪いのか。
IMG_0865

担当した若い医者に、特定健診なんて、すでに高脂血と高血圧の薬をもらってるいるのだから受ける必要があるのか訊いてみた。
「毎月、クリニックで血圧などの測定してますし、年に一度は採血もあるんですよねえ。薬も処方されてますから、別に受けなくてもいいんじゃないでしょうかねえ」ときた。
それ、言質。来年からやめるぞ。
まあ、がん検診は他のクリニックに行こう。

結局終わったのが11時過ぎ。結果は一月後。
お腹が空いたので何か食べようと思ったが、最近はみんな11時半の開店。朝飯重視の私にはその20分ほどが待てない。コンビニで昼飯分も合わせてごっそり買って帰る。
IMG_0864
 また雨降るかもよ。

リルにじっと見つめられつつ食事を済ませると、ミニバイクで最寄りの警察署へ。
車の免許更新。
二俣川の運転免許センターへ行けば即日交付なのだが、ここがまた不便なところ。前回行ったときはたまたま別の用事が入っていたからで、横浜駅で電車を乗り換えると言うだけで面倒。即日配布といいながらたっぷり半日かかるから、地元の所轄へいったわけだ。
IMG_0869

が、なんというか警察事務の横柄な事。いかにも面倒な顔をしながら、免許証の自動読み取り機や、それと一緒に出てくる更新申込書の書き方を口早に説明すると、適当な視力検査だけ行う。
今回も「眼鏡」無しだが、私の乱視では”C”の記号が三つくらいに見える。まるで万華鏡だよ。
で、免許交付と講習は2か月後に区庁舎内にある公会堂で行うと言う。そんなことはどこにも書かれてないから、
「えっ、区役所?」
思わず聞いてしまう。この警察署からだって区役所に行くには地下鉄で3駅。我が家からだとバスの乗り継ぎか、私鉄でやはり3駅乗って共に15分歩く。なんで警察署でやらないのよ。
「都合が悪かったら、二俣川の運転免許センターに行ってください」だと。
こんな自分たちに都合がいいような合理化してるから、脱獄されるんだよ。

帰りがけ実家に立ち寄る。
まあ、最近はエアコン点けなくていいし、在宅医療システムも入ったし、宅配のおかずも頼んでるから、様子見程度。カニ会席以後父の状態はすこぶるよく、
「市の長寿番付トップを狙う」などと口走るようになった。
母に長生きしてほしいと言われたからだ。
つまり、母は一人残されたら生きていけないと自覚したわけだ。
なんでもいいから、長生きしてほしい。
でもさ、長寿番付一位って何歳なんだ?こっちの方が危ないよなあ。
IMG_0872

夕方には帰宅した。できればマリーナにでも行きたかったが、案の定大気不安定。
千葉の方は確実にゲリラ豪雨になっている。
留守番させた上に雨に降られたのではリルも頭にくるな。
西風が心地よいので散歩をする。それでも頭上には黒雲がかかり始める。
IMG_0873
 暑くないよ、雨も降ってないよ。

我が家の周辺には新築物件がいくつも売りだされている。つい半年前まではバラを愛でていた爺様や、庭木の手入れをしていた婆様が住んでいたところだ。
オープンハウスと銘打った新築の家では見学に来た家族の子どもの声が響く。
こうやっていつも新しく何かが変わっていくのが都会なのだ。10年もするとそこに以前誰が住んでいたかもわからなくなる。

明日から息子が実習で山形へ行く。10月いっぱいまで帰ってこない。
リルは寂しいだろうなあ。でも、あと2年もすれば家を出ていくかもしれないから、予行演習ということで。
P8110659

しょうがない、脱走者に少し小遣いやるか。








朝方まで降っていた雨だが、午前中には上がってひんやりとした冷気が鈍色の街を潤した。
本日の最高気温24℃。正午の気温は先日の八ヶ岳より低く、リルの散歩は避暑地を逍遥するがごとく。
IMG_0802
 気持ちいいねえ。

尤も、今年最強と言われる台風21号が接近して、二日後には予報円のど真ん中。
こんな時に、明日はJollyhot の修理作業で上架が予定されている。小さな箇所の保険修理よりも、ヤードに上がって不安定な船台に括り付けられてる方がよほど危険な気がするが...大丈夫だろうか?
まあ、どっちにしろ乗れないけどね。

さて9月に入って、今週から日本語ボランティアも再開する。教室は休みだったが、私のスマホは問い合わせのメールと電話が三日と空かないほど。
中には、別の日本語教室を主宰している方から、夜の部を手伝いたいという申し出まであった。
たいへん有難いことだが、とにかく見学をしてみてくださいと言っておく。
日本語教室もさまざまで、その方は外国人の小中学生に学習支援と日本語学習を行っている。私たちの夜の教室は、社会人や学生が多いので”生活”のシチュエーションや日常用語も違ってくる。大人相手だから子供に教えるようにはいかない。
それでも、9月は参加希望者が多いので、毎回でなくてもいいから手伝ってほしい。
IMG_0809 (2)

今日も日本語教室のある施設に行き、専用ロッカー内の書類整理をする。
数脚あるロビーテーブルでは、卓球を楽しんだオバちゃんたちのグループが楽しそうに帰る中、暇そうなリタイア組の男性が新聞を読み、バトミントンの練習が終わった女子中学生がべちゃくちゃと学校の悪口を言い合い、その横で女子高校生らしき二人組が黙々と勉強していた。
こういう公共施設を利用するのは圧倒的に女性が多い。ターホーじゃないが仕事人間の男性はそもそも自分の街でなにが行われているかさえ知らないことが多い。定年後にノコノコやってくると、自分の家同様居場所がないな。

この夏休み中も、日本語ボランティアはブラッシュアップ講座を受講する。参加は自由だが、入門講座を受けて私たちの教室に入会した女性二人も参加した。また私より年上の大ベテラン二人の女性も受講したらしい。偉いなあ。
そういう連絡も元締めのコーディネーターがメールでいろいろ教えてくれる。自分が参加してない分ちょっと後ろめたい。それでも、この夏は参加者名簿の整理やら会計処理やら、ホームページの更新などの事務処理をコツコツやっていたのだから、遊び惚けていたわけではない。
で、毎日何時間か机に向かっていて気が付いたことがある。
椅子がダメだ!
自室の椅子は深々とした本革で、そもそもワーキング用ではない。
毎日座り仕事だった現役の頃は、せめて家の椅子ぐらいリラックスできるようなものをと思ったが、椅子が深すぎてデスクワークには向かない。まあ、重役の椅子みたいなものだ。
もしかすると腰の痛みはこの椅子が原因かもしれないと、昨日は家具センターに行って物色。
IMG_0801
 ピンからキリまであるね。

自分のライフスタイルに合う椅子っていうのはなかなか選択が難しい。こういうものには割とこだわる方で、なんとかワーキングチェアでできるだけ腰に負担がいかないものを見つけ出す。
まあ、滅多に売れないだろうから在庫がなく、入荷は来週。
って、今の椅子はどうしよう…

一日避暑を楽しんだリル、びしょびしょの芝生で遊んで泥だらけ。
オマエもそろそろプロの床屋さんに行かないとなあ。
IMG_0807
 シャンプー嫌だよ~


今日も残暑どころか、猛暑日となった。
あまり使わない自室のエアコンだが、こんな週末は使わざるを得ない。
が、全然冷気が出てこない。
買い替えて3年だから、そんなバカなことがあるかと室外機を点検すると、先日の台風と大雨で落ち葉がくっつき薄汚れていた。
先ほどまで(昼下がりの一番暑い時間にだ)室外機の洗浄とフィルター清掃。汗だくになって、のぼせ気味。これじゃあなんのためのエアコンか分からん。
まあ、ちゃんと復活したけどね。でも、もうなんにもやる気がせん!
IMG_0747
 外の方が涼しいよ。

那須の合宿から戻った愚息は、実家に土産を持って母の薬を届けに行った。(なんでうちにお土産ないのよ)愚息の報告によると、エアコンを点けておらず、私が買っていった冷風扇には水すら入っておらず、家内が買って取り付けたばかりの三本のすだれは風で舞い上がって外れていたとのこと。
だいたい、エアコン点けても母が窓を開けるから意味ないんだけどね。
お中元で送った野菜ジュースは常に冷凍庫にあって、1時間ほどしないと飲めない。だから愚息に自販機で缶コーヒーでも買って行けと言ったが、その小さな缶コーヒーは愚息がすだれを直してる間に母に飲まれた。
まあ、いつもこんな感じ。

IMG_1943

軽微な損傷で済んだJollyhot だが、バックヤードが混んでいて上架は9月上旬になると言う。オイオイ。
台風だの大雨だのが続いていて、ヤードの作業が遅れているらしい。
これだけ暑いと乗る気にもなれないが、涼しい日があったら夕涼みでもしよう。まったく、ろくでもない夏だな。

こんな中、アダチ君から手紙が届く。
亡きお姉さんの足跡を辿りに広島へ行ってきたらしく、相変わらず写真ばかりの手紙だった。
広島平和記念資料館には平山郁夫のタイル画が展示されているが、そのタイルのワンピース毎に募金者の名前が入っていて、アダチ君のお姉さんは彼の名前で募金したという。
そのタイル画を見に家族で広島に出かけたのだった。
R0010953

アダチ君のお姉さんは、とても友好的な土人で、いつもバカなことばかりやっていた我々の唯一の理解者だった。彼女自身、とても活動的でガンに侵されながらも海外旅行していたような女性だ。
若くして亡くなったが、私たちが三十路を越えても、”いたずら小僧たちの冒険”にいつもキラキラしたまなざしを送ってくれた。ナンシーのDNAを持った人だったとつくづく思う。
私にとっても彼女は別格の存在だった。
「なんで君の名前だったんだろうね」
「バトンだったのかもしれない」
アダチ君も彼のお姉さんも、平和主義者だ。とりわけ原水爆に関してははっきりとした信条をもっている。
我々が小さい頃は冷戦時代で米ソがこぞって原水爆実験をしていた。原爆を落とされた広島、長崎はもちろん、横浜にもまだ戦争の爪痕が所々に残っており、日米安保反対のデモが大きな学生運動に発展していった時代だ。
多感な女学生だったお姉さんは、そんな暗い時代をしっかりと見つめていたのだろう。
平和で明るく、楽しく人生を生きることが彼女の矜持だったのかもしれない。
愚かないたずら小僧で、いつも先生や親に叱られていた私たちを、いつもニコニコしながら興味深く見守っていたお姉さんには、それが”平和で楽しい日常”に見えていたのかもしれない。
R0010946

そういう偉大なる姉の供養を兼ねての広島行きだった。
それにしても、家族三人で広島1泊っていうのはもったいない気がする。新幹線に乗りたかったのか?
家族の日程を合わせるのは難しいよなあ。

この夏は台風で桧原湖キャンプもできなかったから、アダチ君とも会えずじまい。
1年に1度しか会えあなくなった同盟者と、そんな話をランプの灯の中ですることもできなかった。
8月にどこにも行かなかったのは、仕事に追われた10年前以来。
実家のことが心配だけど、息子も帰ってきたことだし、ボランティアはまだ夏休みだし、ターホーのところでも行くかな。
P8093838
 そういえばリルも行ってなかったなあ。



本日の最高気温26℃。朝晩は半袖だと寒ささえ感じる。
台風通過前の北寄りの風が入ってきているからだ。時折小雨や霧雨が降る分、体感的には桧原湖に近い。
台風13号は少し進路を変えたが、確実に福島を射程圏内に入れている。勿論、この横浜もただでは済まないようだ。
今日は嵐の前の静けさといったところか。
P8061126
 桧原湖のカルガモ

台風で予定が崩れたとは言え、故郷のない私には毎年の帰省に近い存在だから、檜原湖に行かないでいることがぽっかりとした空虚感を生む。
簡単に言うと手持無沙汰なのである。
桧原湖と磐梯山

山の天気だから、四日行ったら必ず一日は雨に出会う。うっかりするとずーっと雨だったりする。(特にアダチ君が来ると)
そんな時の過ごし方は十分心得ているし、雨は嫌いじゃない。
桧原湖ではリルも遊びすぎるから、雨の日は良く寝ている。その寝姿には満足感がにじみ出る。
P80611322

しかし、台風じゃなあ。
家族の予定にかかわらず、身軽にリルと出かけられればいいのだけれど、さすがに長距離運転後のキャンプはきつい。年を取ったと思うのはこんな時だ。
リルと二人で行くなら、往き帰りは那須で一泊ずつを加え、檜原湖では呼吸器が使えるペンション泊まりになるかなあと考えていた。
P80510762

まあ、いずれにしろ常態になってしまった腰痛を治さねばと、昨日は1年ぶりに整骨院へ行った。
1年ほど前まで通っていたチェーン店の整骨院ではなく、20年ほど前に通った個人院だ。
ほんの一月ほどの通院だったにも拘わらず、先生はちゃんと私の事を覚えていてくれた。
慢性的な症状だから保険適用はできないと、きちんと説明してくれる。
施術と電気治療で約1時間。以前通った整骨院の拷問治療とは異なり、腰痛の原因を探り出しに時間をかけてくれる。
「腰痛の7割は原因不明なんですよ」
そうそう一月ほど前、整形外科でレントゲンを撮ってもらったが骨に異常はないと言われた。
先生の見立てでは腰ではなく右広背筋に一要因があるという。
痛くはないが刺激の強いマッサージとでも言おうか、今までとは違う箇所を丹念に揉み上げていく。
施術が終わって、腰を捻ってみると、全然痛くない。なんで?
「かなり硬直してましたから、それをほどいただけです。可動域は広がったと思いますが、それだけで腰痛がなくなったとは言い切れません」
「次はいつ来ればいいですか」
「いつでもいいですよ。効果がないと思ったら来なくてもいいです」
って、全然商売っ気がない。失礼ながら、この1時間に客は誰も来なかったし、待ってる人もいなかった。
思い返してみると、20年前も一月で治療が終わり、完全に痛みが消えていた。むしろ、整骨院とはそういう所だと思った。
この先生、名医かもしれない。ダラダラ治療を施さない。
台風過ぎたらまた行ってみよう。ちゃんと治してくれるかもしれない。
IMG_0699

今日は雨の合間を縫って、たくさんリルと散歩した。腰に違和感はない。
午前中は日用品の買い物。午後は実家。
先日山形から届いたスイカだが、家内が半分に切って冷蔵庫に入れたはずだった。まだ数日しか経っていないのに母は何故か冷凍庫に入れていた。
旅行に行ったことはまるっきり覚えていないので、毎日旅行の支度をしている。「旅行に行く」というのだけ覚えている訳だ。
父がいい加減、その行動に腹を立てているので、今日は”証拠写真”を持って行った。
母は無言でそれを眺めていたが、見終わると涙を流した。
自分の記憶がなくなっていくのが悲しかったのだろう。
これで”旅支度””が終わるといいのだが…



このページのトップヘ