D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 生活

急に寒くなって、散歩も億劫になりがちだがリルにとってはベストシーズン。ヌクヌクと着込んで朝遅く出かける。一旦家を出たからにはちょっとやそっとの散歩じゃ暖まらない。自ずと長い散歩で坂道を行く。当然、最後の方は息を切らして汗びっしょりで、着込んだ物が煩わしい。
IMG_5484 (2)
  何やってんのよ。

勝手知ったる街なのに、つい目と鼻の先にある平屋のご主人が亡くなっていたことに気が付いたのは先週の事。
いわゆる独居老人だったから、町内の掲示板にも訃報は載らなかった。
あまり人好きではなかったようで近所でも誰かが話をしている姿は見かけなかったが、庭には本当に美しいバラを何十種類も植えており、一本一本名札までさしてあった。
私はあまり花に詳しくないが、バラ好きのご近所さんによると大変貴重な種だという。
道行く人もその丹精込めたバラにしばし立ち止まって鑑賞するほど。

その人が亡くなったのは、解体工事の音だった。
IMG_5436
産廃物の搬出のため、花の咲いてないバラの蔓をネット毎なぎ倒し、引っこ抜き、切り刻んだ。
誰がこの暴挙を許したのか。
独居ということは、孫子も寄り付かず、親戚縁者からも遠ざかっていたということなのだろうか。
遺品とは言わぬ、せめて解体屋に頼む前に「ご自由にバラをお持ち帰りください」と貼紙の一つも出せなかったか。或いは、自分とともに焼いてくれと遺言できなかったか……

翌々日にはユンボで、あっという間に古家を取り壊した。
IMG_5438

解体屋を悪く言うつもりはない。それは彼等の生業だし、そこにどんな生活があったかなんて考えてたら仕事になるまい。その前に粗大ごみ回収業者が来ていたはずだが、バラなどには目もくれなかったのだろう。
それから、5日後には見事に整地され、不動産屋の旗と”建築条件付き売地”の看板と、ご丁寧に”モデルプラン”まで提示してあった。
IMG_5485 (2)

あまりに早い成り行きにポカーンと口を開けて見ていた。というか、嫌でも目に入った。
この家の周りもこの7,8年で建った家だが、その前はずっと駐車場と空き地だった。年明けにはまた、同じような家が建つのだろう。それも横浜。
それにしても、いったいいつ亡くなったんだろう。一月前には庭の手入れをしてるご主人を見かけたような気がするのだけれど…

明日は我が身。
近い将来訪れるだろう実家の処分。
想い出の品の数々を皆さんはどうしてきたのだろう。
物にはあまりこだわらない方だが、そこにあった幸福の形は留めておきたいとは思う。

昨日は11℃、今日は12℃。とても水を見たいとは思えない。まだそこまで体が追いついてない。
犬仲間の皆さんもさすがに出不精になっているようで、近くの公園は我が家の庭になりつつある。
少し走ってリルと遊んでやると図に乗って、リードしたままギャンギャン吠えまくり縦横無尽に走り回るから一喝!
おすわり‼
IMG_5487
   なんでよー

オマエは何も持たないからなあ。それが一番自由かもな。

今日は父の介護認定調査。
リルを留守番させて、ミニバイクで実家に向かう。途中、姑息な取り締まりにひっかかり、一時不停止で5000円の罰金をくらう。
途中の三叉路に二つのカーブミラーがある。人も車も、自転車すら映ってなければ徐行したまま走るよなあ。そこには人家すらないんだよ。ミラーに何かが映ってたら、それが駐車中の車だったとしても止まるけどね。
両側の道は上り坂だし、一旦止まると動き始めがモタモタするしさあ。どんなにスロットルをふかしても20kmも出ないとこだよ。
フェンスの陰から警官が出てきて止められた。どっから出てくるんだよ、まったく。
ノルマの点数稼ぎにしか思えない。
私、徒歩だったら人影も車も見えない所では赤信号でも歩いて渡る方。そこで青になるまで待ってたらアホだと思う人間。
なんだか癪に障る。こんな人も通らない坂道で待ち伏せしてるなら、もっと悪質な運転でも取り締まれよと言いたい。不祥事続きの警察署だけに、こんなことやってたら信用なくすな。
「楽しいですか?」と訊いてやった。最近の警察は鼻つまみものだ。
規則違反じゃないかと言われれば頷くしかない。だから罰金も払ってきたが、それにしても今どきの警察は情けない。
IMG_5397
   留守番させるからだよ。

父の調査は1時間もかからなかったが、市の担当に促され玄関外で密談。
主に母の事だったが、2年前の悲惨な状況が記録されており、それが父を苦しめたことは事実で、そのことについてあれこれと質問された。
今では母も落ち着いて多くの認知症患者とあまり変わらないと応えると、むしろホッとしたような感じだった。
来月調査結果が出るそうだが、恐らく二人の介護度には変化がないだろう。
また昼飯を作り、一緒に食事して帰る。今日は母のデイサービスもあるから問題ない。

明日は秋の船底塗装初日。今回は軽く済ませようと思っている。
それでも塗料以外の消耗品はあるもので、一旦家に帰ってリルを連れホームセンターへ。
IMG_5398
  ここはビッケもあるんだよ。

ディスクサンダーとか刷毛ローラーとかこまごましたものを買い込み、ついでにリルのビッケも買ってやる。

家に戻るとまた郵便受けにろくでもないチラシなどがたくさん入っており、その中に私宛の親展郵便があった。
「年金証書」とあり、そこには「年金決定通知書」がくっついていた。
おお、待ちかねたぞ、これ。
特別老齢年金とか書いてある。そうかあ、私もとうとう老齢かあ。
国民年金はまだだけど、無収入の私にはこれが唯一の定時収入。
ここから年間のヨット維持費をひくと残りは多くないから、大喜びというわけではない。それに、来年度の係留料等は3月に1年分の先払い。
まあ、ここのところ株価が上がって、ファンドを二つ確定させたからなんとかなるかな。意外に益が出たからね。これで目途が立って、来年も維持が可能になるかもしれない。
”老齢”だから、バタバタ乗らなくてもいいんだ。リルとおにぎり食べられれば十分な屋形船だけどね。
IMG_5395
  ちょっとしかくれないくせに…




18日水曜日を除き、毎日雨が降っており、今夜半には台風21号が直撃するようなことを言っている。
水曜はボランティアがあったし、風も強くてフネに乗ることはできなかったが、リルとたくさん散歩出来たのが唯一の慰め。
IMG_5127
  楽しかったよね。
あれ以来、リルの嬉しそうな顔を見ていない。
金曜に期日前投票に連れて行ったが、台風を見越した有権者が長蛇の列をつくり、リルは歩いている時間より列でトボトボと前に進んで待っている時間が多く、みんなからおとなしいとは褒められていたが不本意な散歩。
IMG_5133
帰りがけには雨に降られて、さんざんな目にあった。
私はリルが楽しそうにしていないと心休まらない。
早くこの雨と台風が行き過ぎてくれるのを待つばかりだ。
その衆議院選挙の開票まであと数時間だが、何のための冒頭解散だったのか、何が政争の論点なのかもはっきりせず、野党が乱れてバタバタしてるうちに、危険運転事故と悪気象の方に関心が引き寄せられてますます訳の分からぬものになった。
IMG_5134
  グチャグチャだよ。

今年は8月からずっと日照不足が続いてるような気がするけど、関東だけか?
プロ野球も本来盛り上がるべきクライマックスシリーズが、泥田でドジョウをすくうような試合になってしまったり、雨天中止になったりで盛り上がらない。
台湾に帰った無類のベイスターズファンである許さんも、とうとう台湾のBS放送も打ち切りになって時間遅れのニュースで見るしかないと嘆いてた。
リルも私もいい加減籠城生活に辟易していたので、CS放送でやってた広島戦を画像込みで台湾の許さんにスマホで実況中継。
IMG_5139

いやあ、これが実に疲れた。
家内が呆れていたが、実際試合終了後は首と肩が重く、翌日も岩盤のようになっていたので、雨で試合が流れることを密かに祈っていた。アホか。

昨日、注文していたメインセイルのスタックパックが届く。セイル屋のロゴが入っていないのは個人作成ということだ。
リタイアしたセイル屋Y氏の遺作になるのか?
IMG_5144
まだ、ただの布地っていう感じ。

凡そ現在つけているノースセイルのものと同じように作ってくれたが、やたらと頑強そうでこれなら防水処理をしなくても2,3年は十分もつだろう。それほど長くは乗れないしね。
IMG_5147

ただ、これを付けるのには一人じゃ無理かな?レイジージャックを外さなくてはならないからなあ。
まあ、雨の間はマリーナに行く気もしないから、この台風が過ぎて暖かな日々が戻ってきたらボチボチとやるかな。

そろそろ夕飯の時間だ。
リルが一日のうちで一番楽しみしてる”ごはん”。嬉しそうな顔が見たいねえ。
それにしても、すごい雨になってきた。
IMG_5112
 あーした天気にしておくれ~

またちょっと日が空いてしまった。こういう時は調子が悪いか忙しいかのどっちかだ。
この数日、気温がグンと低くなった。日中でも20℃を割る日がある。
リルにとっては最高のシーズンだが、いかんせん昨日も今日も雨。
IMG_5052 (2)
 寝るっきゃない。

とても寒い日だった4日水曜のボランティア教室では、新しく韓国人のヘジンさんが加わった。
9月にワーキングホリデイを使って日本に来たばかりだが、教室参加の意向は日本語のメールで伝えてきた。細かな誤りはあるのだけれど、日本語で参加したいとメールを受け取ったのは初めてだったから、どのくらい勉強したのかを訊くと、大学卒業後に韓国の日語学院で4か月学んだという。
うーん、さすが高学歴社会。すでにN-2に近い日本語能力を持っている。徐さんにはいい刺激になるだろう。

最近、息子の帰りが遅い。決して遊んでくるわけではない。
横浜駅で終電ギリギリの時間なので家に着くのは午前0時をとっくに回っている。2回に1度は夕飯も食べてないので、私が用意することになる。それから風呂に入って、明日の準備をして…となると息子の就寝も午前2時を回る。同じく”暇そうな”私は戸締りをし、洗い物をし、洗濯機の予約タイマーをセットするので、就寝はよくて2時。うっかり寝るタイミングをはずすと3時過ぎる。
家内は毎朝6時前には起きて朝食の支度をする。そうするとリルが起きだして雄鶏のように鳴きだす。
で、当然寝不足となる。私の場合、一度起きたら二度寝はできない性分。

それでもボランティアの翌日はよく晴れたので、リルとマリーナへ行く。
ボランティアの夜は私自身帰りが遅いので木曜日はぐったりしてることが多い。よほど調子が良くないとマリーナへ行ってもフネに乗ろうという気にはなれない。のんびり潮風に吹かれて音楽を聴くのがリフレッシュ策。
IMG_5032
  お昼ご飯、食べようよ~

ただ、行けば行ったでなにかしら作業することがある。というか、絶えずなにかを直してる。この日も外付けのスピーカー(死んでる)が破損していたので瞬間接着剤で直していた。
こいつを取り外して、そこにソーラーベンチレーターを付けたいのだが、おそらくエポキシ接着剤かなにかでがっちりと貼り付けてあるので、どうやっても取りはずすことができない。
お声をかけてくれたCatsさんに「ホットシーラーを使えば取れるかもしれない」とアドバイスをもらった。

昨日6日金曜日は雨。午後から結構強くなった。
朝から霧雨が降ったりやんだりしていたのでリルは連れ出せない。寝不足の私も濡れたくはない。ただボーっとしていてもしょうがないから、雨が降り出す前の間隙を縫って大桟橋へ行く。
今、豪華客船「セレブリティミレニアム号」が停泊している。
IMG_5048

実際のところは私もよく知らなかったのだけれど、全長294m総トン数91000tのどでかい船だ。
日本の誇る飛鳥Ⅱが約50000総トンだから、いかに大きいかがわかる。
ミレニアムと名がつくくらいなので2000年の就航。
こういう豪華クルーズ船は概ね乗客と乗員の比が2:1となっている。この船の乗員は999名。稼働率が良くても悪くてもこの人数は一定。従ってこの人件費が高額な乗船料となる訳だが、それでもこのセレブリティミレニアムはクルーズ業界では最上級クラスではない。
IMG_5045

世の中にはとんでもない金持ちがいるんだなあ。
尤も最上級クラスのクイーンエリザベスⅡに乗ってしまうと、晩飯の時にいつもタキシードかなんか着なきゃいけないしなあ。言わば洋上の社交場、貧乏人が窮屈な思いで1週間や10日乗っても楽しくないな。
やっぱり、土管の煙突を立てた救助艇の方が似合ってる。
IMG_5049
 搭載救命艇。(煙突ないし、居心地悪そうだな)

で、今日は家の衣替え。衣替えと言うより夏物を片づけると言った方が早い。
扇風機なんかもう見たくないからねえ。
あ、エアコンのフィルターをクリーニングするの忘れた!
明日からの3連休で、全部終わらせよう。そしたら、寒い日にリルと炬燵でゴロゴロできるな。
私のラグジュアリーヨットも、そろそろカセットボンベストーブを持っていくかな。
IMG_5054 (2)
 外でくつろぐリル。

明日は谷公とコクピット会談の予定。







昨日の日曜日は誕生日だったので、一応なんか書いておくか。

誕生日になにか特別なことをするなんてことはない。この先も、「生誕100年を記念して」などと言うことは絶対にない。
いつも通りにマリーナへ行く。久しぶりの三日連続マリーナだが、初日のセーリングで腰が痛いので乗る気はない。まあ、ちょいと別室でリラックスっていう感じ。
日曜日はただでさえアウトレットに人が押し寄せるし、サンデーセイラーやそのゲストでマリーナも賑わうが、今回はヨットショーの最終日ということもあり、いつも以上にたくさんの人が来ていた。

IMG_5002
 また来たよ~

人の大勢いるところはリルも私も得意ではない。アウトレットパークを避け少し遠回りをしてセンターハウス前に出たら、広場でハワイアンとフラのリハーサルをやっていた。音には敏感なリルだからやたらと気になる。
IMG_5001

ヨットショーのブースを抜けてウェウストハウスに向かう途中、どこかのヨットメーカーがシート類の在庫処分セールをしていたので、ちょっと冷やかすつもりで覗いてみた。
え、安い!
径16mmの係留用ロープが8m束で千円だったので、思わず買ってしまう。
IMG_5005

この衝動買いで、リラックスは遠くに消えて舫綱作りの作業となる。
まあ、ちょっと傷んではいたからねえ。なかなかのんびりできないねえ。
気持ちのいい晴れだったので、ついでに予備のライジャケやキャビンのマットも乾すことにした。
まあ、誕生日記念の舫綱取替ってことで。
IMG_5006
 生活感いっぱいだよなあ。

で、作業を終えたらとっくに正午を回っていた。今日ヨットショー最終日は前回ブログで取り上げた、ヴァンデ・グローブ参戦の白石康次郎トークショーがある。歯切れがいい話し方は評判もよく、最近はメディアでも見ることが多くなった。
彼は一応「海洋冒険家」という肩書になっている。冒険家なんてめったに見られるものじゃないから、リルと聞きにいく。(リルはレストランの方ばかり見てたけど)
IMG_5009

話はたいへん面白い。冒険家というのは無謀でも馬鹿でもないな。
話を聞きながら、彼を支えるスポンサーは勿論の事、彼の”チーム”のバックアップがしっかりしてるのだと思った。
ヴァンデ・グローブは単独無寄港レースだから走り始めたら自分だけが頼りだが、その参戦費用には3億円くらいかかるらしい。これは個人ではどうにもならない。確か船はフランス製の中古で3千万円ほどだったと言っていたが、それ以外にも移送や糧食、人件費等々莫大な費用がかかる。
ヴァンデ・グローブに出るためには単なるヨット操船技術だけでは無理で、走りながら絶えず何かを直している感じになるから弱電の知識やクライミングの技術、限られた材料を使い大揺れの中なんでも直せる知識と技術が必要になると言う。
それでも、今回のように不可抗力で棄権を余儀なくされるが、最近はとくにクジラとの接触事故が多くなっているらしい。今一番の難敵はクジラだと言っていた。「白鯨」のエイハブ船長か。
最後には、世界一速いと言われるマスト登りを実践してくれた。


途中から一緒になった魚岡大佐と一緒にボケーとマスト登りを見学。
ありゃ、山登りだな。

今日は誕生日翌日の日付が入った住民票などを取りに区役所へ。
年金請求書の添付書類。「年金用です」というと、印紙不要。
それでも、移転した区役所までは遠いし、待ち時間もたっぷりで、面倒なことこの上ない。
それにしても、なんと外国人の多いことか。通訳ボランティアが何人かいたがてんてこ舞いだった。
来年の夏は、主だった申請書の書き方講座でもするかな。だいたい、役所のどこに行けばいいのか分からないしね。
IMG_5016

まあ、そんな訳で今年の誕生日も慌ただしく過ぎていった。

このページのトップヘ