D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 生活

スマホ25か月目に到着。
結果的に、いつも2年ごとに乗り換えをしてきたスマホだが、面倒なことこの上ない。
たいして使いこなせてはいないから、別に最新のものなど買う気もない。ただ、不思議なことに2年以上経つと必ず不具合が起きる。
で、機種を変更するか乗り換えるかを考えることになる。
どのキャリアもどうして機種変更する方が高くなるのか全く理解できない。長く使っているユーザーをないがしろにしているとしか思えないよなあ。
そして、各社訳の分からぬ料金体系にキャンペーンだので期間限定の値引きする。その時期乗り換えないと損ですよとまで言う。
この一月ぐらい、パンフやネットで比較検討してみたし、量販店に行くたびに説明を聞いてきた。
量販店のキャリア制服を着た店員などは「絶対乗り換えですね」と太鼓判を押し、他社を推薦したりもするから、あのAUとかソフトバンクのユニフォームは1週間ごとに着まわしているんじゃないかとさえ疑いたくなる。

本日25か月目に突入したので、迷うことなく格安スマホ店に家族で出かける。リルも一緒。
IMG_6430

格安モバイルは結局のところアウトレット商品に、人件費やサービスを抑えて基本料を抑える仕組み。
まあ、ビッグ3のキャリアがバックについているので通信上の心配はない。

ずかずかと入っていき、
「これと、これと、これください」と飴玉を買うように言う。
こりゃ上客だよな。
料金体系や料金シュミレーションはすでに学習済みだし、選んだ機種の内容もほとんど熟知しているから余計な説明はいらない。

この格安スマホ店の料金体系はいたってシンプル。簡単に言えばデータ量の異なる三種類しかない。
IMG_6432

なので、全然迷う必要がない。
でも、MNP含めた審査やコンプライアンスに基づく説明は一通り行うからたっぷり1時間はかかる。
リルは店内に入れないから道端に置き捨てられ、交代でその辺を散歩。
IMG_6431
 終わったぁ?

機種はそれほど新しくはないが、現在のものよりちょっとだけグレードやストレージが高くなっただけ。とりわけ息子のストレージは128GBにしてもらう。
3人で現行のプランより4000円/月 近くやすくなった。

午後からはデータ移行等にいそしむ。
キャリアだと初期設定までしてくれたりするサービスがほとんどないから、メール設定からデータ移行やアプリまで全部やらなくてはいけない。
クラウドを使っていて助かった。
夕方には終了。
今日はさんざん待たされた上、帰宅してからもみんな黙して下を向いていたので、リルは不満顔。
散歩に連れ出し、途中でタカハシに試しのSNS通話をしてみる。
OK!

スマホ新しくなりましたあ。
IMG_0002
 だから?

昨日も日本語教室に新しい外国人が二人来た。この時期は1年で一番出入りが多い。
タイと中国の女性で、中国の女性は私が見ることになった。
「いつまで勉強できますか」と訊くと、英語交じりの日本語で
「来月、中国へ帰ります」という。
え?来月?それじゃあ、2回しかできないじゃないの。
”来月”が間違っているかもしれないと思い、英語が話せるようなので英語で聞いたがやっぱり"NEXT MONTH"。
むー、何を教えればいいんだ。
いろいろ聞いていると、どうも子供がこの4月から保育園に入園した模様。旦那はIT関連だが…
いつ日本に戻るのかと問うと、分からないという。ビザの再申請でもなさそう。なんだかよく分からない。
1225蘇州寒山寺2
 蘇州寒山寺

ボランティア後、いつもの中華屋さんでその話をすると、中国人のおかみさんが「今の20代,30代は怖い」という。
要は高度経済成長の中、一人っ子政策で甘やかされて育ってきた世代で、小さい頃は中国でもまだ家族意識が高かったから、親戚からも近所からも大事にされた為に、わがままで計画性が無く、ちょっとでも困るとすぐ身内にすがりつく傾向があるのだという。日本のゆとり世代よりも奔放に生きてきたのだとも言う。(娘さんはゆとり世代)
むー、でも今ビザの延長申請で一時帰国してる宋さんは同じ年代だけど、全然そんな感じではないけどなあ。人によりけりだよな。
でもまあ、子供が保育園に行って入園式の当日にいろんな説明を受けて、まったく理解できなかったのでうちの教室に来たのだろう。この手の外国人は多い。
もしかしたら、帰国し、親を説得して子供を預かってもらうのかもしれない。確かに計画性がないかもしれない。


ここのところ保冷剤を積載したサンダーバード2号で毎日2往復していた実家だが、午後からやっと新しい冷蔵庫が届く。
午前中は、冷蔵庫の中身を整理したり、門扉を外したりして梱包されてくる冷蔵庫の通り道を確保する。せっせと中身を食べつくした結果、本日の昼食は自分の分がないので一旦帰宅。
IMG_6416
 留守番で不機嫌なリル。

同時並行でケアマネに依頼していたシャワーチェアなどが届いたり、父のデイサービス申請が通ったりして包括センターにも日参。ケアマネも懇切丁寧なのはいいのだけれど、なんでもかんでも私に連絡してくるから忙しい。シャワーチェアの見本を持っていくから立ち会ってくれとか、風呂場の手すりの取り付け位置はどうするかとか、そういうのは本人たちに聞いてくれというようなものまで連絡してくる。母だけならともかく、少なくとも父は認知症ではないしきちんとした判断能力を持っているのに。
IMG_6412
   シャワーチェア

今日もデイサービスの利用料金をめぐって計5回の電話。月にいくらぐらいかと聞いただけなのに、訂正に訂正を重ね、最後には最初の金額の3倍になっていた。こうなると”うざい”。っていうか、全然仕事ができてない。エンドウだってそんなに間違ったりしない。

リルの散歩を終え、遅めの昼を食べるとなんだか疲れてしまって、冷蔵庫が来たら連絡するようにと電話してボケーっとしているうちに居眠り。

目覚めると4時。電話が鳴れば聴導犬もどきのリルがその3倍くらいその無駄吠えで起こすから、変だなあと思って実家に連絡。
「冷蔵庫?そんなの聞いてない」は母。その後ろの方で「もう来てるだろ!」と父の声。
で、実家へ。
IMG_6418
 今日は暑いくらいなのに…

なにやら不機嫌な父の話では、冷蔵庫を配送してきた業者に床の傷防止マットを5000円で売りつけられたとのこと。いままでそんなものを敷いたことはなく、ましてや築40年の古家。床は傷に満ちている。
多分、母がハイハイとOKしたのだろうと思ったが、そうではないらしく、なんの説明もないまま設置し終わったら付いていて、マット代金を請求されたという。しかも、あらかじめから領収書を持っていたらしい。悪質な押し売りだ。クーリングオフしようにもそのマットを取り除くことなどできるわけがない。そのうえ、その領収書には業者の住所も電話も書かれていない。
この手の処置はすべてJollyhot生活安全課に持ち込まれる。

発注元のY電機に電話。案の定あちこちに回され、折り返し電話するという。
電話を待っているとまたケアマネからの電話。ええい!うるさいぞ!
なかなか折り返し電話がかかってこないので、再度電話すると、
配送担当からは「マットの紹介をしたら、設置の依頼を受けたので適正な価格で設置した」との連絡を受けたという販売担当者。
財務省の答弁じゃないんだからさあ。
「あなたの対応を含めて消費生活センターにこの一件を連絡をする」というと、その担当は急に低姿勢になった。明らかに下請け配送とグルなんだなとわかる。
安さを売り物にしている量販店は配送や設置にかかわる業者と委託契約を結んでいる。自前で配送などはしない。品物が薄利な分、委託業者に無理難題を吹っ掛けるから、その委託業者もアコギなことをするという図式だ。品物は安くても思わぬ落とし穴がある。
結果、おそらく、”サービス”という形でキャッシュバックされるだろう。決して泣き寝入りはしない。

最近はオレオレ詐欺に代表されるような年寄りをあの手この手で騙す事件が横行している。実際、実家にもそういう電話がかかってくる。こうした風潮を私は絶対に許せない。
いったい、日本人の良心はどこに行ってしまったのだろう。こうした年寄りたちが、極貧の中から戦後復興にどれだけ汗水流してきたことだろう。
敬老などという儒学精神など知らなくてもいいけれど、今の日本を築いた人たちの苦労は知っておいてほしいものだ。
ふと、昨夜の中華屋さんでの会話を思い出した。
IMG_6415
 こわいねえ。

歯科トータルケアとかいう治療を受けている。
このブログでも何度か登場している、T医科歯科大OBによる複式治療で、ほぼ曜日ごとに来る歯科医が変わる。同じ歯科医に診てもらいたければ翌週の同じ曜日に予約しなければならない。
が、一度として翌週に予約が取れたことはなく、2週間後もしくは3週間後の再治療になる。
なので、一本の虫歯治療するだけで2か月ぐらいかかる。
3月末に私の担当医が退職したのをきっかけに、「もう少し早いサイクルでお願いしたいんですけど」と言ってみた。これが災難の始まり。
IMG_6344
 お医者は嫌いだよ。

4月に入り、さっそくインターンが終わったばかりじゃないの?と思われる歯科医に診てもらう。
4月4日には、念のためにと最後の親不知を抜かれ、「軽い虫歯があるから、次回はそれを治しましょう」と指摘され、今日にいたる。なるほど、”早いサイクル”ではある。

本日は軽い虫歯の治療のはずだったのだが…
登場してきた歯科医は丸々太った新人で、「じゃあ、麻酔します」とのっけから説明なし。
麻酔が必要な虫歯じゃないはずなんだけどなあ、と思いつつ俎板の鯉。
tutujitanpopo (2)
一緒についた若い歯科助手も、なんだか今春大学を卒業してきたような子で、準備段階でタービン(研磨機)を床に落とす。
「すいません、これ落としちゃったんですけど~」とか先輩に言っている。
この辺でイヤーな予感。

若いその歯科医が塗布麻酔をして1回目の麻酔注射。なんだか、いつもより早い。ちょっと打つ場所に偏りがある。だいたい、これ神経治療じゃないの?
 いつもならここで少し時間をあけるが、
「じゃあ、いきます」
って、おいおい、麻酔効いてるか?

案の定、途中で激痛。この何十年も歯科で「痛い」という合図の左手を挙げたことはなかったが、こればかりはどうにもならない。
「なんだら、なんだら追加して」と助手に言ってるが、その子が全く理解をしてない。で、先輩が持ってきた麻酔注射2回目。
この注射が思い切り痛かった。
グオー、ググッ!と悲鳴。おそらく小学生以来。
「今のは痛かったですよね。ごめんなさいね」とか言う。この後この「ごめんなさい」を何度も聞くことになる。

で、またガリガリされるのだが、こちらも小さい頃から歯医者と付き合ってきているから、その力具合や巧みさはある程度理解できる。
一体、この雑な感じと無駄な力はなんだ?
グ、グ、グッオ~!と2回目の白旗。もう脂汗がダラダラ。手汗がびっしょり。

「ごめんなさい、今の痛かったですよね。ちょっとレントゲン撮りましょう」
えーっ、ここでかい!
新米助手にレントゲン室に呼び入れられ、口の中に反射板を噛まされる。これも2度失敗で、3度目は歯科医が自らセットし、自らレントゲン室にスイッチを持って入ってきた。
この時点で不信この上なく高まり、もう逃げ出したい気分。
助手も赤い顔になって、今にも泣きだしそう。泣きたいのはこっちだよ。

レントゲン後、この日3本目の麻酔注射。
これが”軽い虫歯”かよ~ だいたい、痛みも何もなかったんだぞ。
で、また無造作にガリガリと雑な力の入れよう。
この時、私は分かってしまった。この歯科医の手がブルブルと震えているのを。
ひえー、怖いよ~

45分後に”軽い虫歯”から解放。一番強いロキソニンの処方も受付に伝わっておらず、担当医師に確認しにいく始末。
”早いサイクル”のはずだった次回予約はなんとGW中の5/1に決定。
いやあ、もう無理。
IMG_6402
 注射は痛いんだよ。

なんであの歯科医、なかなか予約が取れないんだろうと考えてみた。
週6日で、まともな歯科医がいる曜日に予約が殺到するからなんじゃないかなあ。
まあ、痛くもない歯を治療されて中途半端なままでは終われないから、これが終わったら歯医者替えようと思う。




昨日ボランティアの後、いつもの中華屋さんで長話されて、いつもより帰りが遅かった。
普段それほど他人と話さない生活だが、水曜日は一週間分口を動かしている感じになる。
在留外国人も今は引っ越しシーズンで、この数週は誰かが引っ越していく。東京の専門学校や、仕事場の変更、もちろん帰国組もいる。
私が担当している中国人の宋さんも、ご主人の都合で今週末に東京へ引っ越す。それから数日後に湖北省荊州に一時帰国し連休明けに戻るという。
凡そ、日本に来ている外国人は日本人と比較にならないくらいあちこちに出かける。私たちが週末は家でゆっくりしたいというと、むしろ怪訝な顔をする。まあ、私も外国に行けば同じような感じだったから、分からなくもない。

宋さんは一時帰国し、東京に移り住んでも私たちのところで勉強したいという。
往復の電車賃や移動時間を考えると無理があるようにも思う。大概は引っ越し先の街に同じようなボランティアがないか調べてあげるのが通常。それでも、そういってくれることに心から感謝する。
IMG_6341
 
午前中こまごまとした用事を済ませ、昼頃家を脱出。
今日は26℃にもなるという。そろそろ冬物をしまわないとなあ。
途中で弁当を買ってマリーナへ。
黄旗が揚がっているは、風が強いから気をつけろの意。私は端から乗ろうという気がない。
深夜ご帰宅の息子のせいでリルも私も寝不足気味。今日はゆっくり休養したい。たまにはボケーっとする安息日も必要だ。
IMG_6397
 気持ちいい天気だね。

とにかくはコクピットで昼食。
今日のマリーナにはたくさんのオーナーが来ていた。だいたい気温が20℃を越え始めると冬眠していたオーナーたちが活動を開始する。
多くはメンテで、風が強いから出ていく人は皆無だ。それでも、あちこちのバースに人が動く姿を見ると、いよいよ本格的なシーズン到来という感じがする。
IMG_6396
  マット類の天日干し。

キャビンのマットやシートを乾しながら、その上に横になる。インストルメンタルの軽い音楽を聴きながら、自由にいろんなことを考える。
「思索」などという大そうなものではない。思い浮かぶものを一つ一つ考える。思いつくまま対処方法や前後策を練る。或いは筋道を立てていく。こんなことが私には必要だ。
それにしても実に気持ちがいい天気とフネの揺れ。
リルは私の横で惰眠を貪っている。その安心しきって寝ている姿も愛おしい。
そのうち私も眠くなる…
が、それもまたもったいない。寝るだけなら家にいてもできる。
こんなすがすがしい陽気なのだ。
で、書棚から一冊の本を取り出す。
IMG_6400
 「ツバメの谷」

この本を最初に読んだ頃のことが蘇る。
小学校6年生だった。
本を読む前から走馬灯のようにその頃のことが浮かんでくる。
この本を買った時の感動も、ワクワクして表紙を開いた時のことも。
IMG_6401

あれから50年。
長い年月を経てきたと思う。
でも、あまり成長してないな。未だワクワクして読んでるからなあ。







どら息子は朝帰り。今日は墓参りに行くと知っているので始発に乗って帰ってきた。
泊めてくれた先輩も、せっかくの日曜日に朝早く起こされたのだろう。かくいう私も右に同じ。
いつもより早い朝飯となった。(ごはんが早くもらえて喜んでる奴もいた)
IMG_6255
 近所の桜。これ、私有物。

墓参りは春と秋の彼岸、両親も含めてみんなで行く。先代コニーも眠っているからリルも行く。
そのために私の車はいつも7人乗りだ。家からせいぜい20分だがバスで行くと乗り換えが必要になる。
みんなで行って、掃除し、な~む~と手を合わせて食事して帰る。
IMG_6249
 リルは散歩だと思っている。

広い霊園の奥まったところに我が家の墓石がある、
駐車場から杖を突きながら歩く父に合わせていると10分以上はかかるので、リルには物足りない。墓地内の公園や他の墓の間を行ったり来たりして、時間を調整するのだが、寝不足でぼわーっとしている息子では役に立たないから今日は私が代役を務める。
IMG_6251
 役に立たないので、一応見張りをさせている。

コニーの眠る共同墓地は少し高いところにある。この時期は総持寺から僧侶を呼んで合同法要を行う。
我が家では三回忌、七回忌と出席しているが、通常は線香だけ上げお布施を少し置いて帰る。
リルは会ったこともない「コニー」という名前をちゃんと分かっていて、手を合わせている時だけは静かだ。
0104305歳のコニー
  コニー。

馬鹿息子のおかげで、今年は早い時間に墓参りを済ませたので、昼食までは随分時間がある。
そんな時は花見に行ったりしていたが、父の疲労度を考えると難しくなった。
近くの大型スーパーで食料品などを買うことにし、ついでに出来合いの鮨でも買おうということになった。
サンドイッチやレトルトばかり食べさせられている父は野菜が食べたくてしょうがないらしい。
鍋なら野菜を切って入れるだけだからと納得させ、本人たちに具材を選ばせてみたが、母は相変わらずどうでもいいような加工食品ばかりを買い物かごに入れている。
野菜コーナーでもすでに「鍋」というメニューは忘れてしまっているから、パプリカや蕗などを買っている。
「それ買って、何作るの?」というと、
「さあ、何しようかねえ」と返ってくる。とりあえず目についたものを籠に入れてるだけだ。こうやって買っては、買ってきたことも忘れ、腐るまで冷蔵庫に幽閉されるわけだ。
実際、私が昼を作りに行ってもろくな食材がない。
結局は家内が鍋にふさわしい具材を取ってきて、
「分からなかったら夕飯作りにいくからね」となる。そうなると、私が我が家の夕飯作りをすることになるわけだ。

今日は17℃まで気温が上がった。
近所の公園も花盛り。桜プロムナードはすごい人混みになっているだろうから、リルと近くの公園をはしご。
IMG_6257 (2)

こんなに気持ちいい昼下がりなのに、愚息はずっと部屋で寝たまま。
”幹事長”という役回りがたいへんなことは分かるが、昼夜逆転の生活はいかがなものか。
妙に責任感が強い分、苦労も多くなるんだろうなあと散歩しながら想うわけで…
オマエはいいよなあ。
IMG_6254
 なにが?


このページのトップヘ