D旗たなびく

忘却甚だしく、メモ代わりにちょっと書くだけ。 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 生活

我ながら阿保らしいのだけれど、ちゃんと治りきってない風邪を押してヨットに乗ったりボランティアに出かけたりして、結局昨日は最悪な状態になっていた。
なので、ほぼ一日安静にしていた。といっても、寝る際にしている圧搾空気のマスクは鼻が詰まると窒息しそうになるので、2時間おきに起きなければならなくなる。むしろないほうが楽なのだけれど、どちらにしても良質な睡眠はとれない。まったくもって嘆かわしい。

それでも今日は咳が止まったし、薬を飲まないでも鼻水に困ることはなかったので、毎日籠城させられているリルと長い散歩にでる。まあ、肺が痛いので坂はきついんだが…
IMG_5825
 そんなところで何やってんの?

足取りを確かめながらゆっくりと歩いて駅近くのお寺さんへ。
この町は門前町なので、このお寺さん中心に動いている。初詣客も少なくなったし、いつも通りののどかさが戻っていた。
IMG_5851
  初詣だよ。

京都や鎌倉、東京の浅草もそうだろうけれど、地元の人にとってお寺さんは毎日ご挨拶するところ。年に一度だけやたらとお願いに来るところではない。ある意味生活の一部。だから、願い事をするというよりも感謝のご挨拶といった意味合いが強い。身近な存在なんだよね。
IMG_5850
 悪い子は閻魔さんに舌抜かれるんだよ。

いつも通りに観音様へ感謝申し上げ、昼を回っていたので近くのケバブ屋さんでテイクアウト。
ここのご主人はハンガリーとイランの血が流れてるそうだけど、基本的にはトルコ人で奥さんはウクライナ人。日本には26年住んでいて、日本語は日本人と同じように話す。それに英語、トルコ語、ペルシャ語も話せるし、ロシア語少々にラテン語も理解する。
ケバブもちょっと国際的な味で、トルコの妙味が生きているのでとてもおいしい。
IMG_5852

ボリュウムたっぷりなので、食べ歩きができない。私なんかただでさえボトボトこぼすからお寺の境内に戻って食す。リルは私が必ずこぼすのを知っていて隙を窺っている。まあ、その方がお寺にとってはありがたいよね。
IMG_5855
  じーっ。

それなりに暖かいし、アーケードは風を防いでくれるので商店街をそぞろ歩き。
酒屋の親父に挨拶し、お茶屋さんで掛川茶を飲ませてもらい、暖かそうな下着を買った。
大岡川に沿って歩き、リルもけっこう満足。それから家に戻る。
でも、行きは良い良い帰りが怖い。帰りはずっと上り坂。息切れすると肺が痛い。
リルに気遣われてるのがわかるんだなあ。
IMG_5857
  ゆっくりでいいんだよ。

ゆっくりと回復している。






やたらとしつこい風邪もなんとかクリアできそうだ。
まだちょっと本調子ではないけれど、水曜日までには完璧に元に戻さないと。
海から遠ざかった生活が当たり前になると、毎日が面白くないな。いつかは降りなきゃいけないヨット生活だけに、そうなった日の事を考えるとぞっとする。当初3年間で始めただけに、次のプランを実行する前段と捉えよう。
まあ、寒いのも苦手だし人混みも好きじゃないからこれも天の啓示。
IMG_5261

本日は成人式。息子は昼近くになって横浜アリーナへ出かけた。なんだかんだと言っても横浜は人口が多いから午前と午後の部の2回になるらしい。
日ごろの行いが悪く、人に風邪をうつすやつだけに出て行って間もなく小雨が降りだした。あいつも雨男の血筋を引いている。

二十歳の誕生日に何をしていたかは全く覚えてないが、成人式の日はちゃんと記憶に残っている。
伊勢佐木町商店街がアーケードだった頃のことだ。歩いて横浜文化体育館に行った。
父が買ってくれたスリーピースとトレンチコートを着て、しっかり煙草をくわえてたっけ。これでボルサリーノ帽でも被れば、アラン・ドロンみたいに見えるかな?などと思ったりしたもんだ。
家を出て10分もしないうちに小学校の同級生に出会った。
ベレー帽をかぶってシックなドレスに厚地のコートを羽織った彼女とは8年ぶりだったが、その背の高さやショートカットの髪や、西洋人っぽい美形の顔立ちから遠目からでもすぐ誰だかわかった。
当時も女子はほとんど晴れ着を身に着け、やたらと化粧し、慣れない足取りながらもツンとすまして無理やり大人を装っていた。その分、彼女はとても個性的でよく目立った。
彼女はたくさん話しかけてきたが、私は女性と話すのが得意ではないのでボソボソと応えた。当時、三船敏郎が「男は黙って、サッポロービール」なんていうCMのセリフに頷いていた私だった。
彼女と連れ合うようにして朝の伊勢佐木町をずっと一緒に歩いていた。一見、ギャングと情婦のような感じに見えるかな?と思ったりして、ああ、やっぱり帽子がなくて良かったと考えていた。
と、成人式とはまったく関係ないことまでしっかり覚えているわけだ。
IMG_5805 (2)
 なんじゃ、そりゃ?

昨日の午後からリルと散歩に行っている。いつもは大したことないコンビニからの坂道に汗びっしょりかいて、まったく体力がなくなっていることに気づく。
まあ、三日もゴロゴロしてればそうなるな。私がゴロゴロしてるとリルもゴロゴロ。粗大ごみ二つ。
私の普段の生活は、いつだってリルと一緒だから長散歩に出るためにも早く体力を回復しなくてはいけない。
と思って、小やみになった今日の午後も散歩に出かける。
が、血筋は争えない。ものの10分でまた雨が降り出し、近くの建物の軒先で雨宿り。
IMG_5806
 だんだん強くなってきたよ~

リルは雨が嫌い。傘もカッパも持ってない。
なかなか止まないので、仕方なく走って帰宅。これがカウンターパンチ。
病み上がりで走ってはいけない。
IMG_58001
 おうちに帰りたいよ~

やっぱり炬燵に入っておとなしくしてようっと。









とてもじゃないが初日の出なんて見に行けない。だが、二日の夜は今年最大のスーパームーンだったからしっかり見てやった。ともに年に一度のお目見えだよな。
陰陽五行と言うけれど、私の場合ダークサイト向きにだな。

箱根駅伝でこの二日間我が家の近くは交通規制されている。母校は今年出場権を失ったから、テレビで見ていてもいまいち面白くない。誰も「陸王」履いてないし。
朝から晩までテレビにしがみついてるのも阿保らしいから、この機を狙って一番暖かい頃に近くの大明神へ家族で初詣。
IMG_5788
 狛犬がいるからリルは入れない。

まあ、一応格好だけね。
暮れからずっとお節料理の準備をしていたし、朝からお重と雑煮、昼は焼餅と続いていい加減私も家内も”醤油味”に飽いていた。
開いてる店をチェックしながら、地元商店街に向かう。
IMG_5791
 オマエに狛犬は無理!

母の作った松前漬けがやたらとしょっ辛くて、とてもじゃないが食べられる代物ではなくいい加減甘いものを食べたかった。
IMG_5793

で、こっちで甘酒、あっちで団子、ついでに菓子パンなどを頬張っていたら甘いものにも飽きた。
その結果、夕飯はカレー。
こういうダラダラモードはあんまり好きじゃない。普段お勤めの方には十分な休養になるんだろうが、私の場合毎日が正月。こういうのに慣れるとろくな人生を送れない。

駅近くの古刹のお寺は未だ延々と参拝者の列が続き、日暮れ近くになってくると皆さんバタバタと地団駄を踏む感じ。
IMG_5792

いつも思うんだけど、初詣なのになんでお寺さんなんだろう?
もっとも、神社の方も門前仲町の宮司殺人の一件以来、余計ドロドロな金がらみが潜んでいるような気がして、霊験あらたかとは言いにくい。(今年あの神社にお参りに行った人ってすごい)まあ、そういうのはほんの一部なんだろうけど、いつの時代も洋の東西を問わず、寺社関係というのは金銭腐敗が見え隠れするね。庶民のささやかな願いが宙に浮いてしまうようだ。
御神体や仏に直接向き合わないとな。ここは日本人らしくご先祖にご挨拶してるほうがいいかな。

今日はちょっと微熱がある。
最近、人混みに出ることが少なくなったから、ほぼ無菌状態。絶対、どこかで変なものを拾ってきたに違いない。不信心ゆえの罰当たりというところか。だいたい、ダラダラしてるから風邪ひくんだな。
で、今日はリルの散歩も1回のみ。
IMG_5800
 日向ぼっこしないとね。

風邪ひいてダラダラしてるのは大義名分があるようで、なんとなく大手を振って寝てられるな。
さあ、もう寝よう。
でも明日は寝込んでいそうだ。

新年おめでとうございます。
って、もう二日になりそうだな。

自分の儀式として、新年は風呂で湯船に浸かりながら向かえることにしている。テレビを見ていると、全国の善男善女が真夜中に初詣の長い列を作っていたりする。
早いほうがご利益があるのか?新年になって初めて詣でることが初詣じゃないの?不敬な私はそんな風に思うのである。皆さん早く詣でた甲斐がありますように。
風呂の窓を開ける。深夜0時近くになると、近隣のお寺から除夜の鐘が聞こえ始め、0時丁度にミナトから停泊中の船が一斉に鳴らす霧笛の音が聞こえる。
私はその陸海混合の音で、ああ新年になったんだあと実感するのである。

初日の出などは見ない。高校時代同学年の連中と初詣と初日の出を兼ねて鎌倉に出かけたが、明かりのない源氏山山中を彷徨った挙句、初詣はそこら辺にあった馬頭観音の祠。初日の出は材木座海岸で山から上ってきた遅ればせの陽光の中、それを見ることなく酔っぱらいの介抱をしていたというお粗末。以来、どちらも遠のいた。
たまに、旅先で夜中までウロウロしていてたまたま新年を迎え、人混みに巻き込まれて仕方なく詣でたという経験が2,3度ある。
まあ、ろくでもない信仰心なのだ。
「善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人おや」とお題目のように唱えている。
IMG_5783
 今年は戌年なんだよ。

元旦は実家で両親と祝う。祝う?むーちょっと違うな。
また1年長生きしてくれてありがとう。ってな意味合いが強い。
IMG_5779
  実家から見える富士。

母は今日が元日だということを忘れていた。当然、なんの用意もしていない。それどころか、徳利がないとか、餅がなくなったとか言っている。
息子が物置から座敷用のストーブを出すところから始まるわけだ。
あれだけさんざんお節の用意をしてたのに、前の日に詰め込んだ重箱が見つからずにみんなで捜す。
実家はいつだって捜査から始まるのだ。踊る大捜査線だな。
IMG_5780

見つけて、やっと朝食兼昼食になる。
でも、さんざん味見してきたのでいまいち食欲もわかぬ。バクバク食べてるのは息子と、涎だらだらのリルだけ。(父も私もよく物をこぼす)

あとはダラダラと過ごすのだが、家内は新聞折込の初特売ばかり見てる。息子はリルと散歩。
母はなぜかご飯を炊く用意をしているし、貧乏暇なしの父はサイドボードの古い酒を取り出しては誰に上げようかなどと口走っている。 
訳の分からぬキウイ果実酒と、気の抜けたウィスキーをもらう。
グータラな正月で誰も初詣に行こうなどとは言わない。
まあ、家族団らんの日ということで。


またバタバタし始めた。
クリスマスイブの日に長く使っていたシェーバーの網刃に穴が開いているのに気が付いた。電気カミソリで血を見たのは初めてだな。
朝一番でリルの美容室に連れていく。フワフワになって戻ってきたリルにちょっとびっくり。
IMG_5730
 フワフワだよ~

さすがにプロは違うなあとつくづく感心する。この状態を正月まで保つのは至難の業なんだが…
こりゃちょっとフネには乗せられない。っていうか、マリーナへは連れてけないな。
美容室で付けてもらったリルの正月飾りを見て、慌てる。
IMG_5731

これから年末にかけてはエンジン全開でいかないと。
年賀状、買い物、お節づくり等々。ああ、電気シェーバー買いに行かなきゃ。

まずは昼飯がてら父と小田原までかまぼこと伊達巻の買い出し。
だいたい、我が家のお節料理はどこで何を揃えるかが決まっている。昔からそういう習いなので、タコとカニはどこどこ商店街のあの店、黒豆や煮物の材料はこの商店街てな具合だが、餅と年越しそばは家内の実家に頼んでおく。
こういう”こだわり”が我が家の系譜。
本来、小田原行はいつもは弟の担当だが、ちょいとした家事情で行けなくなったので、混むのが分かっているイブの日曜に車を走らせることになる。帰りは当然渋滞に巻き込まれたが日暮れ前には帰宅。

その後、日暮れ近くに家電量販店に。
その間、母はローストチキンのモモ肉を買ってきたし、父はそれぞれユニクロの衣類を買って、わざわざタクシーでやってきたという。
いままで、クリスマスになんか持ってきたことなどないのに、どういう風の吹き回しだ。
運悪く、二度目の帰宅時に玄関から出てきた両親と遭遇しまた家まで送る。
夕飯はやたらと豪勢になったが、食後のケーキはほんの少しにした。

その夜中に年賀状の一筆書き。大雨の中、朝4時までかかってしまった。
当然、25日は9時過ぎの起床。
せいぜい行ったのはリルの散歩と回転ずしとガソリンスタンドへ車の洗車くらいか。
友人タカハシから電話で29日の午後に会うことになった。
IMG_5607
 近くのお寺では早々と来年の運勢が貼られていた。最悪だあ。

今日は朝からお節料理の打ち合わせ。んで、また買い出し。夜は得意の雑務。

げえ!
今息子からメール。終電逃したから横浜駅から歩いて帰るとか言ってる!
しょうがない、車で迎えにいってやるかあ。



このページのトップヘ